ライフ

孤独のグルメ×ふるさと納税 全国各地のこだわりの牛肉を味わう

 都市部に集中しがちな税金を、地方にも分散すべく生まれた制度「ふるさと納税」。出身地や思い出深い旅行先など、ゆかりのある自治体を応援できるため、年々、注目度が高まっている。各自治体も、返礼品をきっかけに地元に愛着を持ってもらえるとあって、商品開発に熱がこもる。そこで今回は、数ある返礼品の中から『孤独のグルメ』の主人公・井之頭五郎がおすすめする商品をご紹介。原作者である久住昌之さんにも実食してもらい、その魅力を語ってもらった。 2nd_header  家族や友人同士の集まりに、あるいは頑張ったご褒美に食べたいのは、何といっても美味しい肉。そこで、自然豊かな地で肥育されたブランド牛や、地域の人々から愛され続けてきた精肉店のお惣菜、肥育環境はもとより飲み水にまでこだわった牛肉を採用しているこだわりの自治体をご紹介。急速冷凍技術の発達により、鮮度はもとより肉本来の食感や風味を損なうことなく味わえるのは嬉しい限り。ぜひ、お気に入りの一品を見つけてほしい。

自宅で専門店の味が楽しめる牛たん暴れ盛り

05_izumisano_02

なかなか自宅で食べる機会のない牛たん(たんもと、たんなか)が楽しめる

 肉厚で歯ごたえがあり、噛みしめると肉汁がジュワー。そんな肉好き垂涎の牛たんを味わえるのが、大阪府泉佐野市の「牛たん暴れ盛り 総量1.15㎏」(たんもと/たんなか575g×2) だ。こちらは、牛肉を知り尽くしたキャリア45年の肉コンシェルジュが厳選した牛たんを、自家製酵素と独自に調合した塩(食塩、コショウ、玉ねぎ、にんにく、セロリ等)で味付けしたもの。スリット加工(肉の表面に切れ目を入れて、筋繊維を線状に切る加工)が施されているので均一に火が入り、自宅で専門店の味を楽しむことができる。 「暴れ盛りって、荒々しく攻めたネーミングでいいね(笑)。肉厚で噛み応えがあるから、『俺は今、肉を食ってるぞ!』という充実感がすごい。味付けは塩だけじゃないんですね。この味は肉心を激しく煽る。ちょっとレモンをかけて己を落ち着かせないと(笑)」(久住さん)
05_qusumi

暴れ盛りと呼ぶにふさわしい量と分厚さ。こだわりの味付けも肉の旨みを引き立てる

05_goro  冷凍で届くので、解凍後にフライパンで焼いて召し上がれ。

牛たん 暴れ盛り(大阪府泉佐野市)の
詳細はこちらをチェック!

自然豊かな群馬の水と土で育った上州牛

06_chiyoda

肉の旨味ときめ細やかな脂のバランスが絶妙な、和牛トップレベルの肉質

 上毛三山(赤城山・榛名山・妙義山)と利根川水系の河川に囲まれた自然豊かな群馬県は、古くから畜産が盛んな地。特に「上州牛」は自然の中で放牧するため筋肉が発達しており、肉本来の旨味ときめ細やかな脂を楽しむことができる。また、「上州牛」は世界トップレベルの衛生管理方式を採用した施設で生まれるため、衛生的にも安心・安全。群馬県が独自に開発した飼料と山から流れ出る澄んだ水で育つため、きめの細かい肉質にも定評がある。そんなこだわりの返礼品、群馬県千代田町の「上州牛カルビ・ロース焼肉満足セット」(カルビ約500g×2パック、ロース約500g×2パック)を食べた久住さんの感想は? 「牛肉って赤身が好きな人と脂が入った肉が好きな人に分かれるけれど、これは赤身が好きな人も脂が好きな人も好きなタイプのお肉ですね。この肉は絶対に白いごはんが欲しい。ごはんを食べるためにあるような肉だよ。ごはんと焼いた肉で、バクバクもりもりいくやつね」(久住さん)
06_qusumi

食べ飽きない脂ゆえに箸が止まらず、肉→ごはん→肉→ごはんの永久運動

06_goro  鮮度そのままの冷凍便で届くので、焼肉丼やチンジャオロース、クッパに。バーベキューで楽しむのもよいだろう。

上州牛 カルビ・ロース 焼き肉(群馬県千代田町)の
詳細はこちらをチェック!

霜降りなれど、後口はさっぱり。脂まで美味しい牛ロース

07_mita

こだわりの美水(電解水素水)で育て上げた牛だからこその柔らかな肉質

 日本が世界に誇るブランドビーフは、但馬牛をルーツに持つものが多い。兵庫県三田市の「美水牛すき焼き・しゃぶしゃぶ用ロース400g」(ロース400g)も但馬牛を素牛とし、寒暖差が激しい三田市で一頭一頭大切に育て上げられている。この名の由来は、胃腸の健康を維持するため電解水素水を給与しているため。そのため、脂まで美味しく、すっきりと食べられる。肉質はしっとりと柔らかく、あっという間にとろける脂肪の融点は、通常の牛肉が45℃前後なのに対して、この美水牛はわずか12.6℃だ。 「うわ~、一枚がでかい!面積ヒロシくん! 『どうだ!』と言わんばかりだね。そこにサシがけっこう入ってるから、年配者としてはちょっと脂っこいかなぁと思ったら、全然オッケー!おーいしい!さっぱりしてる。これはいい肉。口の中で脂がすうっと消えてそのあと旨味がやってくる。肉汁を吸ったしいたけや豆腐もタマラン」(久住さん)
07_qusumi

具材にまで肉の旨みがしっかりしみわたり、肉以外も主役級の味わいにしてくれる

07_goro  霜降りなれど、後口はさっぱり。肉の細胞を壊さずに急速冷凍する特殊冷凍技術を使ってお届けする。

美水牛 ロース(兵庫県三田市)の
詳細はこちらをチェック!

老舗精肉店が生み出した1個200gの大迫力ハンバーグ

08_kakogawa

瞬間冷凍で旨味を閉じ込めたボリューム満点のハンバーグがなんと12個!

 兵庫県南部に位置する加古川市は、市内で但馬牛の血統を持つ上質のブランド牛「加古川和牛」を肥育しており、150年以上の歴史を持つ加古川食肉センターがあるなど、牛肉とのかかわりが深い。 そんな土地にあって、地元民に愛され続けて50年の老舗精肉店が、目利きと研鑽してきた技術で作り上げた自慢の逸品が、兵庫県加古川市の「食べ応えたっぷり! 自家製生ハンバーグ」(生ハンバーグ200g×12個)だ。祝祭感さえある厚みの中には、瞬間冷凍によって旨味が閉じ込められている。そのため、家で焼くだけで、レストランで提供されるような一品が出来あがる。 「いい香りで、食べる前からもう勝利確定ですね(笑)。分厚いけど、上品な味。うん、美味しい。辞書のように分厚い。河原の石のように重量感感じる。存在感が半端ない。ハンバーグというと子どものお弁当の定番だけれど、このハンバーグがお弁当箱に入っていたら、度肝を抜かれるよね。ってそもそも弁当箱に入らないな(笑)」(久住さん)
08_qusumi

思わず童心にかえるようなわんぱくな見た目のハンバーグは目にも美味しい

08_goro  ドリアに乗せてボリューム満点の一品にしてもよし、あるいは、お好みのトッピングを加えて、ハンバーガーにしても楽しめる一品だ。

自家製生ハンバーグ(兵庫県加古川市)の
詳細はこちらをチェック!

 井之頭五郎がおすすめするその他のふるさと納税返礼品はこちらからチェック!

井之頭五郎も舌鼓!
水産天国ニッポンの「海の恵み」を堪能編はこちら

井之頭五郎も感嘆!
米、ラーメン、芋、コーヒー……いつもの味に華やぎを編はこちら

取材・文/山脇麻生 撮影/林紘輝 <提供/大阪府泉佐野市、群馬県千代田町、兵庫県三田市、兵庫県加古川市> © 2024- Masayuki Qusumi,PAPIER/Jiro Taniguchi,FUSOSHA. All rights reserved.
おすすめ記事