お金

30代男性、コンビニ業界・正社員が抱えた将来の不安と葛藤「月収40万円」を捨てたワケ

副業のせどりは「性に合わなかった」

パソコン操作 本業のコンビニと並行しながらせどりをスタートしたものの、「性に合わなかった」と言います。 「せどりは平たく言えば、商品を右から左に流しているわけですが、“いったいこれが誰の何の役に立っているんだ?”と疑問を抱いて、なかなか意義を見出せなかったんです」  そこで再度、新しい働き方を探している時に「自社ブランドOEM」と出会いました。 「最初は独学でやろうと思って情報を集め、代行業者と契約しましたが、まったく進まない上にトラブルも多かったんです」  そんなときに私のスクールを知ったそうですが、「本当に実態があるものなのか、自分は成功するのか、最初は半信半疑だった」と言います。 「入ってすぐに合宿があって、熱量に圧倒されました。また、フォローもしっかりあったので、あとは自分次第だと思いました。ここまで教えてもらってダメならば、それは“自分のせい”なんだろうなって」  コンビニの仕事は退職し、本業として専念することにしたAさん。奥さんは「かなり楽観的な性格」とのことで、応援してくれたそうです。

Amazon「自社ブランドOEM」を本格スタート

Amazon

Aさんの自社ブランド「maffole」のAmazon販売ページ

 現在、Aさんが「自社ブランドOEM」を始めて約半年が経ちました。  Aさんは慎重な性格ということもあり、「一生このビジネスで生きていく!」というよりは、「時代に合わせて軌道修正をしながら今やれることを考えていく」スタンスです。  Aさんが目をつけた商品は「男性向け靴下」です。私と一緒に合宿でセラースプライトという月額1万円弱のツールを使って商品をリサーチしていきました。まず「5本指ソックスを売ろう」と考え、他社が売った個数や平均販売金額を調べました。「上位20社が平均で月577個売っている」といったデータなどから市場規模が見えてきます。  そのうち自分の商品はどのくらいのシェアを奪えるのか、さらには原価と利益、売値の兼ね合いも見つつ、どう参入するかを検証していったのです。
次のページ
会社員時代の経験を活かして…
1
2
3
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート
ハッシュタグ