デジタル

4Gと比べて5Gはどれぐらいスゴイ? 普通の人が手を出すタイミングは?

 2020年3月末から、NTTドコモ、ソフトバンク、auがサービスをスタートさせた5G。それに合わせて、5Gに対応したスマホも発売されている。これまでの携帯電話やスマホも、1Gから10年ごとに4Gまで進化してきたので、なんとなく5Gもその延長線上にあると想像はつくが、コロナ禍もあったからなのか、「各社あまりアピールしていないし、5Gって何なのだろう?」と思っている人も多いのではないだろうか。この煮え切らない感じは、5Gの特徴と現段階での対応エリアの狭さにもある。そこで今回は、あらためて5Gについて解説したい。

4Gと比べて、5Gはどの程度スゴイのか?

そもそも5Gって何? その特徴は…

 5Gは第5世代の移動通信システムだ。1980年代が1Gとして、90年代の2G、2000年代の3G、2010年代の4Gときて、2020年代を担うと期待されている。利用する周波数帯は3.7GHz帯、4.5GHz帯、そして28GHz帯が割り当てられ、高周波帯で広帯域を利用できる。  まず、1つ目の特徴としては、想像通り通信速度が速くなる。国際電気通信連合(ITU)の報告によると、最高通信速度は下りが最大20Gbps、上りが10Gbpsとなっている。4Gはこの10年で進化を遂げ、最大1Gbpsを超えるサービスも出てきているが、それをはるかに凌ぐ超高速通信が5Gなのだ。  しかし、現段階では、これはあくまでも規格上の話。実際に提供されているドコモの5Gサービスは、一部端末で下りが最大4.1Gbps、上りが480Mbpsの通信速度に対応している。規格の数字よりも大分控えめだ。さらにウェブサイトでは実効速度についても触れられている。5Gも、4Gと同じくらい最大通信速度が理論値よりも低下するので、実際は下り410M~779Mbps、上り96M~192Mbpsになるという。  同じくドコモのウェブサイトには、4Gの通信速度の計測テスト結果が公開されている。そこでは、下り168M~299Mbps、上り23M~45Mbpsとなっている。4G⇒5Gの速度アップは実効速度ベースで2~3倍というところで、確かに速いのだが、これが「次世代を担う超高速通信だ!」と言うには、やや肩透かし感がある。

5G通信の通信速度は、実効速度では4Gと同程度落ちると想定されるという。画面はドコモのサイト

 ただし、これが5G本来の姿ではない。これから端末と基地局の性能が向上すれば、20Gbpsに近づいていくだろう。実は通信速度の速さは、5Gのメリットのごく一部でしかない。5Gの真骨頂は速度以外の所にあるのだ。

速度だけじゃない5Gのメリットって?

 一番大きいポイントは低遅延ということ。例えばウェブサイトを閲覧しているとき、クリックして数秒待たされても、ちょっと遅いかなと思うだけで済むが、ドローンや自動運転車を操作しているとき、1秒遅れたら事故につながってしまう。  そのため、次世代通信を担う5Gは、4Gの10分の1となる1ミリ秒の低遅延となっている。自動運転以外にも医者が遠隔手術したり、無人で農作業を行ったり、大人数でもタイムラグなくリモート会議はできるようになる。将来、クルマが空を飛んだときには、仮想道路を表示するインフラとしても活用されると考えられている。

超低遅延が実現すると自動運転などに活用されると考えられている。画面は総務省の資料より

 もう1つのポイントが多数同時接続だ。すでに、パソコンやスマホ以外でも、さまざまなデバイスがインターネットに接続されるようになっている。IoTと呼ばれるもので、テレビやスピーカー、冷蔵庫、カメラ、鍵、エアコン、クルマ、歯ブラシ、体重計など多岐にわたっている。  このように、インターネットにつながるモノは、今後も増え続けることは確実。そこで5Gでは、1平方キロメートル当たり、100万デバイスの同時接続を目指している。これは4Gの10倍に当たる規模。SF映画のようにありとあらゆる物がネットワークにつながる時代が目の前まできているのだ。

5Gでは4Gの30~40倍となる数のデバイスを同時に接続できるようになる

次のページ
5Gのエリアが広がらないのは、なぜ?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事