新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

歌舞伎町最深部の変態のるつぼ。「メンヘラ不謹慎暴力冥土バー」とは?

 細い。出だし2行って……斬新すぎるだろ! だが、ギリギリまで写真を大きく使おうとしたデザイナーの心意気やよし! これから紹介するメンヘラ不謹慎暴力冥土バー「ちんちろりん+」の女性たちは、それくらいの価値がある。

俺の夜 なにせオーナーのちるちる☆いちるさんは、現役の人気ストリッパー。スタッフのおりゅぴ丸さんは、スプリットタンに二の腕までぎっしりのリスカ痕にカービィのタトゥーにと……とにかくすんごい。

俺の夜

拷問器具のような椅子もちゃんと針は引っ込みます。いちるさんの周年記念ポスターをバックに。ちなみに2人ともスプリットタン

 歌舞伎町の最深部にふさわしい訳のわからなさ。ちょっと収拾がつかないので、まずはいちるさんに最新のストリップ事情について聞いてみた。

舞台と同じくらいお店に立つのが好きです

「一日3~4ステージ×10日。これが1セットで全国を巡業する感じです。お客さんは、男性はおじさんやおじいちゃんがメインだけど、最近は若い女のコもいて、そのままストリッパーとしてデビューするコもいます」

俺の夜

オーナーのちるちる☆いちるさん。ビジュアルとは裏腹に北海道訛り全開

 本番まな板ショーはもちろん、女性器を使った芸である“花電車”も、いまや見ることはない。代わりに昭和アヴァンギャルドやゴス、コスプレといったカルチャー色の強いショーが主流で、女性に人気なのだという。

「でも、大変ですよ。バチバチの縦社会だし、音源作り、演出、振り付け、メイク、衣装は全部自前。出張公演中は宿泊費がもったいないから、楽屋で寝泊まりしたり。私がデビューしてから劇場も4つくらい閉館になりました。でも、逆境だからこそ負けん気が出るのかも。今年は月に1回は新しい演目を作るようにしています」

コンカフェと勘違いしたら大やけど

 などと取材を進めるが、どうしても集中できない……。というか「メンヘラ不謹慎暴力冥土バー」って何!?

俺の夜

Twitterフォロワー1万人超えのおりゅぴ丸さん。アカウントは「オリュピ・クソ・バッドエンド」。“ラッコの赤ちゃん”らしい

「お店はコンカフェっぽいけど、コンカフェとかガルバと勘違いしてきた人に『ひっかかってやんの、バーカ(笑)』っていうお店です。たまにウェーイが間違って入ってきちゃうけど、音速で帰りますね。トー横のぴえん系とも違う。基本は大人の変態さんが集まるお店なんです」(おりゅぴ丸さん)

 どことなくゴールデン街や下北沢に近いカルチャーのにおいが漂う。実際、漫画家などクリエイターも多く訪れるという。おりゅぴ丸さんは言う。

俺の夜「オーナーのいちるさんが女性だから、変に水商売っぽいコよりも、性格がよくて面白いコが多いんです。居心地がよすぎて、私もオープンからずっと続けているし。女性のお客さんも過ごしやすいと思いますよ!」

 たしかに編集部の飲んだくれ女性部員も常連。新宿ラヴァーの終着駅、いや冥土がここにある。

俺の夜【メンヘラ不謹慎暴力冥土バー「ちんちろりん+」】
住:東京都新宿区歌舞伎町2-13-4 第6金嶋ビル3F
電:20:00~
休:年中無休
料:チャージ1000円、ドリンク800円~
※営業時間や酒類提供の有無が変更になる可能性があります。詳細や最新の営業情報はTEL:03-6874-8609もしくはTwitter(@bar_chinchiro_)にて

撮影/髙橋慶佑

「俺、Mっぽい」よくあるSM談議がどれだけ浅いかを思い知った夜

 大山海著『奈良へ』は傑作だ。漫画でありながら、漫画を読んでいる気がまったくしない。これは映画なのか、文学なのか? ふと似た感覚に襲われた記憶が甦る。学生時代に読んだ、喜国雅彦著『月光の囁き』だ。

月光の囁き

’94年、『ヤングサンデー』にて連載開始、全6巻。’99年、実写映画化され、熱烈なファンも多い

 高校剣道部が舞台の青春物語が、やがてリアルなSMへと展開していく──当時の衝撃を思い返しながら、新宿二丁目のフェティッシュバー「アマルコルド」を訪れてみた。

俺の夜本当のSMとは、“脳汁で遊ぶ”こと

「SEXとSMは別ってわかってないんだよね。M男以下でしょ」

 席に着くなり、女性客の剣呑な会話が耳に飛び込む。SM自体ずぶの素人の自分は、よほど素っ頓狂な顔をしていたのだろう。代表のアンジーさんが優しく教えてくれた(外見はドS女王様でビビったが、すごく気さく!)。

俺の夜

代表のアンジーさん。「ここで意気投合して主従関係になる方も。SMは体力がいるのでヘルシー。皆さん、元気ですね(笑)」

「SEXって、結局は射精で終わりでしょ。でも、SMの基本は人間関係。『この人、どんな反応するんだろう?』って、お互いを掘り下げ合い、しかも、そこには果てがない。深いからこそ求めるものが十人十色で、合う合わないが激しいし、SEXとは別物なんです」

俺の夜 M女の雛りなさんが続ける。

「脳汁で遊ぶのがSMなんです~。だから、変態さんほど単純な性から遠ざかります。SMプレイって、肉体的な刺激に目がいきがちですけど、実際は精神的な快楽のほうが断然大きいんです」

俺の夜

雛りなさんの背中には、見事なスカリフィケーション(皮膚を傷つけ、ケロイドを利用して描く文様)。「元メンヘラだけど、M女やり始めてから生き生きしちゃって(笑)。SMは心の筋トレなんです~」

SMネタと本当のSMの違いを教えてあげる

 講義に夢中になっている間に盛況となった店内には、意外と紳士淑女が多い。「『偉くなって叱られなくなっちゃって』と40、50歳からM男を始める奴隷もいるわね」と教えてくれた花子女王様に「自分もMだと思うのですが……」と打ち明けてみる。

俺の夜

いきなり鞭をねだるなんて愚かな男ね

「責められるのが好きなのね。だったら、『それはさすがに嫌だな』ってことはできる?

俺の夜

軽いノリで花子女王様に鞭をお願いすると、徹底的に放置された。SMは信頼関係。初対面で恥知らずにも晒した背中を猛省する

 できないの? じゃあ、ただの“エゴマゾ”ね。あなた、奴隷以下の最下層よ。エゴマゾ、エゴサドっていうのは、“やりたいことしかやらないヤツ”。たとえば『痴女に責められたい』って、結局、自分が望むことをしてほしいだけ。本当のM男は、女王様が喜んでくださるならって、嫌なこともできる人ね」

 雛りなさんが続ける。

俺の夜 俺の夜「でも、SMはいじめじゃないから、ガチで嫌なことはしちゃダメ。だから、信頼関係が何より大事。信頼関係もないのに『俺、Sなんだよね』とか言いだす人は、SMの範疇ですらない、“シンプルに性格の悪いクソ野郎”です~」

 SM道、深すぎる! これで「ウチは初心者歓迎の入門編よ」(アンジーさん)というから、その深淵、計り知れない。

俺の夜【フェティッシュバー「アマルコルド」】
住:東京都新宿区新宿2-18-7 S3ビル1F
営:17:00~20:00(木・金)16:00~20:00(土・日)
休:月・火・水
料:チャージ1h6000円(男性)、3000円(女性)飲み放題

※詳細や最新の営業情報はtel:03-6457-7477もしくはTwitter(@amarcordtokyo)にて

※営業時間や酒類提供の有無が時期により異なる可能性があります。店舗にお問い合わせください。

撮影/髙橋慶佑

人生初の女装は、酒以上に刺激的。禁断の扉の向こうの底なし沼にハマる!

 緊急事態宣言中、「酒なんて飲まなくても全然いい」などという声も耳にしたが、「本気か?」と思う。年を重ねれば、いろいろなことが見えてくるが、見えるからこそ辛いこともある。「こんなもんだろう」「いや、もっとできたはず」。いつだって現実はままならない。酒はそんな逡巡から、束の間、目を逸らさせてくれる。

「男は一生、修行だからさ」。30代の頃、悔し涙に濡れて管を巻く自分を、初老のマスターがそう諭した。深夜の酒場には、優しさが吹き溜まっていた。「君の男の器は、まだお猪口並みだな」「ほんと、そうですね」。笑い合ったあくる日、馴染みの別の店の扉を叩く。すると、こんな挨拶が飛んできた。

「あ、チョコちゃん! また、飲んだくれてたんだって~?」

 いつの間にか、酒場界隈で自分の名はチョコになっていた。いつだって現実はままならない。

女装で初めてわかる新しい世界と感覚!

 そんな厳しくも温かな酒場に通えないなんて、日本、終わってる……鬱々とした日々のなか、刺激と優しさを求めて新宿二丁目の女装サロンバー「女の子クラブ」を訪れた。

俺の夜「酒なんか飲むな? 上等! だったら新しい扉、開けてやんよ!」と入店すると、そこにいたのはたおやかな女子たち。カウンターで隣り合うゆらっこさんは、元スタッフで今も客として足を運ぶ、東大卒の才媛(?)だ。

俺の夜

東大卒のゆらっこさんは、学園祭の女装コンテストで初めて女装し優勝。「かわいいって言われると、すごく嬉しいです」とはにかむ

「会社にもお化粧して女装で行ってます。いまだに女子社員と勘違いされることもあるんですよ」

 日本、始まってた!「チョコさんも女装したらいいのに~」という甘い誘惑に乗り、スタッフのぬぬさんに身を任せる。

全部お任せで女装完成「アタシの夜」が始まる!

「ここで初体験の人も多いです。女装してくると安くなるから、結構ハマる人もいますよ」

俺の夜

自粛で10kg太り、マスクをいいことにヒゲも伸ばし放題。そんな中年が女装で生まれ変われるのか?

 メイクをしながら話を交わすが、顔が近い上にぬぬさんがやけに艶っぽくて緊張する……。そして、30分後、人生初の女装が完成。

「えー、めっちゃいいです!」

俺の夜

人生初のウィッグとメイクにつけまつげで、一夜限りの夢芝居。梅沢富美男に、俺はなる(左)最初に鏡を見た感想は「姉に激似!」。アンチダイエット派だったが、美の追求のためにはやらざるをえない(右)

 女子たちの声に、まんざらでもない気がしてくる。というか、男の服に比べて生地が薄い! 外気に身を晒している感覚があり、男に距離を詰められたら、ちょっと怖い。もし下着も女性用なら、なおさらだろう。女装して初めて知るリアルな女性の感覚。これからはもっと丁寧に接しなくては。

男の娘と過ごす甘くて非日常な夜

俺の夜 そして、3人で女子会がスタート。常々、「女子会なんて、何が楽しいのやら」と思っていたが……これがめちゃくちゃ楽しい! 服とかメイクの話とかめっちゃしたいし、もっとキレイになりたい自分が生まれつつある。

「底なし沼へ、ようこそ~」

俺の夜

ぬぬさん(右)とゆらっこさんは、ともにTwitterフォロワー数1万人超え。普通に飲むだけでも、もちろんOK

 2人の笑顔は、ある意味、酒より刺激的。担当初回からこんな忘れられない夜になるなんて。これでアルコールOKになったら、アタシ、一体どうなっちゃうの!?

女装サロンバー「女の子クラブ」
住:東京都新宿区新宿2-13-16 SENSHOビル4階
電:03-5357-7875
営:13~20時
休:年中無休
料:セット料金3000円(男性)、2000円(女性・女装含む)+ドリンク代700円~。
フルメイクサービスは4000円

※営業時間や酒類提供の有無が変更になる可能性があります。店舗にお問い合わせください

撮影/髙橋慶佑

新着記事

バックナンバー