TOP
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

<奇跡の30歳を探す旅 2>歌舞伎町に現れた“三十路の妖精”をつかまえに行く

DMA-790A0990 売れっ子を見れば、その店のレベルや客層がわかる。ましてや、年端もいかない小娘ではなく、年を重ねたキャストが売れっ子の店は、安心して楽しむことができる。この連載が始まって以来、あまたの店や女のコを取材してきた俺が導き出した法則のひとつだ。

 今回は、日本一の繁華街・歌舞伎町から「奇跡の30歳を探す」という30周年記念ミッションをお届けしたい。不肖・苫米地が33歳で始め、足掛け10年。本稿での“美女探しの旅”史上、最も難易度が高い指令なのは言わずもがなだ。

 訪れたのは区役所通りはロサ会館付近。このあたりは高級キャバクラが軒を連ねており、最も歌舞伎町らしいと言っていい通りだ。

 その中でも“名門中の名門”、“伏魔殿”などとプロアマ問わずその名が轟く娯楽の殿堂、「チェックメイトビル」が今回の舞台だ。

ひと目会ったら虜!? 40代に大人気嬢来る!


 銀色に鈍く光る、重い鉄扉を開くと異様な熱気。「今日は遊ぶぞ!」と言わんばかりに気合の入った男性客もちらほら。それを迎え撃たんとするキャストの女のコのレベルも高い。

 そんな同店で店長氏が強力にすすめてくれたのは、中年男性から若い男子まで、一度席につくと虜にしてしまう売れっ子だという。

「こんばんは~、ウフフフ」

ゆなさん(31歳)

入店して1年のゆなさん。幅広い話題づくりと細かい気配りが、おっさんにとどまらず、20代の男子にも人気なんだとか

 目の前に現れたのは、ふんわりとした雰囲気が、いい意味で歌舞伎町っぽくないゆなさん。平成生まれのコムスメかと思いきや、昭和62年生まれの31歳という。

DMA-790A1006「年取ってて、ゴメンナサイ……」

 と謙遜するが、見た目はどう見ても20代。育ちの良さそうな、おっとりとした話し方に目尻が下がる俺。今どきのギャル(←死語?)のような平坦で、ツッコみがちな話し方に、心拍数が上がりがちなおっさんにとって、しっかりと目を見て話してくれるゆなさんの落ち着きはなんとありがたいことか。

ゆなさん(31歳)《奇跡の30歳~File1.》
ゆなさん(31歳) 87年、東京都生まれ(AB型)
趣味●ゲーム
好きな食べ物●お寿司(とくにウニ)
好きな男性のタイプ●西川貴教(TMR)
今欲しいもの●愛と包容力
チャームポイント●おちょぼ口

ゆなさん(31歳)

中学生のときからTMレボリューションの大ファン。強い風を浴びながら、一緒に「HOT LIMIT」を熱唱したい

「日本酒が好きなんですけど、一緒に飲む人によって種類も酒量も変わります(笑)」

 聞けば、肉よりも魚が好きという「穏健派」。好物の寿司をつまみながらゆっくりと話してみたいと思わせる。

キレイどころとワイワイ楽しもう!


りりかさん(左)、めいゆさん(右)

りりかさん(左)、めいゆさん(右)。20代中心のキャストが40人ほど在籍する、歌舞伎町の高級店だが、カジュアルなノリで肩肘張らず楽しめる

「一緒にごはんに行くなら、お寿司がいいですね。とろけるようなウニを食べたいです……」

 ウニの話題で目を潤ませるゆなさん。実際に食べさせたらどんな顔をするのだろうか……それを想像するだに、おっさんの心と懐は千々に乱れる。

ワイワイ楽しもう「今欲しいものですか? 愛と包容力かな? 最後に愛に包まれたのはもう1年も前なんです……」

 こんなの30代に出会ったのはきっと奇跡じゃない……。世界に冠たる歌舞伎町の“真の実力”を思い知った夜であった。

JUNES

JUNES

【JUNES】
住:東京都新宿区歌舞伎町2-23-12 チェックメイトビル1F
電:03-3232-3222
営:20時~LAST
休:日曜
料:1万円(60分)~、本指名・場内指名3000円、税・サ(8%+25%)
●ハウスボトルはヘネシーVSかオールドパー12年

撮影/野中ツトム(清談社)協力/ポケパラ編集部

都内のビーチ。六本木唯一の水着キャバで感じる“熱い夏”

Club Tahiti 盟友・スギナミが去り、40代のオッサン記者はテポドンと俺の2人となった……。

 たしかに30代の頃と違って、夜遊びのペースは半減してしまった。それは体力の衰えもあるが、やはり気力だろう。女のコのいる店での、キャストたちとの年齢のギャップはいかんともしがたく、会話もどうも手探りかつ及び腰。万が一盛り上がって、連絡先交換をしようとも、LINEの登録に手間取り、嘲笑の眼差しを向けられる。何を書いてよいかわからずスタンプ乱打はいつしか「未読」となる、負のスパイラル……。

 そうとなると花より実をとるのが中年というもの。夜遊びガイドのO氏もそんなオッサンの“弱気”を心得ている。

春なのにそこは常夏、六本木にビーチ出現


 O氏と足を運んだのは六本木・東京ミッドタウンの真ん前。「水着キャスト在籍!」と書かれた看板がオヤジ心をくすぐる。そう、万が一会話が弾まなければ、「見るだけ」でも楽しめるはずだ。

「いらっしゃいませ~!」

 20~30人も入れば満卓となろうか、程よい小箱に、水着の女のコがわんさかいるではないか!

水着娘

右からまりあちゃん、杏奈ちゃん、さりなちゃん。堂々とした立ち居振る舞いだが、最初の頃は水着姿が恥ずかしかったとも

 席に案内されると、低めのソファのちょうど目線の高さに、女のコのお尻がくる。鼻をかすめるようにして、闊歩する水着女子に自然と目尻が下がる。キョロキョロとお尻を追っていたら目の前に突如谷間が現れた。

 前かがみでご挨拶をしてくれたのは杏奈ちゃん、本人が「Eカップ」と申告する渓谷はもっと深いような気がする。

Club Tahiti

なんと21時までに入店すると、60分3980円でウィスキー、焼酎飲み放題。六本木では激安価格だろう

 続いてサンオイルのような、常夏の匂いをさせたさりなちゃん、まりあちゃんがご登場。匂いというものは、男の本能を刺激する。

「冬の間は食べちゃうからヤバイんですよね~」

 と言いつつも鍛錬を欠かさなかったであろう、そのボディは感服に値する。腹回りがユルくなったオッサンはその曲線を褒めるフリをしつつ、腰回りを凝視していると、「ぽっこりお腹かわいい!」と逆にタッチをされ、嬉しい誤算。

Club Tahiti
Club Tahiti

外はまだまだ寒いが、店内はまさに常夏。テンションと露出度が高めの女のコたちが、オジサンの頑なな心を解きほぐしてくれる

「六本木にはありそうで、実は水着キャバはウチだけなんですよ」

 実は都内でも数少ない水着キャバだが、キャバ激戦区六本木ですらここが唯一無二。さりなちゃんが言うとおり、物珍しさとリーズナブルさもあってか、近隣のサラリーマンが押し寄せる。

「昨年の9月にオープンしたばっかりだから、アットホームで自由な雰囲気なんですよ」

 と最年少のまりあちゃんは、盛り上げ役を買って出る。見事なチームワーク。そして全力の振り付けでE-girlsのナンバーを熱唱。俺ですら聞いたことのある曲(曲名は失念!)をバックに、水着が弾け飛ばんばかりのダンスを披露してくれる。店内は拍手喝采、オッサンたちも思わず拳を振り上げて歌ってしまった!

Club Tahiti【Club Tahiti】
住:東京都港区六本木7-12-3 パワーハウス六本木4F
電:03-6434-5021
営:20時~LAST
休:日・祝日
料:ワンセット8000円(60分)
お店は東京ミッドタウンの真ん前。多いときで15人の水着美女がフロアにひしめく

Club Tahiti撮影/渡辺秀之 協力/O氏(夜遊びガイド)

日本初!? イリュージョンとダンスショーで春の宴を演出

 もうすぐ「啓蟄」。土に潜っていた虫たちは一斉に地上に顔を出すときだ。週末の繁華街に出てみれば、飲食店や夜遊びの店は人人人。男たちの“遊びの虫”も疼きだしているようだ。「最近遊んでます?」俺の心を見透かしたように声をかけてきたのは夜遊びガイドのO氏。

「ショーパブ激戦区の六本木に一風変わった店があるんです……」

 早速向かったのは、芋洗坂下。老舗ビルの一角にその店はあった。

「いらっしゃいませ……」

妖艶なイリュージョンをお見せします!

キャスト

(左から時計回りに)mihoさん、花蓮さん、美那子さん、綾乃さん。35~40分の演目の違うショーを1日4回行うタフさ!

 入り口に立つゴシック調の等身大の人形。天井にはシャンデリア、カウンターバーの周りには額に入ったキャストの肖像画、シックでゴージャスで妖しげな空間は、いやが上にも俺の心拍数を上げる。いくつかのボックス席が並ぶ先には、ビロードの幕がゆらゆらと揺れる半円形のステージ。真正面の“かぶりつき”に案内された。

「ここはマジックとイリュージョン、ダンスが一体となった総合エンターテインメントバーです」

 鮮やかな手つきでカクテルドリンクを作ってくれた店長氏はマジシャン。幕間には各テーブルを回って魔術を見せてくれるという。

テレビで見たあのシーンが……

イリュージョン

常設のハコでは最も多い7~8種のイリュージョンを用意

 スモークのツンとした匂いが立ち込めると突如暗転。大音量の『ラ・ラ・ランド』のテーマが俺の尻を突き上げてくる。幕が開くと、そこにはセクシーな衣装に身を包んだ美女たちがズラリ。

貸し切り公演や、企業への出張も

「貸し切り公演や、企業への出張もしているんですよ」と店長

 目の前で繰り広げられる激しいダンス。フロアに下りてきては、我々の顔をかすめるように踊る。

 再びの暗転、一瞬の静寂。音楽と照明がメロウになると衣装が替わっている。なんということでしょう!「熱湯コマーシャル」の生着替えで見た“例の幕”が現れ、美女の体を隠す。幕をパッと落とすと見事な美尻が2つ。またまた衣装が替わっているではないか!

イリュージョン
イリュージョン

“あの幕”がパッと下りると……

イリュージョン
イリュージョン

そこは……春!

 拍手喝采のフロア。さらに、一人の美女が床に横たわると、全身を布で覆われた。「もしや……」。もう一人が布を包み込むように手を動かすと、徐々に浮かんでいく体。かつてテレビで見たイリュージョンを間近で見られるとは!

イリュージョン 完成度の高いダンス&イリュージョンはなんと一日4回。すべて内容が異なるというこだわりよう。最後はダンサー全員とハイタッチ。チップを弾めば、ダンサーさんたちと記念撮影のご褒美が。

「キャストは元宝塚や、アーティストやテーマパークのバックダンサーなど、本当のプロばかりです。ひとつの演目を完成させるにはひと月はかかるんです」(店長)

L&S TOKYO とはいえ、お値段はチャージを合わせても1人7000~8000円で時間制限なしと超お得。周りを見渡すと若い男女のグループやカップルも多く、幕間のテーブルマジックで盛り上がっていた。

 ここは春爛漫。ひと足早い“花見”に出かけてみてはどうだろう。

L&S TOKYO

L&S TOKYO

【L&S TOKYO】
住:東京都港区六本木5−8−2 HEIBON六本木ビル5F
電:03-6434-9111
営:20時~LAST
休:日・祝日
料:男性3000円、女性2000円、ショーチャージ2000円、ドリンク・税別
ショーは20時半、21時半、22時半、23時半の4回

撮影/渡辺秀之 協力/O氏(夜遊びガイド)

年の初めはまっさらな気持ちで。すっぴん女子に癒やされる

 年末から怒涛のように忘年会、クリスマスパーティ、新年会など例年になく酒を飲んだ。巷の景気は少しは良くなったのだろうか、お誘いの回数が増えたのは大変光栄なことなのだが、齢40を過ぎた身にとって、連日連夜の飲み会は体にも財 […]

大阪・ミナミに突如出現。コスプレタワーで飲み尽くす

 大阪は夜遊び界にとって常に斬新なアイデアを提示してくる街であり、それはやがて東京に流れてくるのが常だ。夜遊びガイドのO氏も「ミナミにとんでもないビルができたので見てきてほしい」と言うので、すぐさま新幹線に飛び乗った。 […]

都内唯一!?新形態“脱ぎキャバ”で夏を惜しむ

 夏が終わろうとしている。今夏の東京は天候不良も著しく、鉛色の空が海やプールへ向かう気分を溶かしていった。水辺でビールを飲みながら、水着の女のコを拝む、そんな唯一にして最大の楽しみを奪った空を恨めしく見ていると、一本の電 […]

いざ、郊外へ。柏の女海賊と過ごす酒池肉林の夜

「都内は最近“お行儀”が良くなっていますね、これも東京五輪の影響なんでしょうか……」。  夜遊びガイドのO氏はため息をつく。都内の盛り場を巡っていても、インバウンドの外国人が押し寄せる六本木や歌舞伎町は人いきれがするほど […]

浅草ロック座伝説の元ストリッパーに“かぶりつく”夜

 まだ10代のころ、アルバイトで稼いだわずかなカネを握りしめて、緊張しながら、浅草の地に降り立ったことを。目指したのは、六区に輝くランドマーク「ロック座」。受付に5千円札を放り込み「大人1枚」と無理に低い声で言い放った時 […]

球界のレジェンドが切り盛りする美女揃いのスナック

 春爛漫。待ちに待ったペナントレースが開幕、贔屓チームの勝敗に一喜一憂しながら飲む酒は、野球ファンの醍醐味と言っていい。  そんなおり、旧知の友人で、野球界のディープスロート・K氏から、来季メジャー移籍が噂される“球界の […]

柔らか、あったか。おっぱいを肴に極寒の夜を乗り切る

 中年の腹は冷えに弱い。若い頃は酒が入れば食欲も増し、アテも3品、4品といけたのだが、今や完全に負のスパイラル。湯豆腐に熱燗1本がせいぜいだ。そんな折、夜遊びガイドのO氏が囁く言葉に耳を疑った。「旨い飯と酒、そしておっぱ […]