エンタメ

ジブリの名作「風の谷のナウシカ」が歌舞伎化!その魅力と見どころとは?

新作歌舞伎「ナウシカ」は8時間の超大作!?

ナウシカ歌舞伎

新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』ポスター

 言わずと知れた宮崎駿監督の代表作、「風の谷のナウシカ」。その漫画版を原作とした新作歌舞伎が、12月6日から約3週間にわたって上演される。東京の新橋演舞場にて、全7巻分の物語が昼の部・夜の部を通して描かれ、上演時間は休憩時間も合わせれば8時間を超えると言われている。  主人公であるナウシカを尾上菊之助(42)が、もうひとりの主人公とも言える皇女・クシャナを中村七之助(36)が演じる。また、ナウシカの師匠であるユパを演じるのは尾上松也(34)となっている。歌舞伎の専門家が「これまでにない挑戦」と評する新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」の見どころとは――?  今回、取材班が話を聞いたのは、歌舞伎や文楽といった古典芸能の専門家であり、早稲田大学演劇博物館の副館長も務めている演劇評論家、児玉竜一教授だ。 「映画でも原作2巻の途中までしか描き切れなかった、長大で複雑な物語を、演劇としてどう着地させるのか? 原作を知る人の多くは、まずはそこに大きな期待と不安を寄せています」  確かに、原作はさまざまな人間の思惑が絡み合い、物語が進むほどに重い内容となる。歌舞伎はあくまでエンタメ。この複雑なストーリーをどのように表現し、観客にわかりやすく描くのか、大きな見どころだ。 「衣装やビジュアルも気になるところです。公開前はクシャナとナウシカしか姿が公開されていませんが、七之助が演じるクシャナの姿は原作とあまり変わらない。対して菊之助が演じるナウシカは、兜が烏帽子のような形になっていたり、服が狩衣のようだったりと、歌舞伎に寄せているようです。ユパなど、その他のキャラクターのビジュアルは公式側も意図的に伏せている。それぞれのキャラクターが、どのような扮装で現れるのか、楽しみにしているファンも多いのではないでしょうか」

会場となる新橋演舞場

「空を飛ぶ」という、歌舞伎ならではの大がかりな演出の生かし方も注目だという。 「宮崎アニメと言えば『空を飛ぶ』という浮遊感が肝。これは歌舞伎にも不可欠な要素で、『空を飛ぶ』のは作品内において最大の見せ場と言えます。ところが、ナウシカの世界では多くの人が日常的に飛ぶ。このあたりの処理をどうするのか? 素朴ながら大きな期待のひとつと言えます。今回の公演はこういった、こちらがハラハラするような『挑戦』が多い。ただ、これを乗り越えれば、世界市場へのアピールといった面でも、表現手法の獲得という面でも、新たな鉱脈が見つかるかもしれません」
次のページ 
新作歌舞伎「ワンピース」のヒットは必然だった?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事