新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

純白のアオザイが目に眩しい。素朴なベトナム娘が集うガールズバー

 20年前、某エロ本出版社にいた頃、上司に飲みに誘われると、必ず最後に行き着くのがフィリピンパブであった。そこで普段は比較的無口で冴えない白髪のおじさん然とした上司が、カラオケのマイクを握るやZeebraのヒップホップナンバーをたどたどしい滑舌で歌い、フィリピン嬢にチヤホヤされ鼻の下を伸ばしていた。

 若輩者だった当時の俺はそこにまったく馴染めず。「フツーのキャバクラに行きたいよなぁ」と嘆きつつ、鏡月を舐めては、二日酔いになったのを思い出す。

真っ白なアオザイとキュートな笑顔に「きゅん」

 中野で別件の取材が終わり、一杯引っかけたあと、中野ブロードウェイ近くの「白線通り」を夜遊びガイドのO氏と流した。夕方というのにフィリピンパブやガールズバーのネオンに火がともっている。コロナの自粛もあって、どの店も早い時間から営業しているよう。そんな俺の昔のエピソードを話していると、O氏が突如指さす。

俺の夜「フィリピンパブの下にベトナムガールズバーがありますね。上野あたりの下町にはポツポツありますけど、東京の西側では珍しい」。

「ノンラー」という笠帽子に顔を半分隠したアオザイ姿の女のコのインパクトのある看板。O氏がスナック然とした小さな店の扉を少し開けて恐る恐る覗く。すると奥から「いらっしゃいませ~!」と元気のいい声が飛んできた。

俺の夜

左からアメちゃん、ハナちゃん、インちゃん。10席ほどの小さな店だが女のコは常に5~6人が出勤。20代が中心の美人揃い

驚くほど流暢な日本語でコミュニケーションに問題なし

 純白のアオザイ、薄化粧。素朴な感じの女のコたち。アクリル板を挟んだカウンターに案内されると。「何飲みますか~」とかわいく聞かれる。2軒目なので、口直しに赤ワインを所望すると「みんなで一緒に飲みましょ~」と言われボトルを入れることに。

俺の夜

60分のセット代金はなんと2000円。ボトルキープも5000円~と格安。この日は女のコのリクエストでワイン(1万円)を奮発

 日本語も驚くほど流暢でコミュニケーションに問題はない。一番日本語が上手なハナちゃん(25歳)に聞けば、来日して6年。近所だからということでこの店で働き始めたという。

俺の夜「日本語で日本人とたくさん会話をしたかったから、毎日勉強になってとっても楽しい」

 と健気なことを言う。そんなハナちゃんが「いちばん日本語がうまい。若いから頭がいいね~」と紹介したインちゃん(21歳)は来日して2年。日本が大好きでコロナ前は北海道や沖縄など日本各地を旅していたそう。そんな彼女に日本人男性は好きかと問うと、

俺の夜

2階のフィリピンパブとは姉妹店。ママさんのツテで、タイやフィリピンの女性との結婚を考える人のための「合コン」も開かれる

「お酒の場でも紳士的だから日本男性は好き。ベトナムの男は働かないし、ケンカが好き」

 と驚愕のエピソードが披露された。隣のアメちゃん(22歳)も、

「ベトナム人男性は酔うと、絶対男同士で殴り合いになる(笑)」と爆笑しつつ首肯する。

 男性優位社会といわれるベトナムでの女性の苦労が忍ばれる。

「はじめてのチュウ」にほっこり、癒やされる

俺の夜 そんな女のコたちが日本語を最も早く覚える手段のひとつがカラオケ。字幕があり漢字にもふりがながふってあるからいい教材だという。そうした彼女たちの十八番が「はじめてのチュウ」。モノマネしつつ唄う女のコに見惚れていると、ほっこりするのはなぜか。

 日本人のキャバやガールズバーにはいない素朴で、素直で屈託がない女のコ。おじさんにも興味津々、いろいろと質問して、答えるたびに驚いてくれるのは何気に嬉しい……。

 かつての上司と同じ年頃になってわかったこの心境。中年は構ってほしいのだと。

俺の夜【パラダイス】
住:東京都中野区中野5-55-16
電:03-5942-9293
営:19~翌3時(現在は16~21時)
料:2000円~(60分/ウイスキー飲み放題)、持ち込み1000円、カラオケ歌い放題1000円、ボトルキープ5000円~

協力/O氏(夜遊びガイド) 撮影/渡辺秀之

浜松町にオアシス果樹園登場。サワーと美女に癒やされる夜

 緊急事態宣言もふた月目。夜、ふらりと繁華街に飲みに行くことも叶わず、逆に「もう酒飲まなくてもいいんじゃないか」と思えるようになってきた俺がいる。

浜松町の片隅で看板女優が待ってます

 夕方、山手線の浜松町で電車を降り、いつもと違う道をトボトボ、編集部に向かっていると、妙な建物を発見。白くチープな外観は、良く言えば「手作り感」、悪く言えば「掘っ立て小屋感」。「東京果樹園」とカラフルに筆書きされた看板に、ビニールの屋根の木造テラス、間口は広いが奥行きのなさすぎる店舗。

俺の夜 八百屋なのか? と思って近づくと「レモンサワー」と書かれた黄色い提灯が揺れている。素通しのガラスから見えるのはカウンターと白木の板のお品書き。レモンや文旦がカウンターに並んでいる。ジューススタンド? 近づいていくと、ガラスの奥から女のコが手招きしているではないか。

俺の夜「いらっしゃいませ~!」

笑顔で迎えてくれたのは、ここを切り盛りする店長の逢澤みちるさん。聞けば、果汁を生搾りするサワーを中心とした立ち飲みで、オープンしてもうすぐ2年がたつという。編集部の目と鼻の先にありながら全く気づかなかったなんて……。再開発が盛んな浜松町でも、同店のある場所は浜松町の片隅、屋形船の乗り場がある船宿街。マニア好きのする立地である。

俺の夜

左から店長の逢澤みちるさん、西田百江さん、百合沙さん、酒井比那さん。全員が現役の女優さんで、舞台や稽古の合間に店で働く

実はメディア初登場そこにはワケが……

 己の勘の悪さを嘆いていると、「マスコミ取材には一切応じてこなかったので、知られていないのも当然です。自分たちの力だけでお店を作って、宣伝も自分たちでやるという信念で……」

 なんとこの手作り感溢れる外観や内装は、店長以下、従業員の女のコたちが作ったものだという。

「元は八百屋さんだった物件を自分たちでリノベーションしました」

俺の夜 まるで学園祭の模擬店のようなノリ。店長以下、女のコたちは自分たちの“仕事”に誇らしげ。さっそく名物というレモンサワー(500円)を所望する。ハンドジューサーに広島県瀬戸内産のレモンをセット、ギュウっと搾る。玄人好きする宝焼酎を強めの炭酸で割ったレモンサワーが届いた。

俺の夜

看板やお品書きは書道八段の店長の書

フルーティな生搾りサワーと美女のトークで飲みすぎて……

 グッと飲むと実にフルーティ。しっかり酒も効いていて、安居酒屋にある人工的な酸味とは大違い。これは飲みすぎてしまいそう。

俺の夜  店内には演劇のポスターがあちこちに。ひょっとして……。

「私を含め、女のコ全員が女優なんです。自分たちの舞台や映画の宣伝もしています。稽古帰りにここに出勤して帰るコもいます」

俺の夜

酔いが回ってワイ談をしすぎると罰金!「失言BOX」に500円を投入するハメに。(現在、店内ではマスクを着用しています)

俺の夜 店の客として来て居心地のよさに思わず働いてしまったという酒井比那さんが2杯目のサワーを作ってくれた。女のコたちの舞台等の話を聞きながら飲む酒は、格別。会社を抜け出して通おう。

俺の夜

その場で搾るサワー。左からライム(600円)、キウイ(700円)、グレープフルーツ(700円)

【東京果樹園生搾りBAR Koi Koi】
住:東京都港区浜松町2-12-6
電:080-3214-8864
営:18:00~24:00(現在は17:00~20:00)
休:土・日・祝
料:生搾りサワー500円~、瓶ビール500円(お通しチャージ500円)
●果物はここから豊洲に移転した「元八百屋」から仕入れる(@koikoi_bar

撮影/渡辺秀之

メイドから特攻服。着せ替えコンカフェで妄想世界にどっぷりハマる

 2度目である。我々夜の生活者にとって今回の「緊急事態宣言」は死活問題。果たして街はどうなってしまうのか。狭いアパートでじっと手のひらを見ていると、夜遊びガイドのO氏からのLINE。「アキバが今すごいんです、とにかく来てください」と興奮のご様子だ。

東京中の女のコがアキバに集結!?

俺の夜

左からいのりちゃん、にこちゃん、いつきちゃん

 日が傾き始めた1月の夕刻、秋葉原でO氏と合流。一緒に街を流すと、これが宣言下か?と思うほど人が溢れ、メイドやコスプレをした女のコが愛想を振りまいていた。「メイド通り」と呼ばれる通りには、去年までなかったアキバ初の「無料案内所」までできている。

 氏曰く「コンカフェ、メイド喫茶専門の案内所」なのだとか。新宿、池袋などの繁華街の景気の悪化と反比例するように、この街はコンカフェの出店ラッシュに沸いており、活況なのだという。

「去年180軒だったのが、今年1月で270軒に増えています。東京中の女のコが集まってきてるんじゃないかと思うほどですよ」

 そう言うO氏だが、今日は気になる新店があり、偵察したいそう。

現実と妄想世界の間でシチュエーションプレイ

 中央通りの一本裏、ひっそりとした雑居ビルにコスチューム姿の女のコがどんどん吸い込まれていく。追いかけるようにエレベーターに乗り、停止階で降りるとカウンターだけの小さな店があった。

俺の夜

哺乳瓶に入った「バブちゃんカクテル」(4000円)は店の名物で哺乳瓶は持ち帰り可能。※実際はマスクを着用し、接客しています

 カウンターのなかにはメイド服姿の女のコ、はて? 普通のメイド喫茶ではないか。席に着くと、メイドのひとり、いのりちゃんが店のコンセプトを説明してくれる。

「今日迷い込んだのは、現実世界と妄想世界の間にあるカフェです。自分の殻を破らないと絶対に楽しむことができませんよ!」

俺の夜

俺の夜

普段はメイド服だが、お客さまの嗜好に合わせて、コスチュームに着替えてくれる

 目の前に出された一枚の紙。聞けば、女のコに好きな衣装を着せることができ、女のコはその衣装に応じて“シチュエーションプレイ”をしてくれるという。

俺の夜 ナースなら「患者とナース」、OLを選べば「部下と女上司」といった具合に、計12種類のコスチュームとそれぞれの設定がある。

 ナースとOLは鉄板。変わり種として「特攻服」がある。「河川敷でぼっち男子がヤンキー女に声をかけられる」という設定だ。一体なにをされるというのか? O氏はOL、俺は特攻服を選択。メイドたちは微笑んで、カーテンの奥に消えた。待つこと3分。

俺の夜「おつかれ! 企画書できた!?」

 タイトなOL服に身を包んだいのりちゃんがO氏に尋ねる。

「すいません、パソコンが苦手で企画書がうまく書けません……」

 弱々しく言い訳をするO氏を叱咤するいのりちゃん。と思いきや「頑張れるかな」と頭をナデナデ。デレるおっさん。これは萌える。「こんなとこで何してんだ!」

俺の夜 続いては“天下無敵”と大きく刺繡が入った特攻服のいつきちゃんが俺の顔を覗き込んでくる。

「転校してきたばかりで話し相手がいないんです……」

俺の夜

耳元で内緒話をしてくれるいつきちゃん。飛沫が飛ぶ心配がない「ニューノーマル接客」

「ちょっと顔貸しな!」。襟を摑まれ、顔を引き寄せられ、殴られると思いきや、耳打ちしてくる。(いっしょにいいコトしよっ♡)

 ドスの利いた声から一転、猫なで声。シャンプーの匂いが鼻腔をくすぐり、ツンデレがおじさんの琴線に触れる。浮世を忘れ、妄想の世界に浸かるのも悪くない……。

俺の夜【Funfare】
住:東京都千代田区外神田4-6-2 いすゞビル5F
電:03-5296-9191
営:営(平日)17時~、(土日祝)15時~LAST
休:なし
料:3000円(ご新規様60分・飲み放題)着せ替え3000円、チェキ1000円、フード持ち込み1000円。Twitter(@akibafunfare

協力/O氏(夜遊びガイド) 撮影/渡辺秀之

港町神戸・三宮。美人四姉妹が切り盛りする立ち呑みに酔う

 ブームに乗るのは好まないが、最近サウナ通いにハマっている。神戸に出張の予定が入ったときは小躍りした。「西の横綱」と呼ばれる「神戸サウナ&スパ」があるからだ。  港での仕事を終えるやサウナへ直行。さっそく広い湯船に身を沈 […]

寒い夜はおでんと熱燗。日本酒ガールズバーで美女としっぽり飲る

 北風が身に沁みる季節となった。コートの襟を立て、足早に歩く人々とすれ違う。いろいろあった今年もあとふた月弱。酒を心から楽しんだ月日はいつの日か。おセンチな気分に包まれていると、久々に夜遊びガイドのO氏から電話が。 「お […]

ナースが疲れを癒やしてくれる……秋葉原に現れた“秘密の診療所”

 男、男、メイド、男、メイド、巫女、軍服……秋葉原の中央通りは自粛以前と同じくらいの人口密度。さまざまな衣装を着た女のコたちが一定の距離を保ち、顔を覗き込むように満面の笑みでチラシを手渡してくる。いい年したおじさんには少 […]

感染対策はバッチリ。安心して愉しめるガールズワインバーin新橋

 酷暑とコロナ禍、齢四十を過ぎた身には、日々の生活を送るにも何かと気を使う。外回りの帰り、大きな汗染みをつくったシャツにほとほと嫌気が差して、新橋の老舗サウナに駆け込んだ。汗を流し、水風呂で体を冷ますと、腹が減る。サウナ […]

池袋に魔界発見!築半世紀の古スナックビルでオタク系女子と戯れる

 なにかと注目を集める街・池袋。とくに東口はこれまでの雑多なイメージからは一変、区民センターと劇場を含む複合施設「Hareza池袋」などがオープンし、若者の街へと変貌を遂げている。その足元にある中池袋公園一帯は、かつては […]

コロナ太りをぶっ飛ばせ!筋肉女子とダイエットに励む夜

 2か月に及んだ緊急事態宣言による自粛生活で俺の生活スタイルもすっかり変わってしまった。外に飲みに行けず酒量が減ってしまい、めっきり酒に弱くなってしまった。その一方、自炊するメシが案外ウマく、しかも一度に量を作り完食。 […]

テレワークは角打ちで!? 学生街に現れた究極の仕事場

【俺の夜特別編「俺の遊び」】  テレワーク中に孤独感が深まり、飲酒。効率がまったく上がらず反省するも、仕事仲間に誘われたZoom飲みでは寝落ちし赤っ恥。コロナ禍による緊急事態宣言はジワジワと俺にダメージを与えている。   […]

新着記事

バックナンバー