TOP
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

モノマネ界の聖地新宿・キサラで抱腹絶倒のショータイムを

そっくり館キサラ 人の悩みは贅沢なもので、嗜む程度に夜の街に繰り出して遊んでいると、あるときふと「何をしても、どこへ行ってもつまらない」と感じてしまうことがある。まるでスランプ、5月病のような気持ちである。

 かく言う私もそんな贅沢な悩みを抱え、近所のスナックでママを相手に「あ~もう、つまんねぇんだよ、何やっても」なんて愚痴をこぼしたところ、「ショーでも観て憂さ晴らししてみたら~」なんてオススメされたのが、今回のお店、そっくり館キサラだ。そう、こちらのお店は知る人ぞ知るなんてレベルじゃない、まさにモノマネ界の聖地である。

飲んで笑って腹いっぱいに……

 さっそく口開け早々にお店を訪れると、店の前の階段に早くも開店待ちの列。そそくさと並び、開店と同時に店内に入ると店員たちの流れるようなマイクパフォーマンスが炸裂し、酒も飲んでいないのあっちゃこっちゃで笑いの渦が巻き起こっている。席に通され、ビュッフェ形式の食事と飲み放題のビールやハイボールを飲みながら、今度は開演を待つことに。

 オススメされたスナックのママから「カレーおいしいから、絶対に食べるんだよ」と言われたことを思い出し、特製の牛すじカレーをよそって食べたのだが、これがまた本当に旨い! トロトロの牛すじを肴にビールを飲みながら、ハイテンションな店員たちのパフォーマンスを楽しんでいると、いつしか開演の時間になってしまった。散々笑わせてもらって、おまけに酒もたらふく飲んで、腹いっぱいなのに、ここからさらに本番とは、なんとも太っ腹な店である。

ビュッフェ形式の食事

ビュッフェ形式の食事と侮ることなかれ。どれもこれもレベルが高く、本文でも触れたようにカレーは絶対に食べてほしい一皿

笑うのを忘れて芸に感動する

モノマネ芸人

勢揃いのモノマネ芸人たち。上段左から右へ、ニッチロー’、筍-TAKENOKO-、ジョニー志村、河口こうへい。下段左から右へ、よっぴ、まねだ聖子、アントニオ小猪木。

 そしていよいよモノマネ芸人たちが登場となったのだが、こちらはテレビでたまにモノマネ番組を見る程度なので、どんなもんかと思っていたのだが……これが想像を超えるクオリティの高さ。トップバッターの筍-TAKENOKO-の石原裕次郎ネタは年配客のハートをガッチリ摑み、続いて登場した河口こうへいの島田洋七ネタで私のハートは鷲摑みにされてしまった。そして無言のままバッターボックスに立ったイチローのそっくりさんこと、ニッチロー'は一言も声を出すことなく、その姿とバットコントロールで客の視線を釘付けにしてしまう……。

河口こうへい

個人的に最もツボだったのが、河口こうへいの島田洋七師匠のネタ。特徴をデフォルメしながらオリジナリティ溢れる芸に落とし込むワザは、生で味わえば感動もひとしお

美川憲一と松田聖子がまさかの夢の共演!?

よっぴ

七色の声を持つと言われるよっぴ

 七色の声を持つと言われるよっぴのネタは、笑うのを忘れて感動してしまうレベル。まねだ聖子が登場すると感嘆の声が……。

アントニオ小猪木から特別に闘魂ビンタ

最後にお願いして、アントニオ小猪木から特別に闘魂ビンタで明日への活力を注入!

 さすがである、テレビで見るのはせいぜいワンフレーズ程度だが、完成された構成とネタ回しを間近で見てしまうと、口をあんぐり開けて笑うのを忘れて感動すらしてしまうからもったいない。なぜなら、本当にみんな巧いのだ。まぁ、素人の私がプロをつかまえて巧いというのも失礼な話だが……。

大トリのまねだ聖子

大トリのまねだ聖子

 代わる代わる出てくる芸人たちがテンポよくネタを披露していくので、気がつけば大トリのまねだ聖子が登場。客たちはペンライトを飾し、コンサート会場さながらの雰囲気に。あっという間に1時間のショータイムは終了。笑いに飢えたらまた来よう……と思いながら帰途に就いた。

そっくり館キサラ【そっくり館キサラ】
住:新宿区新宿3-17-1-8F
電:03-3341-0213
休:なし
営&料:第1部/18~20時半:5500円 第2部/21~23時:4000円
(いずれもショー60分+飲み放題、食べ放題付き)+1000円で前方席確保も可能

撮影/赤松洋太

アイドルやその卵、声優志望のカワイイ巫女と楽しく厄払い

みこBar 今年めでたく42歳を迎えるわけなのだが、42歳といえば厄年である。バクチを打てばからっけつになり、飲みに行けばネエちゃんからは気持ち悪がられる。家に帰れば5歳の娘から臭いと言われ、未精算の領収書をなくす。トドメに実家の母ちゃんが病気で倒れてしまったのである。年明けからこっち、まさに厄年オールスターと日々是決戦の毎日である。

 そんな私を見かねたT先輩が厄払いに……と連れていってくれたのは、明治神宮でもなければ佐野厄除け大師でもない。カワイイ巫女さんと飲めるコンセプトカフェ、中野の「みこBar」である。

巫女さんの素顔は現役のアイドル!?

みこBar

写真手前からやむちゃんチャン、きぃちゃチャン、りのあチャン。

 ドアを開けると目の前に飛び込んできたのはカワイイ巫女さん3人組と、ドーンと構える神棚とおみくじの箱。これはもう、飲む前から御利益の期待大である。テーブルにつくと、まずはこちらのお店のルールが説明される。要するに“おいた”はしちゃダメということである。

「ちなみに玉串料(料金)はおいくら万円ですか?」

 と問えば、リボンがカワイイきぃちゃチャンが、

「玉串料って何ですか~。面白いからあだ名つけちゃいますよ~」

きぃちゃチャン

料理が得意なきぃちゃチャン。圧力鍋を使った本格的な煮物が、これまた旨し!

 なんて言いながら、私はめでたくスケスケくん、T先輩は●●ニャン(※本名のため伏せ字)となった。42歳、厄年の男にとって、カワイイ巫女さんからつけられたあだ名はこの上ないお守りである。

42歳、カワイイ巫女さん3人と飲んで騒いで厄払い


やむちゃんチャンの美声

図らずも即興でライブが始まり、やむちゃんチャンの美声に酔いしれることとなった

 乾杯して飲みながら根掘り葉掘り話を聞く。やっぱりコスプレ好きが高じて巫女バーで働いてるのかと思いきや、3人の巫女さん、実はアイドルだったり歌手だったりすることが判明したのであった。

 りのあチャンは声優志望で勉強中、きぃちゃチャンはアイドル甲子園に出場するアイドルの卵、そしてやむちゃんチャンは飲茶娘の名前で『わがままハイスペックOC』というゲームの主題歌を歌うアイドルだったのである。どうりでただのコスプレ好きな巫女さんではなかったわけだ。

 すると酔った勢いで飲茶娘こと、やむちゃんチャンが曲に合わせて即興でライブを開始。40代のおっさん2人はカウンターで夏の子供のようにはしゃいでしまった。

しゃもじをマイクに持ち歌を熱唱!


熱唱するやむちゃんチャン

熱唱するやむちゃんチャンは飲茶娘の名前でゲームの主題歌を歌う。

 楽しくはしゃいでしまうと、巫女さんには感謝の気持ちを表す“初穂料”をわたしたくなるもの。好きなの1杯どーぞ! と言えば、ニッコリ笑ってビールをガンガン注いで飲む姿に、鬼も逃げていきそうな勢いである。お酒が好きな巫女さんはイイ巫女さんである。

 散々飲んで小腹がすくと、料理が得意なきぃちゃチャン&やむちゃんチャンが作った小鉢がなんとも嬉しい。もともときぃちゃチャンは接客ではなくキッチンで料理を作るために入店したほどの腕前。でも、こんなカワイイ娘をキッチンに置いておくのはもったいないわけで、めでたくカウンターに立つことになったという。

「厄払い、できたな……」

 店を出てT先輩がボソリと呟く。毎年厄年でもいいや……と思ったのであった。

みこBar【みこBar】
住:東京都中野区中野5-36-13高崎ビル2F-C号
電:03-5942-8846
営:月~木 18~23時 金・祝日前18時~ラスト 土15時~ラスト 日・祝15~23時
料:15~22時1980円/60分 延長30分950円、22時~ラスト 2480円/60分 延長30分1200円

取材協力/T先輩 撮影/赤松洋太

コスプレ美女と飲んで騒げるサラリーマンのオアシスがあった

 一通り遊んできた人生だが、一つだけ縁遠い分野がある。それはコスプレだ。42年の人生でコスプレをしたのは2度。20年前の大学時代、ハロウィンのパーティでハチミツの瓶を持って黄色の全身タイツをはいてくまのプーさんになったことと、娘の保育園で節分の日に、鬼の格好で豆を投げられたことだけ。ちなみに鬼役はあまりにもハマりすぎて園児が登園拒否になり、来年からは二度としないでください……と、顰蹙を買ってしまった。そっちからオファーしたのに酷い話である。

 そんなわけで少なからずコスプレにはトラウマがある。しかし、トラウマとは克服しなければならないものである。とはいえいきなり秋葉原に行って、先輩コスプレイヤーに交じってコスプレを始めるのも気が引ける……というわけで、まずはコスプレしたキレイどころと飲める店から攻めてみようと向かったのは、新橋でサラリーマンに人気のコスプレカフェ、全宇宙魔法使いぱぴぷぺポロンだ。

サラリーマンのオアシスと化した店内

全宇宙魔法使い ぱぴぷぺポロン サラリーマンの街、新橋の金曜夜は1週間の“垢”を飲んで落とそうとするサラリーマンの酔客でごった返していた。赤ちょうちんが似合う街の路地裏に、萌え~なイラストの看板はなんとも場違いな存在だ。しかし、店の扉を開けてビックリ。そこにはギッシリとサラリーマンたちが座り、アニメのコスプレをした女のコたちが所狭しと歩いている。なんとも不思議な光景である。

 お相手をしてくれたのは、魔法少女育成計画のスノーホワイトのコスプレをしたすずちゃんと、まどか☆マギカの暁美ほむらのコスプレをしたありすちゃん。すずちゃんは昼間はOLをしながら働くコスプレ歴10年というベテラン。ありすちゃんはコスプレ歴3年の現役女子大生だ。

文化祭的なノリでコスプレ女子とはしゃぐ!

人気アニメのオールスター

左からすずちゃん(魔法少女育成計画)、いずちゃん(デッドオアアライブ)、コカちゃん(らき☆すた)、ありすちゃん(まどか☆マギカ)と人気アニメのオールスター

 42歳のオッサンからすれば、アニメの世界は初代ガンダムとうる星やつら、せいぜいエヴァンゲリオンくらいで終わっているので、アニメの名前を言われてもサッパリわからないのだが、一つだけわかったことがある。それはコスプレしている女のコはカワイイ!ということである。

アニメの話以外でもしっかり盛り上がる!

人気アニメのオールスター とりあえず、乾杯していろいろ聞いたのだが、新橋のサラリーマンたちを相手にお仕事をしているだけあって、アニメ以外の話でもしっかり盛り上げてくれる……というより、退店するまで私、一度もアニメの話をしなかったくらいである。

「ちなみにテポドンさんはコスプレしたことあるんですか?」

「あるよ。女王様に縛られて、ミイラ男みたいになったかな」

鬼コスプレの写真

鬼コスプレの写真で盛り上がる。ちなみにお店のコたちは「お酒は弱いけど大好き!」というオッサンが喜ぶ満点発言。しっかりドリンクをおごってあげよう!

「それはコスプレじゃなくて、ただのプレイじゃないですか~」

 という、低レベルなボケにもしっかりツッコミを入れてくれるあたりが嬉しい。

全宇宙魔法使い ぱぴぷぺポロン 飲み放題45分2500円~という、キャバクラの半値くらいで、コスプレという非日常的な女のコたちと飲めるなら、これはもう新橋のサラリーマンでも通いたくなる……そう感じた一夜であった。

全宇宙魔法使い ぱぴぷぺポロン

全宇宙魔法使い ぱぴぷぺポロン

【全宇宙魔法使い ぱぴぷぺポロン】
住:東京都港区新橋3-22-7 Nビル1F
電:03-6450-1980
営:18時~ラスト
休:日、祝
料:ワンセット45分飲み放題2500円~
カラオケなどもあり、アニメをあまり知らなくても飲んで騒いで楽しめるお店として、新橋のサラリーマンから人気

撮影/赤松洋太

男同士の忘年会は恥のかき捨て! 美女のオッパイで揉み納める

 夜遊びの師匠にして高校時代の先輩であるT先輩が久しぶりに連絡してきた。「ちょいと早いが忘年会がてらに一杯、オッパイでもひっかけないか?」と。  飲みの誘いを断るのも、オッパイの誘いを断るのも無粋である。仕事を放り投げて […]

エロ業界の重鎮たちを囲み放送禁止トークをライブ配信!

 “危ない人”の超エロトークが炸裂する店がある……と誘われて向かったのは、歌舞伎町にある雑居ビル。こちらのFrameはAV監督のTAIZO氏がマスターを務め、AV女優、監督、緊縛師から占い師やストリッパーまで、エロ業界の […]

お店のスタッフは全員カープ女子のガールズバーで野球飲みを楽しむ

 旧知のエロライターである中山美里さんから、飲みの誘いがあったのは、私の愛してやまない中日ドラゴンズが広島に10点ほどブチ込まれて大敗した翌日のこと。 「最近広島カープ、すごいじゃないですか。カープ女子のやってるスポーツ […]

AVメーカー直営ガールズバーで現役AV女優としこたま酔う!

 AV女優がいるキャバクラ、ガールズバーは数あれど、メーカー直営のお店はない。今年3月、某有名AVメーカーが歌舞伎町にガールズバーをオープンさせた。在籍キャストにはAV女優がひしめいており、アダルトなトークでうまい酒を飲 […]

新歓コンパ気分で女子大生と飲んで騒げるガールズバーへ!

 今から20年前のことだ。私が大学生だった頃の4月、5月と言えばサークルの新歓コンパをはしごして、新しく入ってきた後輩女子に先輩風を吹かせて口説きまくるという素晴らしい季節であった。だが、今は新入社員がやって来て歓送迎会 […]

人気AV女優と新宿二丁目へ!ゲイバーの嗜み方を指南

 最近、元いた海に戻ったように歌舞伎町のキャバクラで飲むことが多いのだが、よくネエちゃんたちから「テポドンさん、二丁目詳しいらしいじゃない。今度、ゲイバー連れてってくださいよ」なんて、テキトーなことを言われる。もちろん、 […]

「俺の夜 特別編」女子大生バニーガールとプレジデント気分で飲む!【PR】

「俺の夜」を担当するようになってもう長い。数え切れないほどの女たちと出会ったが、彼女たちは元気でやっているだろうか。寒い日の夜は、「俺の夜」に掲載された美女たちの写真コレクションをスマホで眺めながら、ちびりちびりとグラス […]