デジタル

新型iPhone発表。旧型iPhoneユーザーは、どの新型に買いかえるべきか?

 日本時間9月13日早朝、毎年恒例Appleの発表があり、新製品がお目見えした。新型iPhoneは3ラインナップで、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRとなる。これにあわせて、iPhone7とiPhone8が値下げされ、iPhone Xは終了することになった。iPhone XSとXS Maxの予約は9月14日からで発売は9月21日、iPhone XRの予約は10月19日からで発売は10月26日となっている。

日本時間の9月13日午前2時から、スティーブ・ジョブス・シアターでスペシャルイベントが開催された

 まずは3製品の特徴と、価格を並べてみよう。

カメラは単眼、画面は液晶の廉価版iPhone XR 


 シリーズの中では廉価版となるのが、iPhone XR。6.1型液晶を備え、ボタンがなく、IP67の防水防塵性能を持っている。5.8型液晶のiPhone 8 Plusよりディスプレイは大きいが、本体サイズは小さくなっている。価格は64GBモデルが8万4800円(税別)、128GBモデルが9万800円(税別)、256GBモデルが10万1800円(税別)となる。

iPhone XR

iPhone Xの後継機iPhone XS、大画面版のiPhone XS Max


 そしてiPhone Xの後継機となるのが、iPhone XS。本体とディスプレイサイズはXと同じだ。もちろん有機ELディスプレイを採用している。ディスプレイのリフレッシュレートは120Hzで、3D Touchも利用可能。また、IP68の防水防塵性能や1200万画素のデュアルレンズカメラを備えている(XRは単眼レンズカメラ)。価格は、64GBモデルが11万2800円(税別)、256GBモデルが12万9800円(税別)、512GBモデルが15万2800円(税別)となる。

iPhone XSとXS Max

 iPhone XS Maxは、iPhone X Plusのような位置づけの大画面モデルだ。有機ELディスプレイ、3D Touch、120Hzのリフレッシュレート、デュアルレンズカメラ、防水防塵性能はiPhone XSと同じだが、画面サイズは6.5インチで、本体サイズはiPhone 8 Plusとほぼ同じ。価格は64GBモデルが12万4800円(税別)、256GBモデルが14万1800円(税別)、512GBモデルが16万4800円(税別)となる。

iPhone XRだけは6色から選べる


 3モデルとも、CPUはApple A12で、Face IDでの認証に対応。SIM+eSIMを搭載し、もちろん端子はライトニング。カラーは、iPhoneXSとXS Maxがゴールド/スペースグレイ/シルバーの3色、iPhone XRがホワイト/ブラック/ブルー/イエロー/コーラル/(PRODUCT)REDの6色から選べる。もちろん、3モデルともワイヤレス充電規格Qiもサポートする。

iPhone XS/XS Maxは3色(上の写真)、iPhone XRは6色ラインナップとなる

次のページ 
どの新型iPhoneに買いかえればいい?

1
2




おすすめ記事