ライフ

タピオカは冬を越せない。続々閉店で夏の行列が嘘のよう…

居抜き物件が大量に発生中。開業資金720万円が水泡も…

 令和元年を席巻したタピオカ。暑い夏、店前には行列ができ、街にはタピオカを片手に歩く人々が目立った。だが、冷たいドリンクの需要が落ちる秋冬を迎えて大苦戦。越冬に奮闘するタピオカは令和2年も生き残れるか!?
タピオカ

夏には行列ができていたのに……

唯春の夜の夢のごとし。冬の寒さに晒されたタピオカ

 今を遡ること3週間前。タピオカブームに沸いた令和元年を、タピオカで締めくくろうとする人々がいた。初詣に向かう人で賑わう大晦日の浅草の街の一角で、彼らは25時まで年越し営業する浅草の某タピオカ店へ来店。この店では、通常メニューのほかに甘酒タピオカとぜんざいタピオカを提供。行列はなくとも、客はポツポツと入っていた。
タピオカ

大晦日に甘酒タピオカを飲みにきた男性4人組

 大阪から来た会社員の男性客4人は「コミケのために東京に来たけど、このタピオカも楽しみだった」と嬉しそうに話すが「まだ盛り上がってるの僕らだけかも」と続けた。20代の女性客3人は「もう寒いから並んでまで飲もうとは思わない」「ブームは終わったと思う」と冷静に語る。

繁盛したのはオープンして3日間だけ

 冷たいタピオカドリンクが好まれる夏から一転。寒い冬になると、タピオカブームも冷え込んできた。グーグルの検索数を見てもそれは明らかだ。「タピオカティー」の検索数は’19年6月をピークに右肩下がりで、現在は当時の4分の1以下まで落ち込んだ。
タピオカ

「タピオカティー」の検索数推移(Googleトレンドより)

 寒さに対抗しようと、タピオカ店は軒並み冬メニューとしてホットタピオカを提供。タピオカナビゲーターの梅村実礼氏は、冬のタピオカ事情を次のように語る。 「ホットタピオカは昨年と比べれば浸透しましたが、夏のような人気を維持するのは難しいです。他国と比較すると、特に愛飲される台湾やタイ、シンガポールは冬でも気候が暖かいので、冷たいタピオカが年中飲まれやすい。日本は気候的に不利なのです」  都内では、閉店したタピオカ店が人気の陰りを物語る。新宿三丁目、恵比寿、大久保、野方、大岡山――。足を運んでみると、住宅街の駅までブームに乗って数店舗出店され、淘汰されているのがわかる。ネット情報も追いつかず、スマホで調べて店前にやってきた女性客4人が「やってない」と残念がっていた。  池袋の商業施設でタピオカ店を経営していた中国人の元オーナー(24歳)に話を聞いた。 「720万円かけて昨年3月にオープンしましたが、繁盛したのはたったの3日だけ。半月たった頃からずっと赤字でした。ウーバーイーツの導入や100円の値下げをしても、業績を好転させることはできず、10月には店を閉じました。物件は、フランチャイズから勧められて契約したんですが、今思えば駅から15分も離れていて立地が悪く、若者の通りが少ない上に、駅前にはタピオカ店が10店舗以上ありました。それに、家賃は相場より10万円以上高かったことがわかり、騙されたような形です」
タピオカ

※写真はイメージです

 WEBサイト「みんなの飲食店開業」編集長で飲食コンサルタントの山瀬智彦氏はこう語る。 「想定したほど来客数が伸びず、業績不振で閉店する店が増えていています。タピオカを飲んだことがある人が増えて、わざわざ来店する客層が減り、出店場所を間違えたと後悔しているオーナーが多い。また、タピオカの原材料の仕入れが不安定という相談もよく聞きます。タピオカ店の増加で在庫が不足し、台湾から入荷できないこともあるようです」
タピオカ

閉店したタピオカ店が続々…

 そもそもここまでタピオカ店が広がったのは、開業しやすかったことにあるとフードアナリストの中山秀明氏は指摘する。 「これまでヒットしたグルメのなかでも、タピオカは飛び抜けて“パクりやすい”。タピオカは茹でてドリンクに入れるだけで成立します。ふわふわのかき氷のような特別な技術や、韓国ドッグのフライヤーのような設備を必要とせず、コストが比較的かかりません。油汚れも出ず、火災の恐れも低いので家主も貸しやすく、開業のハードルが低いのです」  しかしそのパクりやすさは、差別化しづらさにも繫がる。 「シンプルすぎてオリジナリティを出しにくく、工夫してもマネされやすい。競争が激化するにつれて立地やブランド力の勝負になってしまいました」(山瀬氏)  下高井戸駅では立地の重要性が見て取れた。駅から徒歩0分のタピオカ店では黒糖タピオカティーを25%引きで販売し、数人が来店。そこから3分歩くと試飲を配る閑散とした店舗があり、さらに1分歩くと閉店した店舗があった。
次のページ
ブームは終わるも、2025年に再来?
1
2
週刊SPA!1/28号(1/21発売)

表紙の人/ ゆきぽよ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事