ニュース

セクハラ野次被害の塩村文夏、元貴乃花親方…令和最初の参院選“目玉候補”は誰だ?

吉田沙保里選手や青学大の原晋監督は出馬せず?


令和最初の参院選 目玉候補は誰だ!? 統一地方選を経て、永田町では参院選に向けた準備が加速している。中でも慌ただしいのは、共闘を模索する野党だ。政治ジャーナリストの藤本順一氏が話す。

「定数削減が進むなか地方議会で自民党は議席を伸ばし、与野党直接対決となった北海道知事選では与党が勝利。政党支持率でも、結党直後に10%を超えていた野党第一党の立憲民主党が3%にまで落ち込むなど、与党優勢の流れが鮮明です。

 にもかかわらず、参院選に向けた野党共闘は難航。実際に立憲と国民民主両党の推薦が得られているのは、滋賀の嘉田由紀子候補のみ。小沢一郎・自由党代表の地元、岩手選挙区の候補者調整を巡って、合併交渉が大詰めの国民と自由の間にも亀裂が生じている。比例統一名簿構想もありますが、立憲は一貫して否定的。いまだ野党はバラバラの状態です」

 その影響で、“目玉候補”の擁立も難航しているとか。政治評論家の有馬晴海氏が話す。

「比例票を上積みしようと野党同士で候補者を奪い合いっているため、“候補者候補”からして枯渇しています。そもそも、与党優勢のなか、野党から出馬したいという人は限られる。大きな得票が期待されるタレント候補は比例で出馬する傾向にありますが、立憲と国民の比例名簿は1~5位まで、すでに組織内候補で固まっています。

 おのずと、これから公認されても当選確率は下がる。それを承知のうえで出馬してくれる有名人を探し出すのは至難の業です」

美しすぎる弁護士、『恋のから騒ぎ』OG…


 実際、判明している野党の目玉候補は限られる。国民から出馬予定のタレント候補は現状、関西のバラエティ番組などで活躍する羽衣国際大学教授のにしゃんた氏のみ。一方、同氏と大阪選挙区で議席を争うのが、立憲の亀石倫子氏。GPS捜査の適法性を争う裁判などで活躍した、“美しすぎる弁護士”だ。

 同じく立憲は比例に、漫才師のおしどりマコ氏擁立を決めている。芸人活動の傍ら福島第一原発事故の取材を続け、SPA!にも寄稿してきた異色の候補者だ。ただし、ひときわ大きな注目を集めているのは、『恋のから騒ぎ』(日テレ系)出演経験もある元都議の塩村文夏氏。全国紙政治部記者が話す。

塩村文夏

塩村文夏氏(立憲・東京) 元グラビアアイドル。都議を1期務めて、’17年衆院選に国民から出馬。’19年1月に立憲へ

「都議会でのセクハラ野次被害で全国区の知名度を獲得し、’17年の衆院選では国民の公認候補として出馬しましたが、落選。2度目の国政チャレンジとなる今回も国民からの出馬が決定していたのに、1月に立憲への鞍替えを表明しました。より当選確率の高いほうへ、という判断でしょうが、その尻の軽さには立憲内でも疑問の声があがった人物です。ただし、出馬予定の東京選挙区は今回から改選数が5から6に増えるため、塩村氏の6位当選なら十分可能と見られています」(全国紙記者)

次のページ 
元貴乃花親方は出る?

1
2
3
週刊SPA!4/30・5/7合併号(4/23発売)

表紙の人/ 浜辺美波

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!





おすすめ記事