新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

六本木に誕生!ステージを楽しめて女性とも出会える会員制の穴場

 そろそろ外に出て酒が飲みたい、女のコとの新しい出会いが欲しい。そんなことを考えていた6月下旬、豪華なリムジンが突如、六本木の街に現れた。そこからセクシーな衣装に身を包んだ美女たちが次々と降りてきた。いったい何事か。

俺の夜 道行く人たちの視線を一挙に集める。しばらく眺めていると、どうやら新しく開店する店の宣伝らしい。そこに、どこかで見覚えのある顔が……。彼女の正体は、元AV女優の桜井あゆさんだ。

六本木の人気店が長い時を経て復活!

「7月7日(週刊SPA!発売日)にグランドオープンする六本木の店で、私もパフォーマンスを披露するのでよかったら来てくださいね!」

 さらに、現役で活躍するAV女優の水川スミレさんもいるらしい。男としては夢が広がる。記者としても旬な情報を読者に届けたい。とはいえ、まだオープン前のタイミングだ。ダメ元で取材交渉してみると、この後に本番を想定した模擬営業が行われるとか。

俺の夜

左上から時計回りに、MIKUさん、Naaさん、CARAさん、Megさん、水川スミレさん、桜井あゆさん。毎週木曜日と土曜日に出演予定

 そんなワケで急遽、特別に体験させてもらえることになった!

 訪れたのはエンターテインメントバー「JAILTOKYOroppongi」。店内に一歩足を踏み入れた瞬間、異空間が広がっている。刑務所を彷彿させる内装だが、「コロナの影響でオープンが3か月も延びてしまい、そのぶん凝ってしまいました」と店長。同店は会員制だが、事前にAppStoreまたはGooglePlayから専用アプリをダウンロードすることで登録できる。

港区女子と出会う

 じつは約10年前、六本木で“出会いの穴場”としても人気だった同店。長い時を経て復活を遂げる形だが、多くの人が出会いを求めて集まってくるにちがいない。その理由を順に説明していこう。

 まず、女性は飲食無料。そのぶん男性が支払うシステムなのだが、スタッフが男女の会員をうまくマッチングし、相席させてくれるんだとか。自分からナンパのように声をかけるのが苦手という奥手な紳士にとっては、気後れすることなく出会いが得られる。

俺の夜

なんと女性は飲食無料で、“港区女子”が集まる。男女の会員同士で相席して乾杯するなど、出会いのチャンスもアリ!

現役&元AV女優も出演! 圧巻のパフォーマンス

 客席の中央にはステージが設置されており、曜日ごとに開催されるコンテンツが異なるという。ポールダンスをはじめ、レズビアン、メンズストリップ、AV女優デー。今回は毎週木曜日と土曜日に出演予定の美女ダンサーたちに、実際のステージの様子を拝見させてもらったのだが、まさに圧巻のひと言である。

俺の夜 昇降式のステージに美女たちが登場すると、大迫力の音楽に合わせて妖艶に舞う。あくまで模擬営業のため、ほかに一般客はいない。つまり、僕のためだけに踊っているわけだが、時折ステージからこちらに視線を合わせてくる。まるで誘っているようだ……と、完全に役得で申し訳ないが、やっぱり美女と酒の組み合わせは最高である。一緒に乾杯することはできるのだろうか。ぜひ奢ってあげたいと思ったのである。

俺の夜

ステージでは、曜日ごとに異なるパフォーマンスが開催される。桜井あゆさんや水川スミレさんなど、有名な現役&元AV女優も出演

 ステージを終えると、彼女たちは“一般会員”としてフロアに戻ってくる。接客はしないが、杯を交わすことも可能なのだ。先ほどまで踊っていたMIKUさんと話す機会をいただいた。

「もともとはキャバクラで働いてたんですが、コロナで営業中止になって。ずっと、暇してました」

 そしてようやく自粛が解除され、同店でダンサーになったという。ちなみに、キャバ嬢時代は下ネタが得意だったとか(笑)。

俺の夜 ともあれ、東京都内の繁華街では、少しずつだが人が戻りつつある。ステイホーム期間にストレスとお金をため込んだはずだが、それを爆発させるのに相応しい場所が六本木に誕生した。

【JAIL TOKYO roppongi】
住:東京都港区六本木5-16-5インペリアル六本木1号館2階
電:03-5544-9958
営:20:00~翌2:00
料:入場料:会員5000円(別途・要1ドリンク1フード)
※会員登録は専用アプリをダウンロード。その他の詳細などはホームページをチェック!

撮影/長谷英史

外出せずにOK!アイドルたちとオンラインで昼夜遊び倒す

【俺の夜特別編「俺の遊び」】

 ようやく全国で緊急事態宣言が解除。だが、感染拡大の第2波が懸念され、依然として外を出歩くことに対して厳しい目がある。そんななか、スマホやパソコンを使えばオンライン上でアイドルと遊び倒すことも可能なのだ!

テレワークしながら美女の活動を応援!

俺の夜 最近は、自宅でテレワークをするフリしてライブ配信アプリ「17 Live(イチナナライブ)」でアイドルたちの配信を眺めるのが日課となった記者。基本、無料で彼女たちが配信する様子を視聴できるのだが、雑談はもちろん、歌やダンスなどの特技を披露するコもいる。

 アプリ内で応援の意味がある「エール」や「ギフト」を課金して贈ることも可能。最近のお気に入りは18代目ミニスカポリスの日向ひなさん。配信ルームを訪れると、さっそく声をかけられた。

俺の夜

18代目ミニスカポリスとして活動する日向ひなさん。配信からは日常が垣間見られる。コメントをすることも可能で、自分の名前を呼んでもらえると胸キュン(笑)

「マエザワさん、いらっしゃーい。いま何やってるの?」

俺の夜

本人の17 IDはコチラ→(…日向ひな…)

 テレワークしながら見てるよ、とコメントを打ち込む。イチナナライブは見ているだけではなく、向こうからも話しかけてくることもあるので思わずドキッとしてしまう。彼女も初心者のようで、視聴者に使い方を聞きながら配信している様子がなんとも可愛らしい。記者はたまらず、何度もギフトを贈ったのだった。

【17 Live(イチナナライブ)】https://17apps.onelink.me/i7CY/17LivePR
アイドルやモデル、歌手など、夢を持つ約7000人以上がプロのイチナナライバー(ライブ配信者)として活動しており、他にも多くの一般のイチナナライバーが参加。視聴者は「ギフト」や「エール」を贈ることで応援でき、「コメント」などを通してコミュニケーションを取ることが可能

オンラインだからこそ素顔が見られることも

 アイドルが日替わりでママを務める、ビデオ会議アプリのZoomを使ったオンライン上のスナックがある。「オンラインアイドル」のサイトから事前に参加チケット(各部45分5000円)を購入すると、招待メールが届く。

俺の夜

小島未帆さん

 そこにZoomで入室すると、スナック風のスタジオから配信されている様子。この日のママは小島未帆さんだ。缶ビールを片手に、パソコンの画面から彼女がオムライスを作る姿を眺める。

俺の夜

配信の第1部で手作りのオムライスを披露した小島未帆さん。目の前のごちそうにヨダレが出てしまうが、本音を言えば僕も食べたい

 表示されたQRコードから飛び、“差し入れ”をクレジットカードで決済すると、テーブルに用意されていたドリンクやおつまみを彼女が実際に飲食できる仕組み。ビールを飲み、ほろ酔い加減の未帆さんからは過去のお酒にまつわる失敗談なんかも飛び出す。

俺の夜「ビールを20杯ぐらい飲んで記憶を飛ばしてしまいました(笑)」

 そんな何げない会話が楽しい。

【オンラインアイドル】https://onlineidol.tokyo/
コミュニケーションにはZoomを使用、事前のチケット購入(各部45分5000円)が必須となる。配信中にドリンクやおつまみの差し入れが可能(各500円)。ママを務めるアイドルがリアルタイムで反応し、その場で飲食してくれる

爆乳グラドルとサシ飲み!

 ある日、ツイッターのタイムラインにグラドルの吉沢さりぃさんが、Zoomで“サシ飲み”を行っているという情報が流れてきた。料金は1時間1万円。そこで、僕はコンタクトを取ってみた。

 画面を開くと、Kカップの大きな谷間が目に飛び込んできた。

俺の夜

Zoomを使って”サシ飲み”を不定期開催するKカップグラドルの吉沢さりぃさん。詳細などは本人のツイッター(@sally_y0720)をチェック

「今日は午後3時ぐらいから開始したんですけど、もう4ℓぐらいは飲んでますね(笑)」

 通常のイベントではアイドルとサシで話せる時間は限られていたはず。ある意味、これはコロナのおかげとも言えるが、サシ飲みとは思い切ったものだ。

「リアルでファンとサシは無理だけど、オンラインなら平気。私的には、大勢に気を使わなくていいのでラク」

 日常に戻りつつある昨今だが、オンラインにはオンラインなりの良さがある。この文化がコロナ終息を迎えても続いてほしい!

飲んで猫助け!? 大森の日本酒バルで女子アナのつくる酒と肴に酔う

 先日、大田区大森までサウナ目的に足を運んだマエザワです。凝り固まった心身をサウナでととのえた後は、渇いた喉を潤しておいしいご飯が食べたくなる。そこで先輩記者に電話をかけ、大森でオススメの店はないものかと相談してみると、「女子アナの店があるよ」とのこと。アナウンサーと言えば、テレビの向こう側の存在。それは週刊誌の記者である僕にとっても、読者の皆様と同様。これまで生で接したことはなかったのだ。

 そんな“高嶺の花”のアナウンサーに会える店があるというならば、行かない理由など何ひとつ見つからない。詳しい場所を聞けば、駅の東口から徒歩4分。グーグルマップに住所を入力すると……なんと、先ほどととのったサウナのほぼ目の前にあったのだ!

憧れの“女子アナ”に誰でも会いに行ける!

NHKを経て、現在はフリーアナウンサーの藤井舞さんがオーナーを務める。“猫店長”のちゅうちゃんを目当てに通う常連客も多いとか

 今回訪れたのは「ねことふじい」という店。昼はカフェ、夜は日本酒バルとして営業している。扉を開けようとすると、入り口付近に座っていた猫と目が合った。人間に慣れているらしく、まったく逃げようともしない。

「この子、猫店長のちゅうちゃんって言うんです」

 微笑みながら声をかけてきた美女。一瞬でその人がアナウンサーだと理解した。彼女の名前は藤井舞さん。店内には、猫をモチーフにしたインテリアが並び、猫に対して並々ならぬこだわりがあることは明らかだった。同店がオープンしたのは昨年の5月だという。

「猫のためになることがしたかったのですが、保護活動や募金となると、普通の人にはハードルが高い。そこで、もともと私がお酒好きだったこともあり、誰でも気軽に“酔って猫助けができる”日本酒バルをつくったんです」

お酒一杯ごとに10円が保護猫団体に寄付される。ゆで卵は1個100円〜で販売し全額を寄付する

 全国各地の日本酒を約30種用意し、お酒を一杯飲むごとに10円が保護団体に寄付されるという。開店以来、集まった猫募金の合計は約35万円。僕も協力したいと、ぐびっとお酒を飲み干した。次は、おいしいご飯が食べたくなる。

現在独身、花嫁修業を兼ねた手料理に舌鼓!

 オススメのメニューを聞けば、カレーと豚汁だというので注文すると、オーナーにもかかわらず、自ら厨房に立つ藤井さん。

藤井さんが自ら厨房に立ち、腕を振るうことも珍しくないそうだ。現在独身で「花嫁修業を兼ねている」という手料理が食べられる!

「じつは、私の花嫁修業も兼ねているんです(笑)。豚汁は藤井家の味で、母から教わりました。味噌を使わないのが特徴です」

日によって猫の表情が変わるにゃんカレー980円(カフェタイム780円)と、味噌を使わず素材の味を生かしたふじいの豚汁680円

 実食してみれば、そうは思えないほど味がしっかりしている。続いて、かわいらしい猫を模したカレーだ。大きめの野菜がゴロゴロと入っており、食べ応えバツグン。サウナ飯と言えばカレーを挙げる人も多いだろうが、まさにうってつけなのである。

 ともあれ、本物のアナウンサーが目の前で楽しそうに働く姿は、見ているだけで幸せな気分になる。今後の展開を聞くと……。

「今度は“歌って猫助けができるをコンセプトにしたカラオケができる店をつくるつもりです。4月中に大森でオープンさせられたらいいなと考えています」

 癒やしを求めた夜、当初はサウナのために赴いた大森だったが、穴場を見つけた気分。今後は僕の黄金コースに決まりだ。

【ねことふじい】
住:東京都大田区大森北1-36-9 1F
電:03-6450-0506
営:カフェ12:00〜17:00(火木土日のみ営業)、バル19:00〜24:00
休:日(カフェは営業)
料:日本酒一合飲み切り各900円ほか、おつまみも充実。
Twitter:@necotofujii
Instagram:@necotofujii
Facebook:ねことふじい

撮影/長谷英史

麻布十番に出現!飲み放題30分1000円、激安スペインバルで酒と肴と美女に酔う

 小遣いが足りない。一般的なサラリーマンが直面する切実な問題だ。給料が振り込まれた直後にキャバクラやガールズバーで豪遊するのもいいが、不景気の影響もあり、継続して通える人なんて今はほんのひと握りかもしれない。当然、僕も例 […]

早大生AV男優が渋谷に開店したメンズエステで身も心も癒やされる

 普段は、週刊SPA!のウェブ版『日刊SPA!』の編集を担当している僕。  ネタ探しにツイッターをチェックするのが日課だ。昨年、ネット界隈で大きな話題を呼んだ現役大学生がいる。篠塚康介さんだ。名門・早稲田に通いながら風俗 […]

謎のベールに包まれた銀座。芸能人が働く会員制BARに潜入

 企業社長や役員クラス、一流ビジネスマンの社交場ともいえる銀座。しかし、“一見さんお断り”の会員制が多く、取材拒否の店も少なくない。イチ記者が経費で高級店を飲み歩けるわけもなく、謎のベールに包まれている。  先日、手がか […]

横浜日ノ出町で超絶セクシーなバニーガールの穴場を発掘!

 横浜生まれ、横浜育ち、現在も横浜に住んでいる記者。学生時代は、繁華街として知られる関内の居酒屋でアルバイトをしていた。当然、横浜には愛着がある。  とはいえ、社会人になってからは都内で飲むことが増え、地元で遊ぶ機会は減 […]

目指すはスパイ……美女長官による訓練(!?)を秋葉原で体験!

 記者にとって情報は命である。情報がなければ仕事が成り立たない。現場でネタを引き出すためには、常に平常心を保ち、機転を利かせることが重要だ。時には噂の現場を潜入取材することもある。記者の仕事は、まるで“スパイ”のような一 […]

水着で始まり、水着で終わる。酔いも深まる静岡・浜松の夜

 もう夏は峠を越えようというのに、原稿が山積みで引きこもりがちなマエザワです。仕事という大義名分のもと、都会の喧噪を抜け出そうと、今月も地方出張を画策。普段はネットニュースを担当しているので、調べ物のフリしてローカルな夜 […]

神戸の繁華街三宮で発見! 水着美女に眼福のビアバー

 僕は海が大好きだ。毎年夏になると神奈川や千葉に繰り出している。ときにはタイのプーケットなど南国まで遠征することもある。泳ぐことはもちろんだが、海の家や付近のバーでビールを飲みながら、水着の美女を眺める。これ以上に至福の […]