恋愛・結婚

20代女子から“おっさん認定”される死語ワースト10 「ケー番教えて」はもう古い!

 その時代時代に流行語があり、その当時は当たり前のように使っていた言葉たちも、2018年現在、口にするとドン引きされてしまう可能性もある。

 場を盛り上げたい、雰囲気を明るくしたいと考え、今までのクセでついつい言ってしまっている言葉のなかに、若者たちから“おっさん認定”されてしまうようなものがあるならば、今後は使用を避けたいところだろう。

 そこで今回は全国の20代女性100人に、『言われたら“おっさん認定”する死語・ジョークは?』というアンケートを実施。編集部が約60の言葉をリストアップし、そのなかから“おっさん認定”する死語・ジョークを選んでもらった(複数回答可)。

 はたして20代女子に“おっさん認定”されてしまう死語・ジョークは!? 逆に、今使ってもまだ大丈夫な“おっさん認定”されにくい言葉は!?

1万円

20代女性が“おっさん認定”する死語・ジョーク、ワースト10位→7位


 まずはワースト10位から7位までを一挙に紹介。様々なメディアで恋愛コラムニストとして活動する堺屋大地氏に解説してもらおう。

======================
同率10位…かわい子ちゃん発見!(33人)
同率10位…ばっちぐー(33人)
同率10位…よっこいしょういち(33人)
同率8位…冗談はよしこちゃん(34人)
同率8位…がびーん(34人)
7位…行ってきマンモス(35人)

=======================

 時代を感じさせるラインナップがズラリといった様相。たとえば「よっこいしょういち」は旧日本兵・横井庄一氏にひっかけて昭和50年代に流行ったギャグだが、アニメ『らき☆すた』に登場したことでニコニコ動画界隈では知られているらしい。

「~マンモス」は、酒井法子の「のりピー語」(マンモスうれぴ~)が発祥かと思いきや、1980年代に西城秀樹がハウスバーモントカレーのCMで「いただきマンモス」と言ったのが始まりだという。

「『よっこいしょういち』、『冗談はよしこちゃん』といった名前もじり系のギャグは、その昭和臭さが要因で20代女性たちから“おっさん認定”されやすいのでしょう。また、『かわい子ちゃん』や『よしこちゃん』といった“ちゃん付け”自体が、そもそもおっさん臭さを醸し出すワードなので要注意。死語やジョークというわけではありませんが、社内の新人女性や後輩女性を“ちゃん付け”で呼ぶと、一気におっさん臭さが漂い始めるので気を付けてください」(堺屋氏)

 ちなみに同率10位に続く同率13位は「アベック」、「ギロッポン」(どちらも31人)となっている。

「『アベック』という意味の言葉を使いたいなら、『彼氏・彼女』にしましょう。『カップル』という表現は『アベック』よりはマシですが、少々、おっさん臭さが漂います。『ギロッポン』は言うまでもなく、普通に『六本木』と言うのが“おっさん認定”されない秘訣です」(堺屋氏)

 次からはいよいよワースト上位を発表していきたい。

次のページ 
ワースト上位は?

1
2
3




おすすめ記事