新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

ポップ&キュート。夢のアメリカダイナーガールと戯れる吉祥寺(ジョージ)の夜

 今年も残すところあとわずか。消費増税の余波だろうか、己の人徳のなさだろうか、忘年会に誘われる回数がめっきり減った。そんなことをボヤきながら、O氏とふたり吉祥寺の公園前の老舗焼き鳥店で煙に巻かれつつ、安酒をちびちび煽ってメートルをあげた。揚げ句「年末パトロール」と称して吉祥寺の繁華街を探索することに。

 酔っ払いをかすめるようにバスが往来する駅前の道を歩いていると「J2」とだけ書かれたピンクの看板が。階段を地下に下りるとまたもや焼き鳥店の隣に重厚な木戸が。しかし、それは目の高さでガラス張りになっており、中の様子を覗ける仕組みになっていた。

俺の夜

りなちゃん(左・20歳)とるいちゃん(20歳)。可愛い衣装に惹かれて入店したそう。学生街だけあり、女のコは20代前半で占められる

古き佳き70’sアメリカテイストの新店

 真っ赤なチェックのリノリウムの床、そして赤いビニール張りの椅子。古き佳き70’sアメリカンダイナーのような内装。まさに“あの制服”を着た女のコと目が合った。手招きしている女のコたち。フラフラとその空間に吸い込まれていく……。

俺の夜

ポップでキュートな制服でお待ちしています!

「いらっしゃいませ~」

 元気よく迎えてくれたダイナーガールに促されカウンターにつく。

「ここはアメリカのカフェをコンセプトにしたガールズバーなんです。飲み放題だからたくさん飲んでいってくださいね!」

俺の夜

吉祥寺界隈では珍しいという「飲み放題システム」。早い時間は地元の諸先輩方、終電近くは若いサラリーマンで盛り上がるという

 ポップな衣装が眩しい。エプロンには「Rude Girl(無礼な娘)」と意味深なメッセージが。

 安焼酎で鈍麻した口をリフレッシュするため生ビールをオーダー。りなちゃん(20歳)、るいちゃん(20歳)ともに居酒屋でバイト経験があり、ビール注ぎは得意中の得意だというが……グラスを探すのに右往左往。

俺の夜

某有名居酒屋でバイト経験のある両人のサーバーさばきは必見

 背伸びをしては棚を探し回っていると、白い肌がチラリ。ヘソ出しのダイナーガール衣装の恩恵か、思わず凝視するおっさん2人。先月25日にオープンしたてで不安なオペレーションをカバーするに余りある。グラスを発見、さっそく生ビールを注いでもらうと……美しいおヘソがチラッ、眼福ではないか!

俺の夜 俺の夜

コカボムタワーは甘く妖しく危険な香り……

 生ビールと美ヘソで生気を取り戻した我々は、ここの名物という「コカボムタワー」(1万5000円)を景気良く注文。コカの葉や朝鮮人参などを配合した酒、コカレロをエナジードリンクに混ぜて飲むという、卒倒必至のパーティ酒。しりとりをして負けたほうが飲むという「超古典的なゲーム」でダイナーガールの籠絡を図る。

俺の夜「全然平気っすよ!」と負けてもグイグイ杯を煽るりなちゃん。すでにろれつが怪しい俺は撃沈寸前。嗚呼、ろくでなしBLUES。パリピにはなれそうにない……。

【ガールズバーJ2】

住:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-18 けやきビル東B1
電:0422-26-5855
営:17時~翌5時
休:なし
料:3000円~(1セット60分、生ビール、焼酎、ウィスキー、ソフトドリンク飲み放題。カラオケ・ダーツ無料)
●「SPA!見た」で初回セット料金半額!

協力/O氏(夜遊びガイド)撮影/渡辺秀之

大阪・日本橋に現れた「魔界」で笑わない美女に生け贄にされる夜

「魔都」と呼んでいいほど訪れるたびに新しく、怪しく、風変わりなものを見せてくれる大阪。そんな魔都にあるオタクの街が日本橋だ。「大阪のアキバ」といわれる場所だが、ミナミと通天閣の間にある通称「ヲタロード」はメイドカフェの横に赤提灯があったり、諸先輩方が路上で酒盛りしていたりと、東京とはひと味違ったイナタイ雰囲気を醸し出している。

「インバウンドで盛況なミナミの市場調査をする」とうそぶく夜遊びガイドのO氏が俺を待っていた。

 タピオカドリンクを飲みつつ、呼び込みのメイドを冷やかしていると、なにやらおどろおどろしい看板が。屋号はドロドロに溶け、その下には「漆黒の闇で生贄になんかならない」とのキャッチコピー。果たして何の店なのか……。

暗闇に浮かび上がるゴシックな女のコ

 妙に煤けたビル。氏によればここは、昔から怪しげなテナントが入る名物ビルとのこと。

4722

扉を開けると飛び込んでくる「真実の口」(?)。天井からはゾンビが顔を出したり、カウンターには棺桶があったりと内装が凝っている

 異様に遅いエレベーターに乗り込み、看板に書かれた6階へ。ゴトリと音がして、ドアが開くと漆黒の木の扉がある。

 恐る恐るドアを開けると、真っ暗。目を凝らすと顔をモチーフにしたレリーフが浮かび上がる。お化け屋敷系には弱い俺。横には血塗られた文字で「コノトビラ開ケルベカラズ」と書いてある。その反対側にはカーテンが。そうっと開けると大声が。「汝。魔王サタンにタマシイを捧げよ!」「捧げよ!」女のコたちのドスの利いたコール・アンド・レスポンス。

4727

左から使い魔のゆきちゃん、目児ちゃん、ほたるちゃん。年齢はいずれも非公開。10万歳は決して超えていないはずだ

「ここは関西初の魔界コンセプトのカフェバーで、悪魔の使い手である女のコ、“使い魔”が客と契約を結ぶ異世界です」

漆黒の魔界へと誘う、妖しい使い魔たち

 いささか面食らう俺に丁寧に説明してくれたのは人間界で言うところの店長である「サタン」の蓮さん。サタンが契約した使い魔(女のコ)を使って、人間たちを生け贄にしようということらしい。

 天井からはゾンビが顔を覗かせ、藁人形が飾ってある。

 さっそく「デビルスターの烙印」と名付けられたドリンクを注文。いちごとベリーが浮かんだ真っ赤なカクテルだ。そっと手を取られたかと思いきや、次の瞬間、手の甲に“烙印”を押された。青白く浮かび上がる魔界の紋様。おっさん2人は悪魔と“一夜の契り”を結び、下僕となった。

烙印を押され、晴れて契約者となる。使い魔(女のコ)たちは契約者たちが獲得した「魔コイン」を渡され成長する。誓いの盃で1枚、ドンペリで50枚という”地獄”


 使い魔たちはニコリともせず、下僕に「誓いの盃」(女のコドリンク)を所望する。髑髏で形作られた杯と血塗られた杯を重ね乾杯。

テキーラで満たされた「悪魔のショットルーレット」で戯れる。



 みんな今いくつ? ひょっとして10万21歳? 世を忍ぶ仮の住所は? みんな大阪出身かいな?

 おっさんにとって唯一の知りたる悪魔はデーモン小暮閣下だ。知識を総動員しつつ、関西ノリで話しかけると「……大阪市内です」とぼそっと返してくれる。

使い魔たちの“魔の手”に堕ちてゆく

「呪われた暗黒の泉」という名のオムライス(1200円)


 サタン曰く「オープンしたてでコンセプトを熟知していないコも多い」とか。関西の客はこれらの設定をツッコミで壊しにかかるから結構大変なのだと言う。

 結局、悪魔の誘いに乗り大豪遊。かすかに見せる使い魔たちの笑顔の虜になっていった……。


【Cafe&Bar BloodyGOTHIC
漆黒の闇で生贄になんかならない】
住:大阪府大阪市浪速区日本橋5-18-24 日本橋5ビル6F-B
電:なし
営:17時~翌5時
休:火曜
料:850円~(チャージなし、1時間2ドリンク制)。「デビルスターの烙印」(1500円)、「誓いの盃」(1000円)
@BloodyGOTHIC_66でツイートを発信中

協力/O氏(夜遊びガイド)撮影/加藤 慶

血湧き肉躍る大熱戦を美女と! ラグビー日本代表をチアと応援!

 歌舞伎町をぶらぶらしていると、周辺のアイリッシュパブや居酒屋から「ウォー!」「イェーイ!」という歓声が。看板には「ラグビー放映中」の文字。そうかラグビーW杯が始まったのか!

 ラグビーといえば、大学生のとき、旧国立競技場での対抗戦を観に行った帰り、紫と白の旗を持った酔っぱらい集団とどういうわけか“交流”することに。今はなきコマ劇場前の噴水に輩を投げ飛ばしたりして、晩秋の“水浴び”が新聞沙汰になった苦き思い出が。

 そんな時代からはや二十数年。アジア初のW杯をこの国で開催できるとは感慨もひとしおだ。

 しかし、アイリッシュパブの前は人人人。ユニフォーム姿の屈強な外国人の集団やハイテンションな若者が盛り上がるさまにはいささか気後れしてしまう……。

 そんな折り、かかってきたのはO氏からの電話。

「歌舞伎町に女のコと一緒に応援できるバーがありますよ!」

 そう弾む声の後ろには黄色い声。いったいどこにいるのだ。さっそく声の主のもとに向かった。

可愛いチアと飲んで踊って歌って

左からもえのちゃん、店長のあおいちゃん、あやなちゃん、なほりちゃん。勝っても負けてもハイテンションで客を盛り上げる

 さくら通りの雑居ビル、エレベーターで上がると大きな歓声が。ラグビーグッズを持ったチア姿の女のコに交じり、「チアおっさん」がビール片手にテレビ画面前で野太い声を上げている。

 そう、ここはチア姿の女のコがどんなときも応援してくれる、「チアガールバー」なのだ。

 英国発祥のスポーツに米国発祥の応援スタイルはどうなのよ、というツッコミは野暮。デキあがった男どもに交じっての観戦よりは、可愛い女のコとワイワイ楽しめるほうがいい。事実、O氏はチアガールたちにそそのかされ、チア衣装を着る羽目になったのだとか。

ラグビーW杯を盛り上げます!

なほりちゃんは運動神経抜群。ドロップゴールのポーズ。


点が入ったらハイタッチ


チアのテンションにおっさんも高揚


「初めて来たお客さんにはチアの衣装を着てもらうことになっているんです。同じ衣装で応援したほうが盛り上がるじゃないですか!」

 店長のあおいちゃんはそう言い、自身のチア姿にまんざらでもなさそうなO氏、スネ毛が濃い……。

 ラグビー観戦にはつきもののビールを頼み、さっそく「桜の戦士」たちを応援。見事なパス回し、次々と決まるトライ。「いけ! いけ! いけ~!!」チアガールプラス、チアおっさんも大絶叫。トライやゴールが決まるたびにハイタッチ。ビールの杯が進む。

勝利の舞はノーサイド。客もチアも全力で!

 応援のかいあってか、日本代表は初戦に快勝! するとあおいちゃんの大号令が。

「日本代表の勝利を祝して、みんなで踊りましょう!」

 手を取られ、上げられたのはなんとステージ。軽快な音楽に合わせチアと一緒にダンスを踊る。飲んで踊って、ハイタッチ。チアとの「勝利の舞」は格別だ。

ショータイムはお客さんとダンス。「新米チアガール」として任命されたら、潔くチア衣装を着て踊るべし!

 その後は歌って踊っての大宴会。ジャパンよ、勝ち続けてくれ!


【Cheer up Tokyo 新宿店】
住;東京都新宿区歌舞伎町1-6-6橋本ビル4F
電:03-6233-7672
営:18:30~24:00
料:1600円(30分・飲み放題)※女性は600円(30分・飲み放題)
「SPA!見た」でおつまみ一品サービス。試合の放映予定は要問い合わせ

撮影/渡辺秀之 協力/O氏(夜遊びガイド)

福利厚生用!? あのSODが本社の一角で始めた“社員バー”

 新中野に野暮用があり、灼熱の青梅街道を西日に向かってトボトボと歩いていると、男子憧れの超一流企業、ソフト・オン・デマンド(以下SOD)本社がある。(いつもお世話になっております)とひとりごちて通り過ぎた刹那、「女子社員 […]

歌舞伎町の最深部 長屋の屋根裏で夜な夜な催される妖しいショーに潜入

 昔の歌舞伎町の雰囲気を最後まで残す「思い出の抜け道」。バラック屋台が並び、魑魅魍魎が跋扈する小道は、潜入記者時代何度も痛い目にあった場所だ。尻の奥がキュッとするのは気のせいか。O氏と2人、当時のタフエピソードを語ってい […]

歌舞伎町でツマむなら……ガールズ寿司屋の実力は?

 日本一の繁華街、歌舞伎町をほろ酔いで彷徨うと、小腹が空いてきた。なにか腹に入れて帰ろうかと思っていると、最近ホストが始めたという寿司屋が目に留まった。 「話のネタに」と入ろうと思ったがアゲアゲな雰囲気に気後れし、しっぽ […]

都内に突如現れた秘宝館で昭和のロマンに思いを馳せる

 先のGWは10連休と巷は大騒ぎであったが、いかんせんカネもヒマもない。近所をまんじりともせずにぐるぐると歩いていると、それを見透かしたように電話が鳴った。 「都内に大人のアミューズメントができましたよ。秘宝館、一緒に行 […]

炊きたてご飯とダンスで満腹! 六本木に現れた花魁ショーパブ

 春は別れと出会いの季節。仕事仲間の送別会の幹事を仰せつかったものの、どうすべきか。懐寂しい中年同士、財布の紐は締めておきたいが、貧乏くさい宴会では遠い異国の地に「島流し」になる同輩に恨まれる。思い悩んでいると、夜遊びガ […]

大阪・ミナミに突如現れるド派手な遊郭ガールズバー

 大阪・ミナミに行くといつも感じることがある。東京が失ったどこか猥雑で淫靡な空気。煽情的な看板、ド派手な店構え、客引きのお兄さん、お姉さん、そして酔客がそれらを冷やかして歩く。この界隈で“発明”された水商売がやがて東京に […]

歌舞伎町に開店。有名AV熟女優のラウンジで新年の幕開けを!

 平成最後の正月が明けた。年末年始のテレビは平成を振り返る特集ばかりでいささか食傷したが、多感な少年期から、投げやりな中年期まで過ごした時代が終わるのはやはり寂しい。そんな感傷に浸っていると、夜遊びガイドのO氏から頂戴し […]