『ドルフィン・ソングを救え!』の樋口毅宏がプロレス小説の連載を開始「レスラーはみんな、太陽だよ」

『Number』が十数年ぶりにプロレス特集を組み、人気レスラーの写真集が続々刊行。プロレス好きの女子=“プ女子”が急増中と、いまプロレスブームが再燃している。そんな中、『ドルフィン・ソングを救え!』が絶好調の小説家・樋口毅宏が、プロレスを題材にした小説「太陽がいっぱい」を12月8日発売の『週刊SPA!』で連載開始した。

樋口毅宏の小説連載「太陽がいっぱい」

週刊SPA!で樋口毅宏の小説連載「太陽がいっぱい」がスタート。それを記念した特集「プロレス通が選んだ昭和プロレス最強ランキング」も必見!

 デビュー作『さらば雑司ヶ谷』では結果的に「小沢健二復活」を予言する格好となったが、今回の「太陽がいっぱい」はプロレスブームのさらなる過熱を予見しているのか……? なぜいまプロレスなのか、本人に直撃してみた。

樋口:……いや、ブームとか正直関係なくて。まあプロレスファンとしてさらに盛り上がることはうれしいことだけど。前に西加奈子さんが直木賞を受賞したとき、会見で「プロレスに感謝」って言っているのを読んだんだ。で、「プロレスって感謝だけじゃないだろ」って、なぜかカチンときたんだよね。プロレスは強さ、暴力への憧れ、狂気、怨念、闇、影、楽しさ、鍛えられた肉体によるショー、バカ、笑い、艶、喜び……ありとあらゆる感情が込められている。それを自分が証明したいと思ったんだよね。西さんにそんなつもりはないとわかってはいるんだけど、何て言うのかな、そういう八つ当たりというか、やけのヤンパチパワーって大事なのよ。許して。

 ところでこの「太陽がいっぱい」というタイトル。多くがアラン・ドロンの映画を思い浮かべるが、樋口氏はどういった思いを込めてこのタイトルを付けたのだろうか。

樋口:プロレスラーはみんな、太陽なんだよ!……とテキトーなことを言ってみる。アラン・ドロンの同名の映画があるけど、むかし『週刊プロレス』で小説を連載していたことがあって、それもタイトルが「太陽がいっぱい」だったことをこないだ思い出したよ。当時読んでいないんだけど、どうしよ似てたら? 俺、パクリストだから、その辺は正直だからなあ。剽窃じゃないからね!

「太陽がいっぱい」で描かれているのはプロレス界に身を置く“男たちは哀愁”。レスラーはリング上でただただ肉体をぶつけ合うだけの存在にあらず、それぞれがまさに“物語”として訴えかけてくるのだ。

樋口:「プロレスとはゴールのないマラソン」とは武藤敬司の名言だけど、プロレスに物語を見出せなくて、プロレスラーに人生を託せなくてどうするのよ。知ってる? プロレスが人生に似ているんじゃなくて、人生がプロレスに似ているんだよ。開高健は生前、言ってたよ。「プロレスは、虚の中にこそ実があり、実の中にこそ虚がある。大人が楽しむ芸術だ」って。その通りだと思う。そしてプロレスは、それだけでは言い切れない魅力に溢れている。どうして今まで書かなかったのかなあ。プロレスが地盤沈下していたときに、魅力を見出せなくなっていたんだよなあ。プロレスを再び観るきっかけをくれた、オカダ・カズチカ選手に感謝します。

 “プロレス小説”と言うと、「プロレスファン向けのマニアック作」と思われがちだが、決してそうではない。もちろんファンのマニア心をくすぐる小ネタを多数忍ばせながら、ファンでなくても誰もがアツくなれる“漢”がそこにはいる。

樋口:プロレス好きは、えーっと……こっちのほうがうるさいんだよなあ(笑)。「あのレスラーをモデルに描いているけど、あの事実が抜けている」とか、言ってきそう。でもそうやって、それぞれが楽しんでくれたらいいなと思う。そういえば『タモリ論』のときも、自称“お笑いにうるさい人”ほど厳しかったもんなあ。プロレス好きではない人には、この本をきっかけに、実際のプロレスに興味を持って、会場に足を運ぶようになってもらえたらうれしいな。そのときはビールでもおごってよ!

 樋口毅宏渾身のプロレス小説「太陽がいっぱい」。まず最初は全5話で描かれる「ある悪役レスラーの肖像」編。「ある悪役」とは誰なのか? ひとまず『週刊SPA!』を手に取り、確かめてほしい。そして気づいたときには、あなたは涙を浮かべていることだろう。

ひぐちたけひろ●‘71年、東京都生まれ。’09年に『さらば雑司ヶ谷』で作家デビュー。新刊『ドルフィン・ソングを救え!』(マガジンハウス)が発売中。サブカルコラム集『さよなら小沢健二』(扶桑社)が12月13日発売。そのほか著書に『日本のセックス』『二十五の瞳』『愛される資格』など話題作多数。 なかでも『タモリ論』は大ヒットに。

<取材・文/週刊SPA!編集部>

太陽がいっぱい

プロレス界を虚実綯い交ぜで描いた珠玉の八編!


さよなら小沢健二

サブカルクソ野郎の人生全コラム

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中