新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

港町・横浜が誇る夜遊びの要所。セクシー水兵たちの大型ガールズバー

 横浜で生まれ育った記者。夜遊びを知ったのもこの街。出版社に勤めるようになってからは東京都内が活動拠点になったが、地元への愛は変わらない。いつか恩返しがしたいと思っていた。昨年から始まったコロナ禍。今、横浜の街はどうなっているのか。ずっと気になっていた。そこで、久しぶりに訪れてみることにしたのだった。

俺の夜 横浜駅に降り立ち、ぐるりと回ってみる。多くの酔客で賑わっている一方、休業中の店も少なくなかった。いったい、どこに行けばいいのやら……。思案していると、あるガールズバーの軒先で「姉妹店の『横浜NAVY』にて合同営業中」との貼り紙を発見。とりあえず、向かってみることに。

コロナ禍で大打撃も起死回生の「昼営業」

 同店の入るビルは、横浜駅きた西口の繁華街・鶴屋町にあった。エレベーターの扉が開くと、船の舵輪の看板が目に入る。足を踏み入れると、そこは別世界!

俺の夜

写真左から、れなさん、ひなさん、なみねさん、かんなさん。キャストは海軍風のセクシーな制服。横浜で圧倒的な美女率の高さを誇る

 ラグジュアリーな店内に、モデル級の美女たちが闊歩する。衣装は水兵をモチーフにしたもので、港町・横浜らしい。そのセクシーな姿に思わず見惚れてしまう。さっそく席に着いて乾杯だ。高級店さながらの雰囲気にもかかわらず、1セット60分2200円(13~20時)とリーズナブル。

 これまで数多くのガールズバーを取材してきたが、都内でもこのクラスの店はなかなかないだろう。それもそのはず。同店は横浜を中心に全国展開するキャバクラ大手プリンスグループが運営する。とはいえ、コロナ禍の影響は少なくなかった。スタイル抜群のれなさんに声をかけてみると……。

「じつはCAを目指していたんです。でも、航空業界が大打撃を受けて。就職先を考え直さないと」

俺の夜

キャストの在籍100人以上の同店。女子大生からCAの卵まで層が厚く、素人とは思えないほどの美女にドキッとしてしまうことも……

ゴージャスな店内にモデル級の美女がズラリ

 昨年、緊急事態宣言が発令された際には、グループ全店が休業することに。店舗責任者の男性が当時をこう振り返る。

「ただ、このまま何もせずに待っているだけでは潰れてしまう。そこで、しっかりコロナ対策をしたうえで、この店だけは昼営業で開けさせてもらったんです」

俺の夜 現在は13時から開店しており、昼からでも楽しめるという。

 女子大生のひなさんが話す。

「飲食店の休業などでアルバイトができるところも少ないなかで本当に助かりましたね。一方、お客さんには“横浜で遊ぶ場所に困ったらココに来ればいい”と認識してもらえたみたいです」

 こうして横浜の街を守り続けた同店。状況に合わせて系列店と合同営業なども実施。その結果、なんとか持ち直したんだとか。

親しみやすい接客と思わず見惚れる美しさ

俺の夜

年中無休で、現在は13時よりオープン。昼からでも乾杯ができる。横浜の夜遊び好きの間では「行く店に困ったらいつでもココに来れば大丈夫」と知られているとか

 取材時は系列店のメイドさんも同じ空間で働いていた。コロナ禍ならではの光景と言えよう。さらに当日は、女子高生の制服イベントだった。あらゆる衣装の美女がフロアを行き来する。まさに、夢のような状態。横浜の底力を実感すると同時に、その良さを改めて再認識したのである。

 ちなみに先日は、「下向きになりがちな今だからこそ」ということで、夏を先取りした水着イベントが行われたらしい。これだけの美女が揃っているのだから、さぞ眼福に違いない。次回開催時には、絶対に横浜まで戻ってこようと誓う(笑)。今後もコロナの動向には十分注意しながらナイトライフを楽しんでほしい。

俺の夜【横浜NAVY】
住:神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-16-6 レスポアール295ビル5F
電:045-548-3892
営:飲み放題60分2200円(13~20時)、3300円(20~22時)、4400円(22~翌5時)
最新情報はHPでチェック!

※営業時間や定休日が変更になる可能性があります。最新情報は店舗にお問い合わせください

撮影/長谷英史

湯島の路地裏に「気絶」の看板。謎の店に潜入したら居心地最高だった

 ようやく緊急事態宣言が明けた。僕も記者の端くれとして、刻一刻と変化する状況を報じてきたわけだが、正直ヘトヘトである。これは“やりがい”のある仕事だ。コロナ禍に突入してから「だれかのため」と無我夢中で走り続けた。しかし、ふと気づけば「自分のため」はどこへいった。果たして、これでいいのだろうか――。

俺の夜 上野のサウナで自問自答を繰り返し、答えが見つからないまま不忍池の周辺を歩く。そして、うつむき加減で湯島の裏通りまで来たときだった。足元に「気絶」と書かれた額縁が。どうやら店の看板らしい。見上げればスナックなどが入る雑居ビル。気になってしまい、僕は潜入してみることにした。

「萌え」の強要がない素のままでいられる場

「あ、こんにちは~」

写真左から休符さん、もも花さん、わたなべそうさん。男性のメイドも在籍する。漫画やアニメなど、それぞれ会話の得意分野があるとか

 メイド姿の男女がゆるりと出迎える。昔ながらのスナック然とした店内は多くの客で賑わっており、メイドたちは、まるで友達のように接している。そもそもお決まりの挨拶と言えば、「お帰りなさいませ、ご主人様」ではないのか。いわゆるメイドカフェとは、どこか様子が異なるのだ。

「萌えの強要っぽいのはしたくないんですよね」

 そう教えてくれたのは、カウンターにいた店主のかすやかずのりさん。ここは“疲れ果てて気を失ったメイドたちが見ている夢の世界”というコンセプトのもと、自分の好きなものを集めたのだという。店の奥には、大きな本棚。漫画やゲーム関連を中心にさまざまな書籍が並ぶ。お酒やソフトドリンクを飲みながら自由に読書ができるらしい。

俺の夜

店内にはあらゆる本が並び、メイドと好きなシーンの話で盛り上がることも。ちなみに漫画『スラムダンク』は世代を超えて通じる

 置かれていた漫画『スラムダンク』を手に取る。パラパラとめくっていると、懐かしいページが目に留まる。すると、「そのシーンいいですよね、僕も好きなんです!」とわたなべそうさん。あの桜木と流川がね、と世代を超えて会話に花が咲く。

サブカル好き集合!本や趣味の話を楽しもう

 やっぱり、趣味嗜好を共有できるとうれしい。休符さんが言う。

「読書に専念するコースもあるけど、2回目からは普通におしゃべりに来るお客さんが多いかな」

 同店のメイドたちは、それぞれ何かしらサブカル系の話題を得意としている。そんな個性的な店が湯島にあるとTwitterを通して徐々に広まり、「自分の好きなことを話したい」という客が集まってきたそうだ。実は、もも花さんも最初は客のひとりだった。

「お客さんとして来てみたら、あまりの居心地のよさに『私も働かせてください』って」

俺の夜 本棚には、憧れの沢木耕太郎の名著を何冊も発見。かつて僕は『深夜特急』に影響されて、世界中をバックパッカースタイルで旅した。記者という職業柄、普段は聞き手に回ることの多い僕だが、お酒の力も手伝ってか、自分の過去を“素のまま”で話していた。ほろ酔い加減のかすやさんが、こう打ち明ける。

まるで馴染みのスナックにメイドがいるような新感覚

俺の夜

スナックのような雰囲気の同店で「数少ない“映え”メニュー」というクリームソーダ(880円)

俺の夜

メイドにごちそうすることも可能だ

「もともとは広告業界にいて、フリーでデザインやコピーライティングもしていました。ただ、“やりがい搾取”などの構造的な部分が心底嫌になってしまって。自分が求めている場所は、自分でつくるしかないのかなと考えて」

 こうして誕生したのが「本とメイドの店 気絶」なのだとか。

 さて、もちろん「だれかのため」と思うことは非常に大きな力を生み出してくれるが、それだけでは消耗してしまう。たまには、純粋に「自分のため」の場があってもいいのではないか。改めて、そう実感したのである。

俺の夜

メイドといえば定番のチェキ撮影(550円)。休符さんと来店記念にツーショットをパシャリ。手描きでかわいらしく仕上げてくれた

 メイドたちと過ごした夢のような一夜。翌朝、目が覚めると心がふっと軽くなっていた。

【本とメイドの店 気絶】
住:東京都文京区湯島3-46-6 TS 天神下ビル6F
電:050-3698-7008
営:13~21時(平日)、12~21時(土日)
料:はじめましてコース60分2200円(ドリンク2杯+チェキ券)
詳細はTwitter(@k_i_z_e_t_s_u)で随時更新

撮影/長谷英史

年始の夜遊びはパジャマ美女と宅飲み気分でウォームアップ

 年末年始、すでに世間が長期休暇に入るなか、僕は本企画「俺の夜」の取材の調整を進めていた。コロナ禍ということで、多くの人が自宅でダラダラと過ごしていたはず。

 今回は、パジャマ姿の女のコたちと“家気分”でまったりと楽しめるガールズバーで徐々に夜遊びのウォームアップをしていこうじゃないか……という趣旨でお届けするつもりだったのだが、入稿日が目前に迫るなか、2度目となる「緊急事態宣言」の発令が決まったのだ。

俺の夜

キャストはモコモコのパジャマ「ジェラピケ」を着用。右から、かなうさん、ひめのさん、あいさん。全員ピチピチ(死語!?)の20歳

 先行きは不透明。そこで急遽、本来の楽しみ方に追加して、現状のリアルな本音もお伝えしたい。

“おうち時間”さながらのパジャマ姿に胸キュン

オールの宅飲みノリでまったりワイワイ!

 今回訪れたのは京王井の頭線・吉祥寺駅から徒歩1分ほどにある「Laugh Tale」というガールズバーだ。キャストは全員パジャマ姿。

俺の夜

ミニゲームが豊富に用意されているので、初対面の相手との会話が苦手でも安心。負けたら気前よくお酒を奢ってあげるのが紳士

「いらっしゃいませ~」

 カラフルに飾られた店内から黄色い声が響く。それと同時に、検温器を片手に駆け寄ってくる。

「大丈夫です、どうぞ!」

一瞬で打ち解けられる!みんなでミニゲームを楽しもう

 さっそく席に着いて乾杯すると、パジャマからかなうさんの大きな谷間が見えそうで……見えない(笑)。パジャマならではの無防備な感じがたまらない。店には、数々のミニゲームも用意されている。

俺の夜

くじ付きのクレーンゲームが200円でプレイ可能。年始の運試しに挑戦してみたところ、来月のコスプレイベント決定権を得た!

 年始の運試しをするため、くじ付きのクレーンゲームに挑戦。すると、「コスプレイベント決定権」を引き当てた。同店はイベントが盛んで、月2回は開催されているらしい。

俺の夜 もともと、ギャル雑誌の編集者だった僕は「女子高生の制服」をリクエストしておいた。また、店内にはカラオケが設置されており、歌が得意だというあいさんが「紅蓮華」を披露する。言葉を失うほどに上手。じつは彼女、大学で音楽を専攻しているというのだ。ところが昨年は……。

「コロナのおかげでキャンパスにぜんぜん通えませんでした」

 いま、ほとんどの大学はオンライン授業になっているが、実技系の場合はパソコンの画面越しでは満足に学習できない現実があるという。一方、同じく大学生のひめのさんがこう話す。

「授業がオンラインになったおかげで、この店で働けるようになったので良かった面もあります」

俺の夜

同店は大学生をはじめ、20代前半のキャストが中心。女のコの無防備なパジャマ姿のおかげか、こちらも素に近い感覚でくつろげる

オールの宅飲みノリでまったりワイワイ!

 朝パソコンを立ち上げれば授業に参加できるので、化粧や着替えの手間、通学時間などが省ける。そして、夜遅くまでアルバイトが可能になったのだ。3人は学費を稼ぐなど、将来の夢を叶えるために夜の扉を開いたという。ここでの出会いが自分を変えるきっかけにもなったと話す。

 だが先日、奇しくも2度目の緊急事態宣言が出されることに。だれもが不安な現状がある。

 経営者の男性が本音を漏らす。

「もしも罰則がなければ、店と従業員を守っていくため、通常どおり営業したいところですが……。今後は、昼の営業に切り替えることも検討していますね」

俺の夜 コロナの動向には注視しながら、楽しく生きる方法を模索していくしかないのである。

【Laugh Tale】
住:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-5-9くまもとビル 6F
電:0422-69-3476
料:1セット60分3000円飲み放題(ビール・焼酎・ハイボール・ソフトドリンク等)※税サ別
今後の詳細は「ポケパラ」で更新予定。

撮影/長谷英史

ひとり忘年会もいいじゃない。湯島の小料理屋で美人女将と乾杯

 忘年会の季節である。しかし世の中がこんな状況では、みんなで集まって飲み会などできそうもない。今年はひとりで飲むべきか。とはいえ、ぼっちでキャバクラやガールズバーに行くのは余計に寂しい。若いコのノリに気圧されてしまいそう […]

赤坂の中心で「カワイイ」と叫ぶ。アイドルたちの夢に酔いしれた夜

 記者になることが僕の夢だった。紆余曲折ありながら、なんとか叶えることができた。いつしか僕の夢は、記事を書くことで「だれかの夢を応援すること」に変わった。だからこそ、毎日忙しい仕事にも耐えられる。  大きな夢を追いかけて […]

五反田に出現した龍宮城さながらの水着ガールズバーで夏の続きを味わう

 先月、ツイッターの某キャンペーンで10万円が当選した(実話)。  仕事熱心な僕は、本企画の軍資金として有効活用することを決意したわけだが、さて、どこに向かおうか。今夏は、コロナのおかげで大好きな海には行けずじまい。水着 […]

繁華街を避けて日暮里の駅前でチアガールに元気をもらった夜

 コロナとのいたちごっこが続き、憂鬱な気分は当分晴れそうもない。  繁華街には近寄れそうもなく、もっぱら郊外のバーでひとり寂しく飲んでいるマエザワです。ツイッター上には前澤友作氏をはじめ、お金(10万円)を配ることで「み […]

六本木に誕生!ステージを楽しめて女性とも出会える会員制の穴場

 そろそろ外に出て酒が飲みたい、女のコとの新しい出会いが欲しい。そんなことを考えていた6月下旬、豪華なリムジンが突如、六本木の街に現れた。そこからセクシーな衣装に身を包んだ美女たちが次々と降りてきた。いったい何事か。   […]

外出せずにOK!アイドルたちとオンラインで昼夜遊び倒す

【俺の夜特別編「俺の遊び」】  ようやく全国で緊急事態宣言が解除。だが、感染拡大の第2波が懸念され、依然として外を出歩くことに対して厳しい目がある。そんななか、スマホやパソコンを使えばオンライン上でアイドルと遊び倒すこと […]

飲んで猫助け!? 大森の日本酒バルで女子アナのつくる酒と肴に酔う

 先日、大田区大森までサウナ目的に足を運んだマエザワです。凝り固まった心身をサウナでととのえた後は、渇いた喉を潤しておいしいご飯が食べたくなる。そこで先輩記者に電話をかけ、大森でオススメの店はないものかと相談してみると、 […]