第百十一夜【後編】



110201_yoru_03.jpg
 さて席に着くと、やって来たのはリクちゃんとミカちゃんという、平成生まれの2人。かろうじてお酒は飲める年齢らしいが、「あんまり強くないから勧められすぎると困るんだ~」とのこと。けれど、スーパーフリー世代のスパムは容赦しません。「楽しければいいじゃーん!」と悪ノリかましてみたところ、ちょっと引いてしまったご様子……。路線変更して、ゆっくりトークを楽しむことにしました。

「普通のパンツをはくとお尻にパンツが食い込んじゃって(笑)。だから高校のときからTバックしかはいてないですよ」(リクちゃん)

 打ち解けてきたのか、段々と眉唾な話もしてくれるようになった。なんでもリクちゃんは若いながらにTバック歴5年という、自称、生粋の「Tバッカー」。最近の女子高生はそんなコだらけなのか!? と、思わず飲んでいたジントニックを噴出しそうになります。

 ちなみに地域性からか、店の客層は40~50代中心なんだとか。

「だからお客さんみたいに若い人が来ると、自然とテンションが上がっちゃいます」(ミカちゃん) 今年一番の一言です。さらに男をアピールしたいならダーツもあるので、トライしてみるのもアリ。

「女のコの合意が得られれば、アドレス交換もOKですよ」(店長)

しかし、ダーツはカウントアップで300もいかないスパム。そこで、酒豪ぶりでアピールを狙うことに。ちなみにこの店ではテキーラも飲み放題なのがうれしい。当然、店員も飲み放題なのでテキーラをミカちゃんと飲み始めた。

徐々にミカちゃんの頰が赤くなり、ほろ酔い気分になった様子。そこで、近くにあった灰皿を取り、年末に鉄板ネタだった「灰皿テキーラ」を懇願した。すると、「え~もう古いよ」との冷静な一言が。忘年会では大ウケだったのに……。しばしの沈黙が流れ、代わりに頼んだハイボールがいつもより苦く感じるスパムでした。


110201_yoru_01.jpg

胸の谷間が眩しいリクちゃん(左)とミカちゃん(右)。こちらではポールダンスや
ショウタイムもほぼ毎日開催する。Tバックが食い込んだ十人十色のお尻には、
ただただ頭が下がるのみ



EROS(エロス)

110201_yoru_04.jpg

電:03-5812-6895
住:東京都文京区湯島3-39-10 第2大和ビル8F
営:19:00~翌4:00 日曜定休。
料:40分4000円。ドリンク、サービスチャージはAll Free。
HP:http://l-pro.ipr-group.co.jp/eros_top.html


撮影/渡辺秀之

スパム 主に池袋界隈に出没。重度のタイツフェチで、レギンスに対しては反対の姿勢をとる
スパムの他の記事