恋愛・結婚

OLたちのバレンタインデーの本音「義理チョコも友チョコも面倒くさい」

 バレンタインデー当日である。

 そもそも世界標準のバレンタインデー文化とは違い、日本のバレンタインデーは“女性が好きな男性にチョコを贈るもの”とされている。だが、そこからもさらに意味合いが変遷していき、本命だけでなく普段お世話になっている男性へ送る“義理チョコ”なるものが生まれ、近年では女性から女友達に送る“友チョコ”なるものも生まれている。

チョコ そんなこんなで、独自かつ多様な意味合いを持つようになったバレンタインデーという風習を、憂鬱に感じている女性は、実はかなり多い模様。そこで今回は、バレンタインデーに対してネガティブな意見を持つ20代・30代女性たちに、体験談などを交えてぶっちゃけた本音を語っていただいた。

【ケース1】バレンタイン前後の男の言動に嫌気が差す女たち


チョコ まずは、チョコをあげる前後の男性陣の言動に嫌気が差すという女性たちの意見を紹介していこう。

「バレンタイン当日はオフィスが…ていうかオフィスの男たちが、なんかちょっとソワソワしている感じに寒気がする(苦笑)。もう本当に気まずい空気感だから、できるだけ女性が担当しているクライアントとの外(社外)の打ち合わせを入れてます」(28歳・通信)

「バレンタイン数日前に店長(上司)が、『女のコは大変な時期だよね。チョコたくさん買わないといけないでしょ。…何個ぐらい買うの?』と聞いてきた。あきらかに、自分がもらえるかどうかの探りを入れて来てる感じで、めんどくさ!って思いました」(31歳・飲食)

「ある年、それまで“厳しい指導”という名の八つ当たりで私にキレまくってた男の先輩が、急にやさしくなったんです。私もやっと仕事が認められたのかなって思ってたんですが、女上司いわく、『あいつはチョコが欲しいだけよ』と…。ダセェ男だ」(24歳・公務員)

「数年前のバレンタイン。義理チョコをあげたハゲかけた先輩に、本命チョコと勘違いされ半ストーカー化され、本命チョコをあげた同期のイケメンは、その年のバレンタインきっかけで後輩のぶりっ子と付き合い始め……。それ以来、バレンタインが近づくと偏頭痛の日々……」(33歳・建築)

 勘違い野郎や下心丸出しの男たちの思惑に振り回されると、バレンタインが憂鬱なものになるようだ…。

次のページ 
“義理チョコ”という奇妙な風習に苦しむ女たち

1
2
3





おすすめ記事