新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

五反田に出現した龍宮城さながらの水着ガールズバーで夏の続きを味わう

 先月、ツイッターの某キャンペーンで10万円が当選した(実話)。

 仕事熱心な僕は、本企画の軍資金として有効活用することを決意したわけだが、さて、どこに向かおうか。今夏は、コロナのおかげで大好きな海には行けずじまい。水着の美女を拝みたい……。そんなことを考えていたとき、五反田で水着ガールズバーが9月にオープンしたという情報を得た。そこで、足を運んでみることに。

有楽街の路地裏に異世界への扉が!

俺の夜 JR五反田駅の東口を出て、繁華街の有楽街に。古ぼけた飲み屋からギラギラの無料案内所まで、いつ見ても雑多な印象である。そんななか、薄暗い路地裏から青白い光が差している。お目当ての店「龍宮城~Ryugujo~」の扉だ。地下へと続く階段を下りると、そこには異世界が広がっていた!

俺の夜

看板娘のくるみさん(右)とりんさん。ノリが良く明るい性格のキャストが多数在籍し、季節を問わずセクシーな水着姿が拝める

「いらっしゃいませ~」

 モデルさながらにスタイル抜群の美女、くるみさんとりんさんが水着姿でお出迎え。店内には、水族館と見紛うほどの巨大な水槽。熱帯魚やエイがゆらゆらと泳いでおり、ゆっくりとした時間が流れているように感じる。

 実は本来、8月オープンの予定だったが、準備の面でコロナの影響をモロに受けたという。肝心の水槽が間に合わず、9月に入ってからようやく開店にこぎ着けたとか。

俺の夜

店内には水槽が設置されており、幻想的な雰囲気。時間が流れるのを忘れてしまいそう

「それまでは、家でアニメを見たり、寝ているしかなかったですね(笑)」(りんさん)

 くるみさんも同様の状態だったらしいのだが……。

「むしろ、休むいい機会になったのかも」(くるみさん)

俺の夜

みんなで乾杯しながらも視線は谷間に釘づけ(笑)。現在キャストが水着姿のガールズバーは、五反田エリアでここだけなんだとか

 もともと系列店で働いていた彼女たちだが、水着姿になるのは初めてとか。ハイレベルな美女が揃っているにもかかわらず、60分4000円でビールやウイスキーが飲み放題。都心部の店では、かなりコスパが高い。

“お金配りおじさん”気分でチップが飛び交う泡の宴!

 セット料金だけでも十分に楽しめるが、今日の僕は「カネならある」(一度でいいから言ってみたかった)。少し追加するだけで、さらに楽しむ方法がある。

 非日常空間に浮き立つ彼女たちの姿は、眺めているだけでも眼福だ。しかし、ここはガールズバーなので基本的に対面の接客となる。もうちょっと近づきたいと思うのが男性諸氏の本音だろう。

 そこで絶大な効果を発揮するのが、独自のチップを購入することだ。10枚1万円。それを水着の隙間にねじ込む瞬間、一気に距離が縮まる。僕はFカップあるというくるみさんの大きな胸を正々堂々とガン見したのだ。

俺の夜

女のコに渡せるチップが10枚1万円で購入可能。今はやりの“お金配りおじさん”に

「マエザワさん、目がマジだ~」

 こんな僕でも“お金配りおじさん”気分を味わえるのだ。

俺の夜 この際、ツイッターで手に入れたお金を使い切ってしまおう。シャンパンを頼むと、花火の演出とともに運ばれてきた。みんなでグビグビと飲み干す。僕の10万円は、龍宮城で泡となって消えた。

俺の夜

シャンパンを頼めば、花火の演出で大盛り上がり

 こうして日常を忘れて存分に楽しんだわけだが、最後に姫から「玉手箱」を渡されることはないので安心してほしい(笑)。

【龍宮城~Ryugujo~】
住:東京都品川区東五反田1-17-11佐久間ビルB1F
電:03-6277-2307
営:19時~翌7時
休:年中無休
料:60分4000円(ビール・焼酎・ウイスキー飲み放題)
詳しい情報は、Twitter(@Ryugujo_0)からチェックしよう!

撮影/長谷英史

繁華街を避けて日暮里の駅前でチアガールに元気をもらった夜

 コロナとのいたちごっこが続き、憂鬱な気分は当分晴れそうもない。

 繁華街には近寄れそうもなく、もっぱら郊外のバーでひとり寂しく飲んでいるマエザワです。ツイッター上には前澤友作氏をはじめ、お金(10万円)を配ることで「みんなを元気に!」と疲れた人たちを応援しようという取り組みも見られるが、現実的には当たることなんて遠い夢の話……。

 落ち込んでいると、夜遊びツウの知人から「日暮里のガールズバーはコスパ良く元気になれる」との情報が。

俺の夜 そこで、もっと身近で元気をもらうべく、日暮里駅までやってきたのである。駅の東口から出て徒歩数十秒。飲み屋街の手前にある雑居ビルに入った。

疲れた男の心を癒やしてくれる……

 訪れたのは、「CheerGirl’sBar Cheetah’s」という店。

俺の夜

写真左から、みどりさん、ななせさん、ゆうこさん、りんかさん、ゆかさん。キャストはカラフルなチアガール姿でテンション高め!

 足を踏み入れた瞬間に「いらっしゃいませ~!」と黄色い声が響く。カラフルなユニフォーム姿のチアガールたちのお出迎えだ。みんなテンション高め!

俺の夜 早い時間帯であれば、60分1000円で飲み放題と激安。席に着くと、「チアーズ!」というかけ声の乾杯とともに宴がスタートした。店内には、見渡す限りにプロ野球選手のサイン入りグッズがディスプレイされている。オーナーの趣味なんだとか。

俺の夜

オーナーの趣味で店内にはプロ野球選手のサイン入りグッズが所狭しと並ぶ。大谷翔平のユニフォームをはじめ、特に日ハム推しとか

 北海道日本ハムファイターズのファンらしく、大谷翔平や中田翔のユニフォームが目立つ配置。

「店の公式LINEアカウントでは、その日のスポーツ中継の情報が発信されていて、試合観戦しながらお酒を飲むために通う常連さんも多いですね」(ななせさん)

 地元客が多いとはいえ、やっぱりコロナによる影響も少なくなかったという。

「時短営業で早く店を閉めなければいけないときもあって、閉店後にみんなで料理を作って食べたりしていました」(みどりさん)

 なかなか先行きが見えないなかで、励まし合っていたのだとか。

俺の夜

カラオケやワニワニパニックなどのミニゲームが無料。みんなで盛り上がれる

 ちなみに、同店ではカラオケを無料で歌うことができる。ミニゲームなども用意されており、和気藹々とみんなで盛り上がれる。

カワイイ系チアガールがコロナうつを吹き飛ばす

 次第に酔いが深まっていく。なんだか、ちょっと飲みすぎたかもしれない。あまりに長引くコロナ禍のストレスから、気づくと僕は弱音を吐いていた。

 実際に、ゴールデンウイークもお盆休みもなく働いてきた。正直、もう限界かもしれない……。

俺の夜

1枚1000円で好きなキャストとチェキ撮影も可能だ

 すると、「お仕事ファイト!!」とチェキに手書きでメッセージを送ってくれたゆうこさん。さらに、「僕が元気が出ることを何か言ってよ」というムチャぶりにゆかさんは……。

「20歳のときに44歳と付き合ったことありますよ。おじさんは、すぐに疲れちゃうところがカワイイですね(笑)」

 また、今年は自粛の関係で海も花火も行けずに夏が終わってしまいそう。そんな僕の嘆きに対してこう返すりんかさん。

「7月は店で浴衣姿になったのですが、8月後半は思い切って水着のイベントもやっちゃおうと思っています!」

 まだ夏は終わらない。なんだか元気が出てきた。あとは10万円当たらないかな……そんなことを考えながら日暮里を後にした。

【Cheer Girl’s Bar Cheetah’s】
住:東京都荒川区西日暮里2-19-8マイキャッスル日暮里 6階
電:03-6806-7377
営:19:00~LAST
休:なし
料:飲み放題60分:1000円(19:00~21:00)、3000円(21:00~LAST)、カラオケ&ゲーム無料

撮影/長谷英史

六本木に誕生!ステージを楽しめて女性とも出会える会員制の穴場

 そろそろ外に出て酒が飲みたい、女のコとの新しい出会いが欲しい。そんなことを考えていた6月下旬、豪華なリムジンが突如、六本木の街に現れた。そこからセクシーな衣装に身を包んだ美女たちが次々と降りてきた。いったい何事か。

俺の夜 道行く人たちの視線を一挙に集める。しばらく眺めていると、どうやら新しく開店する店の宣伝らしい。そこに、どこかで見覚えのある顔が……。彼女の正体は、元AV女優の桜井あゆさんだ。

六本木の人気店が長い時を経て復活!

「7月7日(週刊SPA!発売日)にグランドオープンする六本木の店で、私もパフォーマンスを披露するのでよかったら来てくださいね!」

 さらに、現役で活躍するAV女優の水川スミレさんもいるらしい。男としては夢が広がる。記者としても旬な情報を読者に届けたい。とはいえ、まだオープン前のタイミングだ。ダメ元で取材交渉してみると、この後に本番を想定した模擬営業が行われるとか。

俺の夜

左上から時計回りに、MIKUさん、Naaさん、CARAさん、Megさん、水川スミレさん、桜井あゆさん。毎週木曜日と土曜日に出演予定

 そんなワケで急遽、特別に体験させてもらえることになった!

 訪れたのはエンターテインメントバー「JAILTOKYOroppongi」。店内に一歩足を踏み入れた瞬間、異空間が広がっている。刑務所を彷彿させる内装だが、「コロナの影響でオープンが3か月も延びてしまい、そのぶん凝ってしまいました」と店長。同店は会員制だが、事前にAppStoreまたはGooglePlayから専用アプリをダウンロードすることで登録できる。

港区女子と出会う

 じつは約10年前、六本木で“出会いの穴場”としても人気だった同店。長い時を経て復活を遂げる形だが、多くの人が出会いを求めて集まってくるにちがいない。その理由を順に説明していこう。

 まず、女性は飲食無料。そのぶん男性が支払うシステムなのだが、スタッフが男女の会員をうまくマッチングし、相席させてくれるんだとか。自分からナンパのように声をかけるのが苦手という奥手な紳士にとっては、気後れすることなく出会いが得られる。

俺の夜

なんと女性は飲食無料で、“港区女子”が集まる。男女の会員同士で相席して乾杯するなど、出会いのチャンスもアリ!

現役&元AV女優も出演! 圧巻のパフォーマンス

 客席の中央にはステージが設置されており、曜日ごとに開催されるコンテンツが異なるという。ポールダンスをはじめ、レズビアン、メンズストリップ、AV女優デー。今回は毎週木曜日と土曜日に出演予定の美女ダンサーたちに、実際のステージの様子を拝見させてもらったのだが、まさに圧巻のひと言である。

俺の夜 昇降式のステージに美女たちが登場すると、大迫力の音楽に合わせて妖艶に舞う。あくまで模擬営業のため、ほかに一般客はいない。つまり、僕のためだけに踊っているわけだが、時折ステージからこちらに視線を合わせてくる。まるで誘っているようだ……と、完全に役得で申し訳ないが、やっぱり美女と酒の組み合わせは最高である。一緒に乾杯することはできるのだろうか。ぜひ奢ってあげたいと思ったのである。

俺の夜

ステージでは、曜日ごとに異なるパフォーマンスが開催される。桜井あゆさんや水川スミレさんなど、有名な現役&元AV女優も出演

 ステージを終えると、彼女たちは“一般会員”としてフロアに戻ってくる。接客はしないが、杯を交わすことも可能なのだ。先ほどまで踊っていたMIKUさんと話す機会をいただいた。

「もともとはキャバクラで働いてたんですが、コロナで営業中止になって。ずっと、暇してました」

 そしてようやく自粛が解除され、同店でダンサーになったという。ちなみに、キャバ嬢時代は下ネタが得意だったとか(笑)。

俺の夜 ともあれ、東京都内の繁華街では、少しずつだが人が戻りつつある。ステイホーム期間にストレスとお金をため込んだはずだが、それを爆発させるのに相応しい場所が六本木に誕生した。

【JAIL TOKYO roppongi】
住:東京都港区六本木5-16-5インペリアル六本木1号館2階
電:03-5544-9958
営:20:00~翌2:00
料:入場料:会員5000円(別途・要1ドリンク1フード)
※会員登録は専用アプリをダウンロード。その他の詳細などはホームページをチェック!

撮影/長谷英史

外出せずにOK!アイドルたちとオンラインで昼夜遊び倒す

【俺の夜特別編「俺の遊び」】  ようやく全国で緊急事態宣言が解除。だが、感染拡大の第2波が懸念され、依然として外を出歩くことに対して厳しい目がある。そんななか、スマホやパソコンを使えばオンライン上でアイドルと遊び倒すこと […]

飲んで猫助け!? 大森の日本酒バルで女子アナのつくる酒と肴に酔う

 先日、大田区大森までサウナ目的に足を運んだマエザワです。凝り固まった心身をサウナでととのえた後は、渇いた喉を潤しておいしいご飯が食べたくなる。そこで先輩記者に電話をかけ、大森でオススメの店はないものかと相談してみると、 […]

麻布十番に出現!飲み放題30分1000円、激安スペインバルで酒と肴と美女に酔う

 小遣いが足りない。一般的なサラリーマンが直面する切実な問題だ。給料が振り込まれた直後にキャバクラやガールズバーで豪遊するのもいいが、不景気の影響もあり、継続して通える人なんて今はほんのひと握りかもしれない。当然、僕も例 […]

早大生AV男優が渋谷に開店したメンズエステで身も心も癒やされる

 普段は、週刊SPA!のウェブ版『日刊SPA!』の編集を担当している僕。  ネタ探しにツイッターをチェックするのが日課だ。昨年、ネット界隈で大きな話題を呼んだ現役大学生がいる。篠塚康介さんだ。名門・早稲田に通いながら風俗 […]

謎のベールに包まれた銀座。芸能人が働く会員制BARに潜入

 企業社長や役員クラス、一流ビジネスマンの社交場ともいえる銀座。しかし、“一見さんお断り”の会員制が多く、取材拒否の店も少なくない。イチ記者が経費で高級店を飲み歩けるわけもなく、謎のベールに包まれている。  先日、手がか […]

横浜日ノ出町で超絶セクシーなバニーガールの穴場を発掘!

 横浜生まれ、横浜育ち、現在も横浜に住んでいる記者。学生時代は、繁華街として知られる関内の居酒屋でアルバイトをしていた。当然、横浜には愛着がある。  とはいえ、社会人になってからは都内で飲むことが増え、地元で遊ぶ機会は減 […]

目指すはスパイ……美女長官による訓練(!?)を秋葉原で体験!

 記者にとって情報は命である。情報がなければ仕事が成り立たない。現場でネタを引き出すためには、常に平常心を保ち、機転を利かせることが重要だ。時には噂の現場を潜入取材することもある。記者の仕事は、まるで“スパイ”のような一 […]