エンタメ

電気グルーヴ「20年以上もやってたっけ?」

電気グルーヴ

電気グルーヴの2人。左から石野卓球、ピエール瀧

 高校時代からの縁である石野卓球とピエール瀧。彼らのバンド・電気グルーヴは結成からすでに23年、数々のメンバーチェンジを経ながら現在は2人での活動に落ち着いている。今年4月に約3年ぶりのシングル「SHAMEFUL」をリリースし、今夏はフジロックフェスティバル、ライジング・サン・ロックフェスティバル、WIRE12と3つのフェスにも登場。さらには現在はアルバムを製作中だという。

 卓球は世界的テクノDJ、瀧は売れっ子俳優と各々のフィールドで活躍していながら、いざ集えば発揮するコンビネーションは強力だ。

 電気グルーヴといえば、初期に瀧が着ぐるみを着ていたりといったハチャメチャなパフォーマンスが印象的だが、現在は「無理をしない」というスタンスに落ち着いているという。

「今、あのハチャメチャな無礼講みたいなことをやっても、当時と同じようには受け取られないと思うし、ウチらも無理してやるしかない。本当じゃないですよね」(卓球)

「ハチャメチャを無理してやるのは一番ヤバいですから」(瀧)

「ただ、力をセーブするって意味での『無理をしない』じゃないんです」(卓球)

「自分の感情にウソをついてまではやらないっていうね」(瀧)

 力を抜かず、かつ無理をしない。この自然体が電気グルーヴの活動が長く続いている要因なのだろうか?

「20年以上続けたっていうより、20年以上たっていたってだけの話ですからね。そんなにやってたっけ?っていう感覚です」(瀧)

 これまたどこまでも自然体なお答え。見習いたい境地である。

※さらに詳しいインタビューは、7/17発売の週刊SPA!「エッジな人々」に掲載中。2人の電気グルーブへの距離感について、たっぷりと聞いているので、ファンのみならず要チェックだ。

本誌構成/高岡洋詞 撮影/植松千波 再構成/SPA!編集部

週刊SPA!7/24・31合併号(7/17発売)

表紙の人/向井理

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事