新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

早大生AV男優が渋谷に開店したメンズエステで身も心も癒やされる

 普段は、週刊SPA!のウェブ版『日刊SPA!』の編集を担当している僕。

 ネタ探しにツイッターをチェックするのが日課だ。昨年、ネット界隈で大きな話題を呼んだ現役大学生がいる。篠塚康介さんだ。名門・早稲田に通いながら風俗ブロガーとして活動、ついにはAV男優デビューまで果たした。

SNSで注目の店にメディア初潜入!

 そんな彼が最近、メンズエステ店「レボリューション」を開店したという情報が流れてきた。僕は、すぐに覆面調査を行った。その結果、とっておきの遊び方があることに気づいた。そこで、今回は疲れた男を癒やす一夜を紹介したい。

レボリューション まずはホームページから各セラピストのツイッターアカウントをチェックする。そして、彼女たちの日常を知ったうえで会いにいけば、興奮も倍増するのだ!

レボリューション

左から、哀戦士めぐり愛さん、宇宙小南(コスモ・オナン)さん、タキザワリカさん。それぞれがツイッターで自由に情報を発信する

ネットで話題沸騰中の個性派セラピストたち!

 渋谷の神泉。プレイルームは、マンションの一室だ。ドキドキしながらピンポンと鳴らすと、僕のお目当てのタキザワリカさんがひょっこりと顔をのぞかせた。ツイッターでは顔出しNGだが、実物に出会えた感動は大きい(めっちゃ美女)。彼女は漫画家でもあることを事前に知っていた。

レボリューション

ツイッターでセラピストの日常を知れば、会ってみたくなる。そのうえで実際にタキザワさん(@takizawarika)と触れ合えば興奮も倍増だ

「去年、漫画で賞も穫りました。今はここで働きながらメディアで連載も持っていますよ」

 そんな彼女を眼前に、緊張しながら紙パンツ一枚になる。そして、ベッドで仰向けになると、マッサージが始まった。全裸に近い状態で美女に触れてもらえるだけでもありがたいものだが、メンエスの特徴といえば、鼠蹊部(足のつけ根)への刺激。

レボリューション

じかの接触はないからこそ脳内の快楽指数は最高潮に

 ギリギリな箇所だが、これにオイルが投入されると、いやが応でも気持ちが高まってしまう。極めつきは四つん這いで、羞恥心がくすぐられる。リカさんが手のひら、指先や爪を駆使しながら変化をつけると、ゾクゾクが止まらない。おお、と思わず愉悦の声が漏れる。自分でも意外だったのは背中へのタッチ。

「実は、背骨に沿って性感帯があるんですよ」

レボリューション

美女セラピストから鼠蹊部(足のつけ根)を念入りにほぐしてもらえる。ギリギリの箇所だからこそ、よからぬ妄想が限界まで膨らむ(笑)

 必死で我慢をしていると、次第に頭の中が真っ白になっていく。絶頂に近い感覚。とはいえ、いわゆるヌキはないため、昇天寸前の興奮が果てしなく続いていくのだ。限界を超えた先には――。

 施術が終わると、僕は放心状態だった。シャワーを浴びながら、これが“悟り”の境地なのかもしれないと気づいた。メンエスで新しい世界が開けた瞬間だった。

ネットとリアルの両面で楽しんで心身ともに癒やされる

 体験後、ネットで話題を集める同店の店長・篠塚さんに直接話をうかがってみた。

「マッサージがうまいだけではなく、セラピストの個性を大事にしています。講習はありますが、SNSも含めて自由にやってもらうスタイルです」

レボリューション

【早稲田大学3年生・店長 篠塚康介さん】風俗ネタを書いたブログがバズり、エロの道に生きることを決意。昨年、AV男優デビュー。メンズエステ店の経営にも乗り出す

 実際、セラピストのツイッターがバズることも珍しくない。

「漫画やメディア運営など、メンエス以外の仕事もしているコが多いので、これをきっかけにファンになってもらい、店まで会いにきてもらったり、それぞれの活動に派生したりすればいいですね」

 ネットとリアルの両面で女のコと楽しめば、心身ともに癒やされる。もちろん飲み歩くのもいいが、たまにはこんな夜の過ごし方も男には必要だ。

【メンズエステ「レボリューション」】

住:東京都渋谷区神泉町20-25(※住所まで到着したらTEL)
電:090-8519-1984
営:12:00~翌5:00
料:基本コース:70分1万2000円、130分2万2000円、オプション:ディープリンパ、オイルマシマシ3倍ほか各2000円 
https://revolution.monster/

撮影/長谷英史

謎のベールに包まれた銀座。芸能人が働く会員制BARに潜入

 企業社長や役員クラス、一流ビジネスマンの社交場ともいえる銀座。しかし、“一見さんお断り”の会員制が多く、取材拒否の店も少なくない。イチ記者が経費で高級店を飲み歩けるわけもなく、謎のベールに包まれている。

銀座FIGHT CLUB 先日、手がかりを探すべく、日本水商売協会が主催する銀座の交流パーティに潜入を試みた。そこでひと際目を引く美人ママと出会ったのだ。実は彼女、現役タレントでもあるのだが、ある「思い」に感銘を受け、粘り強く交渉した結果、今回の取材が実現した。

在籍するスタッフたちは、夢を追いかける現役の芸能人

 見番通りの雑居ビル3階。会員制だけに、入り口にはインターホンがある。やや緊張しながら鳴らすと、ゆっくりと扉が開いた。

「いらっしゃいませ」

 今回訪れたのは「銀座FIGHT CLUB」だ。同名の映画をモチーフにした店内には、本物のサンドバッグが吊り下げられている。

銀座FIGHT CLUB

店内には本物のサンドバッグがある。写真左が店長で俳優の熊谷拓也さん、右がモデル・MCの佐藤ヴィトルさん

 同店で働くスタッフは、なんと全員が芸能人なのである。切り盛りするママの名前は、東森美和さん。自身もタレントで実業家の顔をもつ28歳だ。実は、子役として多いときに10本のCMに出演していたというママ。同店を始めたことには深い理由があった──。

銀座FIGHT CLUB

スタッフは芸能界で活動中。左から、グラドルの榎本ほのかさん、ママでタレントの東森美和さん、モデル・女優の愛川アヤノさん

美人ママが店を開いた深すぎる理由とは?

「私は8歳の頃から芸能界にいます。20年、身をもって厳しさも痛感してきました。収入が安定せず、急な撮影でバイトを休んでクビになるなど、苦労している仲間の姿も多く見てきました。だから、夢をもつ若者たちを応援し、支えてあげられる場所を自分でつくりたいと思って」

銀座FIGHT CLUB スタッフでグラビアアイドルの榎本ほのかさんがこう話す。

「実際にはフリーターと同じなのでバイトでたくさん稼がないといけない一方で、シフト調整が大変でした。ここで働き始めて本当に助かっています」

 芸能界の仕事は、急にオーディションや撮影が入ることが多く、普通のアルバイトとの両立に悩む人も少なくないという。しかし、同店では芸能界の仕事が優先、突然店を休んだり、やめたりしてもいっこうに構わないという。

銀座FIGHT CLUB「この世界は、やっぱり波があるから。成功して店を出ていくのが一番だけど、何かあったらいつでも戻ってきてほしい」(ママ)

 そして、「みんなの実家になりたい」と強く話したのだった。

銀座FIGHT CLUB

幼少期より芸能界に身を置いてきた東森さん。波のある仕事に自身も悩んできたからこそ、「何かあっても頼れる場所にしたい」と話す

 そんな思いに触れ、彼女たちの力になりたいと心が震えた記者。読者の中にも訪れて“推したい”と思った人もいるはずだ。入店できないものかダメもとで頼み込んでみると、好感触を得た。

「スタッフの芸能の仕事につながればと思うので、メディアや業界関係者は大歓迎。一般の方は、名刺2枚と顔写真付きの身分証明書をご用意ください」(同)

 ママが面談のうえ、“気分次第”で許されるかもしれないとのこと。そう、ここには何よりも厳しいルールがあるというのだ。

「ママは絶対!」(一同)

銀座FIGHT CLUB【会員制Bar 銀座FIGHT CLUB】

住:東京都中央区銀座8-7-20 イセキビル3F
電:03-6263-8787
営:20:00~翌4:00
休:日・祝
料:チャージ1500円、予算目安5000円~上限ナシ ※税サ別
より詳しい情報はホームページからチェック(https://www.fight-club-ginza.com/

撮影/長谷英史

横浜日ノ出町で超絶セクシーなバニーガールの穴場を発掘!

 横浜生まれ、横浜育ち、現在も横浜に住んでいる記者。学生時代は、繁華街として知られる関内の居酒屋でアルバイトをしていた。当然、横浜には愛着がある。

 とはいえ、社会人になってからは都内で飲むことが増え、地元で遊ぶ機会は減ってしまった。ぶっちゃけ、飲んだ後に都内から電車で帰るのは面倒くさいという気持ちもなくはない。地元横浜の近辺で読者や記者の友人にもオススメできる店はないものか?

日ノ出町駅前にバニーの誘惑が…

 カップルや家族連れで賑わう桜木町駅。徒歩圏内にある野毛は、かつてはおじさんの街と呼ばれていた。しかし、最近では若い男女も増えているという。

 今回は、改めてこのエリアを調査することにした。たしかに、学生時代にはなかったようなオシャレなバーなどが立ち並んでいる。ぐるりと回って日ノ出町駅前の交差点。ふと気がつくと、僕は「Bunny“B”(バニービー)」という店に吸い込まれてしまった。

「いらっしゃいませ~」

 フロアに黄色い声が響く。そして、たちまち彼女たちに目が釘付けになった。艶やかなバニー姿なのである。ピンクでフリフリ、絶妙なチラリズム。一挙手一投足に注目してしまう。

艶やかなバニー姿の美女がお出迎え

写真左から、もえさん、みゅーさん、みささん。キャストは派手なギャル系からコスプレイヤーまで、さまざまなタイプが在籍する

 今やバニー衣装の店は珍しくないが、今までに見たことのないタイプだ。思わず「セクシー!」と言わずにはいられない。すると、カウンターにいた店長の麻里絵さんがオリジナルのデザインだと教えてくれた。キャストのもえさん、みゅーさん、みささんの3人と乾杯。

基本的には女のコと対面のガールズバーとして営業しているが、ソファ席もあり、隣についてもらうことも可能だ

 同店は今年5月末にオープン。若者で賑わうエリアからは少し離れているが、「野毛で飲んでいた人が、ふらりと流れてくることが多いかな」ともえさん。僕のような客は少なくないらしい。

 店内の中央に設置されたポールが目に入る。もしかして?

「週末はプロのダンサーを呼ぶので、美しいポールダンスも見られますよ」(みゅーさん)

週末はプロのダンサーによるポールダンスも披露されるそうだ

 また、ダーツが100円でプレイできるとのことで、試しにみささんと対戦する。普段はほとんどやらないので結果は惨敗。だが、勝敗はこの際どうでもよかった。ダーツをプレイすることで、彼女と接近できたからだ(笑)。

店内では、思いがけずバニー衣装の恩恵にあずかることも(笑)


何げない動作に漂う色気、一瞬たりとも目が離せない!

 ちなみに、店内の奥にはソファ席が並んでいる。実はガールズバーではあるが、キャバクラとして営業許可を取っているため、1対1で席についてもらうことも可能なのだ。つまり、カウンターで仲良くなったあと、気に入った女のコとソファに移動するのもアリなのだ。

 まさか、地元にこんな優良店があるとは……。横浜市民の僕としては感無量だ。こうして野毛や日ノ出町の魅力を再発見し、今後はガチで通いまくろうと心に決めたマエザワでした。

【Bunny“B”(バニービー)】
住:神奈川県横浜市中区日ノ出町1-18-1オーツービルB1
電:045-315-6503
営:20:00~LAST
休:月曜日
料:飲み放題60分2500円(19:00~22:00)、3000円(22:00~LAST)、VIP席60分6000円~ ※税サ別
https://www.bunny-b.com/
撮影/長谷英史

目指すはスパイ……美女長官による訓練(!?)を秋葉原で体験!

 記者にとって情報は命である。情報がなければ仕事が成り立たない。現場でネタを引き出すためには、常に平常心を保ち、機転を利かせることが重要だ。時には噂の現場を潜入取材することもある。記者の仕事は、まるで“スパイ”のような一 […]

水着で始まり、水着で終わる。酔いも深まる静岡・浜松の夜

 もう夏は峠を越えようというのに、原稿が山積みで引きこもりがちなマエザワです。仕事という大義名分のもと、都会の喧噪を抜け出そうと、今月も地方出張を画策。普段はネットニュースを担当しているので、調べ物のフリしてローカルな夜 […]

神戸の繁華街三宮で発見! 水着美女に眼福のビアバー

 僕は海が大好きだ。毎年夏になると神奈川や千葉に繰り出している。ときにはタイのプーケットなど南国まで遠征することもある。泳ぐことはもちろんだが、海の家や付近のバーでビールを飲みながら、水着の美女を眺める。これ以上に至福の […]

“透視能力”があったなら……禁断の夢が秋葉原で叶った!

 締め切りに追われ、日中は館詰でほとんど外に出る機会がなかった。フラフラしながらも街に繰り出してみると、すっかり気候が暖かくなっていた。いつの間に衣替えが済んだのか、道行く女性もずいぶんと薄着になっている。  そこで、ふ […]

チアガールとの掛け合いでヴァイブス高まる渋谷・道玄坂の夜

 もう4月で新年度が始まったというのに、一向に出世する気配もなく、それどころか失敗ばかりのマエザワです。10年以上前から公私共に渋谷を拠点にしてきた僕。道玄坂の入り口にあるミニストップには灰皿が置かれており(※現在は撤去 […]

都心に負けない! ハイクオリティなショーが楽しめる向ヶ丘遊園の穴場

 インターネットが発達し、情報が手に入りやすくなった昨今。事前に検索すれば、東京都内の店ならハズレを引くことはほとんどなくなった。一方で、どんな嬢が出てくるのか、何が起こるのかわからない、未開の地を開拓するようなワクワク […]

池袋で発見! 女のコのお部屋に遊びに行く感覚でお酒が飲める店

 僕がおじさんになった証拠でしょうか。年齢を重ねるごとに、新たな感動を見つけることは難しくなった。一方で、忘れかけていた気持ちと再会した時に、感慨深くなることが増えた。それは、普段の夜遊びにおいても例外ではない——。前澤 […]