ライフ

「いびきに悩んだデブ」を救った3つの対処法…寝る姿勢も意外に重要

 こんにちは、日本のデブ諸氏の笑顔製造マシンとして日夜活動している「心もカラダもビッグサイズな男たち」のためのファッション&ライフスタイル情報を配信しているウェブマガジン「Mr.Babe」編集長の倉科典仁です。

多くのデブを悩ませる「いびき問題」

デブ 全国のデブ諸氏の中には、家族や恋人から「いびき、うるさいんだけど!!」なんて夜中にいきなり起こされてビックリなんて経験をお持ちの方も多いと思います。  とはいえ、こちらとしても無意識のうちに起こってしまうので、頑張っていびきをかかなくするなんてことは到底できませんよね。  私が運営する「Mr.Babe」のコミュニティサロン「BIG MAN’s LABO」や、ぽっちゃりモデルの方たちでもいびきに悩んでいる方は多く、以前、いびきの対処法などを取材したことがあるので、ここではそんなデブあるあるないびき対処のお話したいと思います。  そもそも「デブだから必ずいびきをかく」というわけではありませんよね。  体型、性別に関係なく、いびきはかきます。いびきのメカニズムはアゴの周りに付いているお肉が仰向けで寝た時に口内の気道を狭めてしまい、空気の通り道が狭くなると、そこを通過するため、喉が振動して音が出るわけです。やっぱり太っている方が確率は高いですね……。

●いびき対処法①「横向きに寝る」

 私の周りのデブ諸氏たちの中でも一番多いのは「横向き就寝」。寝るときの姿勢を変えることで、いびきを軽減する可能性があります。面倒くさいことはなく、ただ横向きに寝るだけです。  いびきをかく理由は気道が狭くなることというのは説明しましたよね。仰向けで寝るとどうしても重力が上からかかるので気道に負担がかかってしまいますが、横向きに寝ることによって気道に隙間ができ、いびきが発生しにくくなります。  しかし、普段仰向けで寝る癖が付いている方はいきなり横向きで寝ようとすると、違和感を覚えてしまう方も多いと思われます。  そんなときには抱き枕など横向き就寝専用の枕を使ってみてください。横向き寝専用枕は横を向いて寝ることを想定した形状になっているので、横向きになったときに枕と首の位置がフィットして安眠ができます。
次のページ
寝る直前の飲酒をやめる
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事