カーライフ

年収500万円でも新車は買えない!? 年収300万円では125ccバイクがギリギリ…

もはや給料が上がらないとヘソを曲げている時代ではなく、現年収の維持が精いっぱいな現状は今後も続くだろう。それでも家族を持ち、マイホームを買い、生まれた子供には人並みの教育を施したいものだ。そこで、年収ごとに男たちが実現可能な限界値を探ってみることにした。

男の限界値

年収300万円では車を維持するのすら困難


 男たるもの一生に一度ぐらい車を購入してみたいもの。だが、家族の同意を得たとしても、FPの横山光昭氏が算出した年収別の家計簿によると生活費1か月分の余剰金からは、それぞれ年収300万円→1万800円、年収500万円→3万2900円、年収700万円→5万4400円しか車代を捻出できない。そこで、大きな壁として立ちはだかるのが維持費だ。

「常陽銀行が算出した普通車の月額維持費(駐車場代、自動車税、保険料、ガソリン代込み)は3万2693円。軽自動車でも2万7273円かかります。これだけ考えても、月1万800円しか余剰金のない年収300万円の人は維持費すら払えませんので、車を持つことが難しい」(モータージャーナリスト・清水草一氏)

 とはいえ、駅近になかなか住むことができない年収300万円男には、家族のためにも足が必要だ。そこで、清水氏に何とか限界値を出してもらえるよう相談したところ「125ccバイクがベストかもしれない」との回答を得た。

125ccバイク

2人乗り可能な125ccバイクを乗り回せ!


「原付第二種であれば、税金も年2400円と安く、月の維持費も約5000円。5年ローン(60回払い)で約23万円のホンダデュオ110を購入することができます。125ccなら法定速度も時速60kmですし、二段階右折をしなくていい。2人乗りもできて家族を乗せられるじゃないですか!」

 バイク2人乗りに年齢制限はないが、未就学児を乗せるのは危険なのであしからず。どうしても家族での移動が必要な場合はカーシェアリングで乗り切るしかない。一方、年収500万円男と700万円男の限界値はどうか。維持費を払うことは可能なようだが……。

次のページ 
年収500万・700万男が持てるマイカーは……

1
2




おすすめ記事