新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル


俺の夜

「タレントのお店」と、侮るなかれ! 酒好きが心から楽しめる名店を発見

 先日、新入社員と一緒に赤提灯の居酒屋に行ったところ、「ここ煙いすね~」と全然刺さらず、早々にお開きにしたスパムです。近年は呑んべえが集う駅のガード下や横丁にも小洒落た飲み屋が増えている。古くからの酒場で、周りの大人から社会人のイロハを学んできた世代としては寂しい限りだ。そんな折、今年4月に現役グラビアアイドルがオープンさせた大衆酒場があるとの情報が。いや、そうはいっても、タレント価格でお高いんでしょう? そんな思いを抱えながらも店に足を運んでみた。

生粋の酒好き女子が開いた呑んべえたちの憩いの場

 訪れたのは、JR大久保駅から徒歩30秒ほどにある「大衆酒場まゆ」だ。線路沿いの雑居ビルの階段をあがり、入店すると間接照明に照らされたコの字カウンター席が特徴的で、なんともモダンな雰囲気が広がる。そこに「今日もお仕事お疲れさまでした」と、おしぼりを渡してくれたのが、店長の河原まゆちゃん。Tシャツにジーパン姿というラフなスタイルだ。

酒と競馬と邦ロック好きの河原まゆちゃん。お気に入り焼酎・魔王は1杯800円。「今は利き酒師の資格を取るために勉強中です!」

「ウチは私がお母さんとしてお酒や料理を振る舞って、お客さんには家の居間みたいにくつろいでほしくて。私自身がいろいろな酒場に行くので常連さんも飲み仲間が多いし、タレントがやっているお店って感じはないかも(笑)」

お酒に心酔するグラドルが選りすぐりの美酒を振る舞う!

 1杯目は生ビールで乾杯! 喉を鳴らしながら、ジョッキを傾ける豪快な飲みっぷりだ。Tシャツには人生のスローガンだという「No Sake No Life」の文字。聞けば、大衆酒場を一人で飲み歩くことが日課なんだとか。

キンキンに冷えた生ビールで乾杯。「ビールがよく出るので、19ℓ樽を入れてもらってます。一日20杯ぐらい飲みたい(笑)」

「新宿ゴールデン街や中野が好きなんですけど、一杯飲むと止まらなくなっちゃうんですよ。6軒ハシゴして、日本酒を飲みながら焼き鳥の食べ比べをやったり。私は競馬も好きなので、週末は競馬新聞を片手に常連のおじさんたちと予想で盛り上がってますね。最長記録は……48時間かな(笑)」

開店前に自ら仕入れた食材で手料理を創作!

 呑んべえの気持ちがわかる彼女だからこそ、手書きのメニューに目をやればドリンクや料理など、料金設定も大衆価格になっている。

日替わりの手料理メニューとホッピーの相性はバツグン

「お酒は自分がおいしいと思ったものしか出してないです。お客さんが酒屋の前掛けをプレゼントしてくれるぐらいお酒を愛してます(笑)。料理も近所のスーパーに買い出しに行ってから、日替わりで献立を考えるんですよ。お通しの漬物も自家製で、お客さんから『これだけで十分アテになる!』って、太鼓判を押されてます」

 また、大衆酒場の看板に誘われるお客さんも多いという。

「お店の窓から見える駅のホームがほぼ同じ高さなので、ホーム側から『今から3人行けますか?』って叫ばれて、サラリーマンの方が来てくれたり(笑)。地元の老夫婦が息を切らして階段を上ってこられたときはビックリしました」

 近頃は、飲みニケーション自体が減少しているという話もあるが、「お酒を飲まない人も多いですけど、特にビールを飲む男子が少なすぎます!」と、まゆ店長。

「私は女友達を大衆酒場に連れていきますけど、意外とそういう場所での一人飲みに憧れてる女子って多いんですよ! ウチも世代を問わず、大衆酒場の楽しさを知るきっかけにしてもらいたいですね」

 駅のホームからまゆちゃんに手を振りながら、次回は新入社員を連れていこうと思った夜でした。

ドリンク券などが入ったオリジナルガチャ(1回1000円)も人気

【大衆酒場まゆ】
住:東京都新宿区百人町1-23-17大久保南口共同ビル3F
電:03-6279-2869
営:17~24時(金土は17~25時、日曜は競馬終わり~22時)
休:月曜
料:チャージ料60分/1000円。イベントを不定期で開催。
HP(https://mayusakaba.jp/

撮影/水野善之

引退まであと僅か! “日本一のキャバ嬢”エンリケの接客を名古屋で体験した!

 いよいよ元号が変わり、令和一発目の俺の夜を任されたスパムです。新時代の幕開けにふさわしい夜遊びとは……と思案していたところ、ふと寄った書店で一冊の本が目についた。それは3日で2億5000万円を売り上げ“日本一稼ぐキャバ嬢”の称号を得た、エンリケこと小川えりさんの著書『日本一売り上げるキャバ嬢の指名され続ける力』(KADOKAWA)。

 今年の11月末で夜の世界から引退すると発表している彼女だが、それだけに所属する名古屋のお店には、全国からお客が殺到しているらしい。彼女の何がそこまで男たちの心を惹きつけるのか。新幹線に飛び乗り名古屋へと向かった。

特別感がクセになるエンリケ空間とは?

 やって来たのは名古屋の繁華街・錦にあるキャバクラ「アールズカフェ」。名古屋らしい煌びやかな内装だ。日本一のキャバ嬢は多忙につき他のお客さんを接客中。そこでまず接客してくれたのは、同僚だけど“エンリケ信者”だという、あおいさんとりこさんだ。

あおい「テレビでえりさんを知って、『一緒に働きたい!』と思ったんです。両親も、『人生勉強しておいで』って許可してくれました」

りこ「私はもともとお客さんだったんですよ。接客されてるうちに一緒に働きたくなっちゃって。えりさんの仕事の早さと気遣いは、とてもマネできないですね」

 乾杯をしながら、エンリケさんの凄さを実感するスパム。彼女が着くテーブルを見ていると、高級シャンパンが次々と空き、その様子をスマホで撮影している。これがあのインスタの裏側か! 感激しているスパムの席に「お待たせして、すみません~!」と、ついにエンリケさんが登場。

「日本一稼ぐキャバ嬢」がフェンディのドレスに包まれ登場!

フェンデイの黒ドレスに身を包んだエンリケさん。彼女のインスタ(@eri.ogawa1102)を覗けば接客の凄さが垣間見られる

 早速、インスタについて聞くと、「やっちゃいます?」と、目の前にドンペリが2本(20万円!)用意され、グラス片手にスマホを構える彼女。

エンリケ「なんと、スパムさんからドンペリ2本いただいたよぉ~」

 約30万人のフォロワーに向けツーショット! 自然と気分がアガる。決してシャンパンは強制なわけではないが、この“エンリケ空間”の興奮はクセになりそうだ。

約30万人のフォロワーに向け、エンリケさんを独り占めしている高揚感がある

エンリケ「私は指名のお客様がかぶっても、黒服さんに頼らずに自分で時間を読みながら管理をしますね。時間のロスがもったいないし、1分1秒が真剣勝負なので」

30万人の前でドヤ顔! これが「エンリケ空間」だ!!

 これが“秒で稼ぐ”というエンリケ接客の極意なのだろう。また、彼女には「絶対に休まず週7日出勤」や「お客様との同伴が富士登山で、下山後に登山服のまま出勤」など驚愕エピソードも多い。

「今や海外からもお客さんが来るぐらいで、名古屋の『歩く観光名所』と呼ばれています。引退以降に名古屋の景気が下がったら、それは“エンリケ・ショック”だと思いますね」(後輩のゆいさん)

シャンパンが入れば、ドヤ顔で即発信

 そんな証言を本人にぶつけると、「引退後のエンリケロスが心配! 銅像を建てないかんわ」と大笑い。

 同郷のイチローさながらに身を引くキャバクラ界のレジェンドが引退する日には、名古屋がどんなことになるのか。領収書を握りしめながら再訪を誓うスパムでした。

「すごい美人じゃないからここまで上ることができた」と語る彼女。昨年のバースデーはシャンパンタワー12基が並んだとか

【アールズカフェ】
住:名古屋市中区錦3-19-5 ピボットスクエアビル1F
電:052-973-1111
営:19時30分~翌1時
休:なし
料:50分/9000円(VIP席は60分/1万2000円)、指名料3000円。
エンリケさん最新作『日本一売り上げるキャバ嬢の億稼ぐ技術』(KADOKAWA)も発売中

撮影/林紘輝

できたてホヤホヤ。紹介制で女子大生との合コンを組んでくれるバーがあった

「若者の合コン離れが加速している」。そんな話題をヤフーニュースで見ていたスパムです。マッチングアプリが当たり前となった今、若者からすると当たりはずれのある合コンはコスパが悪いらしい。もはや合コンカルチャーは死滅したも同然なのか……などと思っていた直後、以前、この連載で訪れた銀座の「相席仮面スナック店」から連絡がきた。聞けば、今年から女子大生を中心とした合コンセッティングバーにリニューアルしたとのこと。合コン離れが叫ばれるなか、なんたる英断。実態を探るべく、早速お店へと向かった!

現役女子大生とのガチ合コンが開催

 今回やってきたのは、銀座にあるシーシャバー「ACROSS」。2月にリニューアルオープンしたばかりの同店では、前日までに合コンプランを電話予約しておくと、大学生との強いパイプを持つ店長が女子大生との合コンをセッティングするサービスを始めたという。

 ということで悪友を連れて2対2での合コンをオファーしたスパム。少し早めに店に着くと、早速シーシャを吸いながらくつろぐ女子大生の姿が。「今、大学生の間でシーシャが流行してるんですよ」と話すのは、大学3年生の、しおりちゃん(21歳)だ。

銀座に来るのが初体験の女子大生コンビ

しおり「このお店のことはインカレサークルの友達に紹介してもらったんです。女子大生は飲み代タダで、シーシャ代だけで遊べるから、つい来ちゃうんですよ」

来店は5回目のしおりちゃん

 そこで、今夜の合コン相手の2人組、まりかちゃんとみきちゃんのコンビが到着。料金は男性が1人1万円で女性が1人5000円(90分飲み放題)。ただ、セッティング後の女性分の料金は男性負担となる。それなりの値段だが、女子大生との接点など皆無の我々からすれば貴重な機会である。

女子大生が多数来店中!

 4人で席に着き「はじめましてー」などと挨拶もそこそこに乾杯! Uber Eatsのデリバリーで銀座グルメを味わいつつ、まずは談笑タイムとなった。

まりか「大学生同士だとお金ないから、サークル仲間で公園とか宅飲みばっかりなんですよ~」

みき「いろんな人と会えるから新鮮ですよね。気分転換的な」

 2杯ほど飲んだら今度は店内のカラオケで、サークル飲みでコールを振るときの定番だという「おジャ魔女どれみ」やサカナクションの「新宝島」などで可愛く飲みコールを浴びせてもらう。社会人的にもいい気分転換でございます。

乾杯からカラオケと一緒に盛り上がれば…

 また同店は、合コンをしなくても1杯から楽しめるバーとしての利用も可能だ。営業中には女子大生やOLが一人で来ることもあるので、場合によっては突発的な合コンに発展することもあるとか。

盛り上がれば、連絡先交換もスムーズに

絶滅が危惧される合コンを堪能

 この日も22時すぎのカウンター席には、柴咲コウ似の、ゆのちゃん(21歳)が一人でご来店。どこでも一人で飲みに行く好奇心旺盛な彼女は「酔うと下ネタが多くなっちゃいますね」と、シーシャを片手に笑うが、バーなどで声をかけられる際にはこんな注文も。

一人飲みが趣味だというゆのちゃん

ゆの「オジサンはよく『AKB48にいそうだよね』って言いますけど、実際はNGワードですよ。そこは乃木坂にしないと(笑)。『有名なAV女優に似てる』って言われたほうが、まだいいですね」

 そんな女子大生のリアルな声は、マッチングアプリをスワイプするだけではわからない。

女子大生から口説き方を学ぶスパムだった

 現在は男女とも紹介制のみで営業しているが、今後は一般客にも間口を広げる予定だとか。この店を機に世代間交流の合コンが再活性化することを願うスパムでした。

【BAR ACROSS-sheesha-】
住:中央区銀座7-5-16 秀芳ビルB1
電:080-4791-8869(合コン希望の人は前日までに連絡を)
営:19時~23時30分
休:不定期
バープランはドリンク1杯500円~。
合コン相手と一緒に退店する場合は別途費用がかかるが「SPA!持参」でサービスに!
https://major-f.jp/

撮影/渡辺秀之

22歳現役アイドルが営むスナックで渋谷に確かに残る“人情”を感じた夜

 先日、渋谷の駅前に人だかりを発見。近寄っていくと人気らしい女性YouTuberで、そのまま素通りしたスパムです。近年、大規模な再開発の進む渋谷にはエクストリームやらブリッジやらと、サラリーマンには覚えづらい新名所が続々 […]

本場アメリカのノリをそのまま再現! ジェントルマンズクラブに突入!

 もうすぐ2月だというのに、心身共に新たなスタートが切れないスパムです。時代は進み続けているが、人は年を重ねるほど後退していくのか……。そんな憂鬱を打破すべく、渋谷へと久しぶりに足を延ばす。クラブ前は若者のパリピ集団で溢 […]

平成生まれのミニスカポリスと飲み、予想外の“いい話”で撃ち抜かれる夜

 今年の流行語大賞は「そだねー」に決定。とはいえ、忘年会の日時を後輩に確認したところ、LINEでひと言「そだねー」と返信されて、少しイラッとしたスパムです。さて、忘年会シーズン真っただ中。駅周辺のベンチでは酔いつぶれたサ […]

慶應のインカレサークルの女子大生ばかりが働く隠れ家バーに潜入

 最近は麻雀プロリーグが発足して、ネット観戦しながらの晩酌が日課のスパムです。プロ雀士の対局を見ていると、思い出すのは授業をサボって麻雀ばかりしていた大学生活。テニスサークルとかに入っておけば、女子大生ともっと交流できた […]

六本木の街中で怪獣娘と遭遇!“ウルトラ愛”を再燃させる夜

 先日、徹夜での締め切り作業を終えて土曜日の朝っぱらに帰宅。おもむろにつけたテレビを見て、最新のウルトラマンが2人で兄弟設定ということを知ったスパムです。  30代のスパムにとって、子供のころ、夢中になった特撮モノといえ […]

バニー×シーシャ。セクシー衣装を横目に、流行の水タバコを満喫!

 夏休みが一切とれなかった今年の夏。40℃の猛暑のなかで熱投する金足農業の吉田君の姿をニュースで見て、空調の効いた喫茶店でサボる自分を戒めたスパムです。  こうしてはおれん。読者の皆様に有益な夜遊び情報を提供せねばと秋葉 […]

銀座の街を横目にバスタオル美女とフットバスでデトックスする夜

 猛暑により毎日夕方ごろになると汗のベタつきが尋常じゃないスパムです。耐えかねて取材と偽りスーパー銭湯に駆け込むのが常態化。しかし、いくらサッパリしても仕事はそのまま。休憩処でくつろぐ湯上がり女子を横目にビールも諦めて熱 […]