雑学

年収520万円の男が無理して息子を学費200万円のモード学園に通わせたら…

年収520万円なのに

専門学校ながら、学費の高いことで知られるモード学園。「就職話をすると、息子は不機嫌になるので、話さない」と石田さんは嘆く

 己の年収と日々の消費には限界値がある。その限界値を超えるとどうなるのか。建設会社で働く石田達也さん(仮名・46歳)は、20代前半で結婚。すぐに産まれた息子は優秀で教育熱心ではなかったにもかかわらず、都内の有名私大の特待生に選ばれた。年収520万円のため「学費のかかる私大は正直難しいと思っていただけに本当に嬉しかった」と話す。

「学費は4年間無料。これで肩の荷が下りたと思いました。でも、突然息子が大学をやめてしまって……そこから歯車が狂い始めました」

 大学を退学した石田さんの息子は「グラフィックデザイナーになりたい」とモード学園への進学を希望。だが、調べてみると、入学金も含めて2年間で学費は約200万円。とても払える金額ではなかったという。

「実は、しっかり者の妻が息子の大学進学費用に400万円を貯金していたんです。でも、特待生に選ばれたときに住宅ローンの返済に充ててしまっていてもうない。仕方なく、親に頭を下げて何とか学費を立て替えてもらい、モード学園に通うことはできたんですが……卒業した今も無職で、グラフィックデザイナーになる気配すらありません。せめて働いてほしいですね」

 学費と子供の将来は必ずしも相関しない!?

デザイナー― 年収別男の限界値 ―





おすすめ記事