新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

感染対策はバッチリ。安心して愉しめるガールズワインバーin新橋

 酷暑とコロナ禍、齢四十を過ぎた身には、日々の生活を送るにも何かと気を使う。外回りの帰り、大きな汗染みをつくったシャツにほとほと嫌気が差して、新橋の老舗サウナに駆け込んだ。汗を流し、水風呂で体を冷ますと、腹が減る。サウナで生ビールを一気に流し込み、精気を取り戻した後は、少し涼しくなった夜の街へ……。

 新橋は烏森口、新橋西口通りのアーケードをくぐると、ご時世にもかかわらず活況だ。寿司店が入る雑居ビルの前にはワイシャツとタイトスカートの女のコ。気になって声をかけると、ワインをメインにしたガールズバーだという。

俺の夜

左からはるかちゃん(35歳)、ひいらぎちゃん(21歳)、ハルちゃん(30歳)。ガールズバーらしからぬ落ち着いたトークと佇まいがおじさんには嬉しい

「感染対策はバッチリ、レアなワインもありますよ」

アクリル板設置で飛沫感染を完全に防止

 狭い階段を4階まで上がり、木戸を開けると、こぢんまりとしたおしゃれな空間が広がっていた。

 カウンターには女のコ、その前には大きなアクリル板、ちょっと面食らっていると、隙間から女のコが非接触型の体温計を取り出した。平熱を確認、手指消毒のあと、冷たいおしぼりが出される。

俺の夜

検温、手指消毒、マスク着用。そして特注のアクリル板の仕切り。アクリル板がきれいに磨かれており、頭を打ってしまいそうに

「快適さをモットーに営業していたんですが、ウチは土地柄大人のお客さまが多いので、安全安心を第一に営業することにしたんです」

 名札に“新橋の愛人”と書かれたはるかちゃんが説明する。ピカピカに磨かれたアクリル板は、会話の妨げにならないよう、市販品だと厚さ3mmのところ、2.5mmの医療用。隣との座席の間隔は2m。感心するほど徹底されている。

「常備50本以上のワインがあり、グラスワインでお楽しみいただくものはサーバーからお注ぎします」

俺の夜

ワインサーバーからは月替わりの高級ワインが。市価ゆえ、お気に入りの一本を見つけたい

 サーバー!? ワインクーラーの横に鎮座しているのは人生で初めて見るワインサーバー。これによって一度開けたワインの酸化を防ぎ、新鮮な状態に保てるという。

カリフォルニア中心の高級ワインをお手軽に!

 高級ワイン、オーパス・ワンの産地で知られるカリフォルニアのナパ・バレーの赤ワインをグラスでいただく。注がれるグラスもオーストリアの名門ブランド、リーデル社のものというから、この店のこだわりはただものではない。

俺の夜

ワインセラーにはカリフォルニア産を中心に赤、白、泡が揃う

「運営会社がワインの輸入を手がけているので、小売りと変わらない値段でお出しすることができるんです。カリフォルニアワインの品揃えは首都圏屈指だと思います」

俺の夜 シャトー・ラギオールのワインオープナーを巧みに扱い、ボトルからコルクを抜くはるかちゃん。ここは果たしてガールズバーなのか? 少々気後れしつつも乾杯。

 アクリル板の下からグラスを出してグラスを合わせる。

ワインも女のコもお気に入りを見つけて

 ぐっとひと口、鼻腔に広がるふくよかな香り。コロナ自粛中に煽っていた自宅ワインとは大違いだ。

「わ〜、美味しい!」

俺の夜 アクリル板の中ではしゃぐ、ひいらぎちゃん、ハルちゃん。ワイン好きが高じてこの店に入店したという2人の頬がほのかに赤らむ。

 BGMはジャズ……否、’80年代歌謡曲。德永明が耳に心地よい。リフレシュ&リラックスした俺。隠れ家として重宝しそうだ。

【烏森ガールズワイナリー】
住:東京都港区新橋3-21-10オルバス第一ビル4F
電:03-3438-0101
営:19:00〜翌4:00(月〜金)、17:30〜翌4:00(土)
休:日・祝
料:1セット50分2980円〜(ワイン、瓶ビール、生ハイボール等飲み放題)

撮影/渡辺秀之

池袋に魔界発見!築半世紀の古スナックビルでオタク系女子と戯れる

 なにかと注目を集める街・池袋。とくに東口はこれまでの雑多なイメージからは一変、区民センターと劇場を含む複合施設「Hareza池袋」などがオープンし、若者の街へと変貌を遂げている。その足元にある中池袋公園一帯は、かつては怪しげな人々がたむろするイメージがあった場所だが、今や若い女のコでごった返している。

「サンシャイン横からこの中池袋公園は乙女ロードと呼ばれています。アニメグッズを扱う大型店が何軒かあるため、オタク系やコスプレ女子が大挙押し寄せるんです」

 と解説するのは夜遊びガイドのO氏。氏と俺は歌舞伎町と並び「夜の街」とそしりを受ける池袋の事情を探りに来ていたが、歌舞伎町とは様相の違うこの街の様子に少々面食らっていた……。

昭和なスナック街にコスプレ街が出現!?

俺の夜

「フジプラザビル」は2〜3階に小さな店が約40店舗ひしめく。その半分がコンカフェだ

 乙女ロード周辺をチェックしていると、時代に取り残されたような一角を発見。半世紀はゆうに超えている建物群。外観は継ぎはぎだらけで、異様な存在感を醸し出している。「フジプラザ」と書かれたビルの案内図にはスナック、パブ、そしてジャンル不明の“ハジけた店名”を冠した看板群がある。

「ここは僕も知りませんでした」

俺の夜 O氏が首を傾げながらビルに入っていく。ビルは回廊になっており、小さな扉がズラリと並んだ昭和の横丁の様相だ。感染対策か、ほとんどの店が扉を開けており、中を覗くとメイド、アニメのコスプレの若いコが微笑んでいる。

俺の夜

後列左から時計回りにアルカ・チッチ、ミドリ・マヌカハニー、リオ・ドンペリニヨン、シャロ・ランペルージ。個性的な面々

 回廊の最奥で目が合ったのはマリンルックの女のコ。白いセーラー服は我々の琴線を突いた。

「いらっしゃいませ〜!」

 元気の良い声に迎えられ入店、席に着く。小さな店内を見回すと内装は国民的マンガをモチーフにした海賊仕様。舞台の島が店名に冠してある。奥には白骨化した海賊がカウンターで酒を舐めていた。

俺の夜「お客様は海賊という設定で、私たちは海兵。ガールズバーというよりはコンセプトカフェ(コンカフェ)なのでユル〜い雰囲気を楽しんでいってくださいね」

飲んで食べてガチトークも白熱!

 この日は「ビール飲み放題DAY」だったので我々はビールを注文。一方、女のコのドリンクはチカチカと青く、眩い光を放っているではないか! 思わず目をパチパチするおじさん2人。

俺の夜

狭いながらも賑やかな店内。女のコのCrewドリンク(1000円)は激しく光り、見ているうちにテンションが上がってくる不思議

「オリカク(オリジナルカクテル)は光るのが多いんです!」

 と笑う海兵ちゃんたち。アニメやアイドルに造詣が深く、乙女ロードの住人でもあるという。

俺の夜「すぐ近くの中池袋公園は今、アニメ好きの女のコたちが集まる場所で、缶バッジやグッズを交換したりする場所になっているんです。それに伴って池袋はコンカフェが増えているんですよ」

俺の夜 スナックだらけのビルも、最近はオタク系の飲食店が続々と進出。「コンカフェの聖地」として知る人ぞ知る存在となっている。

俺の夜「実は、秋葉原は初心者向け、池袋は中級〜上級者向けとコンカフェ界にも“序列”があるんです。とくにこのビルのお店は超個性派揃い。アキバに飽きたお客様とキャストが集まる“聖地”なんです」

俺の夜

30〜50代の男性が中心の客層。セーラームーン、プリキュア、K-POP、地下アイドルなど女のコにはそれぞ得意分野があり、その知識と熱い思いに圧倒される

 濃い客と濃いキャストが織りなす“魔空間”。このビルの他の店も覗いてみたくなった。

【Marine Ford】
住:東京都豊島区東池袋1-15-8フジプラザビル3F8号
電:03-6914-2789
営:18時〜LAST
休:なし
料:2000円(1セット40分)〜
・月曜はビール飲み放題、水曜はDEATH GAME DAY、チャイナドレスデー等各種イベントあり

撮影/渡辺秀之 協力/O氏(夜遊びガイド)

コロナ太りをぶっ飛ばせ!筋肉女子とダイエットに励む夜

 2か月に及んだ緊急事態宣言による自粛生活で俺の生活スタイルもすっかり変わってしまった。外に飲みに行けず酒量が減ってしまい、めっきり酒に弱くなってしまった。その一方、自炊するメシが案外ウマく、しかも一度に量を作り完食。

 いつの間にか腹の上にはでっぷりとした脂肪の塊がのっていた……。そんな悩みをオンラインで夜遊びガイドのO氏に打ち明けると、「6月にオープンの“効く店”があるんで行ってみて」と勧めてくる。

 降り立ったのは「夜の街」としての活気を取り戻しつつある池袋。北口を出て、客引きを冷やかしつつ、キャバクラ密集地帯へと足を運ぶ。その一角の雑居ビルにお目当ての店があった。

気合の「いらっしゃいマッスル~!」

 エレベーターを降りるや否や、全開の扉から目に飛び込んでくるのはド派手なタイポグラフィの内装。恐る恐る覗くとタンクトップ姿の女のコと目が合ってしまった。

俺の夜

左からようマッスル(twitter:@sym_yok)、エルマッスル、みうマッスル(Instagram:miyu_thuglife08)。趣味は全員「ジム通い」

「いらっしゃいマッスル~!」と気合の入った声がこだまする。いわゆるボディビルダーポーズを取った女のコたちがコテコテの笑顔で迎えてくれた。

 言われるがままに手指を消毒、検温の後、カウンターに座る。コロナ対策はバッチリのようだ。

「ここは筋肉自慢の女のコが集うガールズバー。オープンしたてで不慣れですが、頑張りマッスル!」

 と元気に答えてくれたのは、こんがりと焼けた肌が実に眩しい、みうマッスルちゃん。

俺の夜 ふと横を見れば、「筋肉は1%の才能と99%の努力」「筋肉の楽園」などと実に勇ましい標語が大書きされている壁の前にマシンが置いてあり、そこでも女のコがトレーニングに励んでいるではないか。笑顔でも結構なウエイトを上げているのを見逃さない。

エクササイズを見ながら酒を飲むのも一興!

俺の夜「ぜひ、名物のマッスル生搾りサワーを飲んでいってください!」

 勧められるがままにドリンクをオーダー。すると大音量の音楽が。

「ユァショーック! 愛で空が落ちてく~る。ユァショーック!!」

 大人気世紀末アニメの主題歌とともにグレープフルーツを握り潰すみうマッスルちゃん。「ビジャビジャビジャ!」。凄まじい音を立てて崩れ落ちるグレープフルーツの果実。まさにショック、ピッチャーにあっと言う間に溜まるジュース。

俺の夜

生搾りサワーは女子2人でも対応。筋肉の動きを目の前で見られるチャンス

 さらにショッキングなのはカウンター頭上に渡されたバーを摑むや、エルマッスルちゃんがガチ懸垂を始めたことだ。焼けた肌、震える上腕二頭筋、割れた腹筋に見惚れる俺。筋肉は裏切らない!

俺の夜 女のコはBCAA(筋肉を増やすアミノ酸)ドリンクで乾杯。さっそく、彼女たちにコロナ太りの悩みを打ち明ける。

俺の夜

フェイスシールド持参は夜遊びの新マナーだ

「糖質オフダイエットや腹筋だけはあまり意味ないですね。運動不足で筋肉量が落ちているから代謝が悪くなっています。もっとも筋肉量がある下半身と背中に筋肉をつけ、代謝を上げれば痩せます!」

 そして、導かれたのはカウンターの後ろのチェストプレスマシン。

「息をゆっくり吐きながら、肩のつけ根を意識して!」

俺の夜 持参のフェイスガードを着用し、ハードトレーニング。酒もそこそこに筋肉女子たちに叱咤激励されながらのマシントレーニングに没頭した俺。帰りの〆のラーメンは断念したのは言うまでもない……。

【マッスルガールズ筋肉女子】
住:東京都豊島区池袋2-41-2 HAYAMAビル 6F
電:03-6886-7001
営:19~24時(23時L.O.)
休:日
料:1500円(30分)飲み放題
●マッスル生搾りサワー(2000円※3~4人前)、マッスルメガ生ビール1000円、BCAA1000円(女のコ用)
※新型コロナウイルスの影響で営業時間や定休日が変更になっている場合があります

撮影/渡辺秀之 協力/O氏(夜遊びガイド)

テレワークは角打ちで!? 学生街に現れた究極の仕事場

【俺の夜特別編「俺の遊び」】  テレワーク中に孤独感が深まり、飲酒。効率がまったく上がらず反省するも、仕事仲間に誘われたZoom飲みでは寝落ちし赤っ恥。コロナ禍による緊急事態宣言はジワジワと俺にダメージを与えている。   […]

厳戒態勢の都内を抜け出したら……。朝霞で発見「入りづらいガールズバー」

 小池百合子東京都知事は新型コロナウイルス対策において、3月30日夜の緊急記者会見で無慈悲にもこう告げた。 「若者にはカラオケ・ライブハウス、中高年にはバー・ナイトクラブなど接待を伴う飲食店に行くのは当面お控えいただきた […]

大人の隠れ家。小料理屋で美人ママとしっぽり飲む夜

 春の訪れを感じる今日このごろ。旨い飯でも食べて、そのあと、女のコがいる店を冷やかそうと考えていたところ、夜遊びガイドのO氏から「中野に来ませんか? 腹空かせて来てくださいよ」と電話が。  中野駅北口を出て、飲食店やキャ […]

激動の2020年。下町・亀有のミリタリーバーで愛と平和を語る

 激動の2020年の幕開けだろう。イランを巡る危機、某企業の元社長の逃亡劇、そして新型コロナウイルスの流行……平和の祭典・東京五輪はこのまま平穏無事に開催されるのか。そんなことを考えながら、JR総武線に揺られ、車窓から見 […]

ポップ&キュート。夢のアメリカダイナーガールと戯れる吉祥寺(ジョージ)の夜

 今年も残すところあとわずか。消費増税の余波だろうか、己の人徳のなさだろうか、忘年会に誘われる回数がめっきり減った。そんなことをボヤきながら、O氏とふたり吉祥寺の公園前の老舗焼き鳥店で煙に巻かれつつ、安酒をちびちび煽って […]

大阪・日本橋に現れた「魔界」で笑わない美女に生け贄にされる夜

「魔都」と呼んでいいほど訪れるたびに新しく、怪しく、風変わりなものを見せてくれる大阪。そんな魔都にあるオタクの街が日本橋だ。「大阪のアキバ」といわれる場所だが、ミナミと通天閣の間にある通称「ヲタロード」はメイドカフェの横 […]

血湧き肉躍る大熱戦を美女と! ラグビー日本代表をチアと応援!

 歌舞伎町をぶらぶらしていると、周辺のアイリッシュパブや居酒屋から「ウォー!」「イェーイ!」という歓声が。看板には「ラグビー放映中」の文字。そうかラグビーW杯が始まったのか!  ラグビーといえば、大学生のとき、旧国立競技 […]