マネー

トマト1kgが0円!? タダ~激安で食品が買える通販サイト3選

日常生活で必ず使うことになるあらゆるお金を削減する“守り”の裏技。情報強者が手の内を明かした目からウロコのコストカット術を駆使してお得に生きよう!

0円サイト

タダヤサイドットコムならば抽選でトマト1kgが無料

野菜、惣菜、つまみ 0円サイトを駆使して食費を安く!


 毎日絶対にかかる食費も買う場所を変えるだけでかなり浮かすことができる。既に賞味期限が近いものや業務用商品を安く取り扱うワケありサイトは注目を集めているが、その中でも最新のおすすめサイトを紹介しよう。

●業務用食材「ウィルモール」

 まず、一般食品を業務用スーパー価格で買える通販サイト・ウィルモールは、ぜひチェックしたいところだ。

「ハムカツやコロッケなど惣菜類はまとめて買っておくと晩飯代がかなり浮きます。冷凍食品や出来合いのラインアップが充実しているので、たとえば某メーカーのクリームコロッケ750g分の価格はAmazonが1000円弱なのに対し、ここなら約700円と、300円もお得。コンビニのレジ前のコロッケが割高に感じるようになり、普段の食費が月2万円も減りました」(利用男性)とのことで、節約癖も身につけられそうだ。

●高級食品が3~6割安い「KURADASHI」

 もう少し高級な食品を求める人はKURADASHIが使える。ここでは肉や魚介類といった食品類からワインやビールなどのアルコール類まで、お中元でもらえそうな商品が安価で購入可能。利用者が「ボーナス後など、まとまった買い物ができるときに利用しています」と言う理由は、注文する量が多いから。通常で購入するより3~6割引きされている代わりに、レトルトのスープが20パックなどで販売されている。

0円サイト

購入量が多い代わりに割安で買える

 このKURADASHIは、食品を捨ててしまう「食品ロス」削減に取り組む「社会貢献型ショッピングサイト」。協賛企業から格安で提供された食品を売り、売上の一部がさまざまな社会活動団体に寄付される。 
 商品ごとにどの団体にいくら寄付されるかが明記してあり、購入者は安く買えるうえに社会貢献もできるわけだ。

●産地直送野菜が、タダ~格安「タダヤサイドットコム」

 生鮮食品にも安く買える方法はある。タダヤサイドットコムは、形や色の悪い野菜を抽選でゲットできる“0円ビジネス”のサイトだ。

タダヤサイドットコム

タダヤサイドットコムより

 農家で余ってしまった野菜を、抽選で「ダイコン7本タダ」「じゃがいも8kgタダ」といった無料プレゼントで放出しているのだ。農家としては、捨てるぐらいなら消費者と繋がるためのPRに使おう、というわけだ。
 同サイトでは各農家が販売もしている。こちらも「キャベツ10kg 2100円」など大量なので、ご近所や職場での共同購入が向くだろう(一度タダでもらえたら、次はぜひ買うことをオススメしたい)。

 情報力があれば、メシ代をいくらでも節約できる時代がやってきたのだ。

― 今日から30万円得をする! ―





おすすめ記事