雑学

鳥貴族の店員が「食べたい&食べたくない」メニューTOP3を告白

 全品298円均一という手ごろな価格で首都圏から関西圏にかけて展開し、「トリキ」の愛称で親しまれている人気焼き鳥チェーンの『鳥貴族』。


 今回、普段の飲み会だけでなく、1人飲みでも同店をよく利用するというアルバイト店員の栗山祐介さん(仮名・20代)に、食べたい&食べないメニューについて語ってもらった。

ベスト2位(同率)『もも貴族焼』『むね貴族焼』


食べたい同率2位(もも貴族焼)

筆者撮影 もも貴族焼(以下同じ)

食べたい2位(むね貴族焼)

むね貴族焼

 栗山さんが2位に選んだメニューは2つで、『もも貴族焼』と『むね貴族焼』。どちらもトリキの利用客のほとんどが注文する看板メニューだ。

「デカくて美味い。その一言に尽きますね。一般的な焼き鳥のおよそ3倍のボリュームがあり、標準サイズのほかの串焼き同様、2本セットで出てくる。懐には大変優しいメニューといえます。どちらも美味いので、同率順位にしました」

ベスト1位 『とり釜飯』


食べたい1位(とり釜飯) 「1位は『とり釜飯』ですね。炊き上げに25分、蒸らしに5分と食べられるまでに30分かかるメニューですがシメの一品にはもちろん、食事メインの方にも喜ばれる一品です。バイトなので原価がいくらかは知りませんけど、それでも炊き立ての釜飯が298円ってありえない価格なのは分かります。ちなみに食事目的の来店なら最初に頼んでおくことをオススメします」

 最近では広く知られるようになったが、鳥貴族の串焼きはすべて店内で串打ちを行っている。しかも、鶏肉をはじめとする食材は全部国産のため、安心して食べることができる。

「ほかだと、ざく切りしてタレをかけただけの『キャベツ盛』も個人的に毎回必ず頼むメニューです。スーパーだと1玉100~150円くらいしますけど、キャベツはお替り自由なので頼んで損はありません。食物繊維を取れますし、口の中をさっぱりさせることができます」

 ドリンクも一律298円。なかにはお得感のあるメニューも。

「ビールの『プレミアムモルツ』をこの値段で飲める店はあまりないと思います。それ以外では大ジョッキで提供する『メガハイボール』も好きです。量が多いので給料日前など金欠のときは助かります(笑)」

次のページ 
鶏と関係のない料理にはイマイチなメニューも?

1
2





おすすめ記事