新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

花魁衣裳×忍者! 浅草に誕生した“時代劇気分”に浸れる夜の新名所

 盛り上がるラグビーW杯。スタジアムに向かう電車内でビールを飲みまくるオーストラリア人集団に遭遇し、来年の東京五輪のときにはキャバクラ案内の裏営業でもしようかと妄想するスパムです。

 さて年々活性化しているインバウンド需要。東京の観光地・浅草にはタピオカ店と同じぐらいのスピードで、着物レンタル店も増えているとか。そんなわけで夜の街にも日本ならではの和テイストを取り入れたお店が登場してきているが、浅草の地では花魁と忍者がコラボしたという謎の店が誕生。早速、足を運んでみた。

妖艶な花魁ムスメと忍者姿で飲み明かせ

 今回、訪れたのは今年8月にオープしたBARラウンジ「暁月」だ。浅草駅から浅草寺を抜けて徒歩10分ほど歩いて到着。店内は趣のあるお屋敷のようなつくりでモニターには富士山が映し出されている。独特な雰囲気のなかで「お殿様、いらっしゃいませ」と花魁の毛利ちゃん(21歳)が登場。豪華な着物は、問屋から仕入れたもので一着数万円もするとか。

毛利ちゃん

元ジャズシンガーという毛利ちゃん(21歳)。コスプレ系カフェの元店員など10人が在籍。福利厚生で英会話も習っているんだとか


毛利「着付けができるスタッフさんがいるので、営業前に着付けてもらっているんです。表に立って通りを歩いている男性に手招きしてると、怪しがられますね(笑)」

露わにはだける胸元! 殿、一大事でござる!

花魁

花魁のはだけ具合が妙にエロい。

 忍者ルックの店長から差し出されたメニュー表は巻物になっていたりと、細部までこだわりが光る。ふと目をこらせば、お店の一角にはなにやらただ者ではない雰囲気の男性が……。“師匠”と呼ばれる忍者ルックの初老の人物の正体は、なんと2代目チャンバラトリオの一員で、殺陣の達人なので同店でアドバイザー役をしているとか(毎日いるわけではなく、この日はたまたま指導で来店中だった)。

忍術の達人

お店のアドバイザーを務める忍術の達人。浅草界隈ではかなりの有名人だとか

師匠「やっぱり忍者らしい刀の扱いをしないとダメだからね。ここは浅草と吉原の中間エリアで、昔はスナックや小料理屋がたくさんあったんだよ。今は店の数も少なくなってしまったけど、当時の名残を感じながら遊ぶとより楽しめると思いますよ」

コスプレ感が出ないこだわりの本格衣装!

 こちらでは、リクエストすればお客自身が忍者姿になることも可能。さらにダーツも手裏剣型だ。

手裏剣ダーツ

手裏剣ダーツで忍者との対決に勝つと忍者グッズがプレゼント。

毛利「スナキャバ感覚で長く飲まれる方が多いですね。和装ってこんなに胸元がはだけると思ってなくて、酔うと周りから『おもてなししすぎ』ってツッコまれます」

 また、毎月2回ほど開催される女のコが花魁からくノ一に変わるイベントも人気だという。

店長「今後は居合抜きや殺陣を取り入れた本格的な忍者ショーを年末に開催する予定なんです。その準備のため、師匠と日々修業に励んでおります」

20種類

花魁の着物は20種類も取り揃えるほどのこだわり

 浅草の新たな観光名所になることを願いつつ、今宵は吉原方面へとドロンするスパムでした。

本格衣装【暁月(あかつき)】
住:東京都台東区浅草4-16-4 トドロキマンション1F
電:080-9878-3816
営:19時~翌1時
休:火曜
料:19~20時まで60分/1980円(20時以降は60分/2980円)。
詳しくはお店のHP(http://www.asakusa-akatsuki-yoru.com/top/)で

撮影/水野嘉之

ドレスは20種類! 下町の一角でチャイナドレス美女と泥酔する夜

 今や日本のポップカルチャーとして定着したコスプレ。それは夜の街でも同じで、繁華街を散策すれば花魁やチアガール、アーミーなどコスプレをコンセプトにしたお店が山ほどある。そんななかで、実はそれほど見かけないレアなコスプレが……チャイナドレスである。衣装代が高いからなのかそもそもニーズが少ないからなのか、その理由は定かでないが、スパムの経験則からして都内でも数えるほどしかないはず。

 そんななか、今年4月にチャイナドレス女子を前面に押し出したコンセプト店が誕生したという情報をキャッチ。ありそうでなかった組み合わせに胸躍らせながら、現場へと急行した。

妖艶なチャイナガールが深夜はパリピ族に変貌!?

 今回訪れたのは、漫画『こち亀』でお馴染みの両津勘吉像がお出迎えしてくれる葛飾区・JR亀有駅。徒歩3分ほどにあるのがチャイナガールバー「神龍(シェンロン)」だ。入店して驚いたのが、高級中華料理店を思わせる重厚なカウンター席。さらに中国のお面や高価そうな置物など、装飾も凝った店内だ。そこへ「いらっしゃい」と、セクシーなチャイナドレス姿のくうちゃんとゆかちゃんが登場した。

右からくうちゃん(26歳)とゆかちゃん(25歳)。20代を中心に10人のチャイナドレス娘が在籍。週末の夜は宴が盛りあがるとか

くう「お店の装飾品はオーナーが横浜の中華街で仕入れてくるんですけど、日々増えてます(笑)」

店名の由来は漫画『ドラゴンボール』のキャラクターから。オーナーが中国の装飾品を買い揃えているのでグッズが日々増えている

 ちなみにお店の周辺は、タイパブなど多国籍な飲み屋が集まるゾーンになっている。それだけに「チャイナドレスを着たままお店の外に出ると、中国人の人だと間違われますね(笑)」とのこと。

深すぎるスリットから生々しい太ももが覗く!

パリピ酒好き・ミニ丈チャイナ服のあいりちゃん

 さて、本場の空気を感じさせる空間でチャイナドレス娘たちと乾杯すれば、ここはどこだ!? と錯覚するレベル。カウンターの向こう側の深いスリットからのぞく美脚が男心をビンビン刺激する。こちらのお店では、約20種類のチャイナドレスを用意。その形状だけではなく、年齢によっても見栄えに変化が出て楽しめるとか。

ゆか「チャイナ服はボディラインがしっかり出るから、若いコと年齢が上の人では曲線が変わるんですよ。30歳近くになるとお尻が出てきちゃうので(笑)」
くう「魅力にハマって自前でチャイナドレスを買うコもいますね。今日の私は、背中がシースルーだから後ろ姿がエッチな感じ(笑)」

背中パックリ&ミニスカ豊富なドレスが揃う!

 ドリンクを作るバックショットも好評だそうで、これは何杯でもお代わりしてしまう。そしてなんと、21時までは1時間1000円というナイスプライス!

あいり「亀有の人は飲み始めるのが早いから、毎日1000円だけで帰る常連さんも(笑)。30日連続で通う人もいました」

お店に飛び込めば日本とは思えないチャイナガールとのひと時を堪能。

 そして時間が深くなるにつれて、店の雰囲気もチェンジ。実は同店では、店内の雰囲気に似合わず、クライナーやテキーラ、コカレロ……と10種類以上の“パリピ酒”が豊富に揃えられている。店長のはれちゃんは、ショットしか飲まないほどの酒豪なんだとか。

はれ「中国のお酒ですか? えーと、杏露酒だけですね(笑)」

 というわけでショットをグイッと飲めば、すっかり泥酔。店内カラオケでお店のヒットナンバー「WeAreTheWorld」を大熱唱。下町の片隅から極東の平和を祈るスパムでした。

【神龍(シェンロン)】
住:東京都葛飾区亀有5−28−12吉田第5ビル1F
電:03−5849−5152
営:19時~ラスト
休:なし
料:19~21時まで1000円/60分(21時以降は3000円/60分)
※SPA!見たでお店オリジナル今治タオルを先着30名にプレゼント

取材・文/水野善之

令和最初の夏はオジサンの街にいながらビーチ気分で盛り上がる!

 令和最初の夏が来た。そう思いながらもいつもの夏と変わらず、新橋の居酒屋で生ビールと焼き鳥を頬張るスパムです。旅行サイトを見ても、シーズン真っただ中の高価格に外出も断念。東京にいながら羽を伸ばせる場所はないものかと降り立ったのがJR神田駅だ。

 今年の秋に大型総合施設・コレド室町テラスがオープンするこのエリアでは、新たな飲食店や夜遊びスポットが少しずつ増えて盛り上がりを見せているんだとか。2軒目を探しながら歩いていると、「令和発! 高級リゾート気分で寛げるお店」という魅惑の看板を発見。早速、入店してみることにした!

多彩な飲みコールが響く常夏気分のテラス空間

 今回訪れたのは、今年6月にオープンしたばかりのガールズバーラウンジ「スマイルテラス」だ。アメリカ西海岸をイメージしたというウッド調で統一された広い店内は、一見するとオシャレなカフェのような雰囲気。そんななか、きららちゃんとのあちゃんの20歳コンビが登場。ノースリーブワンピ姿が真夏の到来を感じさせる。

のあちゃん(右)ときららちゃん(左)。20代前半を中心に30人ほどが在籍。神田の夜は、金曜22時以降が一番盛り上がるという

きらら「実は入り口の螺旋階段に使われている木材は伊豆の白浜から持ってきてるらしくてインテリアもすごくこだわってるんです」

ビーチテラスをイメージした店内で美女と乾杯!

 リゾートの空気を感じながら、ビーチテラスで美女たちと乾杯! しかし実際の夏の予定を聞くと、「仕事ばっかり」と言う彼女たち。

生ビールからハイボール、焼酎など飲み放題も充実。お店オリジナルの唐揚げ(1000円)は試行錯誤を重ねてこだわった看板メニュー

のあ「水着を着るのもとしまえんのナイトプールぐらいかな。あと、来月ここでビキニイベントがあるから映える感じのを撮りたい」

きらら「姉妹店でやったときは、ビキニの上にワイシャツを羽織ってたから透けさそうと濡らしてくるお客さんが多くて、まあまあカオスなイベントだったよね(笑)」

 彼女たちの水着姿を想像しながらニヤける。飲みが進むと、得意の盛り上げコールも披露。お酒のペースが遅めのスパムに2人から、「ラララ、ライ! ラララ、ライ! ラララ、ライ麦畑で隠れてオ●ニー♪(飲み干すまでループ)」と、容赦ない飲みコールが。

おしとやかそうに見えてコールの嵐が止まらない!

YouTubeで体得している飲みコールは30種類。最後の決めポーズまで完璧!

きらら「毎回同じコールばっかりだと飽きるから、歌舞伎町ホストのYouTubeチャンネルを見て常に新しいのを仕入れてて。今は30種類ぐらいあるんです」

のあ「ただ、きららさんは1年前に山形から上京してきていまだに歌舞伎町とか六本木に一回も行ったことがないっていう(笑)」

きらら「はいバップ! 謝罪テキーラの“ごめテキ”だよ!」

ガールズバーとは思えないぐらい映える店内。

 会話に応じて、繰り出されるコールにこちらもついつい飲みのペースが上がってしまう。結果的にリゾート感はやや薄まる感じもするが……、そんな乱れっぷりを楽しむのもまた、夏の醍醐味だろう。
そんなことを思っていると、すかさず次のコールが。

2人「ジャニーズ、ジャニーズ!ジャニーズ、ジャニーズ! ほんとはチャイニーズ! ニーハオ♪(ここで手のひらを飲んでいる人に向けるポーズ。これを飲み干すまでループする)」

のあ「最初はびっくりされるけど、段々コールがクセになってリピーターさんも多いんです。お客さんから『可愛い』とか言われるよりは、ワイワイしながら『キモイー!』ってイジってもらったほうが本領は発揮できますね」

 夏のぬるい夜風に当たりながら、さらなる英気を養うため水着イベント日に再訪を誓うスパムでした。

【スマイルテラス】
住:東京都千代田区鍛冶町1-6-2林ビル2F
電:03-6271-7470
営:19時~ラスト
休:日曜
料:チャージ料40分/3000円(飲み放題)、8月は特別価格で初回40分/1000円。
不定期開催のイベント等は、お店HPまで
smile-terrace.com

撮影/水野嘉之

「タレントのお店」と、侮るなかれ! 酒好きが心から楽しめる名店を発見

 先日、新入社員と一緒に赤提灯の居酒屋に行ったところ、「ここ煙いすね~」と全然刺さらず、早々にお開きにしたスパムです。近年は呑んべえが集う駅のガード下や横丁にも小洒落た飲み屋が増えている。古くからの酒場で、周りの大人から […]

引退まであと僅か! “日本一のキャバ嬢”エンリケの接客を名古屋で体験した!

 いよいよ元号が変わり、令和一発目の俺の夜を任されたスパムです。新時代の幕開けにふさわしい夜遊びとは……と思案していたところ、ふと寄った書店で一冊の本が目についた。それは3日で2億5000万円を売り上げ“日本一稼ぐキャバ […]

できたてホヤホヤ。紹介制で女子大生との合コンを組んでくれるバーがあった

「若者の合コン離れが加速している」。そんな話題をヤフーニュースで見ていたスパムです。マッチングアプリが当たり前となった今、若者からすると当たりはずれのある合コンはコスパが悪いらしい。もはや合コンカルチャーは死滅したも同然 […]

22歳現役アイドルが営むスナックで渋谷に確かに残る“人情”を感じた夜

 先日、渋谷の駅前に人だかりを発見。近寄っていくと人気らしい女性YouTuberで、そのまま素通りしたスパムです。近年、大規模な再開発の進む渋谷にはエクストリームやらブリッジやらと、サラリーマンには覚えづらい新名所が続々 […]

本場アメリカのノリをそのまま再現! ジェントルマンズクラブに突入!

 もうすぐ2月だというのに、心身共に新たなスタートが切れないスパムです。時代は進み続けているが、人は年を重ねるほど後退していくのか……。そんな憂鬱を打破すべく、渋谷へと久しぶりに足を延ばす。クラブ前は若者のパリピ集団で溢 […]

平成生まれのミニスカポリスと飲み、予想外の“いい話”で撃ち抜かれる夜

 今年の流行語大賞は「そだねー」に決定。とはいえ、忘年会の日時を後輩に確認したところ、LINEでひと言「そだねー」と返信されて、少しイラッとしたスパムです。さて、忘年会シーズン真っただ中。駅周辺のベンチでは酔いつぶれたサ […]

慶應のインカレサークルの女子大生ばかりが働く隠れ家バーに潜入

 最近は麻雀プロリーグが発足して、ネット観戦しながらの晩酌が日課のスパムです。プロ雀士の対局を見ていると、思い出すのは授業をサボって麻雀ばかりしていた大学生活。テニスサークルとかに入っておけば、女子大生ともっと交流できた […]