新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

横浜日ノ出町で超絶セクシーなバニーガールの穴場を発掘!

 横浜生まれ、横浜育ち、現在も横浜に住んでいる記者。学生時代は、繁華街として知られる関内の居酒屋でアルバイトをしていた。当然、横浜には愛着がある。

 とはいえ、社会人になってからは都内で飲むことが増え、地元で遊ぶ機会は減ってしまった。ぶっちゃけ、飲んだ後に都内から電車で帰るのは面倒くさいという気持ちもなくはない。地元横浜の近辺で読者や記者の友人にもオススメできる店はないものか?

日ノ出町駅前にバニーの誘惑が…

 カップルや家族連れで賑わう桜木町駅。徒歩圏内にある野毛は、かつてはおじさんの街と呼ばれていた。しかし、最近では若い男女も増えているという。

 今回は、改めてこのエリアを調査することにした。たしかに、学生時代にはなかったようなオシャレなバーなどが立ち並んでいる。ぐるりと回って日ノ出町駅前の交差点。ふと気がつくと、僕は「Bunny“B”(バニービー)」という店に吸い込まれてしまった。

「いらっしゃいませ~」

 フロアに黄色い声が響く。そして、たちまち彼女たちに目が釘付けになった。艶やかなバニー姿なのである。ピンクでフリフリ、絶妙なチラリズム。一挙手一投足に注目してしまう。

艶やかなバニー姿の美女がお出迎え

写真左から、もえさん、みゅーさん、みささん。キャストは派手なギャル系からコスプレイヤーまで、さまざまなタイプが在籍する

 今やバニー衣装の店は珍しくないが、今までに見たことのないタイプだ。思わず「セクシー!」と言わずにはいられない。すると、カウンターにいた店長の麻里絵さんがオリジナルのデザインだと教えてくれた。キャストのもえさん、みゅーさん、みささんの3人と乾杯。

基本的には女のコと対面のガールズバーとして営業しているが、ソファ席もあり、隣についてもらうことも可能だ

 同店は今年5月末にオープン。若者で賑わうエリアからは少し離れているが、「野毛で飲んでいた人が、ふらりと流れてくることが多いかな」ともえさん。僕のような客は少なくないらしい。

 店内の中央に設置されたポールが目に入る。もしかして?

「週末はプロのダンサーを呼ぶので、美しいポールダンスも見られますよ」(みゅーさん)

週末はプロのダンサーによるポールダンスも披露されるそうだ

 また、ダーツが100円でプレイできるとのことで、試しにみささんと対戦する。普段はほとんどやらないので結果は惨敗。だが、勝敗はこの際どうでもよかった。ダーツをプレイすることで、彼女と接近できたからだ(笑)。

店内では、思いがけずバニー衣装の恩恵にあずかることも(笑)


何げない動作に漂う色気、一瞬たりとも目が離せない!

 ちなみに、店内の奥にはソファ席が並んでいる。実はガールズバーではあるが、キャバクラとして営業許可を取っているため、1対1で席についてもらうことも可能なのだ。つまり、カウンターで仲良くなったあと、気に入った女のコとソファに移動するのもアリなのだ。

 まさか、地元にこんな優良店があるとは……。横浜市民の僕としては感無量だ。こうして野毛や日ノ出町の魅力を再発見し、今後はガチで通いまくろうと心に決めたマエザワでした。

【Bunny“B”(バニービー)】
住:神奈川県横浜市中区日ノ出町1-18-1オーツービルB1
電:045-315-6503
営:20:00~LAST
休:月曜日
料:飲み放題60分2500円(19:00~22:00)、3000円(22:00~LAST)、VIP席60分6000円~ ※税サ別
https://www.bunny-b.com/
撮影/長谷英史

目指すはスパイ……美女長官による訓練(!?)を秋葉原で体験!

 記者にとって情報は命である。情報がなければ仕事が成り立たない。現場でネタを引き出すためには、常に平常心を保ち、機転を利かせることが重要だ。時には噂の現場を潜入取材することもある。記者の仕事は、まるで“スパイ”のような一面もあるかもしれない。しかし、ぶっちゃけ過去にはバレてしまい冷や汗をかいた経験も一度や二度ではない。改めて訓練が必要なのではないかと考えていると、ある噂を聞きつけた。

 場所は、秋葉原。ここに、スパイの訓練が受けられる日本初のバーがあるらしいのだ。

某国の情報機関、秋葉原支部に潜入

 メイド喫茶やコンカフェが乱立する通りは、相変わらず多くの観光客で賑わっていた。噂の店が入っているという雑居ビル。かなり急勾配の階段を上ると、入り口が見えた。扉には「CIA秋葉原支部」と書かれている。恐る恐る扉を開けると……。

「スパイ希望の方ですか?」

 そんな出迎えに一瞬ひるみつつも、店内に足を踏み入れる。今回、訪れたのは「スパイBAR AkibaCIA」だ。長官のソラ・マルティネンコさんと新人のRi2さんが説明する。

「AkibaCIA」の長官であるソラ・マルティネンコさん(左)。新人のRi2さん(右)は、ソラさんが才能を見いだし、スカウトしたという

「ここでは、スタッフとお客さんが一緒になって、一流スパイを目指して訓練ができるんです」

みんなで遊べるゲームがなんと、140種類以上!

 世界各国のお酒やフードのほか、金庫破りや錠前破りなどスパイを彷彿させるアミューズメントメニューがあり、成功すれば割引が適用されるらしい(たとえ失敗しても何度でも挑戦できる)。

人気のボードゲームは140種類以上もそろう。知力を競うイベントなども開催され、店を訪れた客同士が仲良くなることも多いそうだ


 乾杯の後、しばらくするとウソ発見器が登場した。困惑していると、どうやら僕にダブルスパイ(敵のスパイ)の疑いがかけられたらしい。機械に手をかざす。

ダブルスパイ(実は敵のスパイ)の疑いで、ウソ発見器にかけられてしまうことも。

「すべての質問に“いいえ”で答えてください。まず、あなたは巨乳が好きですか?」

 いきなり下ネタが飛んできた!思わずソラさんの胸元をチラ見する。しかし、ウソ発見器にまったく変化は見られなかった。

「あれれ、おかしいな。普通はこの質問でみんな一発目からアウトになるのですが……」

 実は僕、小さなお胸も大好物なのである。その後も書けないレベルのキワどい質問を受けるが、ド変態の僕には通じない。ソラさんが目をじっと見て言う。

「では、浮気はしますか?」

 平静を装いながらも心当たりがなくもなかった。ここで大きな反応を見せるウソ発見器! やはり、僕は訓練が足りないようだ。

あらゆる質問に平常心を装うが、見事に撃沈……!

一夜限りのスパイ希望者は秋葉原まで……

 ともあれ、次第に宵も深まっていく。ソラさんもだいぶ酔っているのだろうか?

「実は昔、ダメ男に貢ぐ女として漫画『だめんず・うぉ~か~』に登場したことがあるんです」

 過去の恋愛に関して自白するソラさん。ある意味、スパイとして情報を引き出すことに成功した? スパイのコンセプトはもちろんだが、そんなスナックのようなノリもありつつ、何時間も居座ってしまったのだった。

【スパイBAR AkibaCIA】
住:東京都千代田区外神田3-2-11 遠藤ビル2F
電:03-3255-8336
営:18:00~23:30(月~木・日・祝)、18:00~翌5:00(金・土・祝前日)
料:60分800円(以降30分ごと300円)、フード350円~、ドリンク500円~
http://www.akibacia.com/

撮影/長谷英史

水着で始まり、水着で終わる。酔いも深まる静岡・浜松の夜

 もう夏は峠を越えようというのに、原稿が山積みで引きこもりがちなマエザワです。仕事という大義名分のもと、都会の喧噪を抜け出そうと、今月も地方出張を画策。普段はネットニュースを担当しているので、調べ物のフリしてローカルな夜遊び情報をググる。

 そういえば学生時代の夏休み、ヒッチハイクで旅していたときに静岡の浜松で良い思い出がある。汗まみれで小汚い僕を軽自動車で拾ってくれた綺麗なお姉さん。家で手料理を食べさせてもらい、泊めてもらった。浜松の人たちは総じて優しい印象がある。よし、久しぶりに足を運んでみるか!

人間をダメにする不思議な空間……

 浜松の繁華街・鍛冶町の交差点を渡って少し歩くと、目的のマビーセブンビルがそびえたっている。1階の居酒屋で遠州地方のご当地料理と酒をつまんでから7階に上がる。今回、訪れたのは水着キャバクラ「はちみつ」だ。

左から、れおなさん、ことさん、まりなさん、さらさん。人工芝にヨギボーのクッションが並ぶ店内。キャストは常夏ムードの水着姿だ

 エレベーターの扉が開くと、そこは異空間。数々のキャバクラを見てきたが、こんな店は初めてだ。人工芝に大量のクッションが置かれ、常夏の楽園といった雰囲気。そんななか、水着の女のコたちが登場。お相手してくれたのは、れおなさん、ことさん、まりなさん、さらさんの4人だ。みんなでカンパーイ!

紳士たちの渇きを癒やす、真夏のオアシス!

クッションの上で肩肘張らずにワイワイ楽しめる


れおなさんの大きな谷間に釘づけの記者

 クッションに深く腰掛けると、その威力がスゴい。体が吸い込まれていき、まったりと過ごせるのだが、女のコとの距離感が近く感じる。そのとき、僕とまりなさんの手が一瞬触れ合った。思わずドキッとしてしまう。

「クッションの陰に隠れて、こっそりと手をつないでくるお客さんもいますよ(笑)」

海やプールもいいけど、水着キャバで夏を堪能

 酔いが回り、れおなさんのDカップあるという谷間をガン見していると、「そんなにマジマジと見る人はあまりいないかも」と照れた様子。記者のムラムラを察してか、さらさんから「下の階に系列店のおっぱぶがありますよ」との助言が。その後、うっかり5階にハシゴする記者(※詳細は割愛)。さらにハシゴを重ね、気がつけば時計の針は零時を回る。

「いらっしゃいませ~。あれ、また来たんですか!?」


 ことさんが驚いた様子。そう、飲み歩いた後、はちみつに戻ってきたのである。火照った体に、やっぱりココが落ち着く。また浜松で良い思い出ができたなあ。

楽しみ方は人それぞれ。水着を拝みながらムッツリするのもよし、セクシーな刺激でヒートアップするのもよし。その場のノリでれおなさんと組み体操も……!?


 将来は真剣に移住を考えております。それにウンウンとうなずいてくれることさん。ゴロゴロしていると幸福感で満たされ、動く気が失せてしまう。もちろん延長。そのまま閉店時間まで居座ってしまったのだった……。

【はちみつ】
住:静岡県浜松市中区田町330-1 マビーセブンビル7F
電:053−413−2530
営:20:00~LAST
休:月曜
料:1セット50分4500円(20:00~21:00)、5500円(21:00~23:00)、6500円(23:00~LAST)
※延長確認アリ、税サ別

撮影/長谷英史

神戸の繁華街三宮で発見! 水着美女に眼福のビアバー

 僕は海が大好きだ。毎年夏になると神奈川や千葉に繰り出している。ときにはタイのプーケットなど南国まで遠征することもある。泳ぐことはもちろんだが、海の家や付近のバーでビールを飲みながら、水着の美女を眺める。これ以上に至福の […]

“透視能力”があったなら……禁断の夢が秋葉原で叶った!

 締め切りに追われ、日中は館詰でほとんど外に出る機会がなかった。フラフラしながらも街に繰り出してみると、すっかり気候が暖かくなっていた。いつの間に衣替えが済んだのか、道行く女性もずいぶんと薄着になっている。  そこで、ふ […]

チアガールとの掛け合いでヴァイブス高まる渋谷・道玄坂の夜

 もう4月で新年度が始まったというのに、一向に出世する気配もなく、それどころか失敗ばかりのマエザワです。10年以上前から公私共に渋谷を拠点にしてきた僕。道玄坂の入り口にあるミニストップには灰皿が置かれており(※現在は撤去 […]

都心に負けない! ハイクオリティなショーが楽しめる向ヶ丘遊園の穴場

 インターネットが発達し、情報が手に入りやすくなった昨今。事前に検索すれば、東京都内の店ならハズレを引くことはほとんどなくなった。一方で、どんな嬢が出てくるのか、何が起こるのかわからない、未開の地を開拓するようなワクワク […]

池袋で発見! 女のコのお部屋に遊びに行く感覚でお酒が飲める店

 僕がおじさんになった証拠でしょうか。年齢を重ねるごとに、新たな感動を見つけることは難しくなった。一方で、忘れかけていた気持ちと再会した時に、感慨深くなることが増えた。それは、普段の夜遊びにおいても例外ではない——。前澤 […]

クラブさながらの店内でノリノリ! 下着姿の美女に眼福な新横浜の夜

 横浜生まれで横浜育ちの記者。地元を愛する“ハマッ子”というやつだ。以前より、せっかく本企画を担当しているのだから、地元の夜を盛り上げたいと思っていた。歓楽街としては関内が有名だが、それ以外の場所には、なかなか足を運ぶ機 […]

静岡駅周辺で唯一Tバックの美女とハッスルできる噂のキャバに突撃

 エロ本出版社時代は、さまざまな夜の店を取材してきたが、ヌキを封印された本稿でも下半身が滾る遊びはできないものか――思案していると、こんなLINEが届いた。 「静岡に面白い店があるらしいんですよ。Tバックの美女たちのショ […]