エンタメ

成宮寛貴さんをバンコクで探してみた【東南アジア潜入説の真相に迫る】

 元俳優で騒動の渦中にある成宮寛貴さん(以下成宮君)が「しばらく旅に出たい」と12月9日、シンガポール経由で東南アジアに入ったという。

 東南アジアで数ある国の中、可能性が高いとされるのが、タイだろう。温暖な気候、親日という人柄、おいしい料理やインフラの面からも、思い立って旅を決めて軽装で来られる国なのは間違いなく、日本人にとっての過ごしやすさは群を抜いている。また、紅白でもお馴染みの超大物歌手がプライベートで度々バンコクを訪れる目撃情報は絶えず、タイ好きのタレントは多い。

 タイといえば、第一に考えられるのが首都バンコク。まずは目撃情報をリサーチすべく「成宮、バンコク」とツイッターで調べると、やはり同じように考えているコメントが相次いだ。「バンコクを歩けば成宮君に会えそう」といったものから、「絶対バンコクでしょ!」といったものまでさまざま。調べていくなかで特に引っかかったのが「カオサン通りで成宮君の目撃情報あり」だった。やはり噂は本当だったのか……。行ってみるしかない。タクシーで急きょカオサンに向かった。

カオサン通り

裏カオサンことランブトリ通り。飲み屋が乱立している

 バンコク都心部からカオサンまでは、道路が空いていればタクシーで30分ほど。かつて“バックパッカーの聖地”として知られる同通りは、お世辞にもキレイとはいえない格好をした欧米人バックパッカーであふれ、昼からビールを飲んでダラけている“不良外国人”の姿が多くみられる。

カオサン通りのバー

カオサン通りのバー。多くの“不良外国人”が昼間から飲んでいた

次のページ 
「自分が成宮君なら一体どうするのか?」

1
2
3
4




おすすめ記事