マネー

年収800万円、会社はNGだけど副業は続けたい…40代サラリーマンの事情

「働き方改革」が叫ばれるなか、副業を解禁する企業が急増している。こうした流れを「妻子を養う責任がない自由に動ける若手社員だけの話」と、どこか他人事のように感じていないだろうか。実際には、“もう一つのサイフ”は40代以上にこそ必要なサバイバル術。副業(サブの仕事)ではなく本業と並び立つような複数の職業をもつ「複業」。会社だけに頼らず、本業が傾いたときのリスクヘッジであり、W収入で将来の安定をも目指す働き方だ。

会社がNGでも複業は継続。将来の収入減リスクに備える


森健人さん(仮名・40歳)

森健人さん(仮名・40歳)

「今の会社で働き続けても大幅な昇給は見込めないし、転職しても恐らく給料は下がるでしょう。なので、選択肢としては複業を育てるしかいないんですよね」

 そう話すのは、大手IT企業勤務の森健人さん(仮名・40歳)。会社の創業期から人事部で働いてきた経験を生かして、3年前からスタートアップ向けのスポットコンサルを複業にしている。

「始めたきっかけは、知り合いのベンチャー社長から人事制度のアドバイスを求められたことです。最初は探り探りでしたが結果的に好評で、それを知ったほかの会社からも問い合わせが来るようになった。内容は月1回の面談とチャットでのやり取りで、月に2万円を貰ってます。よく安いと言われるけど、自社とは違う経験を積めるので、この値段でいいかなと」

 ベンチャー側からすれば、創業から上場まであらゆるパターンを経験した森さんの経験は大きい。最高時で5社から依頼を受けていたというが、彼が複業をする動機は給与体系の問題にあるという。

次のページ 
副業に制約を設ける会社を見切る

1
2


ハッシュタグ




おすすめ記事