新着
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


俺の夜

静岡駅周辺で唯一Tバックの美女とハッスルできる噂のキャバに突撃

 エロ本出版社時代は、さまざまな夜の店を取材してきたが、ヌキを封印された本稿でも下半身が滾る遊びはできないものか――思案していると、こんなLINEが届いた。

「静岡に面白い店があるらしいんですよ。Tバックの美女たちのショータイムが……。ぜひ真相を確かめに行ってくれませんか?」

 ワルヂエ氏からだ。かつて本企画を担当していた精鋭記者のひとり。地方都市のホットスポット発掘をライフワークにしている。

 都内でもキャストがTバックの店は少なくないが、それ以上のパフォーマンスがあるのであれば、実際に足を運んでみる価値がありそうだ。また、地方出張の楽しみといえば、現地ならではのグルメである。ついでに静岡名物のおでんが食べたい(笑)。

 そんなワケで後日、新幹線に乗って静岡へと向かった。

スカイタウンの店が「まじアツい」の声


 静岡駅周辺の繁華街といえば、両替町だ。まずは、おでん屋や居酒屋をハシゴしながら聞き込み調査を開始した。近くの席に座っていたサラリーマンなどにうかがってみると、だれもが「スカイタウン(ビル)の店がまじアツいですよ」と声を揃えて言う。もう我慢できない。さっそく、巷で話題のキャバクラ「ロッソ・ロゼリア」に突入してみた。

「いらっしゃいませ~!」

東海道の慰安所!? 限界ギリギリ桃尻娘たちの饗宴!


玲奈さん、恭子さん、ゆうさん

写真左から、玲奈さん、恭子さん、ゆうさん。キャストは今風のハイレベルな美女が揃い、超絶セクシーな水着姿を拝むことができる

 赤を基調にしたラグジュアリーな店内に嬌声が響く。目の前にはシャンデリアが輝いている。だが、それ以上に眩しいのがTバックの美女たちだ。店内を見渡してみると、新鮮な桃尻が豊作。席についてくれたのは、玲奈さん、恭子さん、ゆうさんの3人。

アゲアゲのキャスト

アゲアゲのキャストと乾杯。トークは下ネタでもOKだ

 彼女たちのナイスバディを酒の肴に乾杯。実は僕、エロ本で働いていた頃は、大のア●ル好きが高じて“コーモン王子”というペンネームで活動していた。ドン引きされると思いきや、「エロ~い。でも、下ネタも大好きですよ!」と恭子さん。詳細は割愛するが、当時のろくでもない武勇伝をヒートアップさせる。しばらくすると、店内の照明が薄暗く切り替わった。そして、ズンドコ系のBGMが流れ、「ギンギラタイムのお時間がやってまいりました~」とのマイクパフォーマンスが。玲奈さんが小声で「仰向けになって寝てくださいね」と耳打ちする。

何が起こるかわからないショータイムを体感せよ!


 果たして、何が起こるのか。なんと、3人が僕の上に乗っかってきた。顔面、股間、太ももに神経を集中させると、マイクの音頭に合わせ、彼女たちが激しく舞う。

魅惑のショータイム

照明が薄暗くなると、魅惑のショータイムに突入。

「女のコが激しく腰振って~、今度はセクシーにこすりつけて~」

DMA-PH-07-1204「ギンギンギラギラギンギンギラギラギンギンギラギラ~」

ショーは全部で4種類

幸福で満たされる。おっぱい押しつけやお尻サンドなど、ショーは全部で4種類

 かなりの密着度。興奮のあまり、次第に頭の中が真っ白になっていく。極上の癒やし。ここは天国なのか……。ショータイムは1セットで1回、全部で4種類あるらしい。この夜、思わず延長を決めたことは言うまでもない。

Tバック

ご覧のとおり、プリプリのお尻はTバック。いぇす!

【ロッソ・ロゼリア(rosso-roselea)】
住:静岡県静岡市葵区昭和町1-2 スカイタウンビル3F
電:054-269-4422
営:20:00~LAST
料:1セット50分7000円(鏡月飲み放題・ショータイムあり)※税サ別
●静岡駅から徒歩5分、詳細は公式ホームページ(https://rosso-roselea.com/)まで

撮影/長谷英史

美女が片手に……歌舞伎町ド真ん中 謎のファミレスを潜入リポート!

 タマゴ改めマエザワです。本企画で記者が改名するのは前代未聞。夜の繁華街には多種多様な店が乱立していますが、「だれも開拓していない世界に挑戦する」という個人的な決意の表れです。

 さて、改名1発目の今宵は、月光のようなネオンが輝く歌舞伎町を月面探検。フラフラと通りを歩いていると、ひとりの美少女が目に飛び込んできた。片手には「まんご」と書かれたボード。思わず二度見した。まん●って、一体なんの店……?

「まん●ではなく、まんごです」

バイブと「まんご」

バイブと「まんご」のボードを手にするみれいさんとオーナー

 僕はとんだ勘違いをしてしまったらしい。マンゴージュースが飲めて食事もできる“ガールズファミレス”だというのだ。それはそれで気になる……。

 というワケで、今回は彼女が立っていた目の前の店に入ってみることにしたのだ。

「まんご」の正体はガールズファミレス


DMA-PH-05 訪れたのは「SPECIAL」という店だ。ともあれ、あの紛らわしい(!?)ボードの真意とはなんだったのか。普段は女子大生のみれいさんが説明する。

「たくさんの店があるなかで、路上では声かけもできない。実は、私が考えたんですよ」

女子大生からバンギャまで個性豊かな美少女が在籍!


 条例で客引き行為は禁止されている。周囲にはギラギラした目立つ店が多いなかで、さりげなく気を引くためのアイデアらしい。その商才に感心してしまったが、店内では多くの美少女たちがワイワイと黄色い声を上げていた。

 清楚系からバンギャまで、さまざまなタイプが見受けられる。うん、悪くないぞ(笑)。

十条さん、まいさん、みれいさん

写真左から、十条さん、まいさん、みれいさん。キャストは総勢40人以上が在籍しているらしく、自分好みの女のコが見つかるはず


お酒を楽しむだけじゃない! 高コスパなフードにも大満足


 通常のガールズバーでは、フードの質は期待できず、レンチンも珍しくない。しかし、同店ではシェフの手作りだという。注目すべきは値段だ。ランチタイムであれば、とんかつプレートが400円で食べられるなど、コスパが高い。お酒はもちろんだが、食事を目当てに訪れる客も多いらしい。

フローズンケーキのプレート

フローズンケーキのプレート1400円

かなさん

秋葉原でメイドだったかなさん。オムライス600円 ※夜は1000円

お約束

お約束の「あ~ん」をしてもらい大喜びの記者

 ここで、ふとテーブルに目をやると、なぜかバイブが置いてある。酔いが回ってきたこともあり、「オナニーはするの?」という言葉が口から出てしまった。こうした下ネタは女のコから嫌がられてしまう場合もあるので気をつけなければならない。

 だが、みれいさんからは意外なひと言が返ってきた。

「実は私、幼稚園の頃からひとりエッチしてるんですよ」

DMA-PH-04 こんな美少女がマジか。思わず童貞のような反応をしてしまった僕。だが、それを堂々と言える姿に大物の予感がした。

 将来の夢も聞いておかねば。

「アダルトグッズメーカーを立ち上げて、女社長になりたい。性に対して女性はオープンにしにくい風潮があるけど、偏見とかもなくしていきたいですね」

 彼女を応援したくなる。総勢40人以上、若いキャストが多い同店だが、“推し”を探すのも楽しみのひとつなのかもしれない。

【SPECIAL】
住 東京都新宿区歌舞伎町1-7-1 J2ビル2階
電 03-6380-3011
営 12:00~LAST
料 1セット40分1200円(12:00~14:00)、1500円(14:00~17:00)、2000円(17:00~LAST)
ビール・焼酎・ウイスキーなど飲み放題、ランチタイムはフード400円~ ※税サ別

撮影/長谷英史

地方の出張族が最後に駆け込む東京駅八重洲口熟女キャバの宴

 サラリーマンが出張に行った際、現地での夜遊びも楽しみの一つである。仕事の反省もそこそこに、頑張った自分へのご褒美だ。帰りの新幹線では仲良くなった嬢との思い出に後ろ髪を引かれつつも、現実に戻っていく。全国各地を飛び回る記者としてもその名残惜しい気持ちはよくわかる。できることなら最後の1分1秒まで無駄にしたくない、でも財布の中身と体力は限界寸前……。

 そんなニーズに応えてか、丸の内や大手町などビジネスの中心地から近く、新幹線の発着駅でもある東京駅の八重洲口付近に出張族向けの安キャバが増えているとの噂を耳にしていた。とはいえ、首都圏在住の僕があえて東京駅付近で遊ぶ機会はこれまでなかったのだ。そこで、今回は実態を調査してみることにした。

新幹線の終電まで遊び尽くしたい!


DMA-PH-04 東京駅八重洲口を出て仲通りをふらりと回ってみると、居酒屋やカラオケに交じって、確かにキャバクラの看板がチラホラ。気になったのが“1セット2900円”と書かれた「美熟女クラブA(エース)」という店だ。安い、安すぎる……。激安店には「モンスターが出てくるのではないか」という不安がつきまとうが、恐る恐る扉を開けてみた。

「いらっしゃいませ~」

 出迎えてくれたのは清楚な雰囲気のお姉さんたちだ。モンスターどころか想像以上の美女揃い。

キャスト

左上から時計回りに、りかさん、あおさん、ひとみさん、ママのかずかさん。キャストは30代が中心で、昼職をしている女性も多い


“激安・熟女”と侮るなかれ!


「突然すみません、取材させていただいても大丈夫ですか?」

「えっと、うちは昼間は普通に働いている女性ばかりなので……」

 昼職の都合上、顔出しできる女のコが限られているらしい。一瞬、断られるかと思ったが、なんとか無事に撮影も快諾してもらい席に着いたのだった。

熟女

「熟女」とはいえ、清楚な雰囲気の美女がズラリ

「新幹線の終電ギリギリまで遊んでいく出張族のサラリーマンが多いですよ」(かずかママ)

 どうやら噂は本当だったようだ。彼らにとって、同店はどんな位置づけになっているのか。

ワイワイするのもよし! 悩み相談するのもよし!


りかさん

りかさんは元芸能人。過去にはドラマやCMにも多数出演

「いろんな東京の店をハシゴして、女のコがどうだったか感想を報告に来る常連さんも中にはいますね(笑)」(りか)

 東京にはさまざまな夜遊びが存在しているが、最後に熟女でシメるのが地方在住の出張族の定番コースとなっているらしい。

基本料金

基本料金が激安なぶん、ボトルを入れたらモテモテ。普段は言えないような悩みを相談できるのも熟女ならでは

 酔いが回るにつれてヒートアップする僕の下ネタをサラリと受け流すあおさん。気づくと傷ついた心まで癒やしてくれている……。

 ひとみさんは「よそでは言えない悩みを吐き出していくお客さんが多い」というが、豊富な人生経験からくる包容力を実感。出張ではなくとも東京駅の八重洲口に通おうと心に決めたタマゴでした!

DMA-PH-06【美熟女クラブA(エース)】
住 東京都中央区八重洲1-7-10 中坪ビル7階
電 03-3274-0220
営 19:00~25:00
休 日
料 1セット45分2900円(焼酎・ウイスキー飲み放題、フード持ち込み無料、出前も可能)、指名料・場内指名料1000円 ※税サ込
http://www.tokyo-jukujo.com/

撮影/長谷英史

まるで海外気分! 外国人メイドと国際交流できるアキバの新名所

 学生時代はバックパッカーだったタマゴです。昔から外国人女性が好みのタイプだった。フィリピンやタイなどのアジアを中心に、一期一会の出会いを楽しんできた。今でも暇さえあれば海外を旅しているが、現実は仕事が忙しく、その機会は […]

現役のアイドルと会える→飲めるへ…新宿・歌舞伎町の“飲みドル”スナック

 夢を持つ若者たちはいつだって輝いて見えるものだ。僕は幼い頃、ヒーローになりたかった。しかし現実はそうもいかず、社会の歯車としてあくせくと働く毎日。  アイドルブームと呼ばれて久しいが、その陰には彼女たちを応援するおじさ […]

<奇跡の30歳を探す旅 1>パリピの聖地 渋谷・道玄坂で年相応に遊ぶ!

 今年で『週刊SPA!』が30周年を迎える。そこで本誌の誕生と共に産声をあげた「奇跡の30歳を探せ」という指令が下されたわけだが、30歳といえば、若さばかりがウリのキャストとは異なり、それなりの人生経験からアジや深みが増 […]