カーライフ

ボクスターもカイエンもポルシェじゃない!?「ポルシェ乗ってます」と言っていいのは…

 なぜマカンが一番売れて、パナメーラがビリなのか? その理由を探るべく、日本自動車輸入組合の大試乗会で、この2台を乗り比べてみました。
売れてるのはSUV。でもポルシェと名乗っていいのはアレだけなのです

一番売れてるポルシェが作っているクルマと一番売れてないポルシェが作っているクルマの共演です。まあ「ポルシェとは何ぞや?」にこだわるのは911オーナーだけでしょうけど

 パナメーラは、約1000万円から3000万円超まで多くのグレードがありますが、試乗したのは2300万円ちょいの「パナメーラターボ」。そりゃもうとんでもなく速いけど、セダンというわりに後席がちょっと狭っ苦しい。もちろん911の後席(ほぼ子供用)よりはぜんぜん広いけど、これならベンツやビーエムのほうがいいかも。じゃなきゃホンモノのポルシェ(911)が断然いい! 値段も同じくらいだし!  続いて、一番売れてるマカンに試乗。グレードは約1000万円の「マカンGTS」です。  お値段はパナメーラターボの半分以下だけど、こっちも十分メチャメチャ速い。車高が高いぶん、サイズのわりに押し出しは強いし、見晴らしはいいし、室内もむしろ広く感じる。ポルシェだけど肩肘張らずに気軽に乗れて、頑丈そうで守られ感もあるので、女子にもモテそうだ!  スポーツカーとしてのポルシェを愛する守旧派カーマニアたちは、日本では依然、一大勢力を誇っております。彼らはマカンを見たって「ケッ、一緒にすんな!」と言うでしょうが、マニアじゃないからスポーツカーはいらん、上から目線でオラオラできて、女のコ(女子アナ含む)にウケたほうがイイという人がポルシェに乗るならカイエン! それがムリならマカン! パナメーラは無視! と、斎藤佑ちゃんと同じ方向性にいくという次第です。 【結論】 マカンGTSに乗ると、カーマニアである私も、「これが一番いいかも」なんて思ってしまいますが、それでも日本ではポルシェと言えばまだ911だし、そっちのほうが尊敬されます。さすがサムライの国。涙が出ますね1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com
1
2
3


ハッシュタグ




おすすめ記事