新着
ニュース
エンタメ
ライフ
仕事
恋愛・結婚
お金
カーライフ
スポーツ
デジタル

俺の夜

ビアガールが運ぶ世界のビールで秋の夜長にナイター競輪を堪能する!

 残暑というのか、それともまだまだ夏というのか……。9月に入っても連日30℃オーバーの日が続き、そしてコロナもまだまだ収束する気配はなく、暑いわコロナだわで引きこもりな毎日を過ごしていたある日のこと。

 ギャンブルライターのシグナルRightこと、佐藤君から、3密回避でビールが旨く、おまけに美人なビアガールがいるところがあるから……と呼び出されたのは、千葉県の松戸競輪。

俺の夜 競輪? ビール? 美人なビアガール? まるで想像もつかないのだが、まぁ、外出もままならない今日この頃、プチ旅打ち気分を味わいながら常磐線に飛び乗ったのであった。

ライトアップされたバンクは幻想的!

俺の夜

松戸競輪のバンクは1周333mで通称・サンサンバンクとも呼ばれる。他場よりも短い距離のため、波乱が起きやすいとも……

 少々失礼だが競輪場といえば、オッサンだらけで寂れた観客席というイメージがあったのだが、来てみてビックリ。ライトアップされた場内はビックリするほどキレイに整備されていた。平日夜にもかかわらず客席は埋まり、会社帰りのサラリーマンや地元の兄ちゃん、カップルや夫婦でデート、おまけに家族連れまでいて、イメージとは違った世界が広がっていた。

世界のビールとビール売りの美女

俺の夜 さっそく1コーナー近くの客席で佐藤君と合流すると、現れたのはタイの国民的ビール「Chang」のTシャツを着たビアガールのさくらチャン。

俺の夜

客席で注文すれば、並ばずに席まで持ってきてくれる

 さくらチャンはゴール前付近2階にある、世界のビールが楽しめる売店「With Dream」の店員さん。さくらチャンたちビアガールが客席を回って、ビールの注文を取り、持ってきてくれるのである。

ズラリと並ぶ世界のビール。ビアガールは勝利の女神か!?

俺の夜

まるでビアカフェのようなラインナップで、ビールを楽しむために来る客も

 店頭にはアジアやヨーロッパのビールがズラリ。ちなみに私、学生時代にベルギービールのビアバーでバイトをしていたので、ビールには少々詳しいのだが、このラインナップには思わず唸った。そんな中から注文したのは、一周333mの松戸競輪にちなんでベトナムのビール「333(バー・バー・バー)」。佐藤君と乾杯して、競輪で勝負するもまるで当たらない。

俺の夜

タイ料理の店でも珍しい「Chang」のドラフトビールも楽しめる。また、チョリソーなど、ビールと相性抜群のおつまみも人気だ

 こうなったら、ベトナムのラッキーナンバーである「3」と勝利の女神、さくらチャンのパワーにすがろうとレースのたびに「333」をさくらチャンに注文するも、この日は厄日か、車券はかすりもせずに惨敗。

俺の夜

暑い残暑の夜をさらに熱く……ナイター競輪は大人の遊園地だ!

 とはいえ、世界のビールとナイターレースを楽しみながら、秋の夜長を過ごすのは一興であった。

俺の夜【松戸競輪】
住:千葉県松戸市上本郷594
電:047-362-2181
常磐線北松戸駅より徒歩5分。
今回取材した「With Dream」の場所はバンク側2階。本場開催だけでなく、場外発売の日も営業。開催日などはホームページまで

取材協力/シグナルRight 撮影/赤松洋太

美女に囲まれ美酒に酔う大阪流の過激なショーハウスが熱い

 梅雨もコロナも長引き、鬱々と過ごしながら迎えた44歳の誕生日の夜。

 旧知のライター、H君から「“大阪流”のショーが楽しめる店ができたから、誕生日のプレゼントだ!」と誘われてノコノコと向かったのが今回のお店、蒲田のショーハウス「CARNIVAL」だ。

俺の夜 こちらのお店、大阪で人気の某店をモチーフとして、ダンスショーを楽しみながら、フロアでは過激なコスチュームの美女を楽しむという“二刀流”が味わえる。昨年のオープン以来、あの大阪流が東京でも……と、遊び人の間で話題となっている店なのである。

ドアを開けるとそこは竜宮城だった

 いらっしゃいませ~!

俺の夜

それはヒモでは……と思わず目を疑うようなマイクロビキニ姿の美女たちが、フロアを歩き回る大阪の某店で人気のスタイルが楽しめる。できることなら毎日通いたいと思った

 ドアを開けると、ズラリと並んだ過激なマイクロビキニの美女たちに出迎えられ、まずはノックアウト。

 そして、ステージかぶりつきの席に座ると、先ほどお出迎えしてくれたマイクロビキニ美女たちが、次々と挨拶にやってくる。男、テポドン44歳、思わず目を白黒させてしまった。

過激なダンスと水着があちこちで舞う!

 フロアを歩く、というかフロアで揺れるオッパイとお尻を肴にして、ビールを飲んでいるとフロアから一人、また一人とオネエちゃんたちが消えていく。そして照明が変わりスモークがたかれてダンスショーのスタートとなった。

俺の夜 ポールダンスから始まり、過激なチアダンスなど、ステージだけでなくフロアにも降りて過激なポージングで盛り上がる。お気に入りのコの名前を呼ぶ客の歓声も相まって、店のボルテージが上がっていく。

 そして、ショーが終わると、気に入ったダンサーをステージ上で指名して、チップを渡す「おひねりタイム」の開始だ。チップは女のコの“好きなところ”に挟めるため、どこに挟み込むかセンスが問われるのである。

俺の夜「竜宮城みたいだなぁ~」

 ライターのH君がぼそりと呟く。うむ……。ここは飲めや歌えや、美女は舞う舞う竜宮城である。

 すると先ほどチップを渡したダンサーのアンナちゃんがチップのお礼をするためにわざわざやって来た。

俺の夜「私、指名でチップ頂いたの初めてだったから嬉しくって。本当にありがとう!」

 そんなけなげな姿に思わずチップも倍プッシュ。こちらのお店、気に入った女のコへプレゼントは、ドリンクを奢るキャバクラなどとは違い基本的に一枚1000円のチップチケットとなっている。女のコは立ったままの接客なのだが、羽が生えたようにチップがドンドン飛んでいく。

俺の夜

ダンサーのコたちはレッスンをしっかりと受けているため、ダンスのレベルは高い。また、ショータイムの合間には観客も参加するゲーム大会も開かれるのだが、これがまたかなり熱い!

 時計を見ると24時。この原稿を編集部に戻って書かなければ……と我に返ったところで夢の世界は終了。ドアを開け、竜宮城を後にした我々は抜け殻のようになって終電に乗り込んだのであった。

【蒲田ショーハウスCARNIVAL】
住:東京都大田区西蒲田7-6-3プリンス会館1F
電:03-6424-7900
営:平日19~25時・土日祝15~22時
営業時間や店休日はホームページまで
料:1万円の入場料が、現在は平日5000円、土日祝7000円のキャンペーン中。ソフトドリンク飲み放題。時間無制限で再入場OK

取材協力/ライターH君 撮影/赤松洋太

オーバー40の肉食系熟女たちと猥談と下ネタで美酒に酔う

 3月から続いたコロナによる、さまざまな自粛。かくいう私も自宅でリモートワークに四苦八苦しながら仕事をしていたのだが、自宅に籠もって仕事をすることで、予想以上にストレスが溜まった。やはり2か月以上も飲みにいけない鬱憤は、我々人類が初めて体験したレベルの衝撃だったのである。

 そんな私に「じゃあ、イケイケ打て打てな熟女が集まる店で猥談しながら一杯いかが?」と、声をかけてくれたのは、本誌でも活躍する女エロライターの中山美里さん。断る理由もなく、むしろ喜び勇んで池袋へ向かったのであった。

現役AV女優のママ、飛び交う下ネタと猥談

俺の夜 西池袋のラブホテルの裏手、ディープな雰囲気が漂う路地裏で、立ちんぼのように私を待っていた中山さんと合流して向かったのが今回のお店、肉食系熟女BARきららだ。店に入る前からその名前にノックアウトである。

俺の夜

写真左から神崎みいさん、蒼さん、あやのさん。メンバーの皆さんは、お酒も猥談も大好きなオーバー40のナイスな熟女たちばかりだ

 出迎えてくれたのはチーママの神崎みいさん・50歳。「売れずに熟れちゃいました」をキャッチコピーに芸歴30年を誇る、現役のAV女優である。その脇を固めるのは45歳のあやのさん、42歳の蒼さん。

俺の夜

亀甲縛りをされ、体中に「ハツ」や「ねぎま」と書かれたマネキンは、きららの看板娘、タチアナちゃん。焼き鳥屋時代からの看板娘だ

「熟女になったアダルトワーカーって、若い頃はイケイケだったけどやっぱり年取っちゃうとキャリアが芳しくないのよ。それで、そういう事情を知ったこのお店のオーナーが、女優やストリッパーなどのセカンドキャリアの場になればって、もともとやってた焼き鳥屋を熟女のお店にしちゃったの」

 と、いうことは神崎さん以外のおふたりもAV女優なのか?

「神崎さんには言ってなかったんだけど、実は昔、ちょっとVシネマに出てまして」

 と、あやのさんがコッソリ過去を打ち明けると、蒼さんも……。

「あ、実は私も少しヌードを……」

 これに驚いたのが神崎さん。

「え―――! あんたたち変態なのは知ってたけど、そんなことしてたの知らなかったわよ!」

蒼さんのHカップの胸元が妙にエロくて酒が進む!

 図らずも2人の“秘密”が暴露されたところで、飲酒開始。

俺の夜

とにかく神崎さんの下品な話が秀逸。ちなみに店の奥にあるボックス席で、AVの撮影をしたことがあるとか……

「お店の採用基準は40歳以上。39歳以下は働けないの。これ、鉄の掟ね。いくら変態でも30代はあたしたち『下り坂48』に入れませんから」

 ……神崎さん、その下り坂48って何なんですか……。とにもかくにも終始こんな感じで、神崎さんの素晴らしく下品なトークが炸裂していく。神崎さん、AV撮影の現場では、若手の男性ADから「会話がセクハラ」と苦情が来るというのも頷ける。酒が進むとさらにトークが炸裂していく。

俺の夜「この前、男のコのお客さんが撮影現場の話を聞きたがったから、いろいろ教えてあげたの。疑似でヤッてるときはこういう声が出るとか、本当にイッてないときはこう撮るとか。そしたら、幻滅しちゃったみたい。あたし、夢を壊す伝道師だから、本当のことしか言えないのよ〜」

俺の夜

おっとりした色白美人の蒼さん。昼間は真面目な事務員だが、変態トークのセンスは秀逸。Hカップの胸元は必見!

 神崎さんのネタにあやのさんと蒼さんが乗っかり、話はどんどんエロくなっていくから不思議である。あやのさんと蒼さんも、神崎さんに負けず劣らずの変態っぷりを発揮して下世話な話を盛り上げてくれる。

 コロナで溜まった2か月の鬱憤を晴らすように飲んで、猥談に勤しんだ。久しぶりに飲んで騒いだな……。当たり前の日常に少しずつ戻ってきていることが、ことのほか嬉しく思えた。

【肉食系熟女BARきらら】
住:豊島区西池袋3-25-6ブリッジワンビル1階
電:03-5911-3705
営:19〜24時
休:日
料:男性3000円 女性1000円(60分飲み放題)
AV女優の桜井ひとみさんも在籍。詳しい営業情報はTwitter@nikusyokukiraraまで

取材協力/中山美里 撮影/岡崎隆夫

コロナショックで人が消えた……緊急事態宣言後の歌舞伎町を歩く

「5月まで店を閉めます」と、馴染みの飲み屋の大将から、こんなLINEが届いたのは緊急事態宣言発令の夜。聞けば、新宿界隈の店は飲み屋もキャバもガールズバーも、ほぼ営業を自粛したという。  とはいえ、そこは歌舞伎町。お上の言 […]

ウチナーたちから愛される真栄原の人気スナックで泡盛に酔う!

 仕事で那覇に行くことになったのは、コロナ騒動真っただ中の3月初旬。上司から「沖縄か……いいな。まぁ、このご時世だから濃厚、いや濃密接触だけは禁止で」と、念を押されて機上の人となったのであるが、羽田から乗った飛行機はガラ […]

キャバクラのバースデーで男を上げる必殺のケーキ!

 数年前までは、行きつけのバーで毎月のように、誰かのお誕生日会と称してテキーラが飛び交う夜をすごしたものだ。しかしながら最近の私ときたらどうか? 行きつけの飲み屋のネエちゃんの誕生日を間違える始末である。あの日以来、コピ […]

ナンバーワン嬢とVIPルームでドンペリ空けて令和の一年を締める

 2019年……平成から令和へと移ったものの、さしてやることは変わらず。地元のスナックに入り浸り、きゅうきゅうと安酒を煽る毎日。そんなある日、飲み仲間であるパパ友のイトーさんから、 「年の瀬ですから、“高い女”と飲みまし […]

ワイシャツ姿のノリノリギャルとパリピ酒を飲んでカラオケを熱唱!

 酒を飲むとやりたくなることがいくつかある。ラーメンを食いたい、甘い物が食いたい、なかには服を脱ぎたくなるという輩もいる。そんな私は突然カラオケを歌いたくなることがあり、場合によっては飲みの席を抜け出してワンカラ(※一人 […]

ウチナーギャルと泡盛とテキーラ。熱い那覇の夜をオッサン2人で堪能

 那覇の夜が熱いのは、今に始まったことではない。だがここ数年、輪をかけて熱くなっているという。残暑厳しい東京を飛び出し、“熱帯夜”が待ち受ける那覇へ飛んだ。  夜遊びをブッキングしてくれたのは、エロ本時代の大先輩、M先輩 […]

盛り髪に巻き髪、ド派手な髪形の名古屋嬢と飲んだ故郷の一夜

 名古屋出身と話すと、いまだに「名古屋嬢」という単語を口にされる方がいる。そのたびに私は笑って「そんなのもう、15年近くも前の話ですよ」と返している。だが、そもそも東京に出てきて20年以上がたつ私は名古屋嬢全盛期の名古屋 […]