新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル


俺の夜

神戸の繁華街三宮で発見! 水着美女に眼福のビアバー

 僕は海が大好きだ。毎年夏になると神奈川や千葉に繰り出している。ときにはタイのプーケットなど南国まで遠征することもある。泳ぐことはもちろんだが、海の家や付近のバーでビールを飲みながら、水着の美女を眺める。これ以上に至福の時間などないだろう。

 どこかに、水着の美女が接客してくれるビアバーなどはないものかとSNSで「♯水着」「♯ギャル」などとハッシュタグをつけて探していると、あった!

三宮駅前のビルにパラダイスを発見!

 目的地は神戸の三宮。駅の周辺は繁華街として知られているが、やたらと神戸牛のステーキ屋が目立つ。お目当ての店はどこか……探すまでもなく、駅前でわずか1分ほどで発見することができた。

 さて今回、僕が訪れたのは「★BEER BAR★RUNWAY」。オープンは3年前とのことだが、メディアが潜入するのは初となる。

 期待に胸を高鳴らせ足を踏み入れると、威勢のいい声が響いた。

神戸女子のビキニ姿が絶景!

「いらっしゃいませ~!」

左から、美月さん、愛華さん、里奈さん。キャストはノリの良い女のコが揃い、女子大生からOL、歯科助手、ダンサーなど幅広い

 絶景だ。中央にキラキラとしたランウェイが設置され、スタイル抜群の水着美女たちがズラリ。どこか南国のビーチリゾートを彷彿させる。そう、僕が求めていたのはコレです。

 テーブル席のほか、カウンターもあるので僕のようなお一人様でも安心して楽しめそう。さておき、まずは乾杯だ!


「出張で神戸に来たサラリーマンが、ふらりと寄ってくれることも多いんですよ」(美月さん)

モデル級美女が元気に接客、そのしぐさに思わず見惚れる

人気ナンバーワンの美月さんに鼻の下を伸ばすマエザワ。パーティプラン(※4人以上)を選べば、テーブル席で隣についてもらえる

 え、モデルさん?と目を疑ってしまうが、彼女は同店で人気ナンバーワンなのだとか。その美貌もさることながら、気になるのは谷間だ。ガン見していることに気づくと、彼女は頬を赤らめた。すかさず僕が変態モードに入る。もしかして濡れているの?

「まだです!」(同)

 どの女のコもとにかくテキパキとビールを運んだり下げたりしているわけだが、その動作に目が釘づけになってしまう。ここはパラダイスかよ……。



今回は顔出しNGだったキャストを含め、店内ではモデル顔負けのスタイル抜群な美女たちが元気に接客。彼女たちのひとつひとつのしぐさを目で追ってしまう(笑)

 酔いも回ってきたところで、みんなに好きな男性のタイプを聞けば、「お金持ち!」と声を揃える。いつか出世する、かもよ!

 ともあれ、やっぱりビールと水着の組み合わせは最高だと再確認した次第である。神戸三宮に再訪を誓うマエザワでした。

【★BEER BAR★RUNWAY】
住:兵庫県神戸市中央区下山手通2-10-3 カルガビル5F
電:078-321-2030
営:20:00~翌1:00
休:日曜
料:1人60分5000円(ワンドリンク・ワンフード制)、各種パーティプランもアリ ※税サ別
https://www.k-runway.com/
撮影/長谷英史

“透視能力”があったなら……禁断の夢が秋葉原で叶った!

 締め切りに追われ、日中は館詰でほとんど外に出る機会がなかった。フラフラしながらも街に繰り出してみると、すっかり気候が暖かくなっていた。いつの間に衣替えが済んだのか、道行く女性もずいぶんと薄着になっている。

 そこで、ふと思った。彼女はどんな下着なのだろうか。僕に透視能力があったらなあ……。

 おっと、イケない妄想だ! 恐らく、寝不足のせいでどうかしていたのかもしれない。

清純な彼女の下着はどんな?

 数日後、僕は秋葉原を訪れていた。この地は現在、コンセプト系の店が群雄割拠。実は、そのなかで見つけてしまったのだ。

 ここは、「Cafe Bar ZERO~ぼくは透視能力を身につけた!~」。僕の願望が店名そのまま。入り口には紫色の小さな瓶が置かれている。目の前のモニターに映像が映し出されると、博士による説明が始まる。どうやら、瓶に入った液体は“魔法の水”で、体に浴びると透視能力が得られるのだとか。さっそく吹きかけてみる。果たして、効果はあるのか。

入り口には古代より伝わる”魔法の水”が置かれており、体にひと吹きすれば、あら不思議。透視能力が得られるという(※設定)

「いらっしゃいませ~」

 メイド服のみなさんと、体操着の杏蜜さんがお出迎え。

美女の衣装が透けて見える!?

みなさん(右)と杏蜜さん(左)。休日はコスプレイヤーとして活動。在籍するキャストにはアニメやコスプレ好きが多いとのこと

 思わず目を疑った。み、見えるぞ……。ロリフェイスの2人だが、意外と大人っぽい下着をつけているのだな。感慨に耽りつつ、うっかりガン見していると、「どうかしましたか?」と杏蜜さん。どうやら僕が透視能力をもっていることはバレていないらしい。ただ、気をつけなければ。

 透視能力の効果は、服が透けて見えることだけではない。カウンターに座ってメニューに目を通すと、なんと透明。続いて、糸こんにゃくのお通しが出てきた。

 その器も透明なのである。ドリンクを注文すると、彼女たちがせっせと作ってくれるのだが、何げない動作でもセクシーさを感じてしまう。眼福である。

当然ながら下着は自前。会話の最中はもちろん、お酒を準備する動作がエロく見える。


普段の何げない動作が眼福、ガン見してもバレていない!?

 不器用な僕は、もはや会話も上の空。みなさんの胸元で存在感を放つ、大胆なヒョウ柄に目を奪われていると、名札にQRコードがあることに気づいた。

目の前に広がる眼福な光景を(ガン見がバレないように注意しながら)楽しもう

「ツイッターのアカウントに飛べるんですよ」(みなさん)

 なるほど。スマホで読み込む際に、接近できるじゃないか!

 そんな鼻息の荒い僕を、みなさんが不思議そうに見ていた。

 こうして、あっという間に時が過ぎた。最後に杏蜜さんと一緒にチェキを撮り、店を出た。帰路の途中、道行く女性は透けて見えなかった。あれは夢だったのか。

 家のベッドで余韻に浸ろうと、チェキの写真を取り出す。そこには、間抜けな顔をした僕と、杏蜜さんの下着姿がしっかりと写されていたのだった――。

【Cafe Bar ZERO~ぼくは透視能力を身につけた!~】
住:東京都千代田区神田佐久間町1-16-1 大橋ビル4F
電:03-3526-2235
営:19:00~23:3
休:不定休
料:飲み放題50分2500円(19:00~21:00)、3500円(21:00~23:30)、チェキ1000円※税サ別
https://barzero.site/
撮影/長谷英史

チアガールとの掛け合いでヴァイブス高まる渋谷・道玄坂の夜

 もう4月で新年度が始まったというのに、一向に出世する気配もなく、それどころか失敗ばかりのマエザワです。10年以上前から公私共に渋谷を拠点にしてきた僕。道玄坂の入り口にあるミニストップには灰皿が置かれており(※現在は撤去)、いつも仕事終わりに一服するのがルーティンだった。煙草の煙をくゆらせながら、今日一日を振り返る。ああ、またやっちまったな。いっそ、もう辞めちまおうか。いや、齢30を過ぎた今、そんな簡単にはいかないだろう。ココに来ると、いろんな感情が涌き上がってくるのだが、なぜだか少しほっと安心できる。

 そんなミニストップの前からふと顔を上げると、いつも気になっていた店がある。

ふと見上げれば希望の光が……

 さまざまな飲食店が立ち並ぶ渋谷マークシティの隣。いつものようにミニストップまで来ると、その足で目の前にそびえ立つ雑居ビルの急勾配の階段をのぼる。

 今回のお目当ては「Cheer up Tokyo」の渋谷店だ。この街に長くいるが、実際に訪れるのは初めてだ。扉を開けると、チアガールの衣装を身にまとった美女たちの大きな声が響いた!

「いらっしゃいませ~」

左から、marieさん、クリスティーナさん、ゆきなさん。チアガールのユニフォームを着た美女たちがお疲れリーマンに元気を注入!

 キャストは女子大生を中心に、海外からの留学生まで在籍し、明るい性格の女のコたちがそろう。

キュートなチアガールがお疲れリーマンに元気を注入!

 さて、どんなにタフなスーパーサラリーマンであれ、24時間365日すべてを頑張り続けることは不可能に近いが、同店のコンセプトは「(皆さんを)元気づけること」だという。

 スポーツの場において、チアガールの魅力といえば、躍動感あふれるダンスと、観客を交えた掛け合い。それに鼓舞された選手は、いつも以上の実力を発揮できるというものだ。

 同店の名物だというチアーズドリンクを注文すると、人気アイドルグループの音楽が流れ、キレッキレのダンスと歌が披露される。合間に威勢のいい掛け声が入ると、店内の客を巻き込みながら一体となって乾杯だ。

 ちなみに、キャストたちで組まれたユニットで昨年メジャーデビューも果たしているとか。1時間に一回、ダンスタイムもある。

ファイファイファイト! 歌とダンスで盛り上がる

 こうしてチアガールたちの歌とダンスを楽しみつつ、宵が深まっていく。気がつけば、仕事の悩みが吹き飛んでいった。

 そろそろ帰ろうか。席を立ち、店を後にしようとすると、最後に「いま頑張っていることはなんですか?」と問われた。もちろん、仕事である。すると、チアガールたちが僕を取り囲み、円陣を組み始めたのだ。

「マエザワさんの明日からの仕事が、さらに頑張れますように。レッツゴーチア、ファイファイファイト、オ~ラ~イ♪」

 なんと粋な計らい。もしも仕事で勝負をかけたいときや、悩んでいたり、疲れていたりするときには、パワーチャージに訪れてみてはどうだろうか。

チアガールに応援してもらいながら乾杯できるチアーズドリンク(2000円)が名物。みんなで一緒に盛り上がれる。帰り際には円陣を組んでもらうサービスも

【Cheer up Tokyo SHIBUYA】
住:東京都渋谷区道玄坂2-7-4 清水ビル2F
電:03-6416-5205
営:月~木 18:30~24:00(LO 23:40)、金・土18:30~翌2:00(LO 1:40)
休:日・祝
飲み放題30分1500円(男性)、500円(女性) ※税別
http://cheeruptokyo.com/
撮影/長谷英史

都心に負けない! ハイクオリティなショーが楽しめる向ヶ丘遊園の穴場

 インターネットが発達し、情報が手に入りやすくなった昨今。事前に検索すれば、東京都内の店ならハズレを引くことはほとんどなくなった。一方で、どんな嬢が出てくるのか、何が起こるのかわからない、未開の地を開拓するようなワクワク […]

池袋で発見! 女のコのお部屋に遊びに行く感覚でお酒が飲める店

 僕がおじさんになった証拠でしょうか。年齢を重ねるごとに、新たな感動を見つけることは難しくなった。一方で、忘れかけていた気持ちと再会した時に、感慨深くなることが増えた。それは、普段の夜遊びにおいても例外ではない——。前澤 […]

クラブさながらの店内でノリノリ! 下着姿の美女に眼福な新横浜の夜

 横浜生まれで横浜育ちの記者。地元を愛する“ハマッ子”というやつだ。以前より、せっかく本企画を担当しているのだから、地元の夜を盛り上げたいと思っていた。歓楽街としては関内が有名だが、それ以外の場所には、なかなか足を運ぶ機 […]

静岡駅周辺で唯一Tバックの美女とハッスルできる噂のキャバに突撃

 エロ本出版社時代は、さまざまな夜の店を取材してきたが、ヌキを封印された本稿でも下半身が滾る遊びはできないものか――思案していると、こんなLINEが届いた。 「静岡に面白い店があるらしいんですよ。Tバックの美女たちのショ […]

美女が片手に……歌舞伎町ド真ん中 謎のファミレスを潜入リポート!

 タマゴ改めマエザワです。本企画で記者が改名するのは前代未聞。夜の繁華街には多種多様な店が乱立していますが、「だれも開拓していない世界に挑戦する」という個人的な決意の表れです。  さて、改名1発目の今宵は、月光のようなネ […]

地方の出張族が最後に駆け込む東京駅八重洲口熟女キャバの宴

 サラリーマンが出張に行った際、現地での夜遊びも楽しみの一つである。仕事の反省もそこそこに、頑張った自分へのご褒美だ。帰りの新幹線では仲良くなった嬢との思い出に後ろ髪を引かれつつも、現実に戻っていく。全国各地を飛び回る記 […]

まるで海外気分! 外国人メイドと国際交流できるアキバの新名所

 学生時代はバックパッカーだったタマゴです。昔から外国人女性が好みのタイプだった。フィリピンやタイなどのアジアを中心に、一期一会の出会いを楽しんできた。今でも暇さえあれば海外を旅しているが、現実は仕事が忙しく、その機会は […]