新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

コロナ太りをぶっ飛ばせ!筋肉女子とダイエットに励む夜

 2か月に及んだ緊急事態宣言による自粛生活で俺の生活スタイルもすっかり変わってしまった。外に飲みに行けず酒量が減ってしまい、めっきり酒に弱くなってしまった。その一方、自炊するメシが案外ウマく、しかも一度に量を作り完食。

 いつの間にか腹の上にはでっぷりとした脂肪の塊がのっていた……。そんな悩みをオンラインで夜遊びガイドのO氏に打ち明けると、「6月にオープンの“効く店”があるんで行ってみて」と勧めてくる。

 降り立ったのは「夜の街」としての活気を取り戻しつつある池袋。北口を出て、客引きを冷やかしつつ、キャバクラ密集地帯へと足を運ぶ。その一角の雑居ビルにお目当ての店があった。

気合の「いらっしゃいマッスル~!」

 エレベーターを降りるや否や、全開の扉から目に飛び込んでくるのはド派手なタイポグラフィの内装。恐る恐る覗くとタンクトップ姿の女のコと目が合ってしまった。

俺の夜

左からようマッスル(twitter:@sym_yok)、エルマッスル、みうマッスル(Instagram:miyu_thuglife08)。趣味は全員「ジム通い」

「いらっしゃいマッスル~!」と気合の入った声がこだまする。いわゆるボディビルダーポーズを取った女のコたちがコテコテの笑顔で迎えてくれた。

 言われるがままに手指を消毒、検温の後、カウンターに座る。コロナ対策はバッチリのようだ。

「ここは筋肉自慢の女のコが集うガールズバー。オープンしたてで不慣れですが、頑張りマッスル!」

 と元気に答えてくれたのは、こんがりと焼けた肌が実に眩しい、みうマッスルちゃん。

俺の夜 ふと横を見れば、「筋肉は1%の才能と99%の努力」「筋肉の楽園」などと実に勇ましい標語が大書きされている壁の前にマシンが置いてあり、そこでも女のコがトレーニングに励んでいるではないか。笑顔でも結構なウエイトを上げているのを見逃さない。

エクササイズを見ながら酒を飲むのも一興!

俺の夜「ぜひ、名物のマッスル生搾りサワーを飲んでいってください!」

 勧められるがままにドリンクをオーダー。すると大音量の音楽が。

「ユァショーック! 愛で空が落ちてく~る。ユァショーック!!」

 大人気世紀末アニメの主題歌とともにグレープフルーツを握り潰すみうマッスルちゃん。「ビジャビジャビジャ!」。凄まじい音を立てて崩れ落ちるグレープフルーツの果実。まさにショック、ピッチャーにあっと言う間に溜まるジュース。

俺の夜

生搾りサワーは女子2人でも対応。筋肉の動きを目の前で見られるチャンス

 さらにショッキングなのはカウンター頭上に渡されたバーを摑むや、エルマッスルちゃんがガチ懸垂を始めたことだ。焼けた肌、震える上腕二頭筋、割れた腹筋に見惚れる俺。筋肉は裏切らない!

俺の夜 女のコはBCAA(筋肉を増やすアミノ酸)ドリンクで乾杯。さっそく、彼女たちにコロナ太りの悩みを打ち明ける。

俺の夜

フェイスシールド持参は夜遊びの新マナーだ

「糖質オフダイエットや腹筋だけはあまり意味ないですね。運動不足で筋肉量が落ちているから代謝が悪くなっています。もっとも筋肉量がある下半身と背中に筋肉をつけ、代謝を上げれば痩せます!」

 そして、導かれたのはカウンターの後ろのチェストプレスマシン。

「息をゆっくり吐きながら、肩のつけ根を意識して!」

俺の夜 持参のフェイスガードを着用し、ハードトレーニング。酒もそこそこに筋肉女子たちに叱咤激励されながらのマシントレーニングに没頭した俺。帰りの〆のラーメンは断念したのは言うまでもない……。

【マッスルガールズ筋肉女子】
住:東京都豊島区池袋2-41-2 HAYAMAビル 6F
電:03-6886-7001
営:19~24時(23時L.O.)
休:日
料:1500円(30分)飲み放題
●マッスル生搾りサワー(2000円※3~4人前)、マッスルメガ生ビール1000円、BCAA1000円(女のコ用)
※新型コロナウイルスの影響で営業時間や定休日が変更になっている場合があります

撮影/渡辺秀之 協力/O氏(夜遊びガイド)

テレワークは角打ちで!? 学生街に現れた究極の仕事場

【俺の夜特別編「俺の遊び」】

 テレワーク中に孤独感が深まり、飲酒。効率がまったく上がらず反省するも、仕事仲間に誘われたZoom飲みでは寝落ちし赤っ恥。コロナ禍による緊急事態宣言はジワジワと俺にダメージを与えている。

 昼間、気分を変えようと散歩をしていると、学生時代を過ごした街に出た。この時期、通常なら学生でごった返す駅前は閑散。それでも二十数年前の記憶を頼りにキャンパス方面へと足を延ばす。かつて通った商店街はテナントの多くが変わっている。そのなかに何度か安焼酎を買った酒屋を発見したが恐らく場所が違う……。

俺の夜 おぼろげな記憶を辿りながら「もちだ酒店」の店先を覗くと「酒屋×テレワーク」という文言が躍っている。おっさんには皆目見当のつかない文字の組み合わせだ。

 店先に座るお母さんに尋ねると「奥へどうぞ」と案内された。

ここはスタバか!? 黙々とPCに向かう人々

 ビールケースがうずたかく積まれた先には「飲み処」の赤ちょうちん。しかし、カウンターやテーブルでは数人が一心不乱にパソコンに向かっているではないか。

俺の夜

俺のコワーキングスペースは酒屋の奥の“秘密基地”

「ここは角打ち風の立ち飲みなんです。コロナで営業時間を短縮せざるを得ないので、昼間の時間、店を開けてコワーキングスペースとして貸し出すことにしました」

俺の夜

カウンターでも電源と消毒液完備。テーブル席は4人卓を独り占めできる。密集しないよう「一日5組限定」という配慮も嬉しい

 カウンター内で仕込みをしながら答えてくれたのは店主の清武大貴さん(28歳)。角打ちながら電源、Wi−Fi完備。2時間半、カウンターなら1000円、テーブル席なら1200円、ソフトドリンク3杯、もしくはアルコール1杯がつく。開け放たれた店は風通し抜群、三密には気をつけている。

俺の夜

酒屋奥の倉庫を改造し居酒屋に。冷蔵庫から取り出したビールを奥のスペースで飲む場合、少々割高になるので「角打ち風」と命名

 店先のお母さんがことの経緯を説明してくれた。

「このコは元ウチのバイトなんです。昭和23年から続く酒屋を閉店しようかと思っていたら、奥の倉庫を改装して居酒屋を始めたいっていうんで、もう勝手にしなって」

 クラウドファンディングで資金を集め、調度品を揃えた。酒屋本体も閉店を撤回し、昨年10月に角打ち風「居酒屋もちだ」としてリニューアルオープン。店主の清武さんは早稲田大学OB。朝井リョウの『チア男子!!』のモデルとなった男子チアリーダーチームの主将を務めていたという人物なのだ。

俺の夜

野球好きの店主の清武大貴さん。店内のモニターで野球中継も予定

「僕が現役のころと比べて元気がなくなってしまった、早稲田の街を盛り上げたいと居酒屋を始めました。店を開くことでOBや学生、そして地域の人々を繋ぐ止まり木になると思ったんです」

18時になれば居酒屋タイムに

 聞けば、休講を余儀なくされている早稲田大学のオンライン授業をここで受けられるようにしたり、Zoomを使った学生向けのセミナーを企画するなど、もはや酒屋の範疇を超えている。

「ここからオンラインで発信するのも、いずれはオフラインの場として人に集まってきてほしいから。交流の場として地域に貢献できたら嬉しいですよね」

 地域を愛する後輩の言葉に胸を熱くしつつ、俺もパソコンに向かう。所変われば、仕事も遊びのように捗る。気がつけば18時。照明がつき、黙々と作業をしていた人たちはパソコンをしまい、椅子をどかして酒屋の冷蔵庫に向かう。

「ここからは居酒屋タイムです」

俺の夜

店主手作りのおつまみ(250円〜)を早稲田地ビール(750円)と合わせる

俺の夜

OBが店に立ち寄った現役学生(誰でも!)に飲ませる「奨学ボトル」(3000円〜)が粋だ

 俺も冷えた瓶ビールを取り出し喉を“うがい”。20時までの2時間は机を並べた“仲間”と酒を酌み交わし、話に花を咲かせる。

 俺の当面の仕事場は決まった。

俺の夜

仕事のあとの一杯は格別! でも20時までには帰ろう

【居酒屋もちだ】
住:東京都新宿区西早稲田3-1-3
営:13〜18時(テレワーク)、18〜20時(居酒屋)
休:木曜
●最新の営業状況、問い合わせはTwitter(@WasedaMochida)で要確認

撮影/渡辺秀之

厳戒態勢の都内を抜け出したら……。朝霞で発見「入りづらいガールズバー」

 小池百合子東京都知事は新型コロナウイルス対策において、3月30日夜の緊急記者会見で無慈悲にもこう告げた。

「若者にはカラオケ・ライブハウス、中高年にはバー・ナイトクラブなど接待を伴う飲食店に行くのは当面お控えいただきたい」

 中高年の我々にとっての楽しみである「接待を伴う飲食店」とはおおまかにいえば、キャバクラであり、ガールズバーだ。それが奪われてしまう――。

 この連載始まって以来の危機に見舞われそうなとき、俺は東武東上線に揺られていた。降り立ったのは埼玉県朝霞市。「自粛要請」が発令された東京都の境からわずかひと駅の場所。終戦後には、米軍キャンプが置かれ、今では自衛隊が駐屯する「基地の街」というイメージだが……。

俺の夜 おなじみ夜遊びガイドのO氏が「超入りづらいガールズバーを見つけたんで、このご時世は承知ですが、一緒にいきませんか」と写メを送ってきたからだ。

’00年代の「浄化作戦」後の歌舞伎町の光景を彷彿とさせる「白看板」。赤マジックで弱々しく躍る「高級おんなバー楓」の文字。「かえで」は「木」と「風」がそれぞれ読めそうなぐらい離れており、尋常ではない雰囲気を醸し出している。

一見を寄せつけぬ看板とビルの佇まい

 西口と比べてかなり静かなほう、朝霞駅東口から徒歩3分の古風で無骨で、ひときわ目立つ雑居ビル。地方都市にありがちな一見を拒む「怖そうなビル」があった。

 階段横には写メで見た「白看板」。階段を上がると再び手書きの看板。今度は大きく余白を残して「高級おんなバー」と決して上手とは言えない手書き文字で書かれている。

俺の夜 恐る恐る重い鉄製のドアを開ける。そっと中を覗き込むと、女のコと目が合ってしまった。

俺の夜

左からさーりちゃん、りなちゃん、ゆうなちゃん。以前は花魁だったが、現在はワイシャツミニスカ衣装でお客を楽しませる

「いらっしゃいませ〜!」

 意を決してドアを開けると、エントランスにずらりと並ぶ靴。そのまま上がり込もうとしたO氏に「土禁! 土禁!」との声が飛ぶ。

 広いフロアの周りにカウンター、女のコをぐるりと囲むように男性客が高椅子に座っている。聞けばここは和風ガールズバー。床にはなぜか玉砂利が敷かれていたり、行灯があったりと妙に落ち着いた雰囲気。靴を脱いで上がる。

俺の夜

玄関で靴を脱ぐと玉砂利が敷き詰められた広いフロアが。「足が疲れたらツボ押しに乗っちゃうよね〜」と女のコたちは口を揃える

「朝霞で唯一のガールズバー。スナックはあるけどキャバクラはないから、若いコと飲むならここだと、結構お客さんが来ますね」

 なるほど、諸先輩方から若者まで幅広い年齢層が集っている。

 説明してくれたさーりちゃん、ゆうなちゃんと乾杯しつつ、外の「白看板」について尋ねる。

「以前はちゃんとした看板だったんだけど、あるときから手書きにしました。怪しげな雰囲気が出ちゃって、今ではインスタに載せるお客さんが続出するほどなの!」

 客が消したり、勝手に文字を書き加えたりと、さながら「落書きボード」。よく見ると文字が消えかかっていたりとカオスだ。

俺の夜

お客さんがいたずらして消したり、書き足したり、インスタに載せたり。カオスな手書きの看板はいまや、朝霞の名所に!?

サブスクも導入! 朝霞で唯一のガールズバー

 カオスと言えばその値段設定。

「通常1セット60分飲み放題で3500円だけど、サブスクもやってるんですよ!」

 と胸を張るりなちゃん。朝霞とサブスクのミスマッチたるや。この3月から始めたというこのシステム。3回通って「常連認定」されれば、晴れて3万円で1か月何度通っても定額という料金プランの選択権が付与される。すでに10人ほどの常連さんがその恩恵を受けているそうで、連日訪れる猛者もいると聞く。

俺の夜

社会的距離は取りつつ気さくな朝霞ガール

 カラオケをする人、女のコに囲まれダーツをする人、しっぽり飲む人、靴を脱ぎくつろぐこの店は「緩やかな時間」が流れている。殺伐とした都内からひと駅下るだけでこんなに穏やかに飲めるものなのか。サブスクの権利を獲得するまで通ってみようか……。

【がーるずばー楓】
住:埼玉県朝霞市仲町2-2-11 セイコーガーデン朝霞202
電:090-2319-8607
営:21:00〜ラスト
休:日
料:60分1セット3500円(焼酎・ウィスキー・ブランデー飲み放題)、サブスクリプション制1か月3万円(上記飲み放題+ダーツ+カラオケ歌い放題)

協力/O氏(夜遊びガイド) 撮影/渡辺秀之

大人の隠れ家。小料理屋で美人ママとしっぽり飲む夜

 春の訪れを感じる今日このごろ。旨い飯でも食べて、そのあと、女のコがいる店を冷やかそうと考えていたところ、夜遊びガイドのO氏から「中野に来ませんか? 腹空かせて来てくださいよ」と電話が。  中野駅北口を出て、飲食店やキャ […]

激動の2020年。下町・亀有のミリタリーバーで愛と平和を語る

 激動の2020年の幕開けだろう。イランを巡る危機、某企業の元社長の逃亡劇、そして新型コロナウイルスの流行……平和の祭典・東京五輪はこのまま平穏無事に開催されるのか。そんなことを考えながら、JR総武線に揺られ、車窓から見 […]

ポップ&キュート。夢のアメリカダイナーガールと戯れる吉祥寺(ジョージ)の夜

 今年も残すところあとわずか。消費増税の余波だろうか、己の人徳のなさだろうか、忘年会に誘われる回数がめっきり減った。そんなことをボヤきながら、O氏とふたり吉祥寺の公園前の老舗焼き鳥店で煙に巻かれつつ、安酒をちびちび煽って […]

大阪・日本橋に現れた「魔界」で笑わない美女に生け贄にされる夜

「魔都」と呼んでいいほど訪れるたびに新しく、怪しく、風変わりなものを見せてくれる大阪。そんな魔都にあるオタクの街が日本橋だ。「大阪のアキバ」といわれる場所だが、ミナミと通天閣の間にある通称「ヲタロード」はメイドカフェの横 […]

血湧き肉躍る大熱戦を美女と! ラグビー日本代表をチアと応援!

 歌舞伎町をぶらぶらしていると、周辺のアイリッシュパブや居酒屋から「ウォー!」「イェーイ!」という歓声が。看板には「ラグビー放映中」の文字。そうかラグビーW杯が始まったのか!  ラグビーといえば、大学生のとき、旧国立競技 […]

福利厚生用!? あのSODが本社の一角で始めた“社員バー”

 新中野に野暮用があり、灼熱の青梅街道を西日に向かってトボトボと歩いていると、男子憧れの超一流企業、ソフト・オン・デマンド(以下SOD)本社がある。(いつもお世話になっております)とひとりごちて通り過ぎた刹那、「女子社員 […]

歌舞伎町の最深部 長屋の屋根裏で夜な夜な催される妖しいショーに潜入

 昔の歌舞伎町の雰囲気を最後まで残す「思い出の抜け道」。バラック屋台が並び、魑魅魍魎が跋扈する小道は、潜入記者時代何度も痛い目にあった場所だ。尻の奥がキュッとするのは気のせいか。O氏と2人、当時のタフエピソードを語ってい […]