新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル


俺の夜

まるでSF映画 歌舞伎町にできた近未来空間でカオスな夜を楽しむ

 友人が東京に来ると、必ず言われることがある。

「どっか面白い店ない?」

 問題は店を紹介することではなく、まるで私を無料案内所のように扱う友人たちの要求レベルが年々上がっているということだ。

「疲れるから風俗はもういいや」とか、「キャバクラは若いコと話すネタがない」とか、挙げ句「地元に帰って自慢できる店がいい」と言われたこともある。そんな彼らに頭を悩ませていた私が見つけたのが、今回のお店。歌舞伎町のKUJIRA ENTERTAINMENTだ。

近未来TOKYOが店内に広がる

 扉を開けて一歩足を踏み入れると、そこには映画『ブレード・ランナー』を彷彿とさせるような近未来空間が広がる。正面の巨大スクリーンを見て度肝を抜かれた。そこには「SPA! Welcome」と、ド派手なデジタル映像が映し出されていたのである。店長によれば誕生日やパーティでは、メッセージを映し出してくれる。

スクリーンには映像や文字などを映し出すことが可能。パーティやサプライズには必須。

 カウンターに座り、巨大なシーシャ(※水タバコ)でまずは一服。フレーバーの甘い香りをたっぷりとくゆらせながら、カクテルを注文。するとバーテンダーはおもむろに6、7個のカップを重ねて両手で端を持って持ち上げたのである。するとそのカップをずらしながらグラスに注いでいくという、もはや人間離れしたスタイルでカクテルを作りだしたのである。

巨大なシーシャと呼ばれる水タバコは非喫煙者でも楽しめるはず。

思わず見とれる世界チャンピオンの技

 それもそのはず、こちらのバーテンダーはなんと、フレアバーテンダー世界大会の現役チャンピオンなのである。余談だが、フレアバーテンダーとはボトルやシェーカー、グラスなどを使ったパフォーマンスをしながらカクテルを作るスタイルのことで、映画『カクテル』でトム・クルーズが演じていたことでも有名なのだ。

フレアバーテンダー世界チャンピオンのパフォーマンスは必見。

 口を開けてポカーンとしていると、バーテンダーは私の前にショートスタイルのカクテルを出してくれた。その派手な色のカクテルを片手にシーシャの煙をくゆらせれば、まるで映画の中にいるような気分になる。店内は『ブレード・ランナー』で、味わう酒はまさに『カクテル』というわけなのである。

SF映画のような世界でサイバー美女と美酒に酔う!

 演出もアッパーだが、女性スタッフたちもかなりアッパーである。近未来をモチーフにしたコスチュームを着て店内を歩く美女たちには、思わず見とれてしまう。太股まで切れ上がったサイバーなドレスに目を奪われることは必至。

こだわりの女性スタッフのコスチュームも要チェック!

 店内を見渡すと、外国人観光客や女性同士の客も大勢楽しんでいた。アジア随一の歓楽街、東京・歌舞伎町のカオスな夜は更けていったのであった。

細部に至るまで作り込まれたフロアは圧巻

【KUJIRA ENTERTAINMENT】
住:東京都新宿区歌舞伎町2-23-1 風林会館B2
電:03-6205-6675
営:20時~翌4時
休:日曜
シーシャは2000円。エントランスの席以外にもVIPシート席もある(※テーブルチャージなどがかかります)。そのほか、お得なコースや飲み放題プランもあり。詳細はHPにて

撮影/赤松洋太

初々しい20代のメイドさんと花見酒を楽しむ池袋のガールズバー

 4月である。4月といえば花見である。あれやこれやと言い訳をつくって酒を飲みたがる私のような人間にとって、花見はかっこうの言い訳である。嫁には毎夜、飲みに行く理由を話すのが日課となっている。昨日は「ちょっと作家の先生と花見なんだよ」と言い、今日は「編集部の花見なのである」と言い、明日は「ライターさんたちと花見に行かなきゃならない」と手を替え品を替えて、嫁を騙して夜遊び三昧の日々である。

 とは言え、花見はやはり楽しい行事である。桜を見ながら飲む酒は格別だ。どこかに花見をしながらカワイイ女のコたちと酒が飲める店はないのか……。そんな悩みを解決してくれたのが今回のお店、池袋の「コスプレガールズバーnino」なのだ。

お酒大好きな初々しいメイドさん

 池袋駅東口から徒歩5分。中池袋公園の満開の桜を横目に、雑居ビルの階段を上がる。メイドコスプレをした女のコたちが出迎えてくれた。カウンターに座り、窓に目をやると中池袋公園の桜が目に飛び込んできた。

 照明が落とされ、洒落た店内から桜を眺めていると目の前にはメイドさんがズラリ。酒を飲む前からテンションが上がる。出迎えてくれたのは、かおりチャン、なぎチャン、みおチャン、あずチャンの4人のメイドさん。もちろん、オール20代前半である。

左からかおりチャン、なぎチャン、みおチャン、あずチャン。いずれも20代前半のピッチピチのメイドさんである

 とりあえず、乾杯……というわけで、ビールとカクテルで乾杯。さすがに桜の花びらは舞っていなかったものの、横目に映る桜、そして目の前にはメイドさん。なんとも風流……というか、カオスというか、まぁ、どっちもカワイイしキレイだし、いっかというわけで、ボルテージはどんどん上がっていったのであった。

アットホームな雰囲気がたまらない

ショットグラスで酒を飲むビンゴゲームもあり、それを「楽しいですよ!」とカワイイ顔して勧めてくるから恐ろしい

 実は私、久しぶりのガールズバーだったので、この日はちょっと緊張気味。20代前半のコとちゃんと話せるのだろか……そんなピュアなおっさんの気持ちで臨んだのだが、何てことはない。酒も好きだし、話も付き合ってくれるし、窓の外見りゃ桜は咲いてるし、入店して10分後には居心地のよさを実感。居心地がよければ酒も進むしトークも盛り上がるのは、言うまでもない。

 相手をしてくれた4人以外もチラ見したのだが、こちらの店、かなりの上玉揃いである。往々にして「カワイイ若いコ=ツンツンして話が盛り上がらない」のだが、そんな心配はご無用。しっかり飲んで、一緒に騒いでくれる20代のメイドさんばかり。

 気になるお値段はオープンから20時までは60分2500円(税・サービス料込み)と破格。安くてカワイくて、一緒に騒げる。まさにガールズバーの王道のようなシステムである。ちなみに私、池袋で飲むなら北口派だったのであるが、この日を境に東口派に転向を宣言したのは言うまでもない。

隣の公園の桜は満開! 店内は美女が満開!

 ほろ酔いで店を後にすると、フワリと桜の花びらが舞う。久しぶりにイイ店見つけたなぁ……ガールズバーの楽しさを再確認させてくれた春の夜であった。

【コスプレガールズバー nino】
住:東京都豊島区東池袋1-17-4 山口ビル3階 
電:03-6914-2068
休:無休
営:月~金 17時~翌6時、土日 12時~翌6時(LAST)
ファーストセット30分1500円。ただしオープンから20時までは60分2500円

撮影/赤松洋太

ムッキムキな男たちの筋肉美に思わず見とれるマッスルな夜

 毎年、年初に一年の目標を立てている。厄年が明けた今年、’19年の目標はガチムチである。たるんだ体に喝! 年明けからこっち、日々是筋トレの日々を送っているのだが、ジムには通うものの体重は落ちない、筋肉はつかない、ただ疲れるだけ……。果たしてこのまま通い続けてもガチムチになれるのかと不安になっていたある日、嫁がパソコンを見ながらキャーキャー言っているので、覗き込むと、そこにはワニの腹のように割れた腹筋と隆々とした背筋を見せつける男たちの姿があった。

「あんたもジム通ってんなら、このくらいになったら」

 そんな嫁の一言が胸ならぬ、たるんだ腹にグサリ。その翌日、私はホームページの店、マッスルバー赤坂の扉を開けたのであった。

筋骨隆々たる肉体美の世界

 扉を開けると、そこにはムッキムキの男たちがズラリ。そのあまりにも勇壮な姿に、思わず口をポカーンと開けてしまう。そんな私を尻目に、口開けにもかかわらずひっきりなしに女性客が訪れ、あっという間に満席。店員たちがお出迎えをするたびにキャーキャーと黄色い歓声が店内に響く。

ガチムチな筋肉自慢の店員に囲まれながらプロテインで乾杯!

 ガチムチに憧れてはいるものの、さすがに私がキャーキャー騒ぐわけにはいかないので、店員の“兄貴”たちに振る舞い酒をすることに。だが、そこはマッスルバーである。振る舞ったのは酒ではなく、プロテインであった。

名物マッスル生搾りサワー

名物マッスル生搾りサワー(2000円~)を注文すると、店員たちのスペシャルパフォーマンスを見ることができる

 プロテインをジョッキに入れていざ乾杯。そこで始まったマッスルバー名物の乾杯コールで、店内のボルテージは上がっていく。ドリンクを運ぶたびに筋肉を見せつける店員は、話す言葉の語尾には「マッスル!」と付け加える。店内のそこかしこで筋肉を見せつける店員と、マッスルコールが響き渡り、そのたびに女性客から歓声が上がる。酒を飲んでないのにこのテンションの高さは、いったい何なのだ……。数々の夜の店を取材してきたが、こんなテンションと盛り上がり方は初めてである。

マッスルドル

1枚100円のマッスルドルを10枚単位で購入し、マッスルショーではお気に入りの店員にチップとして渡すことができる

店内のマシンを使って空いた時間は筋トレ!

店員の実演

効果的な筋トレ方法を聞きながら、店員の実演を拝見。隆々とした背筋に思わず見とれてしまい口がポカーンと……

 気になるお値段は90分飲み放題で女性は3000円、男性は4000円。店長によれば、やはり女性客が多いのだが、女性に連れられてくる男性や筋トレ好きの男性客がやってくることも多々あるそうだ。確かに、アフターや同伴で飲み屋のネエちゃんを連れてきたら確実に盛り上がりそうである。後日、馴染みのスナックのチーママにこの写真を見せると「ちょっと連れてってよ~」と、初めてのアフターおねだりをいただいたのであった。

 ジョッキ一杯のプロテインを飲み干し、店を後にした私は、そのままジムへ。なんとも健康的な一夜となったのであった。

【マッスルバー赤坂】
住:東京都港区赤坂3-20-9 岩澤ビルB1
電:03-6886-7001
営:火~土20時~翌3時/ 日19~24時
休:月
料:女性3000円、男性4000円(飲み放題)
チップとして1枚100円のマッスルドルがあり、10枚単位で購入可能

撮影/赤松洋太

東武東上線の夜遊び激戦区 志木のキャバクラはオアシスだった

「志木って知ってる?」と、唐突に夜遊び仲間の高木先輩から言われたのだが、まったくもって馴染みもなければ思い当たる節もない。そもそも東京に住んで20年以上たつのだが、東武東上線に乗ったことなど数える程度だ。  で、そんな志 […]

博多最高級のガールズバーで夢のような一夜を過ごした

「博多、どうですか?」  近所のスナックで飲みながら唐突に話を振ってきたのは、娘の保育園のパパ友であるイトーさん。なんでも昔の同僚が博多に転勤して、あちらの楽しさにどっぷり浸かっているのだとか。 「メシは旨いし、酒も旨い […]

大人の街・赤坂でサラリーマンの財布に優しいVIPルーム遊び

 近所のスナックで娘の保育園のパパ友と飲んでいたときのことである。 「テポドンパパ、こんな場末のババア相手じゃなくて、たまには高い女と遊びませんか?」  唐突に誘ってきたのは、保育園のパパ友の中でも一、二を争う遊び人のイ […]

美女か野獣か……ニューハーフ美女としっぽり? 飲むマル秘スナックの夜

 夏の終わりのことである。久しぶりに歌舞伎町でしこたま飲んで、セーラー服を着てJKを自称する24歳のJKガールズバーの呼び込み女に誘われ、たまにはガールズバーでも攻めてみっか~と思い始めていた私の目に飛び込んできたのが「 […]

マスクをつけて本性を曝け出す。歌舞伎町で夜の仮面舞踏会

 匿名性は、人間の隠れた本性を炙り出す。  ネット社会を見ていれば、それはよくわかることだ。おとなしそうな隣の席のヤツが、攻撃性マックスで罵詈雑言を書き込んだかと思えば、セックスのセの字も知らないような顔した人妻が出会い […]

大人の遊び場ミニ四駆バーでガキの頃に熱中したエンペラーを復活!

 我々四十路世代が子どもの頃に熱中したことと言えば、神社や空き地でのエロ本探しとミニ四駆である。かくいう私も学校からの帰りには神社に寄って最新刊を探し、帰宅するとコーラを飲みながらミニ四駆作りに励んだものである。  毎月 […]

AVメーカーの女子社員と飲めるセクシー立ち飲みに突撃してみた

 エロ本編集者として駆け出しの頃に業界で流行したのが、いわゆる女子社員モノといわれるジャンルだ。AVメーカーなら「我が社の女子社員が遂にAV出演!」、エロ本出版社なら「本誌女性編集部員が体当たりで風俗嬢体験ルポ」などとい […]