エンタメ

東出昌大のYouTuber復帰の可能性…「宮迫さんのやり方は真似ちゃダメ」プロが指南

 人気俳優の東出昌大(32)と若手女優・唐田えりか(22)との“前代未聞の不倫”が報じられて1か月以上が経過。現在も、騒動の余波が収まる気配がない。そんな中、沈黙を続けてきた東出昌大が2月20日発売の『週刊文春』(文藝春秋)の直撃取材に応じ、「仕事に関しては……全てを失ったと思います。役者の仕事は今後の仕事ということであれば、自分がやりたいと言ってできることではありません」と回答。いよいよ俳優として芸能活動を続けていくこと自体が難しい状況になっているようだ。

プロが考える東出昌大“再生計画”

 しかし、今の世の中にはテレビ業界や芸能界から干されても活躍する道が残っている――。そう、YouTuberとしての活動である。最近では、闇営業問題で芸能活動を休止していた「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)が『「宮迫ですッ!」チャンネル』を開設し、話題を集めている。  それでは、今回の不倫騒動を起こした東出昌大がYouTuberとして活躍するには、どのようなチャンネルを開設するべきなのか、YouTube作家やテレビマンたちに話を聞く。  まずは、数組の若手芸人のYouTubeチャンネルで構成を手伝う放送作家のA氏に話を聞いた。 「私が考えるのは、グルメ系のチャンネルです。テレビもYouTubeも“食”は強いんですよね。タイトルはズバリ、『孤独の東出グルメ ~芸能人が通う店~』。独り身になる前提ですが、東出さんが一人で“芸能人がお忍びで通う店”を尋ねるという企画です。  面白さとしては芸能人がひそかに通う店やおススメ料理を知ることができること、ベロベロに酔った東出さんの本音を聞けるといったところです。その場で遭遇した芸能人にアポなしで出演を交渉する様子も映したいですね。とにかくやらせや仕込みを入れないことがポイントです」

大根役者の演技塾は意外と需要あり?

 さらにA氏に、日刊SPA!編集部が考えた『東出昌大の演技塾』、『異性の口説き方講座』、『ひがしで君のイクメン日記』といった、いかにも炎上しそうな企画についての是非も聞いてみた。
東出昌大

画像:『寝ても覚めても』プレスリリースより

「どれも炎上しそうですね(笑)。今はYouTube視聴者のリテラシーが上がってきているので、炎上系動画は、数回目までは視聴回数を稼げると思いますが、日々更新していくことを前提とするならば、マイナスイメージにつながるので辞めたほうがよいと思います。その典型が宮迫さんで、炎上系YouTuberと組んだことによってイメージがさらに悪くなり、最近は10万再生すらいかない状況ですから。  それから、口説き方やナンパ、イクメンなどは同様のチャンネルが乱立しているのであまりヒットはしないかも。可能性があるとすれば、『東出昌大の演技塾』ですかね。演技指導をする動画や役者の仕事について語る動画はほぼないですから。ただ彼の“棒読み演技”は有名ですから(笑)、そこがどう転ぶかですね」  また、元芸人で現在はテレビやラジオを中心に放送作家として活躍するB氏に意見を聞いた。
俳優イメージ

写真はイメージです

「YouTubeの影響力を舐めてはいけないと思います。なので、不倫ネタや芸能界のゴシップを扱うなどの炎上系動画は“諸刃の剣”ですね。僕が構成に入るとしたら、そこまで広まっていないコーディネート動画を提案します。  ユニクロやGUを着こなすファストファッション系のコーディネート動画は多いのですが、ハイブランドの着こなしを伝えるチャンネルはほとんどない。東出さんは元モデルでオシャレですし、“意外と着こなしが難しい”ハイブランドをうまく合わせるコーディネート動画など、実用的で真面目な企画で業界の信頼を回復させるのがよいと思います」
次のページ
有望若手テレビマンの梅澤慶光氏は“将棋”を提案
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事