デジタル

家電販売員が教える「iPhone12を焦って買わなくてもいい理由」

 皆さん、こんにちは。関東の某家電量販店に、十数年間務めている店員のスズキです。黒物から白物まで、ジャンルを問わずさまざまな商品の販売に携わり、店長も務めたことがある私が、日々の生活に役立つ家電の情報をお届けしていきます。前回は「ビデオカメラのベストバイとワーストバイ」についてお伝えしましたが、今回のテーマは「iPhone12を焦って買わなくてもいい理由」です。

iPhone11発売時ほどのインパクトはなし

アップルストア 2020年10月23日、iPhone12が世界同時発売されました。新型iPhoneの発売は家電業界にとってはビッグイベントですし、発売前は私も出荷のヘルプをするなどバタバタしていましたが、「iPhone11発売のときよりも盛り上がっていない」というのが正直な感想です。  iPhone11はナイトモードが搭載され、夜景の写真が劇的にきれいになりました。私たち販売員はもちろん、体験されたお客様も感動している方が多かったのを覚えています。iPhone12もカメラ機能がパワーアップしていますが、iPhone XからiPhone11のときのような大幅な進化はありません。ですので、iPhone11をお使いの方はわざわざ機種変更をしなくてもいいというのが率直な感想です。

いまだ普及途上の5Gの使い勝手は不安要素

 それでは「iPhone X以前のモデルを使っている人にはオススメか」というと実はそんなこともないんです。ご存じの方は多いと思いますが、iPhone12シリーズは、iPhoneとしては初めて5Gに対応していて、各キャリアとも5G契約が必須になります。  4Gと比較すると5Gは確かに速いのですが、大きな落とし穴も……。その落とし穴とは、対応エリアがまだまだ少ないという点です。都内でも新宿や渋谷、池袋など主要駅の周辺などでしか整備されていないので限られた場所でしか、5Gのすごさを体験することはできません。  利用できる機会がどれくらいあるのか、事前に調べてから購入しないと、契約料金だけ高くなってしまい、結果的に損をする可能性があるので注意が必要です。
5G

各キャリアのホームページを確認すると、5Gの対象エリアはいまだに限られていることがわかる(画像は「ソフトバンク」ホームページより)

 5Gはもちろん魅力的ではあるものの、まだ時代が追いついていないというのが正直な印象です。対応エリアは今後増えて行く予定なので、しばらく様子を見てから購入するのがいいのではないでしょうか。
次のページ
新型よりも型落ちよりも実はオススメなのは…
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事