お金

麻雀は知的ギャンブルだから「怠惰な奴は勝てない」という悲しい現実

―[負け犬の遠吠え]―
ギャンブル狂で無職。なのに、借金総額は500万円以上。 それでも働きたくない。働かずに得たカネで、借金を全部返したい……。 「マニラのカジノで破滅」したnoteで有名になったTwitter上の有名人「犬」が、夢が終わった後も続いてしまう人生のなかで、力なく吠え続ける当連載。  世間が自粛から解禁され、犬の日常ギャンブルも再開。今回は麻雀についてです。 犬のツイッタープロフィール=====

知的ギャンブル、麻雀

麻雀 麻雀牌を触ろうとしなくなってから5年近く経った。僕は麻雀をほとんどしない。誘われた時に黒川前検事長も受けないくらい極めて低レートで遊ぶのみだ。  友達に連れられて行った雀荘で役の作り方を覚えた。元々麻雀漫画も読まなかったので、パチンコをするくせに麻雀ができないことが恥ずかしかったというのもある。初めて上がった役は「四暗刻(スーアンコー)」という役で、「撥(ハツ)」の字牌を引いて上がった。6年以上も前のことなのに鮮明に覚えているのは、この役が後に「役満」という、麻雀でも最も点数の高い役の一つだと知ったからだ。  当時、重く滞留する雀荘の空気から逃げるように角の卓を選び、壁際に座ったところまで覚えている。いい思い出が鮮明に残るのはギャンブル依存症の特徴で、その記憶が何よりも色づいているせいで、 「勝てるかも」 もとい、 「勝っているのかもしれない」 という気持ちが生まれ、それが無根拠な自信につながってしまう。僕の場合は生まれて初めての麻雀で図らずも最強の役を作った自身に対し、 「もしかすると僕は、麻雀の神が間違って人間世界に置いてきてしまった寵児なのかもしれない」  と思い込み、しばらくはどうすれば強くなるかなんて知らないまま金を賭けて遊んでいた。自信の鎧を身に纏った愚か者は、無知の知を持たない。無知で勇敢な僕は、五里霧中の麻雀道をズンズンと進み、名前も知らない草木を乱暴に踏み倒してできた自分の足跡こそが覇道だと思っていた。  覚えたての頃は負ける気がしなかった。なぜなら初めて上がった手が四暗刻という神に愛された子供だったからだ。  体の弱い僕は雀荘に滞留する汚い空気にあてられて、よく体調を崩していたが、その時に去来する頭痛や悪寒も、 「雀神(ジャンガミ)が降りてきた」  と、麻雀の神様が憑依した時の副作用で手が震えていると吹聴していた。実際にこの時の成績は良かったが、思い返せばただ単に思い切りのいいプレーがハマっていただけだろう。下手くそは余計なことを考えない方がマシになる。  そしてソクラテスのありがたい言葉を無視し、足下を見ることも、立ち止まって振り返ることもしない人間はほぼ必ず深い穴に落ちる。穴に落ちた時の痛みをもって、世界に転がる危うさに気づくのだ。  愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。(オットー・フォン・ビスマルク)  つくづく過去の偉人は憎たらしい言葉を思いつく。僕は麻雀で5万近く負ける日々が続いて初めて麻雀の仕組みを肌に感じた。 「もしかすると、麻雀は勉強しなければ勝てないのかもしれない」
次のページ
麻雀すら怠惰は許さない
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事