仕事

年収240万円から副業年収4000万円に。サラリーマン向けの副業をプロが紹介

自分の社会人経験にこそお金を稼ぐタネがある

 また、副業をするうえでは終業後にバイトに励むなどではなく、あくまで「サラリーマンに向いた副業を選ぶことが重要」だと、moto氏は続ける。 「ただでさえ本業で忙しいのに、副業でも疲弊していたら絶対に長続きしません。だからこそサラリーマンの副業は時間を切り売りする“労働集約型”にしてはいけない。僕はサラリーマン向けの副業は大きく4種類あると思ってます。①転売 ②イベント運営 ③投資 ④コンテンツ配信。なかでも最も労働集約型ではなく、元手がいらないのが④です。だから僕はブログなどをメインにしています」 脱・会社[副業リーマン]の野望 そのうえでmoto氏は、自分がサラリーマンとして働くなかで得た知見にこそ、お金を生み出すタネが潜んでいると話す。 「ブログを副業にするというと、毎日コツコツ記事を書き続けてようやくお金が生まれる……というイメージを抱く人が多いです。しかし、本質はそこじゃありません。大切なのは『人の困りごとを解決する』ことです。僕は転職や営業術に関する情報をブログにして年収4000万円を得ていますが、記事は約1年でたったの19本です。  しかし、これは本業のサラリーマン生活で得たリアルな知見だからこそ支持され、結果、お金になっています。『自分には記事にできる経験なんてない』と思うかもしれませんが、サラリーマン生活を送っている人なら絶対に何かしらほかのサラリーマンに役立つ情報を持っているはずなんです」  漠然とした将来不安を解消するタネは、会社でなく自分のなかにこそある。moto氏だけでなく、副業を通じて「1社に依存しない」というキャリア構築を実践している人は年々増えているようだ。 【moto氏】 長野県出身の32歳。4度の転職と副業を駆使して年収を上げるという独自のキャリア論を発信。大きな支持を得ている。ツイッター「@moto_recruit※週刊SPA!8月20日発売号「脱・会社[副業リーマン]の野望」特集より <取材・文/週刊SPA!編集部>
1
2
転職と副業のかけ算

moto氏のこれまでの歩みと転職×副業の詳細なノウハウが詰め込まれた一冊。アマゾンでは予約開始日に総合1位を獲得するなど、大反響に


週刊SPA!8/27号(8/20発売)

表紙の人/ 乃木坂46

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事