エンタメ

写真集が爆売れの「坂道グループ」。おじさんでも知っておくべき乃木坂46・欅坂46メンバーは?

 現在、アイドルグループの主流といえば、乃木坂46や欅坂46といった、いわゆる「坂道グループ」となりつつある。実際、11月30日に発表された「第11回 オリコン年間“本”ランキング2018」の写真集部門においては、トップ10内の9作を乃木坂46・欅坂46のものが占めている。(ちなみに、坂道グループ以外で唯一ランクインを果たしたのは、石田ゆり子の『Lily―日々のカケラ―』〈文藝春秋〉。人気アイドルとタメを張る石田も相当スゴイ……)  しかし、「メンバーの数が多すぎて誰が誰だかわからない」と感じている人は多いだろう。そこで今回は、オリコンの写真集部門でランクインした乃木坂46・欅坂46のメンバーを何人か紹介していこう。  さっそく第1位のメンバーから……といいたいところだが、今年最も売れた写真集は、乃木坂46全員の写真集『乃木撮VOL.1』(講談社)なので、第2位以降のなかからピックアップしていく。

長濱ねる:欅坂46下部グループから怒涛の昇格を果たしたエース

 まずは、1st写真集『ここから』(講談社)が19.1万部(2018年11月末時点、以下同)売れ、第2位となった欅坂46の長濱ねる。2015年11月にメンバー入りした当初は、下部グループである「けやき坂46」からのスタートだったが、瞬く間に人気を獲得。2016年6月には欅坂46との兼任メンバーとなり、2017年9月、5thシングル『風に吹かれても』から晴れて欅坂46の専任メンバーとなった。  また、2017年12月に『ここから』が発売された際には、初週のみで約9.8万部を売り上げ、女性ソロ写真集の週刊売り上げ部数では歴代2位の記録を樹立した。これからの活動に期待が寄せられるアイドルのひとりだ。

西野七瀬:来年2月には卒業してしまう乃木坂46フロントメンバー

 お次は乃木坂46から西野七瀬を紹介しよう。今年の5月に発売された1stフォトブック『わたしのこと』(集英社)は16.5万部を売り上げ、第4位にランクインしている。  西野は2011年に乃木坂46の第1期生としてデビューしたメンバーで、全メンバーのなかでもっともグッズなどの売り上げが高く、実質的なナンバーワンと評する声も多い。しかし残念なことに、2019年の2月24日に京セラドーム大阪で開催される『乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE』をもって、西野は乃木坂46を卒業。芸能活動はこれからも続ける予定とのことだが、“乃木坂46の西野七瀬”を見ることができるのは、あとわずかな間だけなのだ。

菅井友香:特技は乗馬!? 実はガチお嬢様な欅坂46キャプテン

 第5位にランクインしたのは、今年6月に発売された1st写真集『菅井友香1st写真集 フィアンセ』(講談社)が7.8万部となっている欅坂46の菅井友香だ。  欅坂46の第1期生として2015年にデビュー。かねてよりライブや番組でMCを務めるなどしてリーダー気質なところがあり、2017年には欅坂の正式なキャプテンに就任した。また、乗馬を特技としていたり、実家が軽井沢に別荘を持っていたりとなかなかのお嬢様。乗馬の腕前は相当のもので、欅坂加入後の2016年には馬術大会『ジャパンオープン』に出場し、初挑戦の障害飛越競技で7位に入賞したほどである。
次のページ 
乃木坂の次期エースもランクイン
1
2





おすすめ記事