TOP
ニュース
エンタメ
雑学
R-30
恋愛・結婚
マネー
カーライフ
スポーツ
デジタル


俺の夜

マスクをつけて本性を曝け出す。歌舞伎町で夜の仮面舞踏会

 匿名性は、人間の隠れた本性を炙り出す。

 ネット社会を見ていれば、それはよくわかることだ。おとなしそうな隣の席のヤツが、攻撃性マックスで罵詈雑言を書き込んだかと思えば、セックスのセの字も知らないような顔した人妻が出会い系で男を漁る。今の世の中、そんな世の中なのである。

 仮面バー……この究極的にアナログな匿名性に惹かれて店のドアを開いたのは、残暑激しい8月末の平日だった。

仮面をすれば心が解き放たれる


「いらっしゃいませ~」

仮面美女たち

女のコは左からかれんチャン(20歳)、えりかチャン(20歳)、しぇりーチャン(22歳)、MAYUチャン(20歳)、なほチャン(25歳)

 薄暗い店内に並んだ仮面美女たちが出迎えてくれた。

 とりあえずビール!と言う前に、まずはマスクを選んで装着。迷った揚げ句にチョイスしたのは、ヒゲのついたネコ型マスク。マスクをして、ようやく「とりあえずビール!」のコール。

「すごい人見知りなんですけど、マスクをしてるといろんな話ができちゃうから不思議ですね」

 はにかむ口元がなんともキュートなえりかチャンは20歳の大学生。ビールの注ぎ方を練習中と言いながら、ぎこちない手つきで注ぐ姿がこれまたおじさん心をくすぐる。思わず「今日は泡、多めでいいよ」なんて声をかけてしまう。

DMA-2 聞けば、女のコたちはみんな学生だったり、OLだったりと、文字通り昼と夜では素顔と仮面の二重生活を送っているのだとか。そんな彼女たちの素性を聞きながら酒を飲むと、素顔はどんな顔? 昼間はどんな顔してるんだろう? と、妙にイマジネーションがくすぐられてくるのである。これこそが、この店の醍醐味だと気づくまでに、そうは時間はかからなかったのであった。

同じアホならつけなきゃ損! 損!


 それにしても仮面の効果は絶大だ。昼間はOLだという25歳のなほチャンに好みのタイプを聞くと、「ヒゲの男性が好きなんですよ~」

なほチャン

赤いマスクが似合うなほチャンはヒゲ男ラブなのだ

 なんて言うもんだから、

「じゃあ、子猫チャン、このおじさんネコのおヒゲ引っ張ってほしいニャー!」

 とおねだりするも、フフフと笑顔でサラリと撃沈。年甲斐もなくこんな間抜けなことを言っても、恥ずかしく感じないから不思議である。もちろん、仮面をするもしないも客の自由だが、同じアホなら踊らにゃ損、損の精神を遺憾なく発揮するためには、絶対的に仮面をつけて楽しむべきである。カッコつけて仮面をつけずにスカした男は、ここでは用なしなのだ。

シャイなオッサンも仮面をすれば弾ける

若いコともう、話せねぇよ! と嘆くシャイなオッサンも仮面をすれば弾けることができるはずだ。

 飲みながら店内を見渡すと、シックな雰囲気に仮面をした女のコたちがいるだけで、エロさというか、妖艶さが満ちている。なんとも罪な店ができたものである。

 ちなみに女のコたちは、みんなお酒は大好きというから、たまらない。20歳のMAYUチャンのオススメは「1000円でテキーラ1杯とキャストと一緒にチェキ」だとか。おじさん、年甲斐もなくこの日はチェキを4枚。都合4杯のテキーラを飲んで暑い夏の夜をさらに暑くして店を後にしたのであった。

仮面 Bar MASQUERADE TOKYO【仮面 Bar MASQUERADE TOKYO】
住 東京都新宿区新宿3-23-4 新宿黒澤ビル2F
電 03-5361-7522
営 月~土19時~翌5時
料 初回40分2000円(税・サ別)
「SPA!見た」で、テキーラショット1杯orチェキ1枚をサービス

撮影/赤松洋太

大人の遊び場ミニ四駆バーでガキの頃に熱中したエンペラーを復活!

 我々四十路世代が子どもの頃に熱中したことと言えば、神社や空き地でのエロ本探しとミニ四駆である。かくいう私も学校からの帰りには神社に寄って最新刊を探し、帰宅するとコーラを飲みながらミニ四駆作りに励んだものである。

DMA-180717wh045 毎月の小遣いを握りしめ、おもちゃ屋に行くも買えるパーツはごくわずか。毎月数百円かけてチューンアップし続けた愛車だったが、中学生になると同時に「ミニ四駆? そんなガキの遊びやってられっか!」と言ってエロ本探しのみに専心することとなり、今に至っているわけである。

 ある日、娘の保育園のパパ友から「テポドンさん、ミニ四駆やりながら遊べる店があるんだよ」と、教えられたのがこちらのDRIBARなのである。

全国大会の常連から初心者まで楽しめる


 日曜日の昼下がりにフラリと店に入ると、出迎えてくれたのはゆゆちゃんとめぐちゃん。ゆゆちゃんは系列のメイドカフェでも働いているので、嬉しいメイド服でのお出迎えである。

めぐちゃん(左)とゆゆちゃん(右)

めぐちゃん(左)とゆゆちゃん(右)でレースを楽しむ

 実に28年ぶりに“ハンドルを握る”わけである。初心者同様の私を優しくサポートしてくれたのは、スタッフの2人と保戸田直人店長。

「テポドンさんは42歳ですか。じゃあ、思い出のあの一台を組み立ててみましょう」

 そう言ってカウンターから取り出したのは、我らが熱狂したエンペラーだったのである。

愛車を駆ってサーキットの狼になれる!


組み立て

お店で組み立ててチューンナップも可能

 ニッパーを片手にチョキチョキしながら作っていく。思わず30年前の夏の日を思い出し、感慨に耽ってしまった。

「懐かしい~って言いながら、作られるお客さんは多いですね。あとは日曜日にお子さんといらっしゃる方も。テポドンさんみたいにン十年ぶりに始めて、いきなり全国大会までいっちゃった常連さんもいます」(ゆゆちゃん)

DMA-180717wh077 聞けば、大人が参加するオープンクラスのミニ四駆の大会は常に盛況で、2万人規模の大会も行われているという。動画サイトで大会の様子を見せてもらったのだが、盛り上がるオッサンたちもさることながら、ミニ四駆のスピードにもビックリ。こんな速かったっけ……と、しばし見入ってしまった。

コース

常連たちは日々、コースでタイムを競い合う。まさに虎の穴か梁山泊といったところか。

「お子さんと一緒にミニ四駆を作り始めて、そのままお父さんだけハマって続けられるケースも多いんです」(保戸田店長)

憧れのサーキットを42歳にして初めて攻める


豊富なパーツ

豊富なパーツは見ているだけで“男のコ心”をくすぐるラインアップ

 確かに男のコの親なら、一緒に来て父ちゃんはビール片手に……なんて楽しみもできるので、休日は家族で来店する方も多いとか。

 できあがった愛車を使ってレーススタート。オラ! 行けぇ~! と自然と声が出てしまう。しかし、我がエンペラーは敢えなくゴール前でめぐちゃんの愛車に抜かれ万事休すだったのである。

DRIBAR

DRIBAR

【DRIBAR】
住 東京都豊島区南池袋3-13-17 MASHITA5ビル6階
電 03-5927-8847
営 月~木18~23時 金・祝前日18時~翌5時 土15時~翌5 時 日・祝15~23時
料 90分1500円(延長30分500円) 飲み放題・走らせ放題
※小中学生は90分750円(延長30分250円)

撮影/渡辺秀之

AVメーカーの女子社員と飲めるセクシー立ち飲みに突撃してみた

 エロ本編集者として駆け出しの頃に業界で流行したのが、いわゆる女子社員モノといわれるジャンルだ。AVメーカーなら「我が社の女子社員が遂にAV出演!」、エロ本出版社なら「本誌女性編集部員が体当たりで風俗嬢体験ルポ」などというものである。

 この「我が社の女性社員」というキーワードは世の男の股間をくすぐるらしく、気がつけば定番モノとして男たちを喜ばせている。そんな“女子社員”と飲める店が秋葉原にできたと聞き、熱く燃え上がった愚息とともに向かった。

素晴らしくエロい女子社員


DMA-3 やってきたのは「立ち飲み SOD女子社員」という、まさにそのまんまな名前の立ち飲み。このお店は「飲食店ならもっとたくさんの方を直接喜ばせることができるはず!」という、AVメーカー、ソフト・オン・デマンドの熱い思いが実ってできたお店だという。

優月まりなチャン

接客は常にオッパイをテーブルに載せる優月まりなチャン

「いらっしゃいませ~」と潤んだ瞳で出迎えてくれたのは、経理部の優月まりなチャン。大きなオッパイをテーブルに載せてトークする姿がたまらない。

夢乃美咲チャン

カレーマニアの野本ダイトリ社長オリジナルレシピのカレーがオススメという夢乃美咲チャン

エロい女子社員とセクハラトーク全開!


SODの女子社員たち

左から優月まりなチャン、西内るなチャン、夢乃美咲チャン、葉月もえチャン。店員は皆、AVにも出演するSODの女子社員たちだ

「立ち飲みって言われたときは、勃たせてゴックンさせるお店かと思っちゃいました」

 なんて、そんなワケないでしょ!と軽くツッコミを入れながら、まずはみんなで乾杯。

サイコロミッションゲーム

サイコロミッションゲームはセクハラトークに花を咲かせる必須アイテム。ぜひ挑戦を!

思う存分のぞき込んでも……もちろん、いいんです!


 酒の肴は缶詰やお菓子が中心なのだが、置かれた位置が秀逸。注文をするとキュッとしゃがんでくれたり、踏み台に乗って高い棚にグッと手を伸ばしたりするたびに、あれ? ちょっと見える? あ! 見えちゃったよ!と、身を乗り出してしまうのだが、これがまた楽しい。缶詰一つ、お菓子一個でここまで男心をくすぐらせるとは、さすがはAVメーカーである。

缶詰

下に置かれた缶詰を取ったり、上に置かれたお菓子を取ったりするたびに、あ!となるのは必至。上も下もスレスレポーズがたまらないので、好きなポーズを選ぼう。ちなみに私のオススメは断然缶詰である

「いろんな刺激で、勃起してしまうのは不可抗力なので、そこは自由です。半勃ちよりは全勃ちしてほしいな」

DMA-6 とは制作部の西内るなチャン。こんなエッチな女子社員が店内をあちらへ、こちらへと歩いて接客してくれるのだからたまらない。セクハラトークはOKだが、もちろんおさわりは厳禁だ。

 酔って帰宅して最初にしたのは、女子社員たちの出演作チェック。あ、さっきのコが……なんて思いながら見たAV、その興奮はひとしおだったのであります。

立ち飲みSOD女子社員

立ち飲みSOD女子社員

【立ち飲みSOD女子社員】
住:東京都千代田区神田佐久間町1-15-3 TC第1秋葉原昭和通り口ビル1F
電:080-9708-3587
営:木金17~23時(LO22時半)土日祝はイベントによって変更。
料:初回2500円(チャージ料1000円+1500円分の食券付き)
延長60分ごとにチャージ料1000円がかかる

撮影/赤松洋太 取材協力/野中ツトム(清談社)

モノマネ界の聖地新宿・キサラで抱腹絶倒のショータイムを

 人の悩みは贅沢なもので、嗜む程度に夜の街に繰り出して遊んでいると、あるときふと「何をしても、どこへ行ってもつまらない」と感じてしまうことがある。まるでスランプ、5月病のような気持ちである。  かく言う私もそんな贅沢な悩 […]

アイドルやその卵、声優志望のカワイイ巫女と楽しく厄払い

 今年めでたく42歳を迎えるわけなのだが、42歳といえば厄年である。バクチを打てばからっけつになり、飲みに行けばネエちゃんからは気持ち悪がられる。家に帰れば5歳の娘から臭いと言われ、未精算の領収書をなくす。トドメに実家の […]

コスプレ美女と飲んで騒げるサラリーマンのオアシスがあった

 一通り遊んできた人生だが、一つだけ縁遠い分野がある。それはコスプレだ。42年の人生でコスプレをしたのは2度。20年前の大学時代、ハロウィンのパーティでハチミツの瓶を持って黄色の全身タイツをはいてくまのプーさんになったこ […]

男同士の忘年会は恥のかき捨て! 美女のオッパイで揉み納める

 夜遊びの師匠にして高校時代の先輩であるT先輩が久しぶりに連絡してきた。「ちょいと早いが忘年会がてらに一杯、オッパイでもひっかけないか?」と。  飲みの誘いを断るのも、オッパイの誘いを断るのも無粋である。仕事を放り投げて […]

エロ業界の重鎮たちを囲み放送禁止トークをライブ配信!

 “危ない人”の超エロトークが炸裂する店がある……と誘われて向かったのは、歌舞伎町にある雑居ビル。こちらのFrameはAV監督のTAIZO氏がマスターを務め、AV女優、監督、緊縛師から占い師やストリッパーまで、エロ業界の […]

お店のスタッフは全員カープ女子のガールズバーで野球飲みを楽しむ

 旧知のエロライターである中山美里さんから、飲みの誘いがあったのは、私の愛してやまない中日ドラゴンズが広島に10点ほどブチ込まれて大敗した翌日のこと。 「最近広島カープ、すごいじゃないですか。カープ女子のやってるスポーツ […]

AVメーカー直営ガールズバーで現役AV女優としこたま酔う!

 AV女優がいるキャバクラ、ガールズバーは数あれど、メーカー直営のお店はない。今年3月、某有名AVメーカーが歌舞伎町にガールズバーをオープンさせた。在籍キャストにはAV女優がひしめいており、アダルトなトークでうまい酒を飲 […]