新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

埼玉県の秘境! 東武東上線沿いにカオスなスナックを発見した!

 年末は毎年恒例の年忘れ麻雀大会で惨敗したスパムです。集まったのはいまだに仲のいい大学時代の友人たち。昔話に花を咲かせていると、ふと大学時代を過ごした東武東上線沿線を思い出した。

 池袋と埼玉エリアを繋ぐこの鉄道は、ほどよいローカル感を残しつつも、池袋という巨大歓楽街へ向かう人たちを輸送するからか、けっこうな確率でワイルドな風貌の人にも遭遇する(私見です)。当時、酔っぱらって始発で寝たら財布をすられたのも、今はいい思い出です。

牛だけでなくバニーもいる謎の店に突入

 そんな東武東上線沿線にいまだに住む友人に話を聞くと「上福岡(池袋から30分ほどの駅)に面白い店があるぞ」とか。久しぶりに行ってみるかと、現地に向かった。

俺の夜 やって来たのは、埼玉県南部の上福岡駅。正直、読者の人にはなじみもクソもないだろうが、ひとまず駅から5分ほど歩くと、噂の店「ネオスナック牧場」はあった。

 ひっそりと佇むスナックとは一線を画す派手な外装。ドアを開ければ目の前には巨大な牛のオブジェ。店内にはドラマ『探偵物語』の映像が流れ、壁や天井にはハイレグ美女のポスターや妙に豪華なシャンデリアが掛かっている。

俺の夜

左からまるさん、れおなさん、かなさん。写真の衣装は、週末限定コスチューム。20代中心に15人が在籍、10人前後が出勤している

 スパムが東武東上線クオリティの進化ぶりに驚愕していると、カウガール風衣装に身を包んだ3人娘が登場した。れおなさん(28歳)、まるさん(24歳)、かなさん(25歳)の3人だ。れおなさんとかなさんは「生まれも育ちも上福岡」という、生粋の地元っ子である。

嫌なこと全部忘れて飲め!

俺の夜

カウンター席でも、牧場娘としっぽり飲むことができる。大人数でも一人でも合わせた楽しみ方ができるのがネオスナックの醍醐味だ

 れおな「キャバで働き出した最初は身バレしたくないからほかの街で働いてたけど、23歳ぐらいで『バレてもいいや!』って地元に凱旋したんですよ。恥じらいを捨てたら近いほうがラクなんで」

かな「わかるわかる。“一周回る”と、やっぱり地元がいいですよね。逆に同級生とか知り合いが来たほうが楽しく飲めますし」

 地元愛に溢れる話を聞きながら、焼酎の水割りで乾杯! ちなみに牛に交じってなぜか一人だけバニーガール姿の従業員がいるが、「このコは基本的にはウエーターなんですが席に着くこともあるので、自由な感じで動いてますね」(店長)とのこと。細かいことなどどうでもいいのだ。

俺の夜

ウエーター兼キャストもこなす謎のバニーガール・はちさん(26歳)

 ちなみに同店では「居合わせたお客さん同士が相席になってワイワイ騒いで飲むことも多いですね。独特な一体感がある」(れおなさん)とか。そんなときに盛り上がるのが、お店名物の「地獄じゃんけん」というゲームだ。

始めたらやめられない! 名物「地獄じゃんけん」

俺の夜

まずは全員でじゃんけんして負けた人が飲む

俺の夜

次は負けた人が誰か一人を指名して一対一でじゃんけん

俺の夜

負けた人が飲み、また誰かを指名。これを延々と繰り返す ※決してムリをする必要はありません

 詳細は上の写真を見てほしいが、誰かがギブアップするまで焼酎をショットで飲み続けるという、地獄のようなゲーム。「ほんの1時間で10人がつぶれたこともあるし、この前は泥酔しすぎて店に泊まりました(笑)」(同)という。

 実際にやった結果は、スパムが6連チャン飲み……。ただ、想像以上に盛り上がるので、あっという間に距離感もボトルの酒もなくなる。まさに悪魔的遊戯だ。

俺の夜

店内には大量の動物の被り物もある

 そうして東武東上線沿いの雑多な空気を満喫し、プチ旅行気分で再訪しようと思うスパムでした。

【ネオスナック牧場】

住:埼玉県ふじみ野市上福岡1-5-28
電:049-265-5539
営:20時30分~ラスト
休:ナシ
料:1セット60分/4000円(3人以上だと1人3000円)。
お店の雰囲気やさまざまなイベントの詳細は、牧場のインタグラム(@bokujyou1)でもチェックできる

撮影/水野善之

「資格持ち女子」だけを集めた店に行ったらミニスカに目を奪われた夜

 先日、仕事終わりに立ち寄ったファミレスで資格の勉強に励む20代のOLさんに遭遇。長い髪をラフに縛り上げながら、一生懸命に参考書を読み込む姿に、尊敬の念と萌えを感じたスパムです。

 そういえば、かつてFPの資格勉強を始めて1週間で断念したことがあったな~などと思っていたところ、上野に「資格女子」ばかりを集めたお店があるという情報を入手。早速会いに行ってみた。

国家資格保持者も? 一芸を持つ女子がお出迎え

 今回やって来たのは、JR上野駅から徒歩5分ほどにある「ジョイナス上野店」だ。

俺の夜 入店し、スタッフに「ビューティー系女子とオフィスワーク系女子です」と紹介されたのは、メイク系の資格を持つあんりちゃん(22歳)と受付事務で働くれんちゃん(24歳)だった。

俺の夜

写真左から、ビューティー系女子のあんりちゃんとオフィスワーク系女子のれんちゃん。こちらには、50人の資格女子が在籍中

あんり「女のコが首から下げてるIDカードに持ってる資格が書いてあるんですけど、最初は内容を見せないで『なんの資格か当てるゲーム』をするんですよ」

れん「私が持ってる事務系の資格、なんだと思いますか?」

 う~ん……秘書検定!

れん「日本語ワープロ検定です~」

 わかるわけないだろ~!などとじゃれ合いながら乾杯。資格女子たちとの夜がスタートした。

資格の話は気になるが誘惑のチラリズムも

 聞けば、同店には彼女たち以外に、公認会計士や管理栄養士、ネイル検定やヨガインストラクターまで幅広い資格女子が在籍しているという。それにしても、よくこんなにいろんなジャンルが集まりましたね……。

俺の夜

○○系女子という名称で12カテゴリーに分類されている資格女子。気になるジャンルのコがいたら、リクエストすることも可能だ

れん「ウチのお店は新しく資格を取るのを応援してくれるんですよ。取得難易度に応じてお祝い金が出るんです。だから勉強中の学生も多くて。営業前にメガネ姿で勉強してるコもいますね」

 なんとも応援したくなるような資格イイ話なのだが、相づちしながらも超ミニスカートからのチラリに目線が……。

俺の夜

資格の話で盛り上がりながら、IDカードに隠された超ミニの隙間に目は泳ぐ。あくまでもハプニングを楽しむという気持ちを忘れずに

れん「女のコがハンカチを持たない代わりにIDカードを下げてるから、見えちゃったら仕方ないハプニングですね(笑)。けど、名札ストラップがピッタリ隙間にかぶさる長さだから、お客さんには『憎らしいぐらいにちょうどいい長さだね!』って言われます」

 聞けばスカートの長さは32cm! 彼女たちがリアクションを取るたびにスリリングな瞬間が訪れる。そんな醍醐味があるからか、「お客さんからパンツをプレゼントされたこともある」という。

水曜日は週替わりでイベントも

 また、水曜日は週替わりでイベントを開催。制服や女教師、さらに資格に応じたコスプレなど内容も豊富で「オススメなのは医療系の資格を持っているコたちのナース姿ですね。なにしろ本物ですから」(スタッフ)とのこと。

俺の夜

国家資格・検定から民間資格まで所有する資格も幅広い。「管理栄養士のコは食事のアドバイスもしてましたよ」(れんちゃん)

俺の夜 ほかにも人気が高いのは、“ノーブラデー”という刺激的な名前のイベントだという。

あんり「水着にジャケットを羽織るだけで、ブラウスを着てないから“ノーブラデー”です(笑)。露出も多いし、お客さんは楽しめるポイントが増えるのかな」

 資格を武器に、昼も夜も元気に働く彼女たちと別れ、寒風吹く上野を歩きながら次回のイベント情報をチェックするスパムでした。

【ジョイナス上野店】
住:東京都台東区上野2-12-3 大国屋ビルB1
電:03-3837-2202
営:17時30分~ラスト
休:ナシ
料:1セット40分/3900円(19時以降は価格変更あり)。
毎週水曜日のイベント詳細は、お店HP(plaza-ueno.com/joynurse-uen)まで

撮影/渡辺秀之

花魁衣裳×忍者! 浅草に誕生した“時代劇気分”に浸れる夜の新名所

 盛り上がるラグビーW杯。スタジアムに向かう電車内でビールを飲みまくるオーストラリア人集団に遭遇し、来年の東京五輪のときにはキャバクラ案内の裏営業でもしようかと妄想するスパムです。

 さて年々活性化しているインバウンド需要。東京の観光地・浅草にはタピオカ店と同じぐらいのスピードで、着物レンタル店も増えているとか。そんなわけで夜の街にも日本ならではの和テイストを取り入れたお店が登場してきているが、浅草の地では花魁と忍者がコラボしたという謎の店が誕生。早速、足を運んでみた。

妖艶な花魁ムスメと忍者姿で飲み明かせ

 今回、訪れたのは今年8月にオープしたBARラウンジ「暁月」だ。浅草駅から浅草寺を抜けて徒歩10分ほど歩いて到着。店内は趣のあるお屋敷のようなつくりでモニターには富士山が映し出されている。独特な雰囲気のなかで「お殿様、いらっしゃいませ」と花魁の毛利ちゃん(21歳)が登場。豪華な着物は、問屋から仕入れたもので一着数万円もするとか。

毛利ちゃん

元ジャズシンガーという毛利ちゃん(21歳)。コスプレ系カフェの元店員など10人が在籍。福利厚生で英会話も習っているんだとか


毛利「着付けができるスタッフさんがいるので、営業前に着付けてもらっているんです。表に立って通りを歩いている男性に手招きしてると、怪しがられますね(笑)」

露わにはだける胸元! 殿、一大事でござる!

花魁

花魁のはだけ具合が妙にエロい。

 忍者ルックの店長から差し出されたメニュー表は巻物になっていたりと、細部までこだわりが光る。ふと目をこらせば、お店の一角にはなにやらただ者ではない雰囲気の男性が……。“師匠”と呼ばれる忍者ルックの初老の人物の正体は、なんと2代目チャンバラトリオの一員で、殺陣の達人なので同店でアドバイザー役をしているとか(毎日いるわけではなく、この日はたまたま指導で来店中だった)。

忍術の達人

お店のアドバイザーを務める忍術の達人。浅草界隈ではかなりの有名人だとか

師匠「やっぱり忍者らしい刀の扱いをしないとダメだからね。ここは浅草と吉原の中間エリアで、昔はスナックや小料理屋がたくさんあったんだよ。今は店の数も少なくなってしまったけど、当時の名残を感じながら遊ぶとより楽しめると思いますよ」

コスプレ感が出ないこだわりの本格衣装!

 こちらでは、リクエストすればお客自身が忍者姿になることも可能。さらにダーツも手裏剣型だ。

手裏剣ダーツ

手裏剣ダーツで忍者との対決に勝つと忍者グッズがプレゼント。

毛利「スナキャバ感覚で長く飲まれる方が多いですね。和装ってこんなに胸元がはだけると思ってなくて、酔うと周りから『おもてなししすぎ』ってツッコまれます」

 また、毎月2回ほど開催される女のコが花魁からくノ一に変わるイベントも人気だという。

店長「今後は居合抜きや殺陣を取り入れた本格的な忍者ショーを年末に開催する予定なんです。その準備のため、師匠と日々修業に励んでおります」

20種類

花魁の着物は20種類も取り揃えるほどのこだわり

 浅草の新たな観光名所になることを願いつつ、今宵は吉原方面へとドロンするスパムでした。

本格衣装【暁月(あかつき)】
住:東京都台東区浅草4-16-4 トドロキマンション1F
電:080-9878-3816
営:19時~翌1時
休:火曜
料:19~20時まで60分/1980円(20時以降は60分/2980円)。
詳しくはお店のHP(http://www.asakusa-akatsuki-yoru.com/top/)で

撮影/水野嘉之

ドレスは20種類! 下町の一角でチャイナドレス美女と泥酔する夜

 今や日本のポップカルチャーとして定着したコスプレ。それは夜の街でも同じで、繁華街を散策すれば花魁やチアガール、アーミーなどコスプレをコンセプトにしたお店が山ほどある。そんななかで、実はそれほど見かけないレアなコスプレが […]

令和最初の夏はオジサンの街にいながらビーチ気分で盛り上がる!

 令和最初の夏が来た。そう思いながらもいつもの夏と変わらず、新橋の居酒屋で生ビールと焼き鳥を頬張るスパムです。旅行サイトを見ても、シーズン真っただ中の高価格に外出も断念。東京にいながら羽を伸ばせる場所はないものかと降り立 […]

「タレントのお店」と、侮るなかれ! 酒好きが心から楽しめる名店を発見

 先日、新入社員と一緒に赤提灯の居酒屋に行ったところ、「ここ煙いすね~」と全然刺さらず、早々にお開きにしたスパムです。近年は呑んべえが集う駅のガード下や横丁にも小洒落た飲み屋が増えている。古くからの酒場で、周りの大人から […]

引退まであと僅か! “日本一のキャバ嬢”エンリケの接客を名古屋で体験した!

 いよいよ元号が変わり、令和一発目の俺の夜を任されたスパムです。新時代の幕開けにふさわしい夜遊びとは……と思案していたところ、ふと寄った書店で一冊の本が目についた。それは3日で2億5000万円を売り上げ“日本一稼ぐキャバ […]

できたてホヤホヤ。紹介制で女子大生との合コンを組んでくれるバーがあった

「若者の合コン離れが加速している」。そんな話題をヤフーニュースで見ていたスパムです。マッチングアプリが当たり前となった今、若者からすると当たりはずれのある合コンはコスパが悪いらしい。もはや合コンカルチャーは死滅したも同然 […]

22歳現役アイドルが営むスナックで渋谷に確かに残る“人情”を感じた夜

 先日、渋谷の駅前に人だかりを発見。近寄っていくと人気らしい女性YouTuberで、そのまま素通りしたスパムです。近年、大規模な再開発の進む渋谷にはエクストリームやらブリッジやらと、サラリーマンには覚えづらい新名所が続々 […]

本場アメリカのノリをそのまま再現! ジェントルマンズクラブに突入!

 もうすぐ2月だというのに、心身共に新たなスタートが切れないスパムです。時代は進み続けているが、人は年を重ねるほど後退していくのか……。そんな憂鬱を打破すべく、渋谷へと久しぶりに足を延ばす。クラブ前は若者のパリピ集団で溢 […]