TOP
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


俺の夜

第七十八夜【後編】




【担当記者:ナカソネ】


実在したルーマニア美女は奇跡の28歳!

 翌日。二日酔いの体に鞭打って、ルーマニア美女がいるという「PUNCHLINE」にたどり着きました。オーナーさんに聞くと、「高知も昔はいろんな国の女のコがいたけど、最近ではビザが下りなくなってね。今、ルーマニア人は彼女一人だよ。だから、すごく人気もあってね」とのこと。そして、満を持して現れたルーマニア美女、エラさん(28歳)の美貌たるや、六本木の客引きも思わず振り返るほど! しかし、なぜ高知に?


100504_yoru_04.jpg
「最初に来たのが高知だったから。龍馬さんも好きだけど、福山さんのほうがもっと好き(笑)。ここは田舎だけど、人も優しいし大好きな街よ。お酒もいっぱい飲めるし」


 エラさんはそう言うと、グラスをグイッと空け、「はい、返杯」と美しい笑顔でそのグラスを差し出しました。……えっ、また返杯合戦!? しかし、彼女の美貌を前に、この酒を断れる男なんてどこにもいません。僕はグイッと一気で飲み干し、そっと彼女に返杯。すると、おもむろにテレサ・テンの名曲「別れの予感」を入れ、「デュエットしましょ」とエラさん。僕は彼女の歌声を聞きながら、自分なりの”別れの予感”を抱き始めていました。もう、六本木に帰っても新たな出会いはないだろう。海援隊を率いて異国の風を体感した坂本龍馬のように、僕も大海原に出て自分から異国を取り込んでいかないと……。


 結局、二日続けて便器に返杯したナカソネは、翌朝、桂浜に立っていました。龍馬も見たこの景色を眺めながら、「俺の夜」チームからの脱藩を決意。そして、この取材旅行でまったく使いどころがなかった自分の海綿体に深く詫びたのでした。チョリーーーーース☆


100504_yoru_05.jpg
テレサ・テンの曲が好きだというエラさん。
彼女の美声も奇跡である!



【PUNCHLINE(パンチライン)】

住:高知県高知市追手筋1-4-9 中央ビル内矢野ビルB1
電:088-822-1773
営:19:30~25:00
休:日曜
料:3000円/70分(21:00まで)、4000円/70分(21:00以降) 

●フィリピン人、インドネシア人が多数在籍。「高知を出る気
はありません」というエラさんと会えるのはこの店だけ。現在、
ルーマニア人はエラさんのみだが、近日中に、「もうひとりの
奇跡のルーマニア美女が復帰する」との情報も!



100504_yoru_06.jpg
「俺の夜」からの脱藩を決意し、桂浜で龍馬を気取るナカソネ。
ちなみに、『龍馬伝』を見たことはない。





撮影/渡辺秀之

第七十八夜【前編】

龍馬ブームの折、土佐っ娘と伝説のルーマニア美女に

ナカソネ、散る?


【担当記者:ナカソネ】

100504_yoru_01.jpg
 国際結婚の夢がいまだ捨てきれないナカソネです。しかし、毎晩六本木に繰り出しても、異国情緒溢れる美女との新しい出会いなんてありません。気づけば顔見知りばっかりで、ニューカマーの気配すら漂ってこないのです。「知らない間に、また鎖国でも始めたのかな?」とボヤき始めた頃、大学時代の先輩から吉報がありまして。現在、高知県に住んでいるH先輩が言うには、「高知に伝説のルーマニア美女がいる」らしいのです。もしや、龍馬好きのルーマニア歴女!? 久々に胸を高鳴らせたナカソネは、飛行機に飛び乗り高知を目指したのでした。チョリッス!


 1時間半後、降り立ったのは高知龍馬空港。街中には福山龍馬のポスターがびっしり貼られており、「龍馬ブームのど真ん中にいて、なぜ自分はルーマニア美女を探しているんだろ」と我に返ってしまうひととき。ほどなくしてH先輩と合流、カツオのタタキに舌鼓を乱れ打ち倒した後に、「まずは高知で一番熱いキャバクラで肩慣らしじゃきぃ~」と連れていかれたのは、「Club IMAGIN」でした。


 接客してくれたのはマルキューで働いていたこともあるというゆうな嬢(20歳)。「でも、人ゴミがツラくて、2か月で帰ってきたがです」と土佐弁全開ではにかむ。隣にいたりいな嬢(22歳)からは「お客さん、返杯って知っちょる?」と土佐流のモテる飲み方を教授されることに。ここ高知では、自分のグラスを一気に空け、「はい、返杯」と飲ませたい女のコにグラスを差し出せば、必ず飲まなければいけないという作法が存在するとのこと。普段、東京のキャバクラや合コンで女のコに飲ませようとして、散財&軽蔑されることばかりのナカソネにとっては、こりゃあ嬉しいシステム! 早速、焼酎のボトルを入れて、「返杯」と挑んでみたものの……。土佐っ娘は酒豪揃いで、すぐさま「はい、返杯」と、一向に返杯ラリーが終わりません。2時間後。気づけば便器に返杯し、土佐っ娘に完敗したのでした。チョリッスゥウウウ……。




100504_yoru_02.jpg
土佐っ娘は酒豪揃い。調子に乗って返杯ラリーを挑むとドツ
ボにハマること間違いなし。『スケバン刑事』世代には、土佐
弁はかなりドキドキする



【Club IMAGIN】

100504_yoru_03.jpg

住:高知県高知市追手筋1-3-1 ベルエポックビル7F
電:088-822-5180
営:21:00~LAST
休:日曜
料:4500円/60分(21:00~21:59)、5500 円/60分(22:00~LAST)

●四国最大級を誇る130坪のスペースに50人以上のキャストが集結。
カラオケルームやVIPルームもあり。返杯ラリーをしたい方は、ボトルを
入れるのがオススメ。焼酎、ウイスキー、ブランデーなどが6000円~。





撮影/渡辺秀之

第七十三夜【後編】



【担当記者:ナカソネ】

 すっかり場に馴染んだナカソネがまわりを見回すと、いつのまにか超満員。「いつものイベントよりも若干年齢層は高め」(スタッフ)だそうで、ナカソネと同世代らしき男性客も少なくありません。これだけ大勢いればイイ出会いもあるはず。ダイナマイトなハニーを求め、ひとまわりくらい年下のギャルに声をかけてみました。

「小学生の頃、モー娘。が大スキだったの!」という20歳のアヤちゃん(仮名)は、毎月欠かさず来るという常連さん。一緒になって『恋愛レボリューション21』(モー娘。)を歌えば、超超超超イイ感じに! さらに話が進むと、「モー娘。は、カラオケでも全然歌うよ」というじゃないですか。「古い」と言われるのを恐れ、無理してヒルクライムとかを歌っていたナカソネにとっては驚きです。「このまま携番ゲット!」と、意気込んでみましたが、続いてかかった湘南乃風『睡蓮花』に合わせて「濡れたまんまでイッちゃって!」とせまったところ、その下ゴコロが命取りになり、彼女は離れていってしまいました……。やはり、ノリすぎには注意が必要ですね。


yoru_73_3.jpg
お立ち台のギャルと一緒にチョリーッス! ちょっぴり古いかなと、最近、
自重気味だったナカソネの代名詞だが、まだまだイケることを再確認



 うれしい発見をしたものの、ひとりになってしまったナカソネは、フロアでお酒を飲んでいた主催者のカラテカ・入江氏にこのイベントの楽しみ方を聞いてみました。

「ボクはJ‐POPが大スキなんですけど、クラブではかからないからこのイベントを始めたんです。みんなで一緒に歌う感じで楽しめば、ギャルと仲良くなるキッカケにもなりますよ。踊るというより、カラオケに来たつもりで楽しんじゃってください!」

 なるほど。クラブというよりも、巨大なカラオケなんですね。そういえば、この一体感って、モー娘。や小室ファミリーのメドレーを、一画面ずつマイクを回して歌ったときのノリと同じ。こんなグルーヴが延々と続くなんて、最高に盛り上がったときのカラオケくらい。春到来を目前にして、ヒルクライムからの卒業を心に誓ったナカソネでした。チョリース!


yoru_73_4.jpg
DJブースから煽るカラテカ・入江氏。
彼が毎回歌う自虐的な「羞恥心」の替え歌も見モノなのだ



【Club Camelot】

yoru_73_5.jpg

住:東京都渋谷区神南1-18-2 神南坂フレームB2・3 
電:03-5728-5613
吉本興業所属のお笑い芸人、カラテカ・入江氏とDJ K.ANDO氏
が主催する『J-POP NIGHT』は、毎月第3日曜日に開催。
入場料/男性:3000円、女性:2500円。
http://www.clubcamelot.jp/


撮影/渡辺秀之

第七十三夜【前編】

人気急上昇中! 懐メロJ-POPが流れるクラブイベントに突入! 【担当記者:ナカソネ】  かつては金髪ギャルを求めて六本木中のクラブを渡り歩いたものですが、近頃はどうもあの重低音とクラブミュージックの縦ノリが腰にひびくよ […]

第六十八夜【後編】

【担当記者:ナカソネ】 これが噂のグルジア美人……と思いきや?  カスピ海ヨーグルトで有名な長寿国・グルジア。地理的にはベラルーシよりも日本に近いですが、グルジア料理店は日本にあるのはたったの数軒 […]

第六十八夜【前編】

ロシア系美女が家庭料理を振舞うレストランで 看板娘を激写! 【担当記者:ナカソネ】  久しぶりに金髪娘と触れ合うべくホームタウン六本木へと馳せ参じるも、最近は「俺の夜」の取材でアキバ通いが続いたせいか、すっかりナンパもで […]

第六十三夜【後編】

【担当記者:ナカソネ】  続いてやって来たのは、人気声優・平野綾さんに憧れるめめちゃん(19歳)。甘えん坊キャラが得意だという彼女には最近の人気アニメ『マクロスF』のヒロインのものまねをやってもらい、思わず一緒にポーズ。 […]

第六十三夜【前編】

アキバ第2弾。 声優予備軍たちの美しい自慢の声に酔いしれる! 【担当記者:ナカソネ】  大晦日、年忘れナンパを早々に切り上げ、ひとり寂しく年を越したナカソネです。おとなしく家で紅白歌合戦を見ていたはいいものの、出ているの […]

第五十七夜【後編】

【担当記者:ナカソネ(30歳)】  するとやって来たのは、デレっとした一人目とは違い、ツンとした女のコ。こちらも負けじとツンとしながら「俺、ずっと六本木で遊びほうけてきて、理想の彼女を見失ってしまったんだよねー。ここで出 […]

第五十七夜【前編】

恋愛弱者に朗報。理想の彼女探しが体感できる 秋葉原発の新サービス! 【担当記者:ナカソネ】  最近、六本木で大好物のブロンド美女に声をかけても、冷たくあしらわれることが増えたナカソネです。やはり、巷を騒がした市橋事件の影 […]