TOP
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

港区男子が集う夜の隠れ家で高級キャバ嬢の経済観念を調査

yoru-01「シェフズテーブルまでのアプローチはまるでランウェイ!」、「外資金融マンの寝酒はプレミアムテキーラ」、「次の予約もその場で取る、それが『港区ドリーマー』のルーティーン」

 秀逸なキャッチコピーを楽しめる雑誌といえば、「ガイアが俺にもっと輝けと囁く」でおなじみの『MEN’S KNUCKLE』が有名。だが、同じ意味で記者が最近注目しているのが『東京カレンダー』という雑誌。冒頭のコピーは同誌最新号の特集「港区の優越」から一部抜粋したものである。

 竹ノ塚のリトルマニラに集うおっさんたちが、フィリピンパブ嬢のドリンクおねだりにしわくちゃの1000円札を出すか出すまいかの攻防戦を繰り広げているのと同様、見栄と愛憎の消費合戦はどの階級にも存在していることがよくわかる。自分の懐具合と相談しながら、遊ぶお店のランクを選ぶのが常だが、ときには背伸びして“上の階層”を覗きたくなる夜もある。そんな思いに駆られる僕が向かったのは、今年6月にオープン、募集キャストの時給設定が高いことで業界の噂になった、六本木の高級ニュークラブである。

庶民派記者にとって高級店のハードルは?

【FIVE.ROPPONGI】

お店のメインフロアは5階にあるが、4階には個室も完備。2フロアを利用した立体フロアは六本木高級店のスタンダードといえる

 ロアビルの隣、高級時計の路面店が入るビルの5階にお目当てのお店「FIVE.」はあった。ヒラヒラした美女やエリート風の外国人が行き交うエントランス。エレベーターの中からひょっこり、ジャスティン・ビーバーでも出てきそうな“セレブの魔窟”といった佇まいのビルだ。

「いらっしゃいませ~」

 席についたのはほどよい肌の露出とボディラインを強調した私服に身を包んだ美女4人。普段お目にかかれないクオリティの高さに、少々気後れ気味だ。これが、基本セット料金30分5000円超の破壊力か! しかし、あれだろ? 君らは僕みたいに、貧乏暇なしのアラフォーサラリーマンなんかと話すことなんてないだろ?

気さくな飲みを求める高級店の美女たち

(写真左から)元モーニング娘。髙橋愛似のさな、赤いルージュが印象的なさら、河北麻友子似のあゆみ、あびる優似のこゆき

「アハハ。別に銭ゲバじゃないんだからお金で男の人を見たりしませんよ。むしろ、お金持ってオラってる40代は痛い。フツーに落ち着いてて包容力があればそれでいいです」(あゆみ)

「お金だけで男の人を選んでいたら、いっぱい見てきたし、とっくに結婚してますよ」(こゆき)

こゆき(27歳)

男はお金だけじゃないですよ こゆき(27歳)

「お金はあるに越したことはない。けど、スーパーの安売り特売しか買えない経済力じゃなければ、そんなに気にしません」(さな)

さな(28歳)

スーパーの値段を気にする生活はイヤ さな(28歳)

「プライベートでは赤ワインが好きだけど、気の合う仲間とならサイゼリヤのワインでもOKです。いろいろご馳走になったけど、結局一番好きなのはレバ刺しとビール」(さら)

さら(21歳)

レバ刺しとビールが最高に贅沢! さら(21歳)

 高級キャバ嬢はオーパスワン以外のお酒じゃ酔えない……ってことはなさそうだ。

「キャバ嬢も同じ人間なんです。『他の店より10倍カネ払ってるから10倍楽しませろ』って言われても……。仕事柄、何言っても平気って思われるけど、実は家に帰ってひとり泣いてることをわかってほしいな」(あゆみ)

あゆみ(26歳)

キャバ嬢だって同じ人間です(笑) あゆみ(26歳)

 3倍の稼ぎがあれば、夜の幸福度も3倍ってわけではない。ムリなく遊べるお店で自然に遊べばそれでいい……そんな原点に立ち返る、年の瀬、港区の夜であった。

【FIVE.ROPPONGI】【FIVE.ROPPONGI】
住:港区六本木5-16-1 ゆきざきビル5F
電:03-5545-5777
営:20時~ラスト
料:30分5000円~(税・サ38%)
’17年6月に新規オープン。20~30歳の在籍キャストは60~70人で常時30人ほど待機。高級感のある落ち着いた内装

撮影/石川真魚

出会いの新名所が新橋にオープン。女性客との“一体感”を演出

 一度飲み始めたら最後、翌日がどんなに辛くても「俺が帰ったあとで楽しいことが起きたら……」と思うと、いつまでも席を立つことができない泥酔記者のスギナミです。

ITTAIKAN そんな夜の奇病・NTKS(飲み会の途中で帰れないシンドローム)を患うこと早20年。いくつになっても一向に症状が改善されないのは “最高の一夜”を更新したいという欲求に尽きるだろう。誰からも束縛されず、憎悪の感情もなく、笑い声の絶えない奇跡の一夜。それを“意図的につくり出そう”とする夜の新業態が、サラリーマンの街・新橋にオープンしたという。“ピリオドの向こう側”を目指すべく同地へと向かった。

テンションを高める仮面美女と絶叫MC

盛り上げ要員の仮面美女たち

めったにないがMCによる女性客とのサイコロゲーム交渉が不成立でも、女性キャストはいつでもスタンバイOK。安心してください。

 新橋栄通りの路地裏、飲み屋がひしめくビルの地下1階に「ITTAIKAN」はあった。

 完全前金制で1時間4000円(飲み放題)。カウンターで料金を支払い店内に足を踏み入れると、ようこそここへ~と、光GENJI「パラダイス銀河」が爆音で流れてお出迎え。スモークがたかれた店内に目を凝らせば、仮面姿の男女が、遅れてきた主役を待ちわびたような眼差しでグラスを掲げながら乾杯を交わしてくる。

 なんだ……この店は!?

「お店のテーマはノリのいい結婚式の二次会。キャバクラ行って可愛いコが隣につくより、飲み屋で意気投合した女のコと仲良くなったほうがラッキー感は強いじゃないですか。ガンガンお酒飲んで、この場に居合わせた男女と盛り上がっちゃいましょう」(店長)

一体感タイム

1時間に一回の「一体感タイム」では大音響とレーザー光線飛び交う中、踊りまくれる。

 女性客は1000円飲み放題。近くの居酒屋で特盛ハイボールが980円で売られていることを考えれば激安設定だ。そのせいか、店内には女性客も多い。つまり、ナンパを楽しむってことか?

「トークで女のコの気をひくなんてムリゲーですよ。口説かなくても勝手に楽しめるように、我々スタッフがいるんですから」(同)

 論より証拠とばかりにテーブル上の「サイコロスイッチ」を押す。嬌声と共に駆け寄る美女キャストに手を引かれ、店内中央のお立ち台に。サイコロの出た目のゲームを、指名した女性客と一緒に楽しむという仕掛けだ。指名交渉は寺門ジモン似のMCが直々に女性客の元に出向いて行う。早速、記者好みの黒髪女性客にオファーをお願いしたところ……「オッケェェェー、ラッキーボーイ」と、サンシャイン池崎もかくやという絶叫MCとともに、店内が「ウォーッ」と盛り上がる。これは……楽しすぎる。

サイコロゲーム その後もひたすらゲームを回し回され、ときに泡盛ショットの逆指名も受けたりして、いやが上にも“一体感”は増していく。意気投合したOLさんとのLINE交換なんてヤボはいらない。なぜなら、一期一会の楽しい夜は、いつでも変わらぬ場所に“在る”のだから。

逆指名も

女性からのサイコロゲームも多い。男たちが手をあげて志願するなか、記者が指名をゲット!

【嵐を呼ぶサイコロゲーム】

『当り目』…泡盛ハブ酒のショットを一気飲み。他のお客さんにお願いもできて一体感はさらに高まる仕掛けだ!

『後ろからネクタイ』…文字通り、女性が後ろから手を回して男のネクタイを締める。しっかり密着しないと、成功しないぞ!

『エマニエル大人の誘惑』…男女が向かい合う。『エマニエル夫人』の曲中にある「あ~ん」に合わせて高速で足を組み替える。

『ラブジュースでごっくん』… 特製カクテルを二股に分かれたストローでもって最後まで飲み干す。酔いと興奮が同時に襲ってくる!

『ポッキーゲーム』…合コンお色気ゲームの定番。唇が触れ合わないように、ガラス越しに最後までポッキーを食べる。

『ヒザトーーク』…一定時間、男性のヒザの上に女性が座って密着。そのまま二人だけのトークを楽しみ親密度はアップ!

エマニエル夫人

この日初の「エマニエル夫人」では、残念ながら女性客の指名を取れず、代わりにキャストの女性が実演。

【ITTAIKAN】
住:港区新橋3-19-8 ルグラシエル27 B1
電:03-6459-0617
営:19~25時
料:1時間4000円1チップ付(女性は1000円、ハイボール各種サワーなど飲み放題。税・サ込み) 1チップは1枚1000円。飲み放題以外のドリンク、サイコロは各1枚

ITTAIKAN撮影/石川真魚

麻布十番で発掘!美人店員とガチ飲みを愉しむ昼スナック探訪

 夜遊び記者として足掛け8年。その職業病か拝金主義に毒されたのか、居酒屋やファミレスなど、いわゆる“フツーの飲食店”で美女が働く姿を見ると「その器量なら、もっと稼げるナイトワークはいくらでもあるのに……」などと余計なことを考えてしまうスギナミです。

 もちろん、高収入の代償にストレス過多なのが夜のお仕事。それは、夜の帳が下りた西武新宿線上りの車内で、眉間にシワを寄せてスマホをイジるキャバ嬢の姿を見れば一目瞭然。それだけに、フツーの飲食店の看板娘たちには夜の垢に染まらない笑顔を振りまいてほしいと願う今日この頃である。

 しかし、野口五郎「私鉄沿線」の時代ならともかく、その手の看板娘と夜遊びの醍醐味“心のセッショントーク”を試みようものならストーカー扱いされてしまう。思い悩む記者の耳に入ってきたのは、昼スナ(昼間限定の臨時スナック営業)を始めたという、イタリアンレストランの存在であった。

カフェ店員がスナック嬢に変身!港区の怪盗キャッツアイ

ワイマーレ

左からえみちゃん、あこちゃん、めぐちゃん。「一通りの夜遊びは体験しました」と語るとおり、高級ホステス以上に盛り上げ上手の3人。ガチの美女と飲み語らうのは夜より昼だ

 訪れたのは麻布十番にある「ワイマーレ」というお店。「俺の夜」では珍しい「食べログ」登録店。

「只今、スナック営業中」の看板を確認しつつ店内に足を踏み入れると、奥のカウンターには自然光に照らされた白シャツ、エプロン姿の女性3人。もともと、昼のランチ・カフェタイム中に働いている店員さんたちだ。

ワイマーレ

昼14時までがランチ営業で、そこから17時までの3時間がスナック。軽食も取れる

「昼にカフェを利用してくれる常連さんの『こんな夜のお店があったら通いたい』って言葉がきっかけなんです。それを目ざとく聞きつけた店長が『じゃあスナックにしちゃおう』って(笑)」(あこ)

「お酒は大好きだから、昼から飲めて幸せ。ビールが好きなので奢ってくださいね♡」(えみ)

「アフター5が二次会の時間。ヘベレケになるまで飲んで2軒目に行っても、夜9時には帰れて家族サービスもできますよ」(めぐ)

ワイマーレ

まずはビールで乾杯。「絵心ゲームで負けたら一気」など、「昼からお酒はちょっと」というご仁も気持ちがユルむ仕掛けが満載

 カフェ店員がスナックなんて、コーヒーがアルコールに変わっただけじゃ……などと思うなかれ。

「昼からみんなでテンション上げちゃおう!」というあこちゃんの掛け声で、名物「ハブ酒ショット」(900円)を全員で一気飲み。昼酒の背徳感も手伝い、酔いは加速する。

ワイマーレ

ハブ酒のショットで酔いは加速する!

 何より、目の前で接客してくれる店員たちは皆、ノリがよくて美人揃いなのだ。ここは北条司の名作マンガ『キャッツ・アイ』の舞台なのか?

ワイマーレ
ワイマーレ

3人娘による「ハブハブ~、ハブハブ~」の掛け声でググイッと酒を呷る。かなり強い酒だが「夜の滋養強壮にもバッチリ」(あこ)

「あはは、知ってます。じゃあスギナミさんは3人のうち、誰がタイプなの?」(めぐ)

「えーと……長女がめぐちゃんで二女があこちゃん。三女がえみちゃんかな~」

「メンゴメンゴって……違う! 『キャッツアイ』の来生三姉妹の話じゃなくて。じゃあ、3人のうち、友人、恋人、愛人に分けるなら誰?」(えみ)

「エヘ、エヘヘヘ。誰かな~」

ワイマーレ 怪盗3姉妹に心を盗まれっぱなしの3時間。夜遊び好きの皆さん、隠れた名店は“昼にアリ”ですゾ。

【ワイマーレ】
住:東京都港区元麻布3-11-2 カドル麻布十番4F
電:050-5571-7742 
営:スナックは平日14~17時、ランチは平日11時半~14時、ディナー&バーは18時~翌3時(土曜は18~24時)
休:日
料:スナックは飲み放題3000円

ワイマーレ撮影/石川真魚

ママはグラドル。競合週刊誌が本気で手がける「週プレ酒場」に潜入!

 『週刊プレイボーイ』が新宿・歌舞伎町に酒場を出す―そんな噂を耳にしたとき、失礼ながら、初めて抱いた感想は「ロフトプラスワン(歌舞伎町にあるトークライブハウス)で雑誌イベントでも行うんだろ?」というものだった。が、どうも […]

ジャズの流れる瀟洒な店内で美女OLと恋のセッション

 平日昼間の映画館。客層は9対1で圧倒的に女子が多い。周囲の好奇な視線に晒されながらも、ぽつねんとスクリーンに没頭していた。  『ラ・ラ・ランド』――言わずと知れた、異例のヒットを飛ばすミュージカル映画だ。  幻想的なロ […]

会いにいけるサウナアイドルを“スパ銭”激戦区の鶴見で発見!

 横浜市鶴見区――京浜工業地帯の一翼を担うこの地域に、ある奇妙な競争原理が働いています。  国道1号と鶴見川が交差するおよそ400m四方のエリアに、3つの巨大スーパー銭湯がひしめき合っているのです。関東最冷の水風呂温度( […]

バカで陽気なアメリカ文化を丸ごと輸入した新名所が誕生!

「俺は美女を見たら無条件に口説いてキスをする。女はスターにこうされることを望むんだ。俺はドナルド。スーパースターだからな」 「そうだドナルド、お前はスターだ。何をしても許される」 「あっちの女を見てみろ。たまらない脚だぜ […]

名作の舞台で酒色にまみれる。四国・松山、夜の『坊っちゃん』探訪

 日暮里の安酒場にあるヤニと埃にまみれたテレビを眺めている。画面の中では平年よりも遅い梅雨明けを伝えるニュースと同時に、本格的な夏休みの到来を待ちわびていた子供たちが、海でプールでとはしゃぐ姿が映し出されている。ふと、我 […]

シーズン到来!“美女と会えるビアガーデン”で男の暑気払い

 ジメジメしたこの季節。老婆が自宅兼店舗で経営しているカビくさいスナックで安酒を痛飲する毎日では、心まで滅入ってしまうもの。そこで今宵は、梅雨の不快指数をシュワッと吹き飛ばす、美女が自慢のビアガーデンを紹介しよう。  新 […]

“夜の吉田羊”を発掘するため、美熟女クラブの新店を訪問!

 壇蜜、橋本マナミ、そして年代は上がるが吉田羊。最近“旬”とされる姉・熟女系タレントに共通するのは遅咲き感。「こんなイイ女がいたのか」という事実に直面したとき、世の中年男は喝采を送るのである。  それは夜遊びの世界でも例 […]