ライフ

東大生が衝撃を受けた「知的好奇心が強烈に刺激される小説」ベスト3

 現役東大生の布施川天馬と申します。学生生活の傍ら、ライターとして受験に関する情報発信などをしています。

大人になっても記憶に強く残っている小説

東大 皆さんは、子どもの頃に読んでから印象に残っている本はありますか? 僕はミヒャエル・エンデの『はてしない物語』という本が大変印象深く、今でも初めて読んだときの衝撃を昨日のことのように思い出すことができます。 「物語に引き込まれる」とはこのことなのだな、と子どもながら思った記憶があります。  つい先日も本屋に立ち寄ったところ、児童文学のフェアをやっていました。その中に『はてしない物語』を見かけて懐かしくなり、サッと見て回るだけのつもりが、気づいたときにはレジに並んでいました。

物語が知的好奇心をたき立てる

 本に限らず、思い入れがあるものを街中で見かけ、ついつい手に取ってしまったという経験はきっと誰しもが一度はあるでしょう。それほどまでに子どもの頃の印象深い記憶は消えにくく、強烈な存在感を放ち続けます。  東大生の友人に話を聞いても、やはり勉強が好きな子たちは子どもの頃に知的好奇心を刺激されるような原体験を持っている人が多いようです。  彼らの話を聞いていると、周りの大人から見ればどうということはなくても、子どもから見ると不思議でいっぱいなのだなと考えさせられます。  今回は頑張れば小学生でも読めるほど読みやすいのに、知的好奇心が大きくくすぐられる小説を3冊ご紹介したいと思います!
次のページ
知的好奇心を刺激する名作は?
1
2
3
4
5
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠