ライフ

つかだ食堂の農家ごはんが本当に旨い! 産地直送の地鶏・鮮魚メニューがズラリ

―[S級グルメ]―
 宮崎地鶏やチキン南蛮でおなじみの塚田農場が、新業態「つかだ食堂」をオープン! こだわり抜いた全国各地の食材を新鮮なまま惜しみなく使い、“本当に旨い料理”が気軽に食べられる食堂として注目を集める。同店自慢の料理をいただいた。
S級グルメ つかだ食堂

「タルタルたっぷり若どりのチキン南蛮定食」

つかだ食堂が提供する本当に旨い農家ごはん

 日本全国の優良食材を使った料理がリーズナブルに食べられると人気の居酒屋「塚田農場」。コロナ禍で飲食店が軒並み不振に喘ぐなか、塚田農場を新しい形態にした「つかだ食堂」をオープンさせ、注目を集めている。 「コロナ禍だからこその攻めの一手です。居酒屋での会食を避ける人が増えているなか、コロナ禍にマッチした営業形態に徐々にシフトしていく必要を感じ、食堂スタイルで勝負しようと出店に至りました」  そう話すのは、九州塚田・関東事業本部の部長で、自身も商品開発を手がける小林賢太朗氏。  昼は定食を中心にご飯に合うおかずを、夜は培ってきた居酒屋経営のノウハウを生かし、酒の肴に持ってこいのメニューを取り揃える。一番のウリは、「各グループ店の人気素材や料理を集結させたメニュー構成なので、肉や魚、野菜など、バラエティに富んだ料理を味わえること」(小林氏)だとか。昼は1000円、夜は3000円前後という価格設定と相まって、お得感も数倍増しだ。  では早速……とばかりに、まずは昼の一番人気である若どりのチキン南蛮をいただく。たっぷりのタルタルが身の厚い肉を包む衣によく絡み、噛むほどにジューシーな旨味が口いっぱいに広がる。 「本場・宮崎では胸肉を使うのが一般的ですが、それをモモ肉で調理することでやわらかい食感に仕上げているのが特徴です。創業以来、改良を重ね続けている店仕込みのタルタルは現在4代目。卵の潰し方や分量、玉ねぎのカットの仕方など、こだわり抜いた自慢のタルタルなので、一度は食べていただきたいひと品です」(小林氏)

生でも食べられる国産の養殖鮭の「銀王レアカツ定食」

 続く2品目は「つかだ食堂」オープンに際して、目玉商品として用意された一品、銀王レアカツ。 「生でも食べられる国産の養殖鮭、というだけでもかなり珍しいのですが、それをあえてレアの状態にすることで、刺し身とソテーの中間にある独特の食感と、程よい脂のバランスが実現しました。鮭カツとしてタルタルソースで召し上がるのはもちろん、お好みでワサビ醤油をつけて刺し身風で食べる“味変”も楽しめます」(小林氏)
S級グルメ つかだ食堂

「銀王レアカツ定食」

 口に運ぶと、思わず唸る新食感。あっさりした鮭の口当たりと脂身のバランスが絶妙だ。これなら、あえてレアにするのも納得。
次のページ
香ばしい炭の香りも癖になる…
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事