新着
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


俺の夜

歌舞伎町に開店。有名AV熟女優のラウンジで新年の幕開けを!

 平成最後の正月が明けた。年末年始のテレビは平成を振り返る特集ばかりでいささか食傷したが、多感な少年期から、投げやりな中年期まで過ごした時代が終わるのはやはり寂しい。そんな感傷に浸っていると、夜遊びガイドのO氏から頂戴した年賀状に添えられていた文言を思い出した。

「スーパー熟女優の店で平成最後の“新艶会”をやりましょう」

 なんでも、あの熟女AV女優の川上ゆうがラウンジバーをオープンさせたというのだ。

 川上ゆうといえば、出演作は1000本以上、足掛け12年、我々中年の「独り寝の恋人」として活躍しているトップオブトップのAV女優である。あるときは寝取られ妻、あるときは妖艶すぎる義母として、俺の心も体も熱くさせてくれた“恩人”だ。そんなスターのお酌で酒が飲めるとは、これは新春から縁起がいいや。

 歌舞伎町に着いた俺は、猪突猛進、区役所通り最奥のラウンジばかりが入る老舗ビルに向かった。

 ビル前で落ち合ったO氏もタバコをせわしなく吸って、柄にもなく緊張している様子がありあり。

超有名女優が癒やしのおもてなし


DMA-181212wh008

ママの川上ゆうさん(左)とキャストの大塚咲さん。明るく気さくで自然体の接客は、緊張気味でコチコチの男たちをほぐしてくれる

 重厚なドアを思い切って開けると、「いらっしゃいませ~」と華やいだ声が。そこにはブラウン管、いや液晶画面の向こうで俺を誘惑していたあの女ひとがニッコリと微笑んでいるではないか。「おおっ!」思わず声を漏らす俺とO氏。横にはショートカットが“どストライク”だった元AV女優の大塚咲さんも妖艶な笑みを浮かべている。

「どうぞどうぞ、固くなってないで、座って座って!」と気さくなお二人。きらびやかなドレス、大きく開いた胸元。ここは撮影現場なのではないかと一瞬、錯覚する。

ホステス役はたくさん演じたけど


「演技ではさんざんやってきたのに、お酒を作るお仕事は初めてで、手際が悪くてごめんなさい。ハイボールも氷が先か、炭酸が先か、いつも迷っちゃう……」

 そうコロコロと笑いながら、出してくれたお通しはゆうさんの手作り。サイン会やイベントで全国を回るゆうさんが選んだ、各地の「うまいもの」も添えられる。

お通し

お通しは日替わりで2~3品

 
 さっそく乾杯。大サービスで、にんじんのマリネを食べさせてもらうと、胸元が俺の目の前に!

飲んだあとの〆には味噌汁ならぬ、ゆうさんが研究を重ねたという「にゅうめん」がふるまわれるのも嬉しい

「本当は四谷の裏路地で小料理屋か、カフェをやりたかったんですけど、業界の人の勧めもあって、ラウンジに。でもこんな歌舞伎町のど真ん中ってベタですよね……」

ここは、撮影現場か!? 小さなラウンジで密着気分


 自分ツッコミがかわいい。というか、AVとはまったく違うと言っていいほどの“素”。なぜか愛犬をラベルに配したクラフトビールを作っていたり、名物の「ラビリンスカクテル(1000円)」を作ろうとして、咲さんと2人で悪戦苦闘したりと、笑いが絶えない。

ラビリンスカクテル

オリジナルの「ラビリンスカクテル」はバラの香り。レシピを見ながら真剣にシェイカーを振ったりする2人を見るもの楽しい

 この日は非番だったが、熟女優仲間の友田真希さん、川崎紀里恵さんもキャストとしてお店に立つ。

写真

咲さんは現在、写真家としても活躍。撮り下ろした作品やカレンダーも飾られる

 夢のような空間がここにあった。

【ラウンジバー ラビリンス】
住:新宿区歌舞伎町2-13-6メトロプラザ1 ビル3F
電:03-6457-6180
営:20時~LAST
休:月、水、日
料:60分1セット1万2420円~(税サ込み、飲み放題)
●キャストは日替わりゆえHPで要確認。カウンター8席、テーブル4席のため、予約を!

撮影/渡辺秀之 協力/O氏(夜遊びガイド)

西麻布にひっそり佇む老舗SMバーで“変態紳士”に近づく夜

 齢四十を過ぎると、「隠れ家」というものを持ちたくなる。先輩にも、同僚にも、恋人にも、家族にも、誰にも邪魔されず、誰にも遠慮せず、心静かに過ごす。そんな場所が欲しいものだ。

 カチカチに凍ったレモンに甲類焼酎を注ぎながらそんなクダを巻くと、隣で静かに聞いていた、夜遊びガイドのO氏がひとりごちた。

「実はとっておきの店があるんですが、教えたくないなぁ……」

 渋る氏に懇願すること数十分、タクシーを呼んだ氏は、小さく「西麻布」と運転手に告げた。

心のタガを外しにきなさいよ。たっぷり可愛がってあげる


 止まったのは西麻布交差点にほど近いビルの前。有名高級焼き肉店のネオンが眩しい。

 エレベーターの扉が開くと、真紅のビロードの幕。「いらっしゃい」と女性の低い声が聞こえたその先の幕を開けると、鈍く光る黒く大きなカウンターが。そこにはボンデージに身を包んだ5人の女王様が“珍客”を品定めしていた。

女王様

(左上から時計回りに)美加さん、ちづるさん、愛さん、朱音さん、みずほさん。全員現役のダンサーかつ、男どもを手懐ける”女王様”だ

「うっ!」。あまりの圧力に思わず息をのむ俺。O氏はカウンターの端に静かに腰を下ろす。

「あら、貴方は初めてね。初めての人には歓迎の儀式があるの……」

初めてのお客への歓迎の儀式に昇天!?


 にっこりと微笑む女王様たちに、腕を取られると、するすると袖を捲くられた。女王様はろうそくに火をつけると、赤くたぎった蠟が俺の腕にポトリ。ジュッ! 一瞬の痛み。あ、熱ぢぃ! しかし、脳天を衝く痛みは一瞬。痛感が鈍麻したあとに訪れる快感に身が震える。そこには思わず小水、いや笑みを漏らす俺がいた。

ろうそく、鞭などの“調教”は料金に含まれる。

「低温ろうそくだから安心して。本物がよければそっちにするけど」

 女王様たちに嘲笑され、なぜか嬉しくなる俺。隣ではO氏が坐禅で高僧から警策を受けるがごとく、バラ鞭で打たれているではないか。

今回は体験できなかったが、檻の中に入れられての調教もあるらしい……

「ここはSMをコンセプトにしたバー。大人たちが自分の殻を脱いでリラックスする場所なの……」

 聞けば、この西麻布で22年の老舗SMバー。クリエーターや芸能界にも顧客が多く、最近話題の某有名芸能人兄弟の兄も開店当初からの常連だという。偉大な先人の名前に思わずおののく俺。

 といってもガチ調教をするような場所ではなく、女王様に扮したダンサーたちが、ショーを披露し、一緒にお酒を飲んでくれる。女性客やカップル、初心者にも安心なエンタメバーだという。

「ここでは、一番ヒエラルキーが上なのは女性のお客様。その下が私たち。そしてずっと下が“犬コロ”の男性客になるわね……」

“犬コロ”の響きに憑き物が落ちる。ここでは最下層、虚飾も見えも無用。次はどんな“調教”が、と思わず尻尾を振ってしまう俺。

カウンターが上がったり下がったり。セクシー&クールダンスショー


ショー

ショーは一日7~8回、毎回曲を替えて行われる。’70年~’80年代のロックの名曲に合わせて激しく踊る女王様たち

 期待に胸を膨らませていると、店内が暗転。ガンズ・アンド・ローゼスの「Welcometo thejungle」が大音量で流れると、カウンター奥の檻の中で女王様たちのダンスが始まった。ガチャガチャ鳴る鎖。やがて、檻から解き放たれた女王様たちは、眼前で激しく踊る。カウンターが上下し、イリュージョンのようなセクシーでクールなショーが!




 調教のあとの甘美なご褒美。遊び上手な大人が集まる「都会の隠れ家」に身を焦がした夜だった。

【BLACK ROSE】
住:東京都港区西麻布3-24-19 ラ・バース西麻布6F
電:03-3404-5556
営:21時~翌3時(月曜~翌2時)
休:土・日・祝日
料:男性1万1500円、女性6700円、外国人8900円(2ドリンク付き/時間無制限)
●22周年を迎えた老舗。女性客、2次会利用の団体客も多い

撮影/渡辺秀之 協力/O氏(夜遊びガイド)

調布で発見! 昭和な商店街にひっそりと佇むランパブの魔力

 来年に迫った、ラグビーW杯、そして2年を切った東京五輪。その舞台のひとつである、味の素スタジアム。巨大なスタジアムの周辺にはいつの間にか、立派なアリーナがそびえ立ち、一大スポーツタウンと化した調布。晴天に誘われ、サッカーの試合を観に出かけた俺。五輪世代選手のきら星の活躍に魂を震わせ、目を細めながら来るビッグイベントに胸をときめかせていると、電話が鳴った。

「え? 調布? サッカー観てるんですか? それなら帰りにちょっといいトコに寄りましょうよ」

 声の主はお馴染み、夜遊びガイドのO氏。なんでも紹介したい、ホットなスポットがあるという。

 スタジアムのある駅から電車に乗りふた駅、調布駅に降り立つと、辺りは再開発の真っ只中だ。線路は地下に消え、広大な駅前広場には巨大なパルコ。その背後にはそれを凌駕するほどの大型シネコンが。調布は映画の街だったっけ。そんな駅前から数分歩くと、突如現れた「調布百店街」のアーケード。軒を連ねるスナック、赤ちょうちん、ピンクサロン……煤けた雰囲気は映画のセットのようだ。

桃源郷

調布駅から徒歩5分、突如現れた「桃源郷」。国際大会開催時は盛況になる可能性大


スナックと思いきやランジェリーキャバ


 商店街を燻す、焼き鳥の煙の向こうで手を振るO氏。氏の指さす先はどう見てもスナック。思い切って木戸を開けると嬌声が。

「いらっしゃいませ~!」

DMA-181019wh048

左からみおちゃん(20歳)、あまりん(22歳)、みさきちゃん(21歳)。週末は8人ほどが接客にあたるとか

 真っ暗な店内。外気との寒暖の差にメガネが曇って焦る。しばし目を凝らしていると、ぴょんと現れたランジェリーガール。ウサギの耳がかわいいあまりんちゃんが説明してくれる。

「水着キャバなんですが、ハロウィンだからランジェリー、そして、“かぼちゃ”を出してま~す」

 あまりんが後ろを向くと、かぼちゃより遥かにうまそうな、たわわな桃尻。

DMA-181019wh067 店内を見回せば、少なくとも6つの桃、桃、桃……。

 暗闇に浮かぶ桃尻に釘付けになりながらも、とりあえず乾杯する。

Trick or Treat! 可愛く悪戯しちゃう


「私たちもドリンクいいですか?」

 いきなりのおねだり攻撃に表情を強張らせると、あまりんが諭す。

「女のコのドリンクは料金に含まれてるから安心してくださいね」

 こちらの心を見透かされたようで、赤面する俺。

飲み放題

なんとレディースドリンクがコミコミの飲み放題。生ビールから焼酎、ウイスキー、本格的なカクテルまで、飲みすぎ注意だ!

「リーズナブルなお値段だから、上は75歳から、地元のサラリーマンまでいらっしゃるんですが、意外やお一人様が多いんです」

ノリの良いキャストがスレスレ、グイグイ、ダンシング


セクシーダンス

興が乗ればアドリブでセクシーダンスが見られるかも

 手作り感溢れる店内装飾。恐らく以前はスナックだったのだろう。大箱では味わえない密着感に思わず汗ばむ俺。見ればカウンターでドリンクを作る、みさきちゃんの大きな谷間が上下に躍っている。

「乳が小さくて見えな~い!」と目をしっかと凝らす俺。最近キャバクラで人気だと言う、ハ●キルーペで拡大して見たいほどだ。

某ルーペ

Tバックなら某ルーペでなくとも、尻に敷いてみたい

 O氏がカラオケを歌えば、なんと女のコたちがそれに合わせてフロアをノリノリで踊ってくれる。いわゆる“ポロンちゃん”は大丈夫かと心配をするが、

「普段からTバックだし、慣れているんで大丈夫!」

 イタズラっぽく笑って挑発する女のコ。ブラにおひねりを挟み「Trick or Treat」。大人のハロウィンは更けていった。

【JEWEL】
住:東京都調布市布田1-49-27 太陽ビル1F
電:042-487-7034
営:19時~LAST
料:4000円(1セット45分・税サ15%)
生ビール、焼酎、ウイスキー、カクテル、ソフトドリンク飲み放題(レディースドリンク含む)
●調布百店街・旧甲州街道側すぐ

撮影/渡辺秀之 協力/O氏(夜遊びガイド)

居酒屋か? 練馬に現れた赤ちょうちんガールズバー

 赤ちょうちん――懐寂しいおっさんにとってこれほど頼もしいサインはない。恵比寿、西麻布、六本木……いかなるシャレオツ繁華街に出向こうとも、まずは目指すのは赤い灯。煤けたカウンターに滑り込み、ビールや酎ハイで安いつまみを流 […]

銀座に突如現れる“インディーズスナック”の謎

 ラーメン、カレーに立ち飲み屋。世はシェアブームに乗り、いわゆる「間借り営業」がはやっている。カレーに至っては、大阪を中心に、既存の飲食店の休みの時間に2~3時間の営業があっという間に人気店になり、独立。一国一城の主にな […]

日本初!? 乗って、漕いで、飲んで、トーク、サイクルバーの磁力

 四十路になり気になるのは、世間の動向より腹回りの肉。同世代の悪友はせっせとジムに通い「自分への投資だよ」などとたわけたことを言うが、ついには夜遊びガイドのO氏までが「自転車にハマっている」とにわかに信じられないことをぬ […]

<奇跡の30歳を探す旅 2>歌舞伎町に現れた“三十路の妖精”をつかまえに行く

 売れっ子を見れば、その店のレベルや客層がわかる。ましてや、年端もいかない小娘ではなく、年を重ねたキャストが売れっ子の店は、安心して楽しむことができる。この連載が始まって以来、あまたの店や女のコを取材してきた俺が導き出し […]

都内のビーチ。六本木唯一の水着キャバで感じる“熱い夏”

 盟友・スギナミが去り、40代のオッサン記者はテポドンと俺の2人となった……。  たしかに30代の頃と違って、夜遊びのペースは半減してしまった。それは体力の衰えもあるが、やはり気力だろう。女のコのいる店での、キャストたち […]

日本初!? イリュージョンとダンスショーで春の宴を演出

 もうすぐ「啓蟄」。土に潜っていた虫たちは一斉に地上に顔を出すときだ。週末の繁華街に出てみれば、飲食店や夜遊びの店は人人人。男たちの“遊びの虫”も疼きだしているようだ。「最近遊んでます?」俺の心を見透かしたように声をかけ […]

年の初めはまっさらな気持ちで。すっぴん女子に癒やされる

 年末から怒涛のように忘年会、クリスマスパーティ、新年会など例年になく酒を飲んだ。巷の景気は少しは良くなったのだろうか、お誘いの回数が増えたのは大変光栄なことなのだが、齢40を過ぎた身にとって、連日連夜の飲み会は体にも財 […]