スポーツ

W杯日本代表が決勝T進出も「フェアプレイって…」な複雑さ

 サッカーW杯ロシア大会で日本vsポーランドが行われた。日本はポーランドに0—1で敗れたものの、セネガルもコロンビアに0—1で負けたため、フェアプレイポイントの差で日本は決勝トーナメント進出を決めた。

サッカーW杯日本代表ポーランド戦

雑誌協会代表撮影

西野監督「選手たちも本意ではない」発言。BOSS力に疑問符


 悲願の決勝トーナメント進出に歓喜にわく日本。多くの人が「まずは決勝トーナメント進出が重要」と考え、長谷部投入後の同試合を見たことだろう。だが、同時に感じたのは「フェアプレイとは?」という疑問だ。実際、W杯日本代表戦終わりの新橋駅に集っていたサラリーマン&OLに話を聞いたところ、

「決勝トーナメント進出は素直に嬉しい! まあ、けど最後の数分は観ていて、あんまり気持ちのいいものではありませんでしたね」(29歳・女性)

「戦術としては正しいですよね。フェアプレイポイント差であろうと、決勝トーナメントに進出できたわけですから。ただ、あのやり方がフィエアプレイ、スポーツマンシップなのかって問われたら……悩むところです」(31歳・男性)

 Twitter上にも「フェアプレイって」を問う声が数多く聞かれた。J2でコーチ経験もあるサッカー関係者はこう話す。

「W杯という大舞台で、決勝トーナメント進出を狙うのは当然のこと。日本の戦術はまったく間違っていませんし、リスクマネジメントとしては最高のやり方だったと思います。短期間でチームを仕上げ、決勝トーナメント進出を果たした西野監督はさすがとしか言いようがない。ただ、試合終了後のインタビューで“選手も本意はではない”という発言には少しがっかりしましたね。できれば“指示したのは自分で、選手ではない”と言ってほしかった。監督のインタビュー後の選手たちのインタビューで、選手たちに言い訳をさせているようにしか見えなかった。決勝トーナメント進出が目標であったけど、決勝トーナメントで選手のモチベーションを上げて、いい試合ができるかどうかは別の話になりました」

 とはいえ、決勝トーナメント進出を果たした日本代表は賞賛に値し、日本の多くの人に希望を与えてくれた。あとは決勝トーナメントでいい試合をしてくれることを切に願うばかりだ。 <取材・文/日刊SPA!編集部>





おすすめ記事