お金

3年使った変わり種ロレックス「ミルガウス」を6店舗で査定。値上がった?

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。  3年ほど前、私は著書『もう新品は買うな!』の印税で高級腕時計を購入しました。その際選んだのは、ロレックスのミルガウスというモデル。私が買ったのは、116400という型番の黒文字盤ですが、3年前でも今でも、それほど目立ったモデルとは言えない存在感です。

斉藤由貴生

 なぜ私がそんな微妙な選択をしたのかというと、「あえて難易度の高い買い方をしたい」と思ったからです。せっかく本の印税で買うわけですから、腕時計ファンから見て「よくそれを選ぶな」という選択をしたほうが面白みがあるでしょう。  また、“人気モデルではない”ということから、ミルガウスの値動きは他のモデルと比べて地味。そのため、「買って⇒使って⇒高く売る」という難易度は高めです。ですから、腕時計投資家としてミルガウスを買うということは、芸があると思ったのです。  実際、私が買ったミルガウスは、購入してからしばらくの間、ほとんど値動きせず、1年後の段階でも大きく価格は変わりませんでした。もしも私がミルガウスではなく、人気の高いGMTマスター2などを買っていたならば、購入後1年ぐらいで20万円程度の上昇となっていたわけです。  しかし、ミルガウスを買った私には2つのシナリオがあったのです。  1つは、ミルガウスが再度人気モデルとなって、どんでん返しを見せるというシナリオ。もう1つは、ミルガウスのような微妙なモデルを買っても「買って⇒使って⇒高くなる」ということを実現するというシナリオです。  いずれも、実現するハードルが高そうですから、仮にそれが現実のものになったならば、ドラマがあると言えます。私は、こうしたことを実現してこそ、腕時計投資家としての面目躍如ではないかと考えたのです。  そして今、そのシナリオの1つが達成されたことをついに確認しました。それは、ミルガウスが買った値段より高く売れるという点です。

著書『もう新品は買うな!』の印税で購入したロレックスミルガウス116400黒文字盤

 もちろん、この「高く売れる」というのは、私のテクニックを駆使したような売り方ではありません。どんな売り方かなのかというと、街中にある買取店に持っていき査定をしてもらったのです。  お店に持っていって査定してもらうことに特別な知識は必要ありません。ただし、注意しなければならないのは、1店舗だけではなく、いくつかの店舗に査定してもらうということ。夕方のニュースなどでも、よく主婦の方が実践していますが、いくつかのお店を巡ってもっとも高いお店に売るというのは売る際の基本です。  ちなみに、ミルガウスの購入方法についてですが、そちらについても、私は特別なテクニックはなにも使っていません。むしろ、買い方も「ビギナー向け」にこだわり、あえて有名店で購入。価格は54万8000円でしたが、当時の最安値ではなかったのです。  ということで、ミルガウスはいったいくらになったのかその全貌をお伝えしたいと思います。

ミルガウスを6店舗で査定してもらった結果は?

●1店舗目 A店  有名買取店のA店に入り、「査定希望」の旨を伝えると、「混み合っていて30分ぐらいお待ちいただきます」とのこと。しかも、店内で待たないといけないと言われたため、「また来ます」といってすぐに退散。意外にも、1店舗目では査定にまで行き着きませんでした。その後、再度入店しましたが状況は変わらず。ここでの査定は諦めました。 ●2店舗目 B店  査定で30分も待たされるということは、これまで経験したことがなかったため、最近の事情は変わったのか、などと勘ぐりながら2店舗目に入店。「時間かかりますか?」と伝えると、申し訳無さそうに「10分ぐらいかかるかもしれません」と返答。査定開始まで待たされるかという趣旨がうまく伝わらず、こちらも若干申し訳ない気持ちになりながら、すぐに査定してもらえることにホッとしました。  そして、数分後、出た答えは56万7000円。この瞬間「勝った!」となりました。

某買取店で出された査定額

●3店舗目 C店  買った値段より高い金額を提示されたことで、鼻高々な私は、比較的有名なC店に入店。C店では、査定担当の方が他の接客をしていたため、査定開始まで10分程度待つこととなりましたが、時計の在庫があるお店だったため、店内の気になる時計をチェックしていたらあっという間でした。  そして、C店からは、なんと63万円という答えが出たのです。
次のページ
高価買取で定評あるお店に行ったら…
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事