お金

ほったらかしで儲かる「軍用地投資」、いつ始めるのが賢いか?

―[軍用地投資]―
 何か、資産を増やす裏ワザはないものか…と考えているみなさん。お金持ちがひそかにやっている「軍用地投資」をご存知だろうか? 
嘉手納飛行場

嘉手納飛行場は、沖縄県本島中部の嘉手納町、沖縄市、北谷町にまたがっていて、極東最大かつ最も活発な米空軍基地

ひそかに注目される「軍用地投資」とは?

   元防衛省沖縄防衛局職員で、これまでに得た知識や経験を生かして、沖縄の軍用地投資を中心に資産を形成した仲里桂一さん(沖縄県出身)。昨年、防衛大臣が「現役公務員が職務上知り得た情報を使って儲けている」と激怒したと報道されて「軍用地投資」に一気に注目が集まった。  沖縄の米軍基地として使われている土地「軍用地」は、実は一般の人でも不動産市場で買うことができる。買えば、あなたが地主として「日本政府」に貸すことになり、そのメリットは前回の記事でも紹介したとおりだ。  長期的に価格が上がり続け、空室リスクもほぼないのが軍用地投資の特徴だ。とはいえ、少しでも安く投資を始めたいもの。いつ軍用地投資を始めるといいのか? 著書『専門家が優しく教える![軍用地投資の教科書]』を上梓した仲里さんが解説する(以下、仲里さんの寄稿)。 軍用地投資の教科書

ほったらかしで、利回りが上がっていく

 まず、初めに断っておきます。軍用地投資を始めたからといって、すぐにお金持ちになれるわけではありません。キャッシュフローも多くは出ません。巷にあふれる景気のいい不動産投資話とは一線を画しています。「簡単に稼げる!」「誰にでもできる、家賃収入〇億円」を願う人は、他の投資本を購入することをおすすめします。  軍用地投資は安全保障条約上、日本政府が米軍に基地を提供する義務を負っているため、土地の賃貸借契約を結んで地主に使用料として地料を支払う仕組みによって成り立っています。地主は地料の滞納や土地の管理に悩む必要はありません。  また、この地料は、沖縄県軍用地等地主連合会(土地連)と政府との交渉により毎年上がることになっているので、軍用地を所有している限り、半永久的に地料が複利的に増えていきます。長く保有すればするほど、だまっていても平均利回りが上がっていくのが軍用地投資です。

軍用地は300万円台から買える

 軍用地投資は長期運用を前提とすれば、ほぼ確実に「ローリスク」で「ミドルリターン」を得られる投資法です。「ローリスク」である分、リターンも販売価格に対する地料の利回りが2%程度と高くないので、融資の借り入れによる金利上昇リスクを極力抑えなければなりません。それには、まずは現金で軍用地を買うことをおすすめします。安いものでは販売価格300万円台から購入ができます。  最近、全国的な軍用地投資の過熱から、売り物件に対する買い付けのスピードが速くなってきました。嘉手納飛行場などの現状、返還予定がない米軍基地では、土地面積の大きさにかかわらず1000万円以下の販売価格なら即時に決まってしまいます。地元投資家の間では、いわゆる「秒殺」で買主が決まったという話も出るくらい、激しい争奪戦が繰り広げられているのです。  ですから、現金で買える範囲内の物件をターゲットに決めたら、まずは米軍基地の場所は二の次にしてください。四の五の言わずに軍用地を買って、まず地主になることが重要です。
次のページ 
安くなるのを待つよりも…

1
2
3
専門家が優しく教える! 軍用地投資の教科書

知らないと損をする! 約50年間、賃料&価格がずっと右肩上がりの“究極のほったらかし投資”

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事