エンタメ

25歳の“ギャル校長”が誕生、『egg』は「学校みたいなものでした」

egg

雑誌『egg』の表紙を意識したWebのトップページ(※画像は『egg』公式サイトより)

 今までにない“ギャル校長”が誕生する——。今年3月まで約4年間にわたって『egg』編集長を務めてきた株式会社エムアールエー代表取締役社長の赤荻瞳さん(25歳)。当時21歳の若さで編集長に就任し、休刊中だった雑誌をWebで復刊させたことが大きな話題を呼んだが、今後は新設される学校で校長になるのだとか。
赤荻瞳

元『egg』編集長の赤荻瞳さん(25歳)

 2023年4月28日(シブヤの日)、渋谷のキャットストリートに「渋谷女子インターナショナルスクール」が開校予定。とはいえ、赤荻さんは次のステージとして、なぜ学校の校長を選んだのか。じつは、『egg』編集長時代に“校長”意識が芽生えるきっかけがあったという。  今回は、渋谷で若者カルチャーを生み出し続ける、Z世代のカリスマ“ギャル校長”の新たな挑戦に迫る!

根底にある想い「渋谷に恩返しがしたい」

赤荻瞳 まずは、赤荻さんが2018年に21歳で『egg』編集長に就任するまでの道のりを振り返る。 「幼少期からマインドがギャルだったんですよね。オシャレに興味があって、誰よりも目立ちたかった。小学校4年か5年のときに雑誌『egg』の存在を知って、“自分はギャルなんだ”って気づいた。それで、めっちゃ渋谷に行ってみたいと思ったんです」  母親に連れられて渋谷に来てみると、すぐに直感した。たぶん、私はこの街で生きるんだろうな——。 「それで中学、高校ぐらいからサークルを立ち上げて渋谷でイベント活動をするようになって。そこで出会った人たちや、渋谷の街そのものが本当に大好きになったんです。次第に、渋谷に恩返しがしたいと考えるようになって。  どうせ社会に出て働くならば、渋谷を盛り上げるようなコンテンツを作る仕事で、女社長になりたい。最初はサークルのツテで広告代理店業務を2年間ぐらいやっていたのですが、Webで『egg』を復活させるという話が出てきた。絶対に私がやりたいと思って、編集長に立候補したんです」

編集長から校長に転身「次の世代にバトンを繋ぎたい」

  2014年から休刊となっていた『egg』を、SNSやYouTubeなどのWebコンテンツを中心に復活。現在、YouTube「egg Channel」は約45万人の登録者数を誇り、総再生回数は3億5000万回を超える。 「女のコたちには“egg専属モデル”というかたちで入ってもらったのに、当初は肝心の雑誌が出せるのかわからない状態だった。先行きが見えなくて、みんなに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。ようやく発行できたときは、本当にうれしかったですね」  2019年、雑誌での展開を再開させると、多くのネットニュースで取り上げられた。編集長として約4年間、申し分のない結果を残したと言える。なぜ今、編集長から退くのか。 「私も今年で26歳。その間に結婚もしました。3月末のイベントで初期メンバーのモデル3人の卒業が決まっていたので、そのタイミングで自分も後進に道を譲り、次の世代にバトンを繋いでいったほうが良いと思ったんです。  ただ、『egg』の仕事を通じて若い女のコたちに夢を与えること、みんなをハッピーにすることに大きなやりがいを感じていた。それで、ギャルに限らず、渋谷から世界で活躍できるような女のコを輩出する学校をつくったら面白いんじゃないか、今までの私の経験が活かせるのではないかと考えました」
次のページ
今は“モデル”と言ってもモデルの道だけではなかった
1
2
3
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白