新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

ウチナーギャルと泡盛とテキーラ。熱い那覇の夜をオッサン2人で堪能

 那覇の夜が熱いのは、今に始まったことではない。だがここ数年、輪をかけて熱くなっているという。残暑厳しい東京を飛び出し、“熱帯夜”が待ち受ける那覇へ飛んだ。

 夜遊びをブッキングしてくれたのは、エロ本時代の大先輩、M先輩。那覇に移住して早10年。夜も昼も遊びと名のつく行為のスペシャリストだ。そんなM先輩に連れていかれたのは牧志の公設市場跡。以前は肉屋や八百屋、乾物屋が並んでいたのだが、今はオープンエアの屋台風の店がズラリ。

「那覇は今、せんべろブームなんだよ。せんべろ、要するに千円でベロベロに酔っ払えるってこと。那覇のせんべろは1000円でドリンク3杯と肴が一品が基本。まぁ、まずはここで腹ごしらえよ」

昔ながらの市場の跡地が飲み屋街になり、せんべろ酒場と化している牧志の公設市場跡

 そう言って2人でオリオンビールと泡盛のロックを飲み干すこと6杯、肴はてびちとチャンプルー。ボッタくられることもなく、会計は1人2000円……。商売は大丈夫か?とこちらが不安になる。

 散々飲み散らかしたが、時計はまだ20時を少し過ぎたばかり。やはり男2人だけでこの街の夜を堪能するのは、ちと物足りない。というわけで、沖縄の旨い酒と食い物を堪能した後は、やはり地元のおねえちゃんたちと遊びたくなるものである。ほろ酔いでM先輩に連行されたのは、地元の人が通う飲み屋が集まる若狭にあるガールズバー21だ。

ウチナーギャルを相手に泡盛とテキーラ

 ドアの前に立つと、店の中から女のコたちのキャッキャッと騒ぐ声が聞こえてくる。M先輩がドアを開けると、ギャル3人組が「はいさい~」と笑顔でお出迎え。

写真右からカレンちゃん、レオちゃん、リリカちゃん。3人とも大のお酒好きのウチナーギャル。ちなみに「あり」とは、「ほら」という意味だとか

 店内はごくごくフツーのガールズバーといった雰囲気だが、そこは沖縄、南国の酒場。シャンパンなどのボトルに紛れて、泡盛の酒瓶が並ぶ。お出迎えしてくれたのは、レオ&リリカの姉妹コンビと、20歳になったばかりのカレンちゃんの3人。口火を切ったのは、年長のリリカお姉ちゃん。

「お客さん、旅行? 仕事?」
「う~ん、まぁ、ここで酒飲むのも仕事かな」
「じゃあ、泡盛の水割りでいいかな? あたしがつくる水割り、オイシイから。キャハハハ」

 一応、こちらも酔ってテンションを上げて行ったのだが、その斜め上をいくハイなテンションでさっそく乾杯。

はっちゃけたウチナーギャルと朝までテキーラで、あり、乾杯!

「この店はさ、ウチナー(沖縄の地元民)のコばっかなの。ものすごく飲むよ、みんな」

 と、いうわけでM先輩と2人で、こっそり「酒豪伝説(※沖縄で人気の二日酔いサプリメント)」を飲んでこの後の闘いに備えることに。その後の展開は写真の通り。いつしか、女のコたちとテキーラ合戦に突入。カレンちゃんがなみなみと注ぐテキーラを、オッサン2人で飲み干す。

泡盛からのテキーラで肝臓は休む暇もなく飲酒が続く。だが、それがいい……

「水割り飲みながら、テキーラ飲んで大丈夫?」
「なんくるないさ~(※大丈夫)! 水割りはオレのエイサーだ! ゲフッ!」
「それを言うならチェイサーさ~」

時に酒を呷り、時に踊る、そして時に歌う……。アッパーな南国の夜を存分に堪能!

 沖縄ギャグなのか、オッサンギャグなのわからないネタをぶっ放しながら、大いに盛り上がるオッサン2人とギャル3人。こうして泡盛とテキーラが舞う那覇の夜は更けていったのであった。

 これで70分2500円。おまけに17時から22時までは牧志の飲み屋のようにせんべろタイムもやっているという。沖縄サイコー! 那覇の夜よフォーエバー!

【ガールズバー21】
住:沖縄県那覇市若狭1-3-17-3F
電:080-9278-5573
営:17~22時(せんべろタイム)、22時~ラスト(ガールズバータイム)
料:70分2500円
休:不定
女性のドリンクは500円。せんべろタイムはドリンク3杯と肴一品で1000円より

取材協力/松永タカリン 撮影/赤松洋太

盛り髪に巻き髪、ド派手な髪形の名古屋嬢と飲んだ故郷の一夜

 名古屋出身と話すと、いまだに「名古屋嬢」という単語を口にされる方がいる。そのたびに私は笑って「そんなのもう、15年近くも前の話ですよ」と返している。だが、そもそも東京に出てきて20年以上がたつ私は名古屋嬢全盛期の名古屋を知らないのだ。名古屋嬢の代名詞とされる、太い縦巻きと盛り髪でド派手なロングヘアが代名詞の名古屋巻きと呼ばれる髪形でキメる……。

 そんなネエちゃんと遊んだ記憶は残念ながら、ない。

 そんな話を高校時代の先輩で夜遊び仲間のT先輩としていたところ、「それならオレたちの青春を取り戻そう!」と電話をかけ始めてゴニョゴニョ。「よし、名古屋嬢用意できたぁぁぁ!」と色めき立ち、勢いそのままに新幹線に飛び乗ったのである。

隣にいるだけで気分がアガる!

 やって来たのは名古屋中区栄錦三丁目。通称・錦三と呼ばれる名古屋の夜遊びスポットである。煌めくネオンを背に受けながら訪ねたのが今回のお店「ファビュラス」だ。

 ドアを開ける。いらっしゃいませ~と甘い声で出迎えてくれた5人の姿を見て、思わず感嘆の声が漏れてしまった。

左から星乃れなちゃん、まるちゃん、葉月えみりちゃん、美月まりあちゃん、水咲蘭ちゃん。みんな「少女マンガみたい。こんな髪形するの初めて~」とはしゃぎまくり

 す、す、すごい……。そこにはクルッ! クルッ! 盛りっ! 盛りっ! ド派手な盛り髪をしたこれぞ名古屋嬢、これぞキャバクラ嬢と言わんばかりの5人の姿があったのである。これはテンションが上がる。派手な女には派手な酒が似合うがや!と、カードの限度額を忘れてシャンパンを入れてさっそく乾杯。テンションが上がっているので、シャンパンをビールのように飲んでしまった。

一夜限りの名古屋嬢とシャンパンで酔う!

 実はT先輩、この店の店長に頼んで、女のコたちに名古屋嬢になってもらったのである。

「セットに1時間もかかったんですが、子供の頃、憧れていたお姉さんたちの髪形ができて、すっごく嬉しかったんですよ!」

 嬉しそうに話してくれたのは、20歳のまるちゃん。23歳のまりあちゃんに至っては、盛り髪を知らなかったと……。

初めての盛り髪で名古屋嬢に こんな体験、もちろん初めて!

「私、出身が長野のほうで、盛り髪とか知らなかったんですよ。だから、今日は新鮮な体験ですね」

セットに1時間を費やし出来上がった名古屋嬢の代名詞、ド派手な盛り髪と巻き髪。

 みんな「こんなの初めて」とか、「一度やってみたかったんですよ~」と話しながら、盛り上がる。

 だが、ここでまさかのジェネレーションギャップ。そう、名古屋巻き&盛り髪という文化は、我々からすれば若かりし頃の思い出だが、彼女たちからすれば小中高校生時代に“お姉さん世代”ではやった髪形なのだ。おじさんたちの懐かしいと、彼女たちの懐かしいでは意味合いが違うのである。

 とはいえ、この髪形、嬢のみんなからも好評価だが、それ以上に接客される我々も好評価だ。「なんかもう、昔のキャバクラに来ちゃったみたいで、オレ、かなり楽しいよ!」とT先輩の鼻息も荒い。もちろん、私の鼻息もかなり荒かったのだが……。

やっぱり、こういう派手な髪形はこちらのテンションも上がる!

 そんなこんなで高校時代の話から、名古屋メシ、中日、ナナちゃん人形とあらゆる名古屋ネタで盛り上がり、しこたま酔ったところで退散。やっぱ名古屋は最高だがや~と名古屋弁で話ながら、錦三の雑踏をT先輩と2人で歩いたのであった。

【ファビュラス】
住:愛知県名古屋市中区錦3-7-1 マリオット錦6F
電:052-951-2229
営:20時~ラスト
休:日
料:1セット50分8000円、延長30分4500円、税サ別
高級感溢れる店内でトップクラスの美女を揃えた名古屋の人気店

取材協力/T先輩 撮影/美崎政雄

池袋に誕生するフェティッシュバーで倒錯した世界を堪能する

 SPA!編集部のエロ事師こと、加藤カジカくんから「今度知り合いの女王様がお店出すんスよ。で、その女王様がお店で出す料理の試食をしてほしいみたいなんで、一緒に行きまんか?」と誘われ、女王様が料理? 試食? と、頭の中は「?」だらけになったのだが、まぁ、面白そうだからとホイホイと池袋へ。

 ところが池袋に着くと同時にカジカくんから「人生で2度あるチャンスの1度目が来たので、一人でイッちゃってください。ママ、優しいから大丈夫っスよ」と……。事情が何一つわからないまま、FEMMEFATALEのドアを開いたのであった。

気がつけば猿ぐつわを……

「カジカさんから話は聞いてるわよ。今日はお店で出す料理を試作するから、食べてみていろいろ感想を聞かせてほしいの。フフフ」

フェティッシュバーであるが、本格的な料理が味わえるのもこの店の特徴。凛子ママはワインのスペシャリストでもある

 壁に掛かった鞭や拘束具を片付けながら妖艶な笑顔で出迎えてくれたのは、ママの凛子さん。今日は凛子ママが店で出す料理を試作して、私が偉そうに講釈を垂れるというわけである。素晴らしいタトゥー、そしてなぜかバドガールのワンピース姿の凛子ママが、低温調理で作り上げたローストビーフを切り分ける。

肉を切る姿すら妖艶な凛子ママ

「せっかくだから食べさせてあげますよ。フフフ」

 おもむろに肉をつまんで私の口に入れてきたのは、凛子ママの相棒、良美さんだ。肉は旨い。良美さんが食べさせてくれたから旨さも3割増しと、おべっかを言いたいのだが、本当に旨いのだ。

 一通りフードメニューの試作を味わい、アドバイスをする。だが、なんとも落ち着かないのである。そのワケは言うまでもなかろう。壁に掛かったあらゆるSMグッズ、そして、目の前にいる妖艶な女王様たちの存在だ。

「いやぁ~、SMって正直あんまり縁がなくて。この猿ぐつわとかされて、鞭で打たれたりするんですか? 気持ちいいんですかね」

 と言うと、

「じゃあ、試食も終わったし、軽くやってみます? フフフ……」

 と凛子ママ。どうやら私の一言が女王様たちの心に火をつけてしまったようである。もう一人の相棒、ゴロゴロ様に至っては、なぜかボンデージ姿に……。そこからはもう、あえて語るまい。

美食、美酒に酔い、倒錯の世界に溺れる

左から凛子ママ、ゴロゴロ様、良美さん。ゴロゴロ様は昼間はOLをしており、良美さんは3000人とプレイした経験豊富な女王様

 猿ぐつわをかまされるわ、壁に掛かった革手錠をされて吊るされるわ……。幸いなことに“初心者”であることを理由に鞭で打たれるのは回避したものの、まさか試食にきて女王様3人がかりで責めあげられることになるとは、夢にも思わなかった展開である。

 だが凛子ママ、さすがはこの道17年のキャリアである。眠っていたのか気づいていなかったのか、私の心の中にあったマゾ心を見事に花開かせてしまったのである。

非日常を味わいながら女王様たちと一夜を

SMのオプションサービスは1000円となっており、吊るされたり、鞭で叩かれるなどのプレイが体験できる

「どんなプレイがしてみたい?」

「顔面騎乗を少々……」

 パシッ!

「それはここじゃダメよ。フフフ」

 初心者だから鞭はなしって言ったじゃないですか……。

 お店も絶賛営業中。世のM男たちは池袋へ急げ!

【FEMME FATALE】
住:東京都豊島区西池袋1-26-3 津村ビル2F
電:03-3590-0508
営:19時~翌1時
休:日
料:チャージ60分2000円(女性1000円)。飲み放題90分1万円(女性5000円)
お店の情報などはTwitter @femmefatal_bdsm
撮影/赤松洋太 取材協力/森田光貴 スペシャルサンクス/加藤カジカ(本誌)

まるでSF映画 歌舞伎町にできた近未来空間でカオスな夜を楽しむ

 友人が東京に来ると、必ず言われることがある。 「どっか面白い店ない?」  問題は店を紹介することではなく、まるで私を無料案内所のように扱う友人たちの要求レベルが年々上がっているということだ。 「疲れるから風俗はもういい […]

初々しい20代のメイドさんと花見酒を楽しむ池袋のガールズバー

 4月である。4月といえば花見である。あれやこれやと言い訳をつくって酒を飲みたがる私のような人間にとって、花見はかっこうの言い訳である。嫁には毎夜、飲みに行く理由を話すのが日課となっている。昨日は「ちょっと作家の先生と花 […]

ムッキムキな男たちの筋肉美に思わず見とれるマッスルな夜

 毎年、年初に一年の目標を立てている。厄年が明けた今年、’19年の目標はガチムチである。たるんだ体に喝! 年明けからこっち、日々是筋トレの日々を送っているのだが、ジムには通うものの体重は落ちない、筋肉はつかない、ただ疲れ […]

東武東上線の夜遊び激戦区 志木のキャバクラはオアシスだった

「志木って知ってる?」と、唐突に夜遊び仲間の高木先輩から言われたのだが、まったくもって馴染みもなければ思い当たる節もない。そもそも東京に住んで20年以上たつのだが、東武東上線に乗ったことなど数える程度だ。  で、そんな志 […]

博多最高級のガールズバーで夢のような一夜を過ごした

「博多、どうですか?」  近所のスナックで飲みながら唐突に話を振ってきたのは、娘の保育園のパパ友であるイトーさん。なんでも昔の同僚が博多に転勤して、あちらの楽しさにどっぷり浸かっているのだとか。 「メシは旨いし、酒も旨い […]

大人の街・赤坂でサラリーマンの財布に優しいVIPルーム遊び

 近所のスナックで娘の保育園のパパ友と飲んでいたときのことである。 「テポドンパパ、こんな場末のババア相手じゃなくて、たまには高い女と遊びませんか?」  唐突に誘ってきたのは、保育園のパパ友の中でも一、二を争う遊び人のイ […]

美女か野獣か……ニューハーフ美女としっぽり? 飲むマル秘スナックの夜

 夏の終わりのことである。久しぶりに歌舞伎町でしこたま飲んで、セーラー服を着てJKを自称する24歳のJKガールズバーの呼び込み女に誘われ、たまにはガールズバーでも攻めてみっか~と思い始めていた私の目に飛び込んできたのが「 […]