TOP
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


俺の夜

現役のアイドルと会える→飲めるへ…新宿・歌舞伎町の“飲みドル”スナック

 夢を持つ若者たちはいつだって輝いて見えるものだ。僕は幼い頃、ヒーローになりたかった。しかし現実はそうもいかず、社会の歯車としてあくせくと働く毎日。

 アイドルブームと呼ばれて久しいが、その陰には彼女たちを応援するおじさんたちの存在がある。かつてティーン誌で編集者をしていた僕。そのやりがいと言えば、若者たちが夢を叶える手助けをすることだった。自分が発掘し育てた読者モデルが有名になり、アパレルブランドを立ち上げたり、大きなクライアントの広告に起用されたり、テレビに出演したり。

 だから、アイドルにハマるおじさんたちの気持ちも大体わかる。アイドルが持つ夢は、おじさんたちが果たせなかった青春の残滓でもあり、希望の光なのだ……。

 場所は歌舞伎町。現役の地下アイドルたちを応援しながら、一緒に飲めるスナックがあるらしい。

お酒を飲むことが活動資金につながる


DMA-PH-04 やってきたのは“飲みドル”として活動する「エイトカンパニー」がプロデュースする店だ。普段はライブやラジオ出演する傍ら、メンバーが日替わりで出勤。扉を開けると、セクシーなミニスカOLの衣装で出迎えてくれた。

「いらっしゃいませ~」

 自身も現役アイドルでありながら、ママとしてスナックを切り盛りするのはセクシー社長こと倉本あやちゃん。

店員は皆、現役アイドル

前列が倉本あやちゃん。後列左から、魁桃ちゃん、田邉絵莉ちゃん、アスカピアスちゃん、田中らいらちゃん。店員は皆、現役アイドル

「私たちがアイドルとして活動できるのも、お客さんが飲みに来てくれるおかげなんです」

 店内は多くのファンで賑わっている。なかには毎回ライブを見に行き、そのまま飲みに来るという人も。壁にはファンが描いたメンバーの似顔絵なども飾られており、「俺が一緒になってこのコをメジャーに!」というファンの並々ならぬ気概が感じられた。

 実際のところ、一部のメジャーなアイドルを除き、多くの女のコが副業やアルバイトをしなければ食べていけない現実があることは周知の事実。それならば、と倉本ママがオープンさせたのが同店だという。要するに、スナックで稼いだお金が、アイドル活動の資金となるらしい。それならば……。

「飲むしか~ないないな~い♪」

飲みドル

飲みドルのメンバーが日替わりで出勤。店を盛り上げる

 彼女たちのオリジナル曲の歌詞だというコールに煽られつつも乾杯。お酒が進むにつれて、気になるのは彼女たちの夢だ。

人生楽しまなきゃそん! 飲むしかないないな~い♪


カラオケ

カラオケでオリジナル曲を披露してもらったり、即席の握手会をしてもらったり、アイドルならではの楽しみ方ができる。

「名曲を残したい!」(アスカ)

「東京アイドルフェスティバルに出たい!」(魁&田邉)

「キングオブコントに出場して優勝すること!」(田中)

ぴくにっ区

アイドルユニット「ぴくにっ区」としても活動中の2人

 ここらへんはいわゆる地下アイドルの定番の夢だが、気になったのは倉本ママのこんな夢。

「東京ドームで飲み会ライブをすること。会場にテキーラの雨を降らせたい!」(倉本)

DMA-PH-06 いつの日か彼女たちがブレイクし、もっと大きな舞台でドンチャン騒ぎができれば何よりだ。とはいえ内心、遠くには行かないでね……そんな気持ちもありつつ、テキーラを飲み干すタマゴでした。
うこんゼリー

メンバーの写真がパッケージにプリントされた「うこんゼリー」も購入可能だ

DMA-PH-08【飲みドル∞スナック】
住 東京都新宿区歌舞伎町2-28-16 サチビル4階
電 03-6205-9847
営 【一部】20:00~24:00/【二部】24:00~ラスト
休 不定休
料 初回のみ1時間4000円、以降5000円(飲み放題)

撮影/長谷英史

<奇跡の30歳を探す旅 1>パリピの聖地 渋谷・道玄坂で年相応に遊ぶ!

 今年で『週刊SPA!』が30周年を迎える。そこで本誌の誕生と共に産声をあげた「奇跡の30歳を探せ」という指令が下されたわけだが、30歳といえば、若さばかりがウリのキャストとは異なり、それなりの人生経験からアジや深みが増してくる頃。第1回を任命された新米記者のタマゴ。さて、どうしたものか。

マークシティ横の路地裏 とりあえず、渋谷でも行ってみるかな……実は某ギャル雑誌の編集者だった僕は、毎晩パリピたちのお尻を追っかけながら夜遊び事情を探ってきた。とはいえ、気づけば自分も34歳。爆音のCLUBや肩肘張るようなキャバクラからは足が遠のきつつもある。新米記者らしからず、すっかりおじさん世代の仲間入りしてしまっているわけだが、若者の街・渋谷で、奇跡の30歳とゆっくり楽しめる店はないものか……。

渋谷にも安く飲める“スナック”が存在!


 渋谷のスクランブル交差点が苦手という人も少なくないと思うが、今風のファッションに身を包んだ若者たちを横目に、やってきたのはマークシティ横の路地裏。スナックとラウンジの中間的な「ROOP」という店だ。出迎えてくれたのは、ママのかおりさんとチーママのありささん。ともに’88年生まれ、今年で30歳。

左・かおりさん、右・ありささん

左・かおりさん、右・ありささん。2人とも’88年生まれ。今年で30歳になるママコンビ。キャストは20代半ばが中心で、スナックの割には若い女のコがそろう

「こないだ40代の常連のお客さんに『奇跡の30歳』として出演することを話したら笑われちゃったんですよ~」(かおり)

 そんなかおりさんはマルキュー店員だった時代があるらしい。当時、タマゴと顔ぐらい合わせていたかも? ともあれ、総じて客層が若い渋谷の飲食店のなかでも常連客は40代が多いという。

店内

店内は落ち着いた雰囲気で、渋谷とはいえパリピな客は皆無。カラオケもあるので、まったりとデュエットを楽しむのもアリだ

店内 ありささんは競馬が好きで、ギャンブルの話題で盛り上がることもあるそうだ。おじさんの扱いはお手のものといったところか。同店がオープンしたのは3年半前だったという。

30歳を目前に控えて一念発起!


「もともと2人とも渋谷でキャバ嬢をやっていたんです。でも将来どうするのか考えるようになって。ノリと勢いですが自分で店をやることに決めました」(かおり)

かおりさん 20代も後半に差し掛かると、だれもが人生を考える頃。

「この街の女のコは、だいたい26~27歳ぐらいが分岐点。銀座に移ったり、昼職を始めたり、結婚したり。辞めちゃう人も多いけど、やっぱり渋谷に長くいるから愛着もあるんです」(ありさ)

 かつて在籍していたキャバクラの店名を聞けば、若かりし日のタマゴが徹夜仕事を抜け出して足を運んだ記憶が思い起される。

 そんな思い出に目を細めつつも、実はこれまでスナックの内輪ノリが苦手で、避けていた部分もある。同店は30歳コンビが切り盛りするスナックだけあって、キャストは20代半ばが中心だが、「お客さんの空気を読んで、無理に絡んだりはしない」という。だからこそ、すんなりと打ち解けられた。若者の街・渋谷の“大人の一面”を覗くことのできた夜であった。

ガールズラウンジ渋谷 ROOP

渋谷のキャバクラで飲めば数万円は覚悟しなければならないが、同店はボトルキープ制で6000円~とお手頃。通ってしまいそう

【ガールズラウンジ渋谷 ROOP】
住:東京都渋谷区道玄坂1-7-10 新大宗ソシアルビル5F
電:03-5784-0177
営:20時~LAST
休:日・祝日
料:ボトル各種6000円~時間無制限 ※初回のみ1時間4000円でハウスボトル飲み放題(税サ別)

撮影/長谷英史