雑学

ユニクロじゃイヤ! H&M発ブランド「COS」はコスパ最強の極上品

「COS」というブランドをご存じでしょうか。世界2位の売り上げ規模を誇るファストファッションブランド「H&M」が手掛けるラグジュアリー業態。Tシャツ1枚2万円クラスの海外ハイブランドと比べても遜色のない高品質が特徴、しかも値段は格安です。洋服は作る数が多ければ多いほど当然、単価は下がります。数をさばくH&Mの生産背景を応用できる分、COSは過激に安い。品質はラグジュアリーですが、値段はグリーンレーベル リラクシングくらいの価格帯。Tシャツで4000円くらい、シャツで7000~8000円ほど。「高いじゃん」と思うかもしれませんが、素材感やシルエットは極上品と変わりないのでコスパは最強クラス。ユニクロやGUではなく、ここぞの「一張羅」が欲しいときには、これ以上なくオススメできます。

MBの最速でおしゃれに見せる方法

Style 1
ポロシャツ/COS
パンツ/COS
シューズ/チーニー

 ただしこのブランド、問題が一つだけあり、日本に進出してきてさほど歴史がたっておらず、まだ国内には青山と銀座、横浜の3店舗しかありません。しかもオンラインは日本非対応。地方の方は買いにくいと思いますが、ぜひ旅行がてら見にいってみてください。「コレがこんな安くていいの!?」と触って驚くはずですから。

たまにはワンランク上のニット


 さて、今回はそんなCOSを使ったコーディネート。Style1は違いがわかりやすいニットを使ってみました。ユニクロのメリノウールやカシミヤウールももちろん頑張っていますが、クオリティはCOSのほうがずっと上(値段も少し高めですが)。2、3万円の高級ブランドと違わぬ風合いはなんとシルク使用によるもの。これで8000円程度です。スラックスもウールを混紡した高級スーツ並みの質感になっています。

デザインの安っぽさは素材で補う


MBの最速でおしゃれに見せる方法

Style 2
キャップ/JUHA
シャツ/COS
パンツ/MB
シューズ/Re:

 Style2は少しカジュアルなTシャツスタイル。胸ポケットに色を入れたものですが、こういったデザインは安い素材で作ると大学生感が出てしまう。高級なツヤのある風合いで実現するとカラフルなデザインにも説得力が増します。デザインの安っぽさは素材で補う。パンツはフィット感が強い美シルエットだけでなく、耐久性の高い機能素材です。

バスクシャツは厚手をチョイス


MBの最速でおしゃれに見せる方法

Style 3
シャツ/COS
パンツ/MB
サンダル/GU

 Style3は定番のバスクシャツ。厚手で丈夫な生地なうえに、首元のヨレ防止に一手間かけている作りです。セール中で2000円ほどでGETできました。ユニクロに飽きてしまったという人はぜひCOSへ。超オススメです。

撮影/難波雄史 衣装/すべて私物
― MBの最速でおしゃれに見せる方法 ―

ファッションバイヤー。メンズファッションの底上げを図るべく各メディアで執筆中。“買って着て書いて”一人三役をこなす。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」。初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』はベストセラーに。最新刊『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』が発売中!

●「MB×SPA!30周年コラボビジネスアイテム」販売ページ https://mbspa.stores.jp/
MB_1
●六本木で「スナックMB」ををオープンしました。東京都港区六本木4-12-10グレイト綱ビル4F、お待ちしております!@mb_snack
●新刊『幸服論』の一部がcakesにて無料で読めるので、ぜひ! https://cakes.mu/posts/19687

幸服論――人生は服で簡単に変えられる

『得する人損する人』(日本テレビ系)で話題の著者、最新刊。自信は服で簡単につくることができる!

最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!





おすすめ記事