エンタメ

“AVの帝王”村西とおるを15年間撮り続けたドキュメンタリー映画がついに完成

『ナイスですね 村西とおる』

『ナイスですね 村西とおる』

「中野から世界へ」を合言葉に、11/28~30まで中野コングレススクエアで「第1回・新人監督映画祭」が開催された。映画祭のハイライト「特別招聘作品」「ある視点」部門で、爆乳AV監督としてその名を轟かす、高槻彰監督(54歳)の初めての一般作となる『ナイスですね 村西とおる』のワールドプレミア上映がされた。

 “新人”高槻彰監督が被写体に選んだのはアダルトビデオの帝王・村西とおる(66歳)。’70年代、英会話や百科事典の悪徳キャッチセールスで記録的売り上げを叩き出し、’80年代にはビニ本・裏本の制作販売でウラ業界の会長に上り詰め、’86年「顔面シャワー」「駅弁ファック」「黒木香」でニッポンのAV界を席巻した偉大なAV監督を、15年もの長い間追い続けた「ドキュメンタリー作品」だ。

◆「99%冗談みたいなドキュメンタリー」

 村西とおる氏いわく「99%冗談みたいで、常軌を逸したドキュメンタリー」という同作品は、村西とおる監督の栄枯盛衰の「枯」と「衰」にスポットを当てたもの。事業に失敗し7犯の前科と、50億もの莫大な借金を抱え、金策に奔走する様子や、“とある理由”でAV業界と実生活の折り合いに悩み、タオル販売、立ち食いそば店経営など商売替えをし、蟄居する横顔。一時は死線をさまよった難病による闘病生活。カリスマと呼ばれた男の“普通の素顔”と“生き様”を捉えた作品だ。

 本邦初公開となった新人映画祭での「ワールドプレミア」直前に高槻彰監督と、主演男優である村西とおる氏に話を聞いた。

◆日本の映画史上、前代未聞の撮影期間の長さ

――15年もの撮影の歳月をかけ、完成するという「異色作」ですね。

主演男優賞に輝いた村西とおる氏(左)と高槻彰監督

主演男優賞に輝いた村西とおる氏(左)と高槻彰監督

高槻:ようやく完成しました……。

村西:お待たせいたしました。お待たせしすぎたかもしれません。この映画、完成に15年。私がとっとと死ねばもっと早く完成したんでしょうけどね(笑)

高槻:……(苦笑)

――村西監督を撮ろうと思ったきっかけはなんですか?

村西:(高槻監督が話す前に)そこに何があるかわからないから、「とりあえず撮ってみよう」ということで始めました。高槻監督がどういうものを撮りたいかも分からなかったけど、「まず撮ってみよう」と。私の映像作家としての「村西とおる像」と、もうひとつの側面である「草野博美(本名)像」にフォーカスしましょうと。でもテーマはありませんでした。テーマがあれば簡単だったんでしょうけど、「まず人間を撮ってみよう」というお互いの一致で始めました。高槻くん自身が2丁目出身じゃないけども(笑)「人間に、そして男に興味がある」と言うことと、同じ映像作家である私に興味があるというので撮っていただくことにしました。

高槻:……(苦笑)

◆個人的興味で会い、終わりを決めずに撮っていった

――一番最初にカメラを向けたのはいつですか?

高槻:……最初にカメラを向けたのは2001年です。村西監督がダイヤモンド映像で絶頂期だった25、6年前に一度「(ドキュメンタリーを)撮らせてほしい」とオファーしたんですが、相手にされませんでした。その後、しばらく経って「村西とおる」という名前が世間から消えた。「どうしたんだろう?」と思ったとき、再度オファーしてOKをいただきました。でも、どういう目的で撮るのかを考えていなかった。AVのために撮るのか、一般作として撮るのか、そして過程や結末をどうするのか、まったく考えていなくて、完全に「個人的興味」で会いにいったんです。

村西:高槻監督の密着を受けてから、一文無しになったこともあるし、大病を患って闘病生活を余儀なくされた時期もありました。新宿・アルタの横で立ち食いそば屋をやって、12時間その店の看板を持って立っていたこともある。高槻監督に運転手をやってもらって江ノ島に行き、韓流スターの絵を描いたタオルを売ったこともあるんです。あれ、言っておきますけど、高槻くんね、非合法のタオルじゃなく合法なんですよ。

高槻:……。

◆駅弁ファックは華だけれども

村西:監督には「私の最高と最低の場面」を撮ってもらったんです。そのなかには横浜ベイブリッジを「駅弁」で横断したり、国後・択捉島をバックに50人の女性を並べてハメ撮りしたりと、“華やかなシーン”も収録されてますよ。しかし人間を描き出すといった意味では、「普通、こんな姿は撮られたくない」なというシーンも含まれています。

君子の交わりは水の如しといいますけども、25年余の長いつき合いで、ごらんのように温水(洋一)さんのような容姿で、穏やかな人柄。“水のような存在”の高槻くんだから、そんなシーンも抵抗なく撮っていただきました。高槻くんは私にとって空気のような存在なんです。だから高槻監督が、ひとりの男性のスタッフとともにフィリピンでの私の家族旅行に密着し、撮影したときも、気にならなかった。私が家族とテーブルを囲んでいたとき、高槻監督と男性スタッフが座るテーブルには突然、ロマンチックなローソクが立てられた。「愛好者同士のふたりが蜜月旅行に来た」とボーイさんに思わせる、そんな人です。

高槻:……(苦笑)。

――村西さんは監督という立場から“演者”となった、違和感などはありましたか?

村西:こんなところまで撮らせて大丈夫かなと。自分に対して「エエ格好しい」の部分もあるわけです。それを人間の最も醜悪な部分、その日暮らしの私、泣き叫ぶ私……なんて実際はお見せしたくないものですよ。でも、「エエ格好しい」の部分ばっかりでは人様の感動や興奮を得ないだろう。あからさまな自分というものを投げ出したとき、ようやく人の共感を得るだろうと思ったわけです。今回は演者だけども、こうした部分に私の映像作家としてのポリシーもありました。

高槻:……。

⇒【後編】「人様のケツの穴を見たいと思ったら、自分の穴を見せろ」に続く http://nikkan-spa.jp/759294

●『ナイスですね 村西とおる』
監督・撮影・編集:高槻彰
出演:村西とおる(草野博美)、黒木香、乃木真梨子、沙羅樹、小鳩美愛、清水大敬、本橋信宏
制作:シネマユニットガス(R18指定/110分/デジタル/カラー)
※劇場上映は’15年夏を予定

【村西とおる】
1948年、福島県いわき市生まれ(66歳)。AV監督。ご存知アダルトビデオ界の帝王。日陰の存在であったアダルトビデオをテレビに出るまでにメジャーにした男。黒木香や松坂季実子等を発掘。「ナイスですね」含む独特のトークや「駅弁ファック」「顔面シャワー」など現在まで受け継がれるAVの文脈を発明した。一方で多大な借金に現在まで苦しむ。前科7犯。村西とおるツイッター(@Muranishi_Toru)で独特の舌鋒を展開中

【高槻 彰】
1960年生まれ(54歳)。AV監督、映画監督。80年代のAV黎明期からアバンギャルドで作家性の強い作品を多数制作。『ビデオスキャンダル』でデビュー。風営法改正直前の新宿を撮影し、風俗ギャルをAVにスカウト(引き抜き)する内容でヤクザと揉める。『同棲11日間』ではAV女優と同棲しての期間限定疑似恋愛を撮影記録。 ビデオザワールド誌のベスト年間1位を獲得した。 ‘05年ころ制作会社「シネマユニットガス」を設立。Nカップなど、高槻自身が命名した「爆乳」に拘ったAVを多数発表する。白石晃士監督作品『オカルト』(’09)では俳優として怪演。元社員には『監督失格』(’11年)を監督した平野勝之がいる。ツイッターは(@gastakatsuki

<取材・文・撮影/遠藤修哉(本誌)>




おすすめ記事