新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

アグレッシブな沖縄ギャルとテキーラで乾杯!in 那覇

 正月のおやすみムードから一転、バリバリ働きだした同僚についていけない俺。というか、11月ごろから全く仕事が手につかない。グラビア撮影のために訪れた沖縄で最高の“俺の夜”を過ごしてしまったばっかりに……! 東京の寒空を見上げては南の島を思う生活が続いているのだ。

リアルな沖縄の夜を満喫できる桃源郷

 11月初旬、上司の命を受け沖縄へと駆り出された俺と編集部員のコンドー。無事1泊2日のロケを終え、緊張感から解放された俺たちは、熱に浮かされたように夜の那覇を練り歩いていた。

 代表的な歓楽街である松山を中心に広がるキャバクラやガールズバーを見て回るが、どれも決め手に欠ける気がしてならない。せっかくの遠征、「絶対に失敗したくない」という気持ちに支配されてしまう。

俺の夜「沖縄まで行ったのに、ガールズバーには東京から出稼ぎにきた女のコばかりで新橋かと思った」という友人の経験談が脳裏をよぎる。このままでは埒が明かないと、名護に住むコーディネーターさんに一か八か連絡。「観光客が必ず楽しめるという名店があります」という言葉とともにDiveという店名を告げられた。

俺の夜

東京より安い価格帯の中でもテキーラ飲み放題は珍しいという。酒の種類は豊富で、泡盛などの地元の酒も揃う

ギャルが指南する夜の沖縄文化

 松山から少し東に外れた久茂地というところに位置するDive。那覇空港へのアクセスが良く、周囲にはホテルも多いエリアだ。店に入ってまず驚いたのは、テキーラまで飲み放題で60分3000円という料金の安さ。東京との違いに感動していると、カウンター越しにヒナちゃん、リリちゃん、チヨミちゃんと、3人の美女たちが登場。全員が沖縄出身だと聞いてテンションが上がる。

俺の夜

右からヒナちゃん、リリちゃん、チヨミちゃん。3人とも那覇の出身なので、人気の飲食店や穴場スポットも教えてくれた

2時間テキーラで乾杯し続けた。女性陣のテンションの高さとお酒の強さは沖縄ならではで、際どい質問にも答えてくれて楽しい[/caption]「この店のオーナーはもともと関東の人で、基本的に沖縄のコしか集めないのが店の方針なんだって。今日は11人いるけど、内地のコは一人もいないよ!」とヒナちゃんが気さくに教えてくれる。

俺の夜

沖縄のガールズバーにはほぼフードメニューがない。1時間に一度くらいの間隔でフードの売り子さんがきて、そこから購入する

俺の夜 それにしても、3人と話していて全く違和感を感じない。少しは方言が出るかと思ったが、那覇近辺に住む若いコは、標準語しか話さないという。話していくうちに、“沖縄のリアル”を教えてもらえるのが面白い。

「沖縄の人は基本泡盛を飲むの?」と尋ねると、皆顔をしかめる。「全然飲まないし、沖縄料理屋も行かないです(笑)」と一蹴するリリちゃん。「泡盛をブラックコーヒーで割って飲むのが現地の主流だって東京で聞いたんだけど……?」と聞くと、「何それ聞いたことなーい(笑)」と爆笑される俺たち。

終わることのないテキーラ合戦!

 唯一イメージ通り、いや、それ以上だと思ったのは、沖縄県民たちの凄まじい“酒量”だ。

「沖縄はお酒の好きな人が多いから、夜から翌日の朝9時くらいまで飲むのは当たり前。私たちも朝方までここで働いて、そのまま飲みにいくことが多いかな。最後まで残ったお客さんと盛り上がって、そのまま飲みにいっちゃったりもします(笑)」とチヨミちゃん。

俺の夜

2時間テキーラで乾杯し続けた。女性陣のテンションの高さとお酒の強さは沖縄ならではで、際どい質問にも答えてくれて楽しい

 なんというアグレッシブさ。確かに、東京とは違い女のコがガンガンお酒を飲んでいる。この店の売りであるというテキーラを何度も乾杯するうちに、双方のテンションが上がっていく。県民性なのだろうか、フランクな雰囲気にすぐ心を許してしまう。1時間で帰るつもりが、結果的に4時間滞在。4時間もいればそりゃ多少の値は張ったが、想定よりはかなり安かった。これを東京でやっていたら……と思うと足がすくんでしまう。締めのソーキそばをすすりながら、近いうちに再訪、いや、沖縄移住をコンドーと誓い合った。

俺の夜【Dive】
住:那覇市久茂地2-6-25 ランドマークくもじ3F
電:098-975-5453
営:20時~LAST
休:年中無休
料:60分飲み放題2000円~3000円。サービス料/チャージ料金なし。

システム詳細、営業情報はhttp://girlsbardive.com/をチェック

撮影/福澤卓弥

週刊SPA!が焼肉イベント開催。あまりの多幸感に酔いしれた夜

 とっても仲がいいことで社内でも評判の週刊SPA!編集部。仕事を終え、いつものようにデスクと喫煙所で談笑していると、突然「グラビアアイドルがさあ……焼肉焼いてくれたら嬉しくない?」と聞かれた。

 急に変な願望を伝えられて戸惑ったが、きっと疲れているのだろう。デスクともなると、ヒラ2年目の俺からは想像もつかないほどの業務量のはずだ。彼の身を案じながら「そうっすね(笑)」と生返事をして帰社すると、携帯に1件の通知が来ていた。Teamsに「焼肉SPA!」というグループができており、「グラビアアイドルの女のコを1日店長にした焼肉屋をSPA!で3日間やります」というメッセージが。

 いや、本気だったのかよ! と内心ツッコみつつ、デスクの行動の速さに感心。こうして、焼肉SPA!のプロジェクトはスタートしたのだった。

俺の夜

右が由良朱合ちゃん、左が山田南実ちゃん。同じ事務所の先輩後輩である2人は仲が良く、息ピッタリの接客を披露してくれた

 それから2か月、焼肉SPA!の看板を発注し、衣装を揃え、イベント情報を配信するなど奔走した俺。そのご褒美に最初のお客さんとして焼肉SPA!を体験できることに!

美女×焼肉の最強コンボで乾杯

 今回、俺を接客してくれたのは、店長の由良朱合ちゃんと、アシスタントの山田南実ちゃん。「いらっしゃいませ~」と入り口まで出迎えてくれた。大人気グラビアアイドルである2人が目の前にいる時点で夢のようだが、イベントはまだ始まったばかり。

俺の夜

カウンター越しに話せる近い距離感が魅力。女のコと飲み物を勧め合ったり、隣にいるお客さんとの会話が生まれるのも楽しかった

 おしぼりを渡し、「飲み物は何にしますか?」と気さくに話しかけてくれる朱合ちゃんと、ひとまずウーロンハイで乾杯する。一体何を話せばいいのか……と緊張していたケンビシだったが、そんな心配は杞憂だった。

どれくらいの焼き加減が好き?

 朱合ちゃんの持ち前の明るさと人懐っこさですぐに緊張はほぐれる。コースで運ばれてくる料理についても丁寧に説明してくれて、どれも本当においしい。料理や飲み物が運ばれてくるたびに自然と会話が生まれるのが嬉しかった。

俺の夜 ちなみに看板メニューの「和牛サーロインすき焼き風」は朱合ちゃんが目の前で焼いてくれるという特典付きだ。

「どれくらいの焼き加減が好き?ミディアム? レア?」

俺の夜

セクシーな衣装で丁寧に肉を焼いてくれた朱合ちゃん

俺の夜

肉自体のクオリティの高さにも驚きを隠せないケンビシだった

 と聞きながら俺のためだけに肉を焼いてくれる朱合ちゃん。デスク、あなたは間違ってません。最高です!

神イベントにもほどがある

 その後も、朱合ちゃんや南実ちゃんと談笑しながらザブトン、ヒレ、ハラミなど豪華な部位を堪能。そして驚いたのが、シメのおにぎりは朱合ちゃんお手製だということ。

俺の夜 憧れのグラビアアイドルが自分のためにおにぎりを作っているという謎の光景に脳がショートしそうになる。結構お腹もいっぱいになっていたが、朱合ちゃんに「おにぎり大きくなっちゃったけど大丈夫かな?」と聞かれ、間髪入れず「もちろん!」と答えた。

 少々不格好なおにぎりがいとおしい。別腹でおいしく完食し、およそ90分間の豪華なコース料理が終了。

「一生の思い出だ……」と感慨に浸っていると、「チェキ撮ろうよ!」と朱合ちゃんが誘ってくれた(嬉しさのあまり、チェキにサインをしてもらうのを忘れてしまった)。料理を振る舞ってもらい、会話を楽しんで、最後には記念品までゲットできるなんて、神イベントにもほどがある。

俺の夜「気をつけて帰ってね! 楽しかったよ」と出口まで来て笑顔で見送ってくれた朱合ちゃんと南実ちゃんを見て、またこのイベントがあれば再訪することを誓うケンビシだった。

【焼肉SPA!】
一日30組限定の焼肉SPA!が10月29~31日の3日間オープン。長澤茉里奈、高崎かなみ、由良朱合の「焼肉3人娘」がそれぞれ一日店長を務め、90分の焼肉コースを振る舞った。ただいま第2弾を計画中。続報を待て!

撮影/渡辺秀之

女のコたちの新定番スポット。オシャレ空間でシーシャを嗜む

 仕事の合間にインスタグラムを見ていると、最近ある投稿が増えていることに気がついた。薄暗い空間で大量の煙を吐き出している女のコたち。

俺の夜 シーシャなんて下北沢のいけすかない男女だけが吸っているものだと思っていたが、どうやら事情は変わっているらしい。女子のトレンドを捉えるのも編集者の仕事(のはず)だ。

煙をくゆらす美女とシーシャの世界を満喫

 シーシャを投稿していた後輩の女のコに「シーシャって流行ってるの?」とメッセージを送ると、「はい! 女のコの間で爆ハヤリで、みんな行ってますよ~」という返事が。これは一度行ってみたい。

「初心者でも行きやすくて、女のコが喜びそうなお店ない?」と返信をすると、2日間の既読無視の末になんとか情報を入手することができた。

 送られてきた位置情報を基にやってきたのは六本木、東京ミッドタウン近くのビルだ。

俺の夜

右がプロデューサーのエマさん、左がアルアバイトのアスカさん。金沢在住の師匠から教わったというセッティング技術はピカイチ

「aice cafe」は今年8月にオープンしたばかりのシーシャ専門店。薄暗い店内はブルーの落ち着いた照明で、開放感のあるハイセンスな空間だ。弱冠20歳で店員兼プロデューサーを務めるエマさんが、シーシャのシステムや仕込みを初心者の俺にも優しく説明してくれる。

男もハマる! シーシャの醍醐味とは

「フレーバーはオリジナルのものとフルーツ、合わせて16種類を用意しています。1番人気のフレーバーはレモンで、私のおすすめはアールグレイに花の香りを加えた紅茶かな。通常はタバコの1%くらいのニコチンが含まれていますが、ノーニコチンのものもご用意できますよ」

俺の夜

初心者にも一からシーシャの楽しみ方を教えてくれる。ホースやマウスピースは全て使い捨てで、感染症対策もバッチリ

 とりあえず1番人気だというレモンを注文。冷たくて爽やかな煙が喉を通り鼻を抜けるのが気持ちいい。薄暗い空間でソファに座りながら煙をふかすのは想像以上にリラックス効果があると感じた。流行っているのも納得できる。

「煙を冷たくする『アイスホース』がよりシーシャの爽快感を増してくれます。他店ではオプションがかかることも多いですが、ウチではタダ。香りや煙の温度などいろいろ試して、自分の好みを見つけてみてください!」

未知の爽快感がもたらすリラックスタイム

 聞けば聞くほどに奥深さを感じるシーシャ。20分に一回、店員さんが炭を替えにきてくれるので、自然にコミュニケーションが生まれるのも楽しい。

俺の夜 俺の夜

俺の夜

最上部に炭、フレーバーがあり、息を吸うと空気が下部の水を通り濾過され、香りのついた煙が口に入る。炭の温度や量によって味わいが変わるのも醍醐味の一つだ

「最近では、デートの2軒目などで利用してくださるお客さんが多いんですよ。女のコからしても、

『バーで飲もう』とか『ご飯行こう』って言われるより安心感があるし、ダイエット中でも問題ありません。シーシャなら行こうかなってなるコも多いと思います」

 1軒目は盛り上がったのに、2軒目でなぜこんなことに……となってしまう男性も少なくないはず。シーシャはそれ自体が話の種にもなるし、ロマンチックな空間がムードをつくってくれること間違いなし。

 これまでとはちょっと趣向を変えて、シーシャ店を選択肢の一つに入れてみるのもアリ!?

俺の夜【aice cafe】
住:東京都港区六本木4-5-13 REVE六本木 2F 
電:03-6447-5425
営:平日18:00~翌5:00
休:不定休
料:チャージ1000円 シーシャ3000円
※新型コロナウイルスの影響で営業時間が変更の場合あり。詳しくはインスタグラムをチェック

撮影/ヤナガワゴーッ!

失われた青春は秋葉原にあり!女のコと過ごす放課後のような時間

 オリンピックも閉会式を迎え、折り返し地点を過ぎた緊急事態宣言下の夏。いまだ飲食店は時短営業を続けていて、夜の街には活気が戻らない。自宅で一人、コンビニで買ったつまみを肴に日本酒をあおるのにもすっかり慣れてしまった。   […]

“宇宙ガールズバー”が荻窪に突如出現!キュートな宇宙人たちと心を通わせた夜

 500回を超える連載のなかで、ものすごい数の夜遊び情報をお届けしてきたであろう俺の夜。女のコと話して給料がもらえるハッピーすぎる仕事であることは重々承知しているが、コロナ真っただ中に新卒として入社し、まだまだ夜遊び経験 […]

オトコの欲望をあらゆる角度から満たしてくれるアミューズメントカジノ

「え! 俺の夜っすか!」  上司から言い渡された担当ページに思わず声を上げた。新卒として週刊SPA!に配属されて1年、まさか自分が「俺の夜」担当になるとは! 「社会人になったら必ず……」と憧れていた女のコのいる店にコロナ […]

新着記事

バックナンバー