雑学

「今年はいい年だったなあ」と喜ぶ3つの基準とは/鴻上尚史

― 連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史> ―

 1年が終わりますなあ。1年の終りには、やっぱり、亡くなった江戸風俗研究家の杉浦日向子さんの「七味五悦三会(ひちみごえつさんえ)」を思います。

 はい。ずっとこの連載を読んでいてくれているあなたなら、もう分かるでしょう。

 江戸時代、庶民は除夜の鐘を聞きながら、今年初めて食べた美味しいものと、今年あった楽しかったことと、今年初めて会って嬉しかった人を思い出し、味なら七つ、楽しいことなら五つ、人なら三人という条件を満たしたら、「今年はいい年だったなあ」と喜ぶという風習です。

 SPA!の年内最後の原稿になると、いつも、このことを思い出します。で、ここ数年、いつもこの「七味五悦三会」を振り返っています。

 仕事がら、いつも簡単にクリアするのが、「三会」です。これは、幸福なことかもしれません。

 今年は『ローリング・ソング』という芝居をして、久野綾希子さん、中山優馬さん、森田涼花さんという三人と出会いました。『虚構の劇団』の公演では、秋元龍太朗、橘花梨、一色洋平の三人に会いました。

 本当は顔合わせとかで去年会っていますが、実質、深く知り合ったのは今年なので、今年にします。

 全員、会えて本当に良かった人だと思っています。

 特に、久野さんから伺った、劇団四季が『キャッツ』を始めて、ミュージカルのロングラン公演に舵を切った時期の話は、ぞくぞくするほどスリリングでした。やっぱり、渦中にいた当事者の話は、伝聞とか記録とは違って本当に面白いものです。

「五悦」は、まず、還暦のサプライズ・パーティーです。

 生まれて初めて「サプライズ・パーティー」というものを経験しました。「取材です」と言われて、部屋に入ったらクラッカーが鳴りました。本当に、頭が一瞬真っ白になるんだということを具体的に経験しました。

 二つ目は、『オールナイトニッポンPremium』というラジオ番組を三カ月担当できたことです。

 昔の懐かしいリスナーとも再会したし、新たなリスナーとも出会いました。「くたばれ文春砲」というコーナーで、絶賛不倫中のリスナー達を応援しました。

次のページ 
今年初めて食べた美味しいもの、なかなか出てこない

1
2

この世界はあなたが思うよりはるかに広い

本連載をまとめた「ドン・キホーテのピアス」第17巻。鴻上による、この国のゆるやかな、でも確実な変化の記録





おすすめ記事