第八十四夜【前編】

スーツナンパの成功率高し!

“ちょい大人”なクラブが今、熱い


【担当記者:スパム】

100622_yoru_01.jpg
「グルジアで世界一の美女を探してくるぜよ!」

 そう言い残して機上の人となったナカソネ先輩の後を継ぎ「俺の夜」に加入することになりました、俺、スパムっす!

 思い返せば、ナカソネ先輩とはよく六本木のクラブでナンパをしたもの。しかし、終盤では小娘ギャルから「オッサン、カラオケでSMAPでも歌ってれば?」と言われるような苦戦ぶり。逆風に耐えかねたナカソネ先輩は、旅に出たというわけです……。

 そうして残された僕。小さくなる機影を涙で見送り……なんてことはなく、「ようやく単独行動ができる!」と、むしろ胸のすく思いなわけです。というわけで、記念すべき独立1回目は、やたらと金髪美女好きだったナカソネには教えなかった”スレてない女”が集うクラブを紹介しますヨ!


会社帰りのOLをスーツで攻略!

 やってきたのは日比谷駅。A5出口へ向かうと、駅構内とは不釣り合いな重低音をキャッチ。ここ「club Diana」は、駅直結というなんとも珍しいクラブなんです。時刻は22時。この日もスーツ姿の男性や丸の内OLらしき人たちがゾロゾロと向かっていくように、今、日比谷や銀座で、”仕事帰りにちょっと寄れる”クラブが復活しているんです。

 クラブ内はテーブル席が多くビュッフェも食べられたりと、渋谷・六本木とはちょっと違う様子。年齢層は20代半ばから30代で、もちろんサングラスの悪羅悪羅系(オラオラ)などは皆無です。そこに流れるダフトパンクの「one more time」など、”誰でもノレる”メジャーなダンスナンバー。この落ち着いた雰囲気が、クラブ慣れしていない”スレていないコ”を惹きつけるってワケなんですよ。 

 ギャル好きのスパムとしては少々もの足りなさも感じますが、ともあれ早速、ナンパ開始っス!




100622_yoru_02.jpg

100622_yoru_04.jpg
約1000人収容のメインフロアは2階分を吹き抜けに
した造り。日比谷駅から直行でき、中にはビュッフェも
(費用は別途必要。水~土曜は20時までに入店で食
べ放題。数量に限りあり)






撮影/渡辺秀之

スパム 主に池袋界隈に出没。重度のタイツフェチで、レギンスに対しては反対の姿勢をとる
スパムの他の記事