R-30

やせる上に人生が好転する「成功ウォーキング」術

佐藤富雄

佐藤富雄氏

 10年前から実践するウォーキングの賜物か、80歳とは思えぬ若々しさに驚かされる佐藤富雄氏。医学博士でもある佐藤氏は「歩くことをベースにダイエットすると確実に“いいこと”がある」とウォーキングの効果に太鼓判を押す。

「まず歩き始めると、15分でベータエンドルフィン、20分でドーパミンという快楽ホルモンが分泌され、ハイになる。さらに40分で分泌されるセロトニンが、気持ちを落ち着かせてくれます」

 これを早足で一日2時間、90日続けると6kgやせられるとか! でも2時間はつらい気が……。

「これらのホルモンは構造式がモルヒネに似ていて、歩けば歩くほど気持ちが良くなり、20日から1か月で習慣化するから大丈夫」

“歩かずにはいられない体”になるばかりでなく、こんな効果も。

「ジョギングが肝臓や筋肉に貯蔵されたグリコーゲンを消費するのに対し、ウォーキングは中性脂肪を燃焼させるので体重が落ちやすい。また中性脂肪の燃焼で作られたケトン体が満腹中枢を刺激し、空腹感を覚えなくなるのです」

 さらに“いいこと”は続く。

「歩いてホルモンが十分に出ると、脳が前向きになりストレスは吹き飛ぶ。自信がついて夢や希望がどんどん湧いて、アイデアやひらめきが降ってきますよ」

 脳と体に劇的な変化をもたらす、魔法のようなウォーキング。この人間の画期的な機能は、進化の過程と深く関わっているそうだ。

「我々の祖先は第4氷期の過酷な環境下で狩猟・採集生活に適応するため、体を動かすほど気持ちがよくなるよう遺伝子を突然変異させた。同時に脳が活性化され夢や希望を持つようになり、その夢を実現することで近代文明がつくり出されてきた。歩くことで得られることは計り知れず、人生を好転させるきっかけにもなるのです」

 お金のかからない自己啓発、それがウォーキングなのだ。

⇒より効果的な「成功ウォーキング」特別メニューはこちら
http://nikkan-spa.jp/165181

【佐藤富雄氏】
生き方健康学者、作家、医学博士、農学博士。長年にわたりアンチ・エイジングについて研究。著書に『頭が冴え、疲れない体になる「この習慣」を続けなさい』(三笠書房)ほか多数。http://www.hg-club.jp/

― [歩き方を変えるだけ]で5kgやせられた!【6】 ―




おすすめ記事