新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

都内でも唯一?トレーニングウェアに身を包んだ女子を愛でる夜

 最近のフィットネスブームに乗っかり、インスタの「#腹筋女子」の写真を眺めながら晩酌しているスパムです。その魅力は、なんと言っても締まった体にぴったりフィットするトレーニングウェア姿。機能性を追求した素材&デザインにもかかわらず、ぴちぴちのウェアを着て運動する姿になぜこうにも男心が刺激されるのか……。

俺の夜 どうにかフィットネス女子とお近づきになれる方法はないものか。そんな折、トレーニングウェア姿の女子が接客してくれるというお店を発見。早速行ってみた。

トレーニングウェアは「水着よりも恥ずかしい」

 やって来たのは、飲食店が立ち並ぶ新宿三丁目エリア。フィットネスとは関係なさそうな雑居ビルの一角にあるのが、アメリカンスタイル・ガールズバー「ピクルス」だ。渋いウッド調の広い店内に入って、カウンター席に座っていると、「いらっしゃいませ~」とトレーニングウェア姿の女子3人組が登場。

俺の夜

左からさおりちゃん、ゆうちゃん、月子ちゃん。20代を中心に9人在籍。デザインの違うトレーニングウェア姿が楽しめる

 ブラトップ&スパッツに身を包み、締まったボディラインがみごとに強調されている。

 同店は去年までは水着ガールズバーだったのだが、筋トレが趣味のオーナーの一存で、都内でも唯一のトレーニングウェア姿で接客する店にコンセプトチェンジ。ピチピチの衣装で働く感想を聞いてみると「ぶっちゃけ、水着よりも恥ずかしいですね(笑)」(ゆうちゃん)とのことだ。

ゆう「トレーニングウェアは引き締めが凄いから、体のラインがごまかせなくて困りますね。もう、腰のお肉ののっかり方が全然違うんですよ!」

俺の夜月子「お尻とか脚のラインもそのまま出ちゃいますからね。インスタにトレーニング姿を投稿する人とか、ほんと尊敬しますよ」

ストレッチしながら飲むことも可能だ!

 そんなごまかしの利かないスタイルだからこそ、世の男性は興奮するわけだ。とはいえ、彼女たちのトレーニングウェア姿はみごとに引き締まっている。これはさぞかし日々筋トレに励んでいるのだろうな、と思いきや「飲んでばかりで運動は全然してないですね」(ゆうちゃん)とのこと。

俺の夜

最近のトレーニングウェアはデザインや機能性も抜群。さまざまな動きに合わせた女性の体の美しいラインを存分に堪能せよ!

ゆう「ウチって、実際には鍛えてるコはほぼいなくて。お客さんからも『お腹ぷにぷにじゃん!』って、よくツッコまれます(笑)」

 要はガチのフィットネス女子ではなく、フィットネス女子の“コスプレ”をしている女子と会える店だった。

俺の夜

カウンター越しのスポーツウェア姿も新鮮だ。「間近で見る機会が少ないからこそ、魅力にハマり常連になるお客さんも多い」(ゆうちゃん)

さおり「でも、お客さんも運動好きな人じゃなくて、お酒好きな人ばかりなので。変に“意識高い”筋トレの話をするよりも『ランニングしたいですよね~。でも二日酔いで走ったら死んじゃいますよね~。うん、ムリ』とか、“意識低い運動話”をしたほうが、みんな共感してくれるんですよね」

 それは確かに激しく同意。ふとモニターに目をやると、15年前に大流行したビリーズブートキャンプが流れているではないか。

ゆう「たまに昔を思い出して踊る人もいますね(笑)。最初見たときは、コレ誰?って思いましたけど」

 そんなジェネレーションギャップを受けながらも、店内の運動器具をいじりつつ、カラオケ&お酒を痛飲。「まずは飲んでばかりのお前の体をどうにかしろ!」とビリー隊長にお叱りを受けそうなほど、トレーニングウェア姿の女子との夜を堪能するスパムでした。

【Pickles】
住:東京都新宿区新宿3-6-11 第一玉屋ビル3F B号
電:03-3354-1500
営:17時~翌5時
休:ナシ
料:1セット30分/1500円(焼酎・ウイスキーなど飲み放題)。税・サ20%
お店の詳細はツイッター(@GirlsBarpickles)まで

撮影/渡辺秀之

尻フェチも感涙!超ミニスカートで目のやり場に困るスポーツガールズバー

 もう2月だというのに、いまだ新年会と称して飲み歩いているスパムです。30代半ばになり、最近気づいた自分の変化といえば、昔は女性の上半身ばかりに目がいっていたのが、次第に目線が下方修正されてきたこと。そう、お尻です。

 ヒップラインを強調したお店といえば、アメリカ式のホットパンツ女子が接客する「フーターズ」が思い浮かぶが、経営難で渋谷店が閉店。お尻を拝めるスポットが減っていくのは嘆かわしいものです。

セクシーな美女たちのヒップラインを堪能せよ

 そこで今回は、今も頑張っている尻フェチ感涙の店があるとの情報をゲット。しかも、駒沢大学駅という、あまり夜遊びの印象がないエリアでひっそり営業しているという……。早速、行ってみた。

俺の夜 向かったのは駒沢大学駅から徒歩3分ほどのスポーツガールズバー「スポッチュ」だ。店の外の看板を見るぶんには、スポーツをテーマにした普通のお店という印象しか受けない。いざ店内に入ると、サッカーをイメージした緑色の内装で、ボール形の照明が下がるなどオシャレな雰囲気だ。しかし「こんばんは」と声をかけてくれたコの格好を見て仰天。スカート、短っ!! というか、ユニフォームの下をはき忘れてますよ!!!

高く置かれたサーバーが眼福ショットを届ける!

俺の夜

スポーティな美女たちが30人在籍している。近隣の大学の女子大生を中心に20代前半がメイン。週末の22時以降が盛り上がる

「ビックリしますよね(笑)。何も知らずにお店に来たお客さんは、いつも驚くんですよ」

 そう話すのは、サッカー日本代表ユニフォーム姿のなつみちゃん(24歳)だ。ひとまずビールを頼むと、棚の上のほうに置かれたサーバーで作るので目の前には絶妙なチラリズムが展開。よく見れば、カウンターの後ろは全面鏡張りではないか。なんてこった!

俺の夜なつみ「なんでこんな内装なのかって? たぶんオーナーがお尻フェチなんだと思います(笑)」

 恐るべし、オーナーの策略。モニターでは海外サッカーが放送されているが、鏡の世界が気になって全然集中できない。女のコの衣装はチアガール、野球やサッカーのユニフォームなどバリエーションも豊富。そこからのぞく下着もTバックやレースなど幅広い。

 ちなみに、ソファに座れるVIP席(基本料金にプラス1000円)もある。そちらはカウンター内の床が一段高くなっていたり、鏡の角度が“見やすくなる”ように調整されているので、「VIP席からしか見られないアングルなので、ハマる人も多いんです」(なつみちゃん)とのこと。

俺の夜

VIP席は床が一段高くなっているため、ソファに座ると目線がお尻の高さに

顔を隠してお尻隠さず!こっちが恥ずかしくなる

 酔いが回ってきたところで、カウンターに置かれているベルが気になっていたスパム。「これなに?」と鳴らすと、女のコたちが一斉に「あぁ!」と、リアクション。なぜなら、ベルを鳴らすと出勤中のコ全員にドリンクを奢らないといけないというルールがあるのだ。その名も「漢気ベル」。

俺の夜

俺の夜

ドリンクチップや漢気ベルでさらに盛り上がれ!

なつみ「お遊びで鳴らそうとするお客さんがよくいるんですよ。接客しているコが6人しかいないと思って鳴らしたら、裏から待機中の女のコも出てきて、11杯も奢ったお客さんもいましたよ(笑)」

俺の夜

男のパターチャレンジゲームは1回1000円。3球以内に大小どちらかのカップに入れると、シャンパンなどの豪華賞品がゲットできる!

 思わぬ漢気で出費してしまったスパム。けれども、これぞお尻丸出しで接客する彼女たちの漢気に対する正しい感謝の形というもの。夏のオリンピックでは、この店でアスリートたちの雄姿とお尻にエールを送ろうと思うスパムでした。

【Spochu-スポッチュ-】
住:東京都世田谷区駒沢1-5-13 ビラ・アペックス6F
電:03-6805-2362
営:20時~翌5時
休:月曜
料:1セット40分/3000円(生ビール、焼酎など飲み放題)。

お店のインスタに特典あり(@spo_chu__komazawa

撮影/渡辺秀之

埼玉県の秘境! 東武東上線沿いにカオスなスナックを発見した!

 年末は毎年恒例の年忘れ麻雀大会で惨敗したスパムです。集まったのはいまだに仲のいい大学時代の友人たち。昔話に花を咲かせていると、ふと大学時代を過ごした東武東上線沿線を思い出した。

 池袋と埼玉エリアを繋ぐこの鉄道は、ほどよいローカル感を残しつつも、池袋という巨大歓楽街へ向かう人たちを輸送するからか、けっこうな確率でワイルドな風貌の人にも遭遇する(私見です)。当時、酔っぱらって始発で寝たら財布をすられたのも、今はいい思い出です。

牛だけでなくバニーもいる謎の店に突入

 そんな東武東上線沿線にいまだに住む友人に話を聞くと「上福岡(池袋から30分ほどの駅)に面白い店があるぞ」とか。久しぶりに行ってみるかと、現地に向かった。

俺の夜 やって来たのは、埼玉県南部の上福岡駅。正直、読者の人にはなじみもクソもないだろうが、ひとまず駅から5分ほど歩くと、噂の店「ネオスナック牧場」はあった。

 ひっそりと佇むスナックとは一線を画す派手な外装。ドアを開ければ目の前には巨大な牛のオブジェ。店内にはドラマ『探偵物語』の映像が流れ、壁や天井にはハイレグ美女のポスターや妙に豪華なシャンデリアが掛かっている。

俺の夜

左からまるさん、れおなさん、かなさん。写真の衣装は、週末限定コスチューム。20代中心に15人が在籍、10人前後が出勤している

 スパムが東武東上線クオリティの進化ぶりに驚愕していると、カウガール風衣装に身を包んだ3人娘が登場した。れおなさん(28歳)、まるさん(24歳)、かなさん(25歳)の3人だ。れおなさんとかなさんは「生まれも育ちも上福岡」という、生粋の地元っ子である。

嫌なこと全部忘れて飲め!

俺の夜

カウンター席でも、牧場娘としっぽり飲むことができる。大人数でも一人でも合わせた楽しみ方ができるのがネオスナックの醍醐味だ

 れおな「キャバで働き出した最初は身バレしたくないからほかの街で働いてたけど、23歳ぐらいで『バレてもいいや!』って地元に凱旋したんですよ。恥じらいを捨てたら近いほうがラクなんで」

かな「わかるわかる。“一周回る”と、やっぱり地元がいいですよね。逆に同級生とか知り合いが来たほうが楽しく飲めますし」

 地元愛に溢れる話を聞きながら、焼酎の水割りで乾杯! ちなみに牛に交じってなぜか一人だけバニーガール姿の従業員がいるが、「このコは基本的にはウエーターなんですが席に着くこともあるので、自由な感じで動いてますね」(店長)とのこと。細かいことなどどうでもいいのだ。

俺の夜

ウエーター兼キャストもこなす謎のバニーガール・はちさん(26歳)

 ちなみに同店では「居合わせたお客さん同士が相席になってワイワイ騒いで飲むことも多いですね。独特な一体感がある」(れおなさん)とか。そんなときに盛り上がるのが、お店名物の「地獄じゃんけん」というゲームだ。

始めたらやめられない! 名物「地獄じゃんけん」

俺の夜

まずは全員でじゃんけんして負けた人が飲む

俺の夜

次は負けた人が誰か一人を指名して一対一でじゃんけん

俺の夜

負けた人が飲み、また誰かを指名。これを延々と繰り返す ※決してムリをする必要はありません

 詳細は上の写真を見てほしいが、誰かがギブアップするまで焼酎をショットで飲み続けるという、地獄のようなゲーム。「ほんの1時間で10人がつぶれたこともあるし、この前は泥酔しすぎて店に泊まりました(笑)」(同)という。

 実際にやった結果は、スパムが6連チャン飲み……。ただ、想像以上に盛り上がるので、あっという間に距離感もボトルの酒もなくなる。まさに悪魔的遊戯だ。

俺の夜

店内には大量の動物の被り物もある

 そうして東武東上線沿いの雑多な空気を満喫し、プチ旅行気分で再訪しようと思うスパムでした。

【ネオスナック牧場】

住:埼玉県ふじみ野市上福岡1-5-28
電:049-265-5539
営:20時30分~ラスト
休:ナシ
料:1セット60分/4000円(3人以上だと1人3000円)。
お店の雰囲気やさまざまなイベントの詳細は、牧場のインタグラム(@bokujyou1)でもチェックできる

撮影/水野善之

「資格持ち女子」だけを集めた店に行ったらミニスカに目を奪われた夜

 先日、仕事終わりに立ち寄ったファミレスで資格の勉強に励む20代のOLさんに遭遇。長い髪をラフに縛り上げながら、一生懸命に参考書を読み込む姿に、尊敬の念と萌えを感じたスパムです。  そういえば、かつてFPの資格勉強を始め […]

花魁衣裳×忍者! 浅草に誕生した“時代劇気分”に浸れる夜の新名所

 盛り上がるラグビーW杯。スタジアムに向かう電車内でビールを飲みまくるオーストラリア人集団に遭遇し、来年の東京五輪のときにはキャバクラ案内の裏営業でもしようかと妄想するスパムです。  さて年々活性化しているインバウンド需 […]

ドレスは20種類! 下町の一角でチャイナドレス美女と泥酔する夜

 今や日本のポップカルチャーとして定着したコスプレ。それは夜の街でも同じで、繁華街を散策すれば花魁やチアガール、アーミーなどコスプレをコンセプトにしたお店が山ほどある。そんななかで、実はそれほど見かけないレアなコスプレが […]

令和最初の夏はオジサンの街にいながらビーチ気分で盛り上がる!

 令和最初の夏が来た。そう思いながらもいつもの夏と変わらず、新橋の居酒屋で生ビールと焼き鳥を頬張るスパムです。旅行サイトを見ても、シーズン真っただ中の高価格に外出も断念。東京にいながら羽を伸ばせる場所はないものかと降り立 […]

「タレントのお店」と、侮るなかれ! 酒好きが心から楽しめる名店を発見

 先日、新入社員と一緒に赤提灯の居酒屋に行ったところ、「ここ煙いすね~」と全然刺さらず、早々にお開きにしたスパムです。近年は呑んべえが集う駅のガード下や横丁にも小洒落た飲み屋が増えている。古くからの酒場で、周りの大人から […]

引退まであと僅か! “日本一のキャバ嬢”エンリケの接客を名古屋で体験した!

 いよいよ元号が変わり、令和一発目の俺の夜を任されたスパムです。新時代の幕開けにふさわしい夜遊びとは……と思案していたところ、ふと寄った書店で一冊の本が目についた。それは3日で2億5000万円を売り上げ“日本一稼ぐキャバ […]

できたてホヤホヤ。紹介制で女子大生との合コンを組んでくれるバーがあった

「若者の合コン離れが加速している」。そんな話題をヤフーニュースで見ていたスパムです。マッチングアプリが当たり前となった今、若者からすると当たりはずれのある合コンはコスパが悪いらしい。もはや合コンカルチャーは死滅したも同然 […]