ライフ

窯焼きピザ、本格パスタもほぼ全品500円! CONAが誇るイタリアンに舌鼓

―[S級グルメ]―
 焼きたてピザにグラスワイン、その他の酒のアテまでもほぼ全品が500円と、破格値が魅力の「CONA」。安かろう悪かろうとは一線を画す丁寧な味づくり。その人気の秘密を探ってみた。
CONAの「ミックスピザ」

CONAの「ミックスピザ」

ほぼ全品500円!CONAが誇るイタリアンに舌鼓!

 ジメジメと鬱陶しい梅雨が明け、盛夏が訪れようとしている。仕事の後に喉を潤す一杯が、格別においしい季節がやってきた。定番の生ビールで口開けを飾るのもいいが、夏の日長の下、白ワインで疲れた体を癒やすのはどうだろうか。 「CONA」は、関東を中心に全国に50店舗以上を展開するイタリアン&ワインバー。特筆すべきは、30種類以上をラインナップするピザで、すべて一枚25㎝のボリュームで価格は500円(税抜き)。バリエーションもイタリアンで定番の「マルゲリータ」や「アンチョビ&ブラックオリーブ」から、「タラマヨシーフード」や「照焼チキン」のような和風創作ピザ、「ゴルゴンゾーラ&メープルシロップ」など、実にバラエティ豊かだ。 「ワインはグラスで5種類を用意しています。日替わりの赤ワインは2種類、白ワインは2種類、スパークリングは1種類。いずれも価格は500円(税抜き)です。ワインだけでなく、生ビール、日本酒、ハイボール、カクテルも500円(税抜き)。この明瞭会計が、当店のウリなんです」  そう語るのは、「CONA」を運営するINGSの久保田さん。確かにピザやパスタ、ドリンクのメニューを眺めても、500円の数字が並ぶ。「海老とアボカドのサラダ」のような定番サラダから〆メニューの「トリュフ香るゴルゴンゾーラのリゾート」に至るまで、すべて500円(税抜き)。「チェック!」と声をかけるまで、会計を気にすることなく安心して飲める価格設定なのだ。 「お酒に合わせて、気軽に楽しんでいただきたいので、ピザはローマスタイルをご提供しています。注文ごとに生地をクリスピーに焼き上げているため、ワインがどんどん進みます」(久保田さん)  一番のオススメピザだという「ミックス」を注文すると、まずは店舗ごとに捏ねて一晩寝かせた生地を円形にのばすところから調理が始まる。トマトソースが味の決め手だが、これも店ごとにクラッシュトマトにバジル、オレガノ、オリーブオイルなどを加えてソースにする。トマトソースのフレッシュで凝縮された味わいは、こうした丁寧な味づくりによるところが大きいのだ。
CONAの「ミックスピザ」

注文を受けてから一枚ずつ生地をのばし、窯焼きするため、いつでも出来たての本格ピザを楽しめる

 ここに具材をのせ、400℃の石窯で生地を一気に焼き上げる。こうして提供されたピザからは、小麦の濃厚な風味が立ち上がる。香りに引き寄せられるようにクリスピーな生地を口に運べば、サクサクの食感が心地よく、このうえなく幸せな気分に。たまらず軽い飲み口のグラスワインをあおれば、えも言われぬ幸福感が押し寄せる。
次のページ
ワインがすすむ一品
1
2
3
●「S級グルメ」東京を中心としたS級なグルメ情報/インスタグラム tokyofood_srank

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事