ライフ

柔道部の暴力的指導は傷害レベル…失神癖のついた元部員が告白

スポーツ界の暴力的指導・パワハラはなくならないのか

パワハラ 一言にパワハラといっても範囲は広い。暴言などの精神的苦痛を伴うものから、今回紹介した「暴行」ともとれる指導まで数多く存在する。肉体的苦痛を伴うパワハラ、精神的苦痛を伴うパワハラ、どちらも受けたほうからしたら苦痛以外の何物でもない。  昨今のスポーツ界の報道からも分かるように、昭和的「根性論」の指導法はもはや現代では通用しない。告発された事実が何よりそれを証明しているだろう。相次ぐ告発から指導法を改め、スポーツ界全体でブラックな体制改善を進めて欲しいものである。〈取材・文/日刊SPA!取材班〉
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事