エンタメ

阿部サダヲが知られざるサラリーマン時代を語る「実質3年ほどでしたけど、時間が止まってました」

 10月12日公開の映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』に主演する俳優・阿部サダヲ。松尾スズキ率いる「大人計画」の看板俳優にして、映画やドラマ、CMに引っ張りだこの彼だが、露出度とは裏腹に、その人物像はあまりよく知られていないのではないだろうか。芝居の世界に飛び込む前、家電量販店や運送会社などで働いていたことがある阿部。そんな異色とも言える経歴を持つ“元サラリーマン俳優”の正体に迫った。

阿部サダヲ/俳優

阿部サダヲ/俳優

“元サラリーマン俳優”の戸惑い


――いきなりで失礼ですが、多くのSPA!読者にとっては「阿部サダヲってよく見るけどいったい何者?」だと思うので、ご自身の会社員時代を簡単に振り返ってもらえますか。

阿部:そうなんですね(笑)。高校を卒業してすぐ就職したんです、’89年だかそのくらいに。大人計画に入ったのが’92年で、働いていたのは実質3年ほどでしたけど、その期間は時間が止まっていたんじゃないかというくらい、何もしてなかったし何も覚えていない、なんだかよくわからない時期でした。役者になって今年で26年たちますけど、むしろ役者時代のほうが短く感じられます。

――仕事に対する考え方はどう変化してきましたか?

阿部:20代はまだ何がなんだかわからない状態でしたね。舞台に立って芝居やってましたけど、「芝居とは何か」について考える時間もなかった。ちょうど僕が入ってすぐに、当時看板俳優だった温水(洋一)先輩が大人計画を抜けたんですよ。それまで主役やってた人が急にいなくなって、キャリア関係なくみんなで競い合う感じがすごくあった。だって僕、温水さんの代わりでテレビドラマデビューしましたから。あの頃はとにかく立て続けに何かをやってましたね。松尾さんも若手にどんどん舞台の機会を与えてくれて、次々に公演が決まっていって。そこで宮藤(官九郎)さんとも出会って、それ以来ずっとやるようになって。

――流れと勢い任せだったと。

阿部:それすらも考えない。「今、自分は貧乏で……」とかも頭にない。当然、お金なんて持ってないじゃないですか。でも、なんかよく飲んでた記憶はある。あのお金はいったいどこから出てたんだろう(笑)。

次のページ 
「いつか武道館でやったりしてみて」

1
2

週刊SPA!10/9・16合併号(10/2発売)

表紙の人/有村架純

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!





おすすめ記事