エンタメ

いま、ストリップ劇場が連日満員なワケ エロとカワイイの融合で女性客も

 “昭和エロス”を象徴するストリップ。劇場は減る一方だが、館内は連日超満員。女性客やカップルなどで賑わっている。今そこで一体何が起きているのか? 過熱するストリップの現場を徹底取材した。 [ストリップ劇場]最前線

なぜ今ストリップが盛り上がっているのか?

 戦後間もなく産声を上げたストリップは、時代とともに「本番まな板ショー」や「獣姦ショー」といった性風俗の色を濃くしながら最盛期を迎える。だが、’84年の風営法の改正で業界は下火に。  大衆芸能を研究する江戸川大学の西条昇教授も「かつて全国に300館以上あったストリップ劇場も今では20館を切るまでに」と嘆く。そんな絶滅の危機に瀕したストリップが今、再び脚光を浴びている。  その理由を西条氏はこう話す。 「転機は約2年前。女性ファンの多かったAV女優・上原亜衣が引退興行を浅草ロック座で行ったんです。最初で最後ということで、全129席の3割を女性が占めるほどの大盛況。他の劇場でも、サブカルストリッパー・栗鳥巣を中心とした男装BLストリップに腐女子が殺到。多色のサイリウムが会場を彩った。エンタメ性の高い作品、女性の裸のエロスに魅了された彼女たちは、それぞれが“推し”をつくり、ストリッパーはアイドル化していったのです」
[ストリップ劇場]最前線

全身ゴールドの衣装を纏ったゆきな(左)と、同じく銀色の衣装を着た星崎琴音のユニゾンダンス。列車の座席のセットが組まれたり、ショー要素が強い演目

[ストリップ劇場]最前線

「こびとの楽園」と銘打った舞台に五線譜が映し出され、風船をつけた椎菜アリスが音符に早変わり。きゃりーぱみゅぱみゅを思わせるダンスに女性客から「可愛い」の声が飛ぶ

次のページ 
会いに行ける裸のアイドル
1
2





おすすめ記事