ライフ

カチンと来ることが多く、いつか傷害事件を起こしそうで怖い…男性42歳の悩み

“外務省のラスプーチン”と呼ばれた諜報のプロ・佐藤優が、その経験をもとに、読者の悩みに答える! 怒り

カチンときたときにどう怒りを抑えたらいいのか?

★相談者★あんこときな粉(ペンネーム) 自営業 男性 42歳  生活しているとカチンとくることが多々あります。人とすれ違うときこちらはよけているのに、向こうはわざと肩をあててきて凄くむかついたことがありました。僕が弱そうに見えるからこういうことをするのでしょう。人を見た目で判断するこういう人がいるんです。それで僕はいつもこっそり後をつけて仕返しをして大けがを負わせてやりたいと思ってしまいます。  年を重ねるごとにこの気持ちが強くなってきていつかは本当に法に触れる傷害事件を起してしまうんではないだろうかと自分が怖いです。佐藤さんはカチンときたときどう自分を抑えていますか。 ◆佐藤優の回答  私は、カチンとくることはあまりありません。学生時代は激昂することもありましたが、外交官としてソ連(ロシア)で勤務するうちに、日本の基準では毎日、何度もカチンとくることが起きるので、いちいち怒っていたら身が持たないと思うようになりました。また、外交官として難しい交渉を何度もするうちに怒らなくなりました。  感覚が麻痺したわけではありません。怒って感情的になると判断を誤って、その結果、日本の国益を毀損することになるという認識を持つようになったからです。外交の世界では、怒ったそぶりをしなくてはならないこともあります。ただし、外交官はどんなに言葉を荒らげても、心の中は冷静です。  現在、激昂したように見せることで、相手がどのように反応して、その結果が自分にとってプラスになるためにはどうしたらいいかを計算しています。あなたは肩をあててきた相手に仕返ししたいと言いますが、むしろ仕返しをした後、どうなるかについて冷静に計算して、想定される結果を紙に書いてみることを勧めます。すると、相手にけがをさせて、警察に逮捕される可能性があるという選択肢が見えてくると思います。  こういう自分にとってマイナスになるリスクの高いことはしないほうがいいと、理屈で納得することができます。
次のページ 
怒りを抑える技法「アンガーマネジメント」
1
2
◆募集◆
佐藤優さんへの相談を募集中。匿名希望の方はペンネームを記入してください。採用者には記念品をお送り致します。⇒応募はコチラから https://nikkan-spa.jp/icol_form(PCのみ対応)

人生の極意

佐藤優が相談者に送った人生を賢く生き抜く72の処方箋

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事