エンタメ

安斉かれん[令和の歌姫]の覚悟

 ’90年代の音楽業界を描き、SNSを中心に大きな反響を生んだ連続ドラマ『M 愛すべき人がいて』でアユ役を熱演。今夏、本職であるアーティストとして「僕らは強くなれる。」をリリースした。“平成の歌姫”を演じ終え、最新曲に込めたメッセージとは?
安斉かれん

作詞を手がける彼女。曲作りについては「日常生活で気づいたことや景色をスマホに日記のように毎日書くようにしていて、そこからフレーズを引っ張ってきています」

これからは作曲したり、恋愛ソングを作りたい!

 ツッコミどころが満載すぎてSNS上でも大きな話題を呼んだ、ドラマ『M 愛すべき人がいて』で主人公のアユ役を演じた安斉かれん。ドラマのインパクトから時を移さずバラエティ番組をはじめ、さまざまなメディアに出演している彼女。ドラマ放送終了後の反響をどう受け止めているのか。 安斉:毎回ツイッターのトレンド入りがうれしかったし、たくさんの人に見てもらえたことがよかったです。“メロドラマっぽい”と言われていたけど、私はお芝居が初めてで。『ドラマはこういうモノだ』と思って演じていたので、ツッコミは意外でした(笑)。演技面での成長はよくわからないけど、共演した三浦翔平君に『どうなるかと思ったけど感動したよ』と言われて安心しました。  そんな彼女の本業は歌手。この夏、新曲「僕らは強くなれる。」をサブスクリプション限定で配信開始した。 安斉:中学時代に吹奏楽部で頑張っていたときの感情を曲にしました。吹奏楽部は応援する側ですけど、“応援する側の人たちを応援する”というメッセージを込めました。MVでは私のサックス演奏シーンがあったのですが、共演した京都橘高校吹奏楽部の演奏が完璧だったので、とても緊張しました。 安斉かれん 注目のきっかけとなった女優業、そして歌手としての今後の展望は? 安斉:女優は想像以上に楽しかったので、またやってみたいですけど、まずはアーティストを軸にしたい! 作曲をしてみたり、恋愛ソングも作りたいです。  “平成の歌姫”を演じ抜き、ひと皮むけた彼女。“令和の歌姫”になれるか、期待して見続けたい。 【安斉かれん】 ’99年、神奈川県生まれ。デビュー前からコスメティックブランド「M・A・C」のモデルに抜擢されるなど、メディアで注目を集める。ドラマ『M 愛すべき人がいて』では初出演にして主演のアユ役に抜擢。アーティストとしては令和元日にデビューし、最新となる5thシングル「僕らは強くなれる。」がサブスクリプション限定で配信中 撮影/鈴木大喜 取材・文/瀬戸大希 ※週刊SPA!8月4日発売号より
週刊SPA!8/11・18合併号(8/4発売)

表紙の人/ 小芝風花

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事